死去の最新情報

死去 に関するニュース検索結果   1717件

『ブレイキング・バッド』ブライアン・クランストン、チャールズ・マンソンと出くわした時の体験を告白

『ブレイキング・バッド』ブライアン・クランストン、チャールズ・マンソンと出くわした時の体験を告白

大ヒットドラマ『ブレイキング・バッド』の主人公ウォルター・ホワイト役で知られるブライアン・クランストンが、悪名高いカルト教団の指導者チャールズ・マンソンとすれ違ったことがあることを告白した。米Peopleが伝えた。【関連記事】.. 続きを読む

故リル・ピープ、生前のインタビュー動画が公開

故リル・ピープ、生前のインタビュー動画が公開

2017年11月15日に21歳の若さで死去した故リル・ピープ(Lil Peep)が生前収録していたMONTREALITYとのインタビューが今週公開された。MONTREALITYは冒頭の断り書きでこの動画が4月13日にカナダ・モントリオールで録画されたことと、「ピー.. 続きを読む

安室奈美恵のNHK特番が触れなかった、とてつもない「試練」

安室奈美恵のNHK特番が触れなかった、とてつもない「試練」

11月23日夜、NHK総合で特別番組『安室奈美恵「告白」』が放映されました。来年9月16日に引退する安室奈美恵(40)が、過去の番組映像などを観ながら、その時々の想いを語る――という内容でした。とはいえ、昔からの安室ファンからすると、.. 続きを読む

現役最高齢の囲碁棋士 杉内雅男九段死去 97歳、肺炎で…

現役最高齢の囲碁棋士 杉内雅男九段死去 97歳、肺炎で…

杉内 雅男氏97歳(すぎうち・まさお=囲碁棋士九段)21日午前9時38分、肺炎のため東京都内の病院で死去。宮崎県出身。通夜は28日午後6時、葬儀・告別式は29日午前9時50分からいずれも東京都品川区西五反田5の32の20、桐ケ谷斎場=(電).. 続きを読む

【イタすぎるセレブ達・番外編】デヴィッド・キャシディ、67歳で死去 移植手術は叶わず

【イタすぎるセレブ達・番外編】デヴィッド・キャシディ、67歳で死去 移植手術は叶わず

テレビドラマシリーズ『パートリッジ・ファミリー』で一躍人気者になり、役者として、そして歌手としても活動を続け大勢のファンに愛されたデヴィッド・キャシディ。しかし今年に入って、彼は認知症であることを公表。今後はツアーなど行.. 続きを読む

スティーリー・ダンのドナルド・フェイゲン、バンドの権利を巡り故ウォルター・ベッカーの遺産管理団体を告訴

スティーリー・ダンのドナルド・フェイゲン、バンドの権利を巡り故ウォルター・ベッカーの遺産管理団体を告訴

スティーリー・ダンのドナルド・フェイゲンが、今年9月に死去した故ウォルター・ベッカーのエステート(遺産管理団体)を相手取り、バンドの所有権などを巡って訴訟を起こした。2017年11月21日に米ロサンゼルス郡地裁に提出された訴状によ.. 続きを読む

チャールズ・マンソンの死に、マリリン・マンソンのファン勘違い「どうか安らかに」

チャールズ・マンソンの死に、マリリン・マンソンのファン勘違い「どうか安らかに」

かつてアメリカのカルト指導者として多くの人々と集団生活をし、信者を説き伏せ女優シャロン・テートらを殺害させたチャールズ・マンソン。その悪魔のような男につき「重い病で入院、余命わずか」と伝えられていたが、彼が回復することは.. 続きを読む

ケネディ暗殺から54年。衝撃の文書公開で何が明らかになったのか

ケネディ暗殺から54年。衝撃の文書公開で何が明らかになったのか

1963年11月22日にジョン・F・ケネディ米大統領が遊説先のテキサス州ダラスで暗殺されてから、きょうで54年が経つ(ただし、事件発生は日本時間では翌23日)。ちょうど先月より、米国立公文書館がケネディ暗殺関連の文書の一部を機密解除.. 続きを読む

マドンナ、若き日の“お宝ヌード写真”がオークションへ

マドンナ、若き日の“お宝ヌード写真”がオークションへ

現在59歳にして実子2人と4人の養子、計6人のママでもある歌手マドンナ。そんな彼女が10代の頃に撮影したヌード写真が、なんとオークションに出品されることになった。来年には60歳になるマドンナは、今もまだ子育て真っ最中の現役ママ。.. 続きを読む

タランティーノ新作、T・クルーズらにアプローチか ソニー・ピクチャーズが権利獲得

タランティーノ新作、T・クルーズらにアプローチか ソニー・ピクチャーズが権利獲得

映画『キル・ビル』シリーズや『ヘイトフル・エイト』のクエンティン・タランティーノ監督が、9本目となる新作のキャスティングでトム・クルーズやブラッド・ピット、レオナルド・ディカプリオらと接触しているとDeadlineが伝えた。【関.. 続きを読む

AC/DC マルコム・ヤングさん死去 弟・アンガス哀悼のコメント

AC/DC マルコム・ヤングさん死去 弟・アンガス哀悼のコメント

オーストラリアのロックバンド『AC/DC』の創設メンバーで、ギタリストのマルコム・ヤングさんが亡くなったと、バンドの公式サイトが18日、発表した。64歳だった。死因は明らかにされていないが、公式サイトによると、家族が見守る中、安.. 続きを読む

「AC/DC」マルコム・ヤングさん死去 ロック界から追悼の声

「AC/DC」マルコム・ヤングさん死去 ロック界から追悼の声

オーストラリアのロックバンド「AC/DC」のギタリスト、マルコム・ヤングさんが18日に死去した。64歳。スコットランド出身。ロイター通信などが報じた。死亡場所や死因は不明。公式ホームページによると、バンドのフロントマンで実弟のア.. 続きを読む

海老蔵 麻央さんも愛した「うなりくん」の日本一を祝福

海老蔵 麻央さんも愛した「うなりくん」の日本一を祝福

◇ゆるキャラグランプリ2017 2015年から「成田市御案内人」を務める歌舞伎俳優の市川海老蔵(39)はブログで「うなりくん日本一おめでとうございます」と快挙を称えた。うなりくんが全国区になるために一役買ったのが、6月に死去した妻の.. 続きを読む

野際さんラスト「必殺仕事人」新春放送 東山「魂見せてもらった」

野際さんラスト「必殺仕事人」新春放送 東山「魂見せてもらった」

少年隊の東山紀之(51)が主演するテレビ朝日のスペシャルドラマ「必殺仕事人」が、来年新春に放送されることになった。 主人公、渡辺小五郎の姑(しゅうとめ)役を演じた野際陽子さんが6月に死去(享年81)。3月に京都で行われた撮影に.. 続きを読む

「ドラゴンボール超」“ブルマ役”鶴ひろみさん追悼コメント「勇気と優しさをとどけて頂いた」

「ドラゴンボール超」“ブルマ役”鶴ひろみさん追悼コメント「勇気と優しさをとどけて頂いた」

アニメ「ドラゴンボール」シリーズのブルマ役などで知られる声優の鶴ひろみ(つる・ひろみ)さんが16日に大動脈剥離のため死去したことを受け、19日に放送されたフジテレビ「ドラゴンボール超(スーパー)」(日曜前9・00)でお悔やみの.. 続きを読む

古川登志夫、山寺宏一、緒方恵美…鶴ひろみさん死去に声優仲間・ファンの悲しみ広がる

古川登志夫、山寺宏一、緒方恵美…鶴ひろみさん死去に声優仲間・ファンの悲しみ広がる

『それいけ!アンパンマン』のドキンちゃん役や『ドラゴンボール』のブルマ役などで知られる声優・鶴ひろみさんの訃報が、17日に伝えられた。突然の一報にSNS上では多くのファンによる悲しみの声が寄せられているほか、古川登志夫、山寺.. 続きを読む

声優・鶴ひろみさん死去 古谷徹「事実受け入れられない」 海外からも追悼の声

声優・鶴ひろみさん死去 古谷徹「事実受け入れられない」 海外からも追悼の声

16日に大動脈解離のため亡くなった声優の鶴ひろみさん(享年57)に18日、海外からも追悼の声が寄せられた。 海外では日本のアニメを字幕で見ることが多く、「ドラゴンボールシリーズ」のブルマ役など人気作品に出演していた鶴さんの声を.. 続きを読む

「AC/DC」ギタリスト、マルコム・ヤングさん死去 64歳

「AC/DC」ギタリスト、マルコム・ヤングさん死去 64歳

世界的人気を誇る豪ロックバンド「AC/DC」のギタリスト、マルコム・ヤングさんが18日に死去した。64歳。スコットランド出身。ロイター通信などが報じた。死亡場所や死因は不明。 公式ホームページによると、バンドのフロントマンで実弟.. 続きを読む

「AC/DC」ギタリスト マルコム・ヤング氏死去 64歳

「AC/DC」ギタリスト マルコム・ヤング氏死去 64歳

オーストラリアのロックバンド「AC/DC」のギタリストであるマルコム・ヤング氏が18日死去した。64歳。バンドの公式サイトやフェイスブックなどで明らかにされた。死亡の場所や死因は明らかにされていない。2014年ごろから認知症を患い、.. 続きを読む

テイラー新作4日間で105万枚突破、サム・スミス自身初の全米No.1、「ロックスター」SGチャート首位死守:今週の洋楽まとめニュース

テイラー新作4日間で105万枚突破、サム・スミス自身初の全米No.1、「ロックスター」SGチャート首位死守:今週の洋楽まとめニュース

今週の洋楽まとめニュースは、2017年11月10日にリリースされたテイラー・スウィフトの新作の話題から。テイラーの6thアルバム『レピュテーション』は発売初日に70万枚を突破し、4日間で105万枚を売り上げたことがニールセン・ミュージッ.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。