死に際の最新情報

死に際 に関するニュース検索結果   73件

【イタすぎるセレブ達・番外編】ポール・ウォーカー事故死からまもなく4年 彼の言葉に滲み出ていた“熱い人生観”

【イタすぎるセレブ達・番外編】ポール・ウォーカー事故死からまもなく4年 彼の言葉に滲み出ていた“熱い人生観”

映画スターとして大成功をおさめ、私生活では元恋人との間に産まれた娘を愛する良き父だった俳優ポール・ウォーカー。彼は2013年11月、友人がハンドルを握るポルシェに乗り、街灯や街路樹に猛スピードで激突した車は瞬く間に爆発・大炎上.. 続きを読む

岸井ゆきの主演『おじいちゃん、死んじゃったって。』本予告&ポスタービジュアル解禁

岸井ゆきの主演『おじいちゃん、死んじゃったって。』本予告&ポスタービジュアル解禁

NHK大河ドラマ『真田丸』や映画『友だちのパパが好き』、舞台『髑髏城の七人』などドラマ、映画、舞台と注目度上昇中の実力派若手女優・岸井ゆきのが初主演を務める映画『おじいちゃん、死んじゃったって。』の本予告とポスタービジュア.. 続きを読む

「ごめん、愛してる」韓国版とのエンディング比較

「ごめん、愛してる」韓国版とのエンディング比較

長瀬智也主演の日曜劇場『ごめん、愛してる』最終回は、「衝撃の最終回」というより、大変静かなエピローグだった。このドラマらしいといえば、らしい終わり方だったと言える。サトルは麗子の養子だった!ストーリーは前半でほぼ整理され.. 続きを読む

「ブラックリベンジ」木村多江“最愛の夫”に高橋光臣が決定!

「ブラックリベンジ」木村多江“最愛の夫”に高橋光臣が決定!

10月5日(木)より、日本テレビ系にて放送される新ドラマ「ブラックリベンジ」。同ドラマで、主人公・沙織(木村多江)の亡き夫・圭吾を、高橋光臣が演じることが明らかになった。スキャンダルを暴く週刊誌の世界を舞台に、捏造(ねつぞう)さ.. 続きを読む

高橋光臣「歪んだ愛を表現したい」木村多江と夫婦役に『ブラックリベンジ』

高橋光臣「歪んだ愛を表現したい」木村多江と夫婦役に『ブラックリベンジ』

俳優の高橋光臣が、木村多江が民放の連続ドラマで初主演を務める読売テレビ・日本テレビ系の木曜ドラマ『ブラックリベンジ』(10月5日スタート、毎週木曜23:59~)に出演決定。木村演じる敏腕記者・沙織の亡き夫を演じることがわかった。.. 続きを読む

「ハロー張りネズミ」FILE No.6、なんと主人公が替わって『幸せの黄色いハンカチ』オマージュ

「ハロー張りネズミ」FILE No.6、なんと主人公が替わって『幸せの黄色いハンカチ』オマージュ

ドラマ「ハロー張りネズミ」。サスペンス、ホラー、ロマンスなど、毎度ジャンルが変わることが注目されているが、「FILE No.6 残された時間」は、なんと主人公が替わってしまった。五郎(瑛太)は、下痢という何ともシンプルな理由で主.. 続きを読む

磯貝龍虎「もっとザコらしさや、世界観を大事に」 舞台『北斗の拳 ‐世紀末ザコ伝説‐』公開ゲネプロ

磯貝龍虎「もっとザコらしさや、世界観を大事に」 舞台『北斗の拳 ‐世紀末ザコ伝説‐』公開ゲネプロ

2017年9月6日(水)から東京ドームシティ・シアターGロッソにて舞台『北斗の拳 ‐世紀末ザコ伝説‐』が開幕し、初日当日に同劇場にて公開ゲネプロが行われた。原作は、80年代『週刊少年ジャンプ』(集英社)の黄金期に一世を風靡し、アニメ化.. 続きを読む

オワリカラ 第2弾会場限定SG発売&リリースツアー開催決定

オワリカラ 第2弾会場限定SG発売&リリースツアー開催決定

8月29日 渋谷TSUTAYA O-nestにてツアー【ベルトコンベアー時代】のファイナル公演を開催したオワリカラ。11月1日に会場限定シングル第2弾をリリースすることが発表となった。会場限定シングルは、「ラブリー」と「誘惑されちゃう」の両A.. 続きを読む

【愛あればこそ】宝塚『ベルサイユのばら』あるある70連発 / 8月29日は「ベルばらの日」

【愛あればこそ】宝塚『ベルサイユのばら』あるある70連発 / 8月29日は「ベルばらの日」

皆さま、ご存知かしら? 本日、8月29日が何の日かということを! そう、今日はなんと「ベルばらの日」!! 1974年8月29日、宝塚歌劇で『ベルサイユのばら』が初演されたのを記念した日なのだ。やだもー! そんな記念日があったなんて!!.. 続きを読む

秋元康氏が新劇団を旗揚げ!メンバー内恋愛禁止で日本一を目指す

秋元康氏が新劇団を旗揚げ!メンバー内恋愛禁止で日本一を目指す

AKB48グループの総合プロデューサーで作詞家の秋元康氏が手がける、新劇団の旗揚げ記者会見が23日に都内で行なわれた。(劇団4ドル50セント劇団員と制作陣)秋元氏が以前から親交のあった、エイベックスグループホールディングスの松浦勝.. 続きを読む

【訃報】トーマス・ミーハンさん~『アニー』『プロデューサーズ』『ヘアスプレー』の脚本家

【訃報】トーマス・ミーハンさん~『アニー』『プロデューサーズ』『ヘアスプレー』の脚本家

『アニー』『プロデューサーズ』『ヘアスプレー』などブロードウェイのヒット・ミュージカルの脚本家として知られるトーマス・ミーハンさんが、アメリカ現地時間の2017年8月21日にニューヨーク市の自宅で死去した。享年88。死因は癌。5か.. 続きを読む

「生きているのも悪くないな」と思うためにはどうすべき? 禅僧に学ぶ「心が楽になる生き方」

「生きているのも悪くないな」と思うためにはどうすべき? 禅僧に学ぶ「心が楽になる生き方」

けしからんと思われるかもしれませんが、私は人の役に立ちたいという「尊い志」があって僧侶になったわけではありません。物心ついた頃から、自分の中に抜き差しならない問題があり、生きてその問題に取り組むには、出家を選ぶしかなかっ.. 続きを読む

セミと運命の恋人とラストダンスについて

セミと運命の恋人とラストダンスについて

拝啓レーザービームみたいに強く日差しが照りつけていて、肌が痛いくらいです。季節はすっかり夏ですね。そして夏といえばセミですよね。ミーンミンミンミーン!実を言えば、僕はセミが大嫌いです。というか、好きな人の方が少ないような.. 続きを読む

【ネタばれ】『ブレイキング・バッド』あの俳優、自分の死に際のシーンがお気に入り!

【ネタばれ】『ブレイキング・バッド』あの俳優、自分の死に際のシーンがお気に入り!

(※この記事は『ブレイキング・バッド』のネタバレを含みますのでご注意ください)大ヒットドラマ『ブレイキング・バッド』で主人公ウォルターの義弟ハンクを演じたディーン・ノリスが、自分の死に際のシーンがお気に入りだと語っている.. 続きを読む

最もパンクなアーサー王伝説「キング・アーサー」は聖剣無双な「ワイスピ」だ

最もパンクなアーサー王伝説「キング・アーサー」は聖剣無双な「ワイスピ」だ

ワイスピ・ミーツ・アーサー王伝説! もしもドミニクの"ファミリー"が円卓の騎士だったら……というワイスピ的価値観に彩られた、史上最もパンクなアーサー王映画が『キング・アーサー』である。ガイ・リッチー味で描く、王道の貴種流離譚.. 続きを読む

主役は…まさかのザコ! 「北斗の拳」初舞台化

主役は…まさかのザコ! 「北斗の拳」初舞台化

人気マンガ「北斗の拳」が、35周年を記念して、初の舞台化が決定した。主役はケンシロウ……ではなく、ザコ。ザコの、ザコによる、ザコのための、ザコだけの舞台になるという。コアミックスとノース・スターズ・ピクチャーズが手がける今回.. 続きを読む

【感涙】猫が死ぬ直前に心を許した人にだけ見せる行動が衝撃 / 猫「サヨナラいままでありがとうね」

【感涙】猫が死ぬ直前に心を許した人にだけ見せる行動が衝撃 / 猫「サヨナラいままでありがとうね」

日本で現在最も多くの家庭で親しまれているペットと言えば猫になるだろう。自由気ままなライフスタイルに魅了され、そして癒しを感じる人が続出しているのである。日本における猫の飼育数も近年犬を上回るという見込みになっているそうだ.. 続きを読む

チェコ共和国と首都プラハのちょっとダークな魅力12選+α

チェコ共和国と首都プラハのちょっとダークな魅力12選+α

実はオカルトな幽霊や精霊に吸血鬼伝説なども多い国。東ヨーロッパにあるチェコ共和国。その首都プラハは宝石箱のようにチャーミングな街で、筆者がお勧めの国を聞かれたら必ず行けと答える場所です。どこかを経由してじゃないとなかなか.. 続きを読む

小栗旬『CRISIS』初回から大幅下落11.2%! 「事件が解決しない」と視聴者イライラ爆発

小栗旬『CRISIS』初回から大幅下落11.2%! 「事件が解決しない」と視聴者イライラ爆発

4月18日に放送された『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』(フジテレビ系)第2話の平均視聴率が11.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)だったことがわかった。前週の第1話は13.9%と好成績をマークしていただけに、2話目にして早.. 続きを読む

「ヒトを食べると何キロカロリー?」各部位のカロリー探る、食人の本当の動機

「ヒトを食べると何キロカロリー?」各部位のカロリー探る、食人の本当の動機

Jim Cooke / Gizmodo US栄養源とすることより、精神的な意味が重要だった?人間の肉を食べる行為(=カニバリズム)、って人類最大のタブーのひとつですが、じつは人間は有史以前からさまざまな理由で人肉を食べてきました。その理由は複.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。