桂文枝の最新情報

桂文枝 に関するニュース検索結果   209件

文枝「総合演芸館に…」新定席の名称「神戸新開地・喜楽館」に決定

文枝「総合演芸館に…」新定席の名称「神戸新開地・喜楽館」に決定

上方落語協会会長の桂文枝(74)が16日、神戸市内で会見し来夏、新開地にオープンする定席の名称が「神戸新開地・喜楽館」に決まったと発表した。使途については「昼は落語、夜はジャズや将棋、演劇。総合演芸館みたいになれば」と具体化.. 続きを読む

なんで3年前のことで?小倉智昭が上原多香子を擁護した発言の深層

なんで3年前のことで?小倉智昭が上原多香子を擁護した発言の深層

小倉智昭(70)が、16日の『とくダネ!』(フジテレビ系)において不倫疑惑騒動の末に休業を宣言したSPEEDの上原多香子(34)を擁護する発言をしたとして、波紋を呼んでいる。番組では上原多香子の一連の騒動を取り上げ、小倉は「人生、.. 続きを読む

神戸・新開地の落語の定席 名称「喜楽館」に決定 来夏オープン

神戸・新開地の落語の定席 名称「喜楽館」に決定 来夏オープン

神戸・新開地に2018年夏オープン予定の定席の名称が「神戸新開地・喜楽館(きらくかん)」に決まったことが16日、発表された。命名式、起工式に出席した上方落語協会会長の落語家・桂文枝(74)は「名誉館長として盛り上げて行きたい」と.. 続きを読む

宮迫博之、不倫スクープ謝罪も無意味!? 複数の女性から「タレコミ殺到中」

宮迫博之、不倫スクープ謝罪も無意味!? 複数の女性から「タレコミ殺到中」

雨上がり決死隊・宮迫博之が、8月11日放送の『バイキング』(フジテレビ系)に生出演し、9日発売の「週刊文春」(文藝春秋)で報じられた不倫疑惑について謝罪した。本人は「一線は越えていない」などと主張していたが、マスコミ関係者に.. 続きを読む

三喬 エベレスト挑戦!?10月8日に7代目松喬襲名披露公演

三喬 エベレスト挑戦!?10月8日に7代目松喬襲名披露公演

落語家の笑福亭三喬(56)が8日、大阪市北区のスポーツニッポン新聞大阪本社を訪れ、師匠の故6代目松喬さんの名跡を継承して7代目を襲名し、10月8日に大阪松竹座で開く襲名披露公演を報告した。三喬は将棋の藤井聡太四段が出前で利用して.. 続きを読む

泰葉(56)がAVデビュー間近!? 初ヘアヌードの需要とは?「ナンのようなおっぱいに興奮……」

泰葉(56)がAVデビュー間近!? 初ヘアヌードの需要とは?「ナンのようなおっぱいに興奮……」

タレントの泰葉(56)が7日、自身のブログを更新。「泰葉砲」と称し、PTSDの症状によりセックスができないことを告白した。泰葉は、突如として「PTSDの症状で私はmake loveができないの」「爺行為も違った自慰行為も」と告白。「泰葉砲!.. 続きを読む

濱松恵ヌード写真集に「誰得ヌード」の声! 不倫報道後に“売名”で脱いだ女たちの末路

濱松恵ヌード写真集に「誰得ヌード」の声! 不倫報道後に“売名”で脱いだ女たちの末路

お笑いトリオ・東京03の豊本明長との“不倫騒動”で話題となった女優の濱松恵が、初のヌード写真集『BEYOND THE LIMITS』(講談社)を7月21日に発売した。しかし、ネットでは「ヌード見せるより、女優なら演技で魅せろよ」と辛らつな声が上.. 続きを読む

桂文枝、持ちギャグ入りクレジットカード完成で上機嫌の「私的理由」

桂文枝、持ちギャグ入りクレジットカード完成で上機嫌の「私的理由」

7月5日から受付が開始された、桂文枝のオリジナルクレジットカードが話題を呼んでいる。これは今年創業50周年を迎えるカード会社と同じく今年、芸能生活50周年を迎えた文枝がコラボしたカードで、「オヨヨVISAカード」と命名された。カー.. 続きを読む

海老蔵、平原綾香から思い出の曲を受け取る「麻央と共に聞こうと」

海老蔵、平原綾香から思い出の曲を受け取る「麻央と共に聞こうと」

歌舞伎俳優の市川海老蔵(39)が自身のブログを更新した。海老蔵は舞台『七月大歌舞伎』が始まり、相変わらず忙しい毎日を送っている。また、息子の勸玄くん(4)も同舞台に出演し話題となっているが、舞台の楽屋には多くの著名人から差.. 続きを読む

将棋・藤井聡太四段、29連勝の快挙に各界から祝福「宇宙的天才」「将棋界が羨ましい」

将棋・藤井聡太四段、29連勝の快挙に各界から祝福「宇宙的天才」「将棋界が羨ましい」

将棋の最年少棋士・藤井聡太四段(14)が6月26日、歴代最多となる29連勝という新記録をデビュー以来無敗のまま達成した。芸能界を中心に各界からさまざまなコメントが寄せられた。  ◆桂文枝(落語家・アマ初段)歴史的瞬間を見ました.. 続きを読む

次回“セミファイナル”も、伏線ぶん投げまくりで回収は大丈夫? ドラマ『小さな巨人』第8話レビュー

次回“セミファイナル”も、伏線ぶん投げまくりで回収は大丈夫? ドラマ『小さな巨人』第8話レビュー

前回、視聴率が微減してしまった長谷川博己・主演ドラマ『小さな巨人』(TBS系)ですが、4日に放送された第8話の平均視聴率は13.6%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と復調しました。さて、まずは前回のおさらい。学校法人早明学園と政.. 続きを読む

ドラマ「小さな巨人」第2章キャストに「濃い演技は飽き飽き」の声

ドラマ「小さな巨人」第2章キャストに「濃い演技は飽き飽き」の声

(C)まいじつ連続ドラマ『小さな巨人』(TBS系)の第2章キャストが発表され、ゲストに和田アキ子、梅沢富美男、ユースケ・サンタマリアらが5月21日の第6話から出演することが決まった。視聴者からは第1章の内容を評価する一方で、演技力.. 続きを読む

小さな巨人「和田&梅沢コンビ」思わぬ不評?

小さな巨人「和田&梅沢コンビ」思わぬ不評?

5月21日、長谷川博己(40)主演のドラマ『小さな巨人』(TBS系)の第6話が放送。物語は後編に突入し、新たなキャストとして和田アキ子(67)と梅沢富美男(66)が登場した。しかし、この二人に「バラエティ番組っぽい」と違和感を抱いた.. 続きを読む

刑事課長に銀行常務やカマキリまで…香川照之の「ギャップ感」がすごい

刑事課長に銀行常務やカマキリまで…香川照之の「ギャップ感」がすごい

(C)まいじつ“怪演”を続ける香川照之の人気上昇がとどまることを知らない。現在放送されている連続ドラマ『小さな巨人』(TBS系)では刑事役を熱演。その一方でNHK Eテレではカマキリに扮して子供向けに昆虫の魅力を伝える『香川照之の.. 続きを読む

長谷川博己、焦りのあまり違法捜査に踏み切る! ドラマ『小さな巨人』第5話レビュー

長谷川博己、焦りのあまり違法捜査に踏み切る! ドラマ『小さな巨人』第5話レビュー

14日に放送された長谷川博己・主演ドラマ『小さな巨人』(TBS系)の平均視聴率が13.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録。これまで最高だった初回の13.7%を更新しました。おめでとうございます。さて、前回のおさらいを.. 続きを読む

第1部完「小さな巨人」脚本は穴だらけだが、視聴率うなぎ上りで巨悪を倒せ

第1部完「小さな巨人」脚本は穴だらけだが、視聴率うなぎ上りで巨悪を倒せ

「ここでは立場の違いは関係ない。ここにいる全員が、同じ使命を持つ同じ警察官だ! 我々は犯人逮捕に向けて、必ず証拠品を見つけ出す! ……使命を果たそう」ここはどこの巨災対? なんてセリフが長谷川博己から飛び出した『小さな巨人.. 続きを読む

お笑い芸人のドラマ出演ラッシュ! ストーカー役で“意外な高評価”受けたアノ人って!?

お笑い芸人のドラマ出演ラッシュ! ストーカー役で“意外な高評価”受けたアノ人って!?

「いまや、芸人さんがドラマに出ることは珍しくなくなりました。今クールも、ついこの前ブレークしたばかりのブルゾンちえみさんが主要キャストで出てますしね。今後、旬の芸人さんはどんどんキャスティングされると思いますよ」(ドラマ.. 続きを読む

「小さな巨人」竜星涼が明かす名シーン舞台裏!

「小さな巨人」竜星涼が明かす名シーン舞台裏!

警視庁と所轄の確執、警察内部の戦いを克明に描く警察ドラマ「小さな巨人」(毎週日曜夜9:00-9:54、TBS系)。一度のミスで所轄に左遷された香坂(長谷川博己)は異動した芝署管内で起きた誘拐事件に、ビルからの飛び降りた京子(富永沙織)の死.. 続きを読む

イケメン2人に囲まれた中ボス・春風亭昇太の小物感に失望 ドラマ『小さな巨人』第4話レビュー

イケメン2人に囲まれた中ボス・春風亭昇太の小物感に失望 ドラマ『小さな巨人』第4話レビュー

7日に放送された長谷川博己主演の連続ドラマ『小さな巨人』(TBS系)の平均視聴率が13.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を記録。前回の11.7%から1.8ポイントのV字回復を達成しました。GW効果の最終日でしょうか?さて、まず.. 続きを読む

今夜5話「小さな巨人」カマキリ先生大爆発で視聴率アップ、春風亭昇太もブチ切れている

今夜5話「小さな巨人」カマキリ先生大爆発で視聴率アップ、春風亭昇太もブチ切れている

「この私を敵に回すということは、警察組織全体を敵に回すということなんだよ!」所轄VS警視庁、本格開戦! 日曜劇場/『小さな巨人』がヒートアップしてきた。内通者は小野田義信捜査一課長(香川照之)ではなく、三笠署長(春風亭昇太.. 続きを読む

前のページ
次のページ

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。