池乃めだかの最新情報

池乃めだか に関するニュース検索結果   29件

間寛平、東京五輪の聖火ランナーに名乗り? 「声が掛かれば、なんぼでもやりますよ」

間寛平、東京五輪の聖火ランナーに名乗り? 「声が掛かれば、なんぼでもやりますよ」

2020年東京五輪・パラリンピックに向けた「3年前記念イベント-千葉にオリンピック・パラリンピックがやってくる!-」が5日、千葉県千葉市のイオンモール幕張新都心で行われ、森田健作千葉県知事、スペシャルゲストの間寛平ほかが登壇し.. 続きを読む

内場勝則『FILL-IN』で魂のドラム演奏!乃木坂46松村沙友理「いろんな初挑戦が詰まった舞台」

内場勝則『FILL-IN』で魂のドラム演奏!乃木坂46松村沙友理「いろんな初挑戦が詰まった舞台」

2017年7月13日(木)に東京・紀伊國屋ホールにて『FILL-IN~娘のバンドに親が出る~』が開幕した。初日前には公開ゲネプロと囲み会見が行われ、吉本新喜劇のスーパー座長で、本作の主演を務める内場勝則をはじめ、相良樹、松村沙友理(乃.. 続きを読む

本サイトに信者から批判殺到、青山繁晴の"教祖"化がスゴイ! 産湯の中で立った伝説、現代アート(笑)まで発表

本サイトに信者から批判殺到、青山繁晴の"教祖"化がスゴイ! 産湯の中で立った伝説、現代アート(笑)まで発表

10日の閉会中審査における前川喜平前文科省事務次官への質問で、なんともみっともない姿を晒した自民党の青山繁晴参院議員。それまでDHCシアターなどでさんざん攻撃材料にしてきた"出会い系バー通い"問題については、「暴力団が絡んでい.. 続きを読む

松村沙友理、“新喜劇ノリ”に感激 内場勝則らのアドリブ「タダで見られて豪華」

松村沙友理、“新喜劇ノリ”に感激 内場勝則らのアドリブ「タダで見られて豪華」

舞台「FILL-IN(フィル・イン)~娘のバンドに親が出る~」公開ゲネプロ&囲み取材が13日、東京都内で行われ、作・演出を手掛けた後藤ひろひとと出演者の内場勝則、池乃めだか、相楽樹、松村沙友理(乃木坂46)、千菅春香が出席した。本.. 続きを読む

乃木坂46松村沙友理、吉本新喜劇のスゴさを痛感

乃木坂46松村沙友理、吉本新喜劇のスゴさを痛感

吉本新喜劇の座長、内場勝則主演の舞台「FILL-IN(フィル・イン)~娘のバンドに親が出る~」が、7月13日(木)~23日(日)東京・紀伊國屋ホールで開演となる。この舞台は演出家、劇作家、俳優として多才ぶりを発揮する、後藤ひろひと(「.. 続きを読む

「すべては新喜劇と家族のため!」吉本新喜劇の頭脳・小籔千豊がブレないワケ

「すべては新喜劇と家族のため!」吉本新喜劇の頭脳・小籔千豊がブレないワケ

小籔千豊には2つの顔がある。伝統ある吉本新喜劇で最年少の座長になり、今なお屋台骨としてステージを支える新喜劇の顔。そしてもうひとつは、バラエティ番組などで時に辛辣なコメントを放つピン芸人としての顔。その2つの顔を、小籔自身.. 続きを読む

後藤ひろひと7年ぶり新作舞台『FILL-IN 娘のバンドに親が出る』制作発表会見

後藤ひろひと7年ぶり新作舞台『FILL-IN 娘のバンドに親が出る』制作発表会見

劇作家で演出家の後藤ひろひとが手がける新作舞台『FILL-IN~娘のバンドに親が出る~』。2017年7月に開幕を迎える本作の制作発表会見が、5月17日(水)、東京・新宿の吉本興業本社で行われ、後藤をはじめ、内場勝則、相楽樹、松村沙友理.. 続きを読む

乃木坂46松村沙友理 吉本新喜劇重鎮と共演「人生の思い出」

乃木坂46松村沙友理 吉本新喜劇重鎮と共演「人生の思い出」

吉本新喜劇の座長、内場勝則主演の舞台「FILL-IN(フィル・イン)~娘のバンドに親が出る~」が、7月13日(木)~23日(日)東京・紀伊國屋ホールで公演される。それに先駆け、舞台制作発表を兼ねた会見が吉本興業・東京本部で行わた。この.. 続きを読む

「KOYABU SONIC」が3年の充電期間を経て 今秋になんと3daysで堂々の復活!

「KOYABU SONIC」が3年の充電期間を経て 今秋になんと3daysで堂々の復活!

2008年7月から開催されてきた吉本新喜劇座長・小籔千豊主宰の「音楽と笑いの融合」をテーマにしたフェスティハル「KOYABU SONIC」か、3年間の充電期間を経て、ついに今秋に復活します!開催10周年て8回目となる今回は、インテックス大阪.. 続きを読む

松村沙友理、鬼才・後藤ひろひと新作公演に出演

松村沙友理、鬼才・後藤ひろひと新作公演に出演

演出家、劇作家、俳優の後藤ひろひと(「パコと魔法の絵本」原作」)作・演出の舞台「FILL- IN(フィル・イン)~娘のバンドに親が出る~」が、7月13日(木)から7月23日(日)まで、東京・紀伊國屋ホー ルにて開催することが決定致しました。.. 続きを読む

『孤独のグルメ season6』第1話 スカした東京人どもの胃袋の常識を変えてやる!? お好み焼きは、ごはんのおかず

『孤独のグルメ season6』第1話 スカした東京人どもの胃袋の常識を変えてやる!? お好み焼きは、ごはんのおかず

今シーズンの放送を前に、作画の谷口ジロー先生が亡くなられました。いまや、谷口先生の代表作のひとつとなった『孤独のグルメ』。でも、最初に依頼が来たときには「なぜ、私に……」と思ったそうです。実際、掲載誌の「月刊PANjA」(扶桑.. 続きを読む

小籔千豊「若者批判する大人」を非難し、称賛続出!

小籔千豊「若者批判する大人」を非難し、称賛続出!

2月14日の『ノンストップ!』(フジテレビ系)で、お笑いタレントの小籔千豊(43)が若者を簡単に批判する大人たちを非難した。この小籔の発言に、ネット上では称賛の声が上がっている。この日の放送の「せきららスタジオ」のコーナーで.. 続きを読む

芸人とのガチ対決で松田丈志「最後はふらふらでした」

芸人とのガチ対決で松田丈志「最後はふらふらでした」

10月22日(土)にカンテレでは「よしもとスポーツバトル 芸人vs最強アスリート 真剣勝負で大金星!?SP」(昼4:00-5:30)を放送。吉本興業の芸人たちが“よしもとJAPAN”を結成し、「水泳」「ゴルフ」「卓球」「陸上」の4種目でトップアスリート.. 続きを読む

井上竜夫さんの訃報に療養中の島木譲二さんを心配する声多数 / ネットの声「島木譲二は何処へ?」「ショックで連鎖しなければいいが」

井上竜夫さんの訃報に療養中の島木譲二さんを心配する声多数 / ネットの声「島木譲二は何処へ?」「ショックで連鎖しなければいいが」

大阪で土曜日の昼食時と言えば、毎日放送の「吉本新喜劇」である。昼までの授業が終わった小学生は、吉本新喜劇を見ながら家で昼ご飯を食べるのがお決まりのパターンだ。2016年10月5日、新喜劇の「竜爺(たつじい)」こと井上竜夫さんが7.. 続きを読む

座長・小籔千豊インタビュー! 吉本新喜劇にも高齢化問題の波が……

座長・小籔千豊インタビュー! 吉本新喜劇にも高齢化問題の波が……

美魔女ブームに苦言、人見知りは“甘え”――。お笑い芸人・小籔千豊といえば「ノンストップ!」「バイキング」(フジテレビ系)などでコメンテーターとして知られ、様々なメディアで世論に一石を投じる存在として有名だ。しかし、小籔本人は.. 続きを読む

au「三太郎」CM好感度急落……そのワケは「“一寸法師”の演技がうますぎ」!?

au「三太郎」CM好感度急落……そのワケは「“一寸法師”の演技がうますぎ」!?

CM総合研究所の「銘柄別CM好感度」において、5月度から引き続き、6月前期も1位に輝いたKDDI「au」のCM。同じくCM総研の調査によると、「2015年度企業別CM好感度ランキング」でもKDDIが1位となったほか、「2015年度CMタレント好感度ランキ.. 続きを読む

山田花子 妊娠に夫の福島正紀氏も涙!明石家さんまから妊娠見抜かれる

山田花子 妊娠に夫の福島正紀氏も涙!明石家さんまから妊娠見抜かれる

お笑いタレント・間寛平(66)と山田花子(40)が9日、都内で『横浜新喜劇&バラエティショー』開催会見を開いた。今月30日に神奈川の関内ホール大ホールで開かれるお笑いショー。間、山田のほか石田靖、池乃めだかが新喜劇を。くまだま.. 続きを読む

人付き合いの天才・笑福亭鶴瓶の「嫌いな人」に対する名言が深すぎると話題に 「ズシッときた」

人付き合いの天才・笑福亭鶴瓶の「嫌いな人」に対する名言が深すぎると話題に 「ズシッときた」

12月17日に放送された『櫻井有吉アブナイ夜会』(TBS系)で、落語家の笑福亭鶴瓶が人付き合いについて語り、ネット上で「深い」と話題を集めている。番組では嵐の二宮和也がゲスト出演し、ロケ先で鶴瓶とお酒を飲みながら夜会をした。二.. 続きを読む

二宮和也「私服は全身もらい物」“身内”櫻井翔に暴露されるも「嵐を辞めないですから」

二宮和也「私服は全身もらい物」“身内”櫻井翔に暴露されるも「嵐を辞めないですから」

嵐の二宮和也と笑福亭鶴瓶が17日、『櫻井有吉アブナイ夜会』(TBS系)に登場した。ジャニーズで一番テンションの低い男とされる二宮。歌番組で歌唱した15分後には楽屋でオンラインゲームを楽しめるほど、切り替えが早いという。櫻井が「.. 続きを読む

吉本新喜劇 空席が目立った80年代は若手とベテランの間に壁も

吉本新喜劇 空席が目立った80年代は若手とベテランの間に壁も

1959年、大阪・梅田に演芸場がオープンしたのを機に「吉本ヴァラエティ」として始まった吉本新喜劇は、1962年に現在の名称に正式変更し、今年で56年を迎えた。舞台はなんばグランド花月(NGK)である。過去を振り返ると、1970年代には花.. 続きを読む

前のページ
次のページ

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。