梨田昌孝の最新情報

梨田昌孝 に関するニュース検索結果   65件

プロ野球2017覆面「ミサイル座談会」(4)ソフトバンク唯一のツッコミどころは松坂大輔

プロ野球2017覆面「ミサイル座談会」(4)ソフトバンク唯一のツッコミどころは松坂大輔

B そういえば今季、メンドーサが大谷に激怒する事件があった。C あれは実際には大谷にではなく、栗山英樹監督(56)に対してですよ。7月12日、大谷が今季初登板で調整不足を露呈して、29球で4失点降板となった試合。試合前から栗山監督.. 続きを読む

【プロ野球】超重厚な2番・森友哉。奇策? やぶれかぶれ? 今季の珍オーダーを球団別に選定!(パ・リーグ編)

【プロ野球】超重厚な2番・森友哉。奇策? やぶれかぶれ? 今季の珍オーダーを球団別に選定!(パ・リーグ編)

野球のオーダーには美しさがある。古くは巨人の「3番・王貞治、4番・長嶋茂雄」など、その字面と並びだけでもファンを熱くさせる情景が思い浮かぶ。ただ、長いシーズンではイレギュラーもある。意図を持ってまたはアクシデントで想像もで.. 続きを読む

プロ野球「激変ストーブリーグ」裏速報(2)楽天・三木谷オーナーの現場介入で監督交代?

プロ野球「激変ストーブリーグ」裏速報(2)楽天・三木谷オーナーの現場介入で監督交代?

監督人事も正念場を迎えている。最後までCS出場を巨人と争ったのは、横浜DeNAのラミレス監督(43)だ。「フロントは、CS出場を逃せばアウトの方針を決めていた。現場のコーチや選手の評判は悪くありませんが、高田繁GM(72)が、投手交代.. 続きを読む

8球団で交代劇!? プロ野球「今オフの監督人事」スッパ抜き報告

8球団で交代劇!? プロ野球「今オフの監督人事」スッパ抜き報告

プロ野球もいよいよ大詰め。水面下では早くも来季に向けて動いている。「なんと来季は、最大で8球団の監督が交代する可能性があるんです」(スポーツ紙デスク)その中で注目は巨人。「試合中に動かない高橋由伸監督に、批判が集まってい.. 続きを読む

【プロ野球】ソフトバンクはほぼ不動。今だからこそ思い出したい今季の開幕オーダー(パ・リーグ編)

【プロ野球】ソフトバンクはほぼ不動。今だからこそ思い出したい今季の開幕オーダー(パ・リーグ編)

ソフトバンクが逆転の独走優勝を遂げたパ・リーグ。各球団のファンにとっては喜びアリ、悲しみアリ、怒りアリのシーズンだったが、春先の時点ではそれぞれ希望を抱いていたはずだ。シーズンの大勢が決した今だからこそ、今季の開幕オーダ.. 続きを読む

球団内の激ヤバ対立! プロ野球「大ゲンカの裏側」

球団内の激ヤバ対立! プロ野球「大ゲンカの裏側」

2017年のペナントレースは広島とソフトバンクの優勝で決着。これからはCS、日本シリーズのポストシーズンへと突入するプロ野球。しかし、球界の深部では、優勝争いとは別の「局地戦」が同時多発的に展開されている。“場外バトル”の裏側を.. 続きを読む

清宮vs中村「走攻守」徹底比較!

清宮vs中村「走攻守」徹底比較!

9月1~11日に行われた野球U-18カナダW杯に選出された、広陵の中村奨成(18)と早稲田実業の清宮幸太郎(18)。「中村は夏の甲子園開幕以前から、捕手としての評価は高かったものの、打撃はさほど注目されていませんでした。しかし、1985.. 続きを読む

【プロ野球】左腕を打てない楽天打線……。プレーオフの行方を左右しかねない致命的すぎる課題

【プロ野球】左腕を打てない楽天打線……。プレーオフの行方を左右しかねない致命的すぎる課題

楽天が非常事態に陥っている。先週末、日本ハムに3タテをくらい、8月15日以降の戦績は12試合1勝11敗。トホホなことに球団創設初年度の8月2日から14日にかけて記録した12戦の成績とまったく同じになってしまった。すべては終戦記念日の西.. 続きを読む

【プロ野球】今季、すでに3回。ヤクルトはルーズベルトゲーム好き! 最下位でも12球団一面白い試合を演出中

【プロ野球】今季、すでに3回。ヤクルトはルーズベルトゲーム好き! 最下位でも12球団一面白い試合を演出中

セ・リーグ最下位に沈んでいるヤクルト。浮上のきっかけをつかむチャンスだった交流戦。しかし、波に乗るこができなかった。巨人の13連敗の陰で、実はヤクルトも交流戦開幕から引き分けを挟み10連敗。通算でも5勝12敗1分と大きく負け越し.. 続きを読む

【プロ野球】源田壮亮(西武)に京田陽太(中日)。遊撃が熱い今、新人で遊撃レギュラーを奪った名手の系譜を見る

【プロ野球】源田壮亮(西武)に京田陽太(中日)。遊撃が熱い今、新人で遊撃レギュラーを奪った名手の系譜を見る

ペナントレースも中盤に差し掛かった今、ルーキーながら開幕から遊撃のレギュラーに座り続けている選手たちに注目が集まっている。セ・リーグでは京田陽太(中日)、パ・リーグでは源田壮亮(西武)だ。京田、源田ともに堅実な守備を買わ.. 続きを読む

【プロ野球】これはきつい…。ケガ人続出。ヤクルトの惨状を3位争いのライバル・DeNAで例えてみた

【プロ野球】これはきつい…。ケガ人続出。ヤクルトの惨状を3位争いのライバル・DeNAで例えてみた

交流戦は1分けを挟み10連敗でスタートしたヤクルト。序盤から苦しい戦いを強いられたが、ホームの神宮球場に戻ってきた最終週は4勝2敗と勝ち越し。いい状態で交流戦を終えることができた。しかし、毎年の懸念である故障者が交流戦で増え.. 続きを読む

【プロ野球】8月は27試合+2移動日。6連戦以上が9回。楽天・優勝への最大の壁は後半戦の「ブラック日程」だ!

【プロ野球】8月は27試合+2移動日。6連戦以上が9回。楽天・優勝への最大の壁は後半戦の「ブラック日程」だ!

■逃げるイーグルス、猛追するホークス去る日曜日、交流戦の最終ゲームとなった阪神との接戦を、今シーズン初の「1対0」でモノにした楽天。開幕から60試合、1度も首位の座を明け渡すことなく、4年ぶりの栄冠へまた一歩前進するかたちで、.. 続きを読む

【プロ野球】東浜巨(ソフトバンク)は「きょ」じゃない! 難読選手の読み方をこっそり教えます。パ・リーグ編

【プロ野球】東浜巨(ソフトバンク)は「きょ」じゃない! 難読選手の読み方をこっそり教えます。パ・リーグ編

前回のセ・リーグ編に続いて、今回はパ・リーグのチームから難読選手をピックアップ。名前の読み方をこっそりお教えしよう。「全部、知ってる!」という人は、かなりのプロ野球通だ!※野球の見方が変わるスマホマガジン『野球太郎Pocket.. 続きを読む

【プロ野球】東浜巨(ソフトバンク)は「きょ」じゃない! 難読選手の読み方をこっそり教えます。パ・リーグ編

【プロ野球】東浜巨(ソフトバンク)は「きょ」じゃない! 難読選手の読み方をこっそり教えます。パ・リーグ編

前回のセ・リーグ編に続いて、今回はパ・リーグのチームから難読選手をピックアップ。名前の読み方をこっそりお教えしよう。「全部、知ってる!」という人は、かなりのプロ野球通だ!※野球の見方が変わるスマホマガジン『野球太郎Pocket.. 続きを読む

【プロ野球】西口文也(元西武)のノーノー未遂。ロッテ「1イニング15点」の内訳など交流戦・珍場面総ざらい!

【プロ野球】西口文也(元西武)のノーノー未遂。ロッテ「1イニング15点」の内訳など交流戦・珍場面総ざらい!

野球太郎では『過去12年と今年の展望を総ざらい! プロ野球交流戦大特集!!』を連載。13年目を迎えた交流戦のアレコレを6回にわたって紹介したい。第5回となる今回は、過去12年間の交流戦で起こった珍プレー・珍場面を振り返ってみよう。.. 続きを読む

【プロ野球】オマリー対小林宏の14球勝負が再び!? もしヤクルトの『交流戦SERIES』があったら? 後編

【プロ野球】オマリー対小林宏の14球勝負が再び!? もしヤクルトの『交流戦SERIES』があったら? 後編

DeNAが6月16日からのオリックス3連戦を対象にした『交流戦SERIES 2017』を開催。最速162キロの豪速球で鳴らしたマーク・クルーン氏の参加が発表された。この『交流戦SERIES』はDeNA(横浜、大洋を含む)OBのレジェンドと、パ・リーグ球団.. 続きを読む

【プロ野球】4番抜擢に燃えた高橋信二(日本ハム)、「待機中」返上の城所龍磨ら、交流戦の意外な4割打者たち

【プロ野球】4番抜擢に燃えた高橋信二(日本ハム)、「待機中」返上の城所龍磨ら、交流戦の意外な4割打者たち

夢のシーズン打率4割に挑戦中の近藤健介(日本ハム)。長いプロ野球の歴史で誰1人として成し遂げたことがない大記録だが、交流戦に限定すれば2015年には秋山翔吾(西武)、柳田悠岐(ソフトバンク)、角中勝也(ロッテ)、ロペス(DeNA).. 続きを読む

【交流戦・優勝】優勝宣言の楽天・梨田昌孝監督の鼻息が荒い! 交流戦巧者のソフトバンクを崩せるか?

【交流戦・優勝】優勝宣言の楽天・梨田昌孝監督の鼻息が荒い! 交流戦巧者のソフトバンクを崩せるか?

5月31日から開幕した「日本生命 セ・パ交流戦」。野球太郎では『過去12年と今年の展望を総ざらい! プロ野球交流戦大特集!!』を連載。13年目を迎えた交流戦のアレコレを6回に渡って紹介したい。第4回となる今回は、過去12年の交流戦優勝.. 続きを読む

【プロ野球】交流戦では緑のリストバンド。6月5日は「環境の日」。野球界が取り組まなければならない環境活動とは?

【プロ野球】交流戦では緑のリストバンド。6月5日は「環境の日」。野球界が取り組まなければならない環境活動とは?

「あの緑のバンドはなんだろう?」交流戦がスタートした5月30日(火)、および6月2日(金)。審判団全員、そして一部の選手が緑色のバンドを腕につけて試合に臨んでいたのをご存じだろうか。球場の売店などで販売しているのを見たことが.. 続きを読む

【プロ野球】石井一久対梨田昌孝。古田敦也対西村龍次。もしヤクルトが『交流戦SERIES』を開催したら? 前編

【プロ野球】石井一久対梨田昌孝。古田敦也対西村龍次。もしヤクルトが『交流戦SERIES』を開催したら? 前編

DeNAが6月16日からのオリックス3連戦を対象にした『交流戦SERIES 2017』を開催。最速162キロの豪速球で鳴らしたマーク・クルーン氏の参加が発表された。この『交流戦SERIES』はDeNA(横浜、大洋を含む)OBのレジェンドと、パ・リーグ球団.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。