池井戸潤の最新情報

池井戸潤 に関するニュース検索結果   328件

岡田准一、福山雅治を翻弄!?役所広司の怪演に背筋がゾクッ

岡田准一、福山雅治を翻弄!?役所広司の怪演に背筋がゾクッ

日本映画界を代表するベテラン俳優として確固たる地位を築く役所広司。そんな彼の出演作が8月下旬から2作品続けて公開される。両作品ともに役所が演じるのは主人公と対峙し、翻弄するというクセの強いキャラクター。その迫力の演技は身震.. 続きを読む

下降線たどる山崎賢人がTBS日曜劇場『陸王』に2番手で出演! “硬派”の役どころを演じ切れるのか?

下降線たどる山崎賢人がTBS日曜劇場『陸王』に2番手で出演! “硬派”の役どころを演じ切れるのか?

若手俳優・山崎賢人が、10月期のTBS日曜劇場『陸王』に出演することがわかった。役どころは、主人公となる老舗足袋業者「こはぜ屋」の4代目社長・宮沢紘一(役所広司)の長男・大地役。そのほかのキャストは未発表ながら、原作からして、.. 続きを読む

山﨑賢人、日曜劇場に初出演!池井戸潤原作『陸王』で役所広司と父子役演じる

山﨑賢人、日曜劇場に初出演!池井戸潤原作『陸王』で役所広司と父子役演じる

若手俳優の山﨑賢人が、役所広司主演の新ドラマ『陸王』(TBS系列、毎週日曜21:00~、10月スタート)で、日曜劇場に初出演することがわかった。池井戸潤の同名小説をドラマ化した本作は、先細る足袋の需要から会社の存続を危ぶむ老舗足袋.. 続きを読む

山崎賢人が日9出演「この役に巡り会えてとてもうれしい」

山崎賢人が日9出演「この役に巡り会えてとてもうれしい」

TBSで今年10月期に放送する日曜劇場「陸王」(TBS系)に、山崎賢人が出演することが決定した。本作の原作は、池井戸潤の「陸王」(集英社刊)。創業から100年以上続く老舗足袋業者「こはぜ屋」の四代目社長・宮沢紘一(役所広司)が、企業再生.. 続きを読む

山崎賢人、TBS日曜劇場に初出演!『陸王』役所広司の息子役に

山崎賢人、TBS日曜劇場に初出演!『陸王』役所広司の息子役に

俳優の山崎賢人が、10月スタートのTBS日曜劇場『陸王』に出演することが分かった。TBS日曜劇場作品には初出演となる山崎は、劇中で自身と同じ年齢の役を演じることから「23歳になる年に、この役に巡り会えてともうれしいです」と喜びを語.. 続きを読む

山崎賢人「この役に巡り会えてうれしい」池井戸潤原作ドラマ「陸王」でTBS日曜劇場初出演

山崎賢人「この役に巡り会えてうれしい」池井戸潤原作ドラマ「陸王」でTBS日曜劇場初出演

【山崎賢人/モデルプレス=8月9日】俳優の山崎賢人(※「崎」は正式には「たつさき」)が、役所広司が主演をつとめ10月よりスタートするTBS日曜劇場「陸王」(毎週日曜よる9時~)に出演することが決定した。山崎にとって日曜劇場初出演.. 続きを読む

山崎賢人、『陸王』で役所広司の息子役「この役に巡り会えてうれしい」

山崎賢人、『陸王』で役所広司の息子役「この役に巡り会えてうれしい」

俳優の山崎賢人が、10月期のTBS系日曜劇場枠として放送される池井戸潤原作×役所広司主演ドラマ『陸王』に出演することが8日、わかった。『半沢直樹』『下町ロケット』で知られる池井戸の最新作『陸王』をドラマ化。主人公で創業から100年.. 続きを読む

ドラマ史上の大事件「逃げ恥」以降、進化のキーワードは「女子の連帯」「聞く男」座談会

ドラマ史上の大事件「逃げ恥」以降、進化のキーワードは「女子の連帯」「聞く男」座談会

TBSラジオ「文化系トークラジオLife」(偶数月・第4日曜日25時~生放送)主催のトークイベント「2016~2017ドラマはどこへ行くのか」が7月16日、都内で行われた。最新作から歴代のドラマまで、熱いトークが交わされた。司会は「文化系ト.. 続きを読む

櫻井翔、篠原涼子、綾野剛ら豪華俳優が揃い踏み! 秋ドラマ速報まとめ

櫻井翔、篠原涼子、綾野剛ら豪華俳優が揃い踏み! 秋ドラマ速報まとめ

今秋放送の新ドラマ情報が続々到着! 櫻井翔主演の社会派エンターテインメントドラマに、篠原涼子の市議会議員ドラマ、綾野剛主演の「コウノドリ」続編など、豪華ラインナップを一挙紹介!!■ 櫻井翔が校長先生に!?日本テレビ系では、櫻.. 続きを読む

役所広司、1万平方メートルの田んぼアートに!池井戸潤原作『陸王』ドラマ化記念

役所広司、1万平方メートルの田んぼアートに!池井戸潤原作『陸王』ドラマ化記念

池井戸潤の同名小説を、役所広司主演でドラマ化する日曜劇場『陸王』(TBS系列、毎週日曜21:00~、10月スタート)。この度、物語の舞台である埼玉県行田市で、ドラマ化を記念した田んぼアートを実施することがわかった。本作は、先細る足.. 続きを読む

WOWOWドラマ『アキラとあきら』と、『半沢直樹』『花咲舞』の知られざるつながりとは?

WOWOWドラマ『アキラとあきら』と、『半沢直樹』『花咲舞』の知られざるつながりとは?

あの人とあの人は、先輩後輩関係だった?7月9日、WOWOWにて向井理&斎藤工W主演ドラマ『アキラとあきら』がスタートした。同作は、『半沢直樹』シリーズなどのベストセラー作家・池井戸潤氏の“幻の長編”を連ドラ化したもの。文庫本は発売.. 続きを読む

向井理&斎藤工、“運命”の2人の新ドラマがスタート

向井理&斎藤工、“運命”の2人の新ドラマがスタート

いよいよ7月9日(日)夜10時より、向井理&斎藤工のW主演作「連続ドラマW アキラとあきら」(WOWOWプライム)がスタートする。本作は、池井戸潤の最新作を映像化したもの。大企業の御曹司として、宿命にあらがう階堂彬(向井)と、父の会社の.. 続きを読む

「池井戸潤の作品が若い世代にも支持されるワケ」を本人が自ら分析。『半沢直樹』『下町ロケット』…etc.

「池井戸潤の作品が若い世代にも支持されるワケ」を本人が自ら分析。『半沢直樹』『下町ロケット』…etc.

『下町ロケット』や「半沢直樹」シリーズなど、もはや説明不要な大ヒットドラマの原作者として、今もっとも引く手あまたの作家、池井戸潤。サラリーマンはもちろん、若い世代からも絶大な支持を集める人気作家が6年ぶりにSPA!登場。政府.. 続きを読む

池井戸ドラマ「アキラとあきら」でW主演!向井理&斎藤工にインタビュー

池井戸ドラマ「アキラとあきら」でW主演!向井理&斎藤工にインタビュー

7月9日(日)からWOWOWプライムでスタートする「連続ドラマW アキラとあきら」。階堂彬と山崎瑛という2人の“アキラ”を演じる向井理と斎藤工にインタビューを行い、お互いの印象や作品への思いを語ってもらった。向井「工とは『ゲゲゲの女房.. 続きを読む

向井理……主役は当分無理!? 『神の舌を持つ男』に続き、自ら企画した映画『いつまた、君と』が壮絶爆死!

向井理……主役は当分無理!? 『神の舌を持つ男』に続き、自ら企画した映画『いつまた、君と』が壮絶爆死!

向井理が自ら企画した映画『いつまた、君と~何日君再来~』が6月24日に公開されたが、興行通信社の調べによる「週末観客動員数ランキング」(同24日、25日)は初登場7位。邦画では、3週目の藤原竜也&伊藤英明主演『22年目の告白―私が殺.. 続きを読む

『あなそれ』で、“体育会系リア充”の嫌な男を完璧に演じた劇団EXILE・鈴木伸之

『あなそれ』で、“体育会系リア充”の嫌な男を完璧に演じた劇団EXILE・鈴木伸之

 あなたのことはそれほど #撮影 #2話まで #あと3日‼️鈴木伸之さん(@nobuyuki_suzuki_official)がシェアした投稿 – 2017 4月 22 2:34午前 PDT 賛否を巻き起こした『あなたのことはそれほど』(TBS系)が先日、最終回を迎えた。本作はいく.. 続きを読む

向井理「台本を見てがくぜんとしました」 斎藤工、同い年の向井は「男の理想」

向井理「台本を見てがくぜんとしました」 斎藤工、同い年の向井は「男の理想」

WOWOWの「連続ドラマW アキラとあきら」第1話完成披露試写会が26日、東京都内で行われ、出演者の向井理、斎藤工、石丸幹二、田中麗奈、賀来賢人が出席した。池井戸潤氏の同名小説をドラマ化した本作は、自らの意志で人生を選んできたエ.. 続きを読む

高橋一生、3度目の池井戸潤作品参戦! “秘めたる熱量がとても強い男”に

高橋一生、3度目の池井戸潤作品参戦! “秘めたる熱量がとても強い男”に

2018年に公開される長瀬智也主演の映画「空飛ぶタイヤ」に、高橋一生が出演することが分かった。原作は池井戸潤の累計120万部を超える大ベストセラー。池井戸作品としては、初の映画化となる。ある日突然起きたトラックの脱輪事故。整備.. 続きを読む

高橋一生、『空飛ぶタイヤ』出演決定!3度目の池井戸潤作品に「役者冥利につきる」

高橋一生、『空飛ぶタイヤ』出演決定!3度目の池井戸潤作品に「役者冥利につきる」

俳優の高橋一生が、長瀬智也主演で贈る池井戸潤作品の初の映画化『空飛ぶタイヤ』に出演することが分かった。池井戸作品への出演は、3度目となる高橋は「池井戸さんの描く社会的な要素や人間の本質だったりするものが、社会を通して浮き.. 続きを読む

高橋一生、長瀬智也主演の映画『空飛ぶタイヤ』に出演へ インタビュー動画で「役者冥利につきます」とコメントも

高橋一生、長瀬智也主演の映画『空飛ぶタイヤ』に出演へ インタビュー動画で「役者冥利につきます」とコメントも

2018年公開の映画『空飛ぶタイヤ』に俳優・高橋一生が出演することが決定した。『空飛ぶタイヤ』は累計120万部を突破したベストセラー小説。2006年に実業之日本社から単行本が、2009年に講談社から文庫が刊行され、第136回直木賞候補作に.. 続きを読む

前のページ
次のページ

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。