核戦争の最新情報

核戦争 に関するニュース検索結果   150件

ドラえもん映画ベスト10選! 子どもと一緒に楽しめるものは?

ドラえもん映画ベスト10選! 子どもと一緒に楽しめるものは?

子どもから大人まで楽しめるドラえもんは、映画も人気で、2世代にわたり楽しむ方も多い作品。子どもにとって心に残る名作を見せてあげたい方もいるでしょう。今まで上映された作品の中からベスト10選を紹介します。あなたの好きなドラえ.. 続きを読む

赤羽、蒲田、立石…なぜ「横丁」が日本人を引き寄せ始めたのか:焼け跡のような現代日本

赤羽、蒲田、立石…なぜ「横丁」が日本人を引き寄せ始めたのか:焼け跡のような現代日本

●横丁人気の深層横丁の人気が高まっている。東京の、いや全国の各地で、衰退した中心市街地の中に横丁的な街区や屋台村などが新たにつくられたり、新築のオフィスビルの中にすら横丁的な飲食街がつくられたりしている。横丁が、街の衰退.. 続きを読む

アメリカ映画が描いてきた「核戦争危機」の歴史

アメリカ映画が描いてきた「核戦争危機」の歴史

(C)Shutterstock北朝鮮の“無慈悲な”挑発に、アメリカが本気で動揺しているとは思えない。だが、過去に2回、アメリカ国民がパニックになった出来事があった。「最初は1957年10月4日に、ソ連が世界最初の人工衛星『スプートニク1号』の打.. 続きを読む

 【今週はこれを読め! SF編】ふたつの人生とふたつの世界

【今週はこれを読め! SF編】ふたつの人生とふたつの世界

歴史分岐SFは、素朴な機械論的時間観に基づくジャック・ウィリアムスン『航時軍団』をはじめ、さまざまなバリエーションが書かれてきた。このカテゴリーでの最高傑作は、記憶や語りと不可分であるほんらいの時間を小説構造に繰りこんだク.. 続きを読む

【北朝鮮】金正日の料理人・藤本健二氏が平壌の日本料理店で仕事をする動画がアップされる / 伝言「築地の井上ラーメンが食べたければ平壌に来なさい」

【北朝鮮】金正日の料理人・藤本健二氏が平壌の日本料理店で仕事をする動画がアップされる / 伝言「築地の井上ラーメンが食べたければ平壌に来なさい」

アメリカのトランプ大統領が、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長のことを「チビのロケットマン」と言い放ったかと思えば、北朝鮮は世界各国に対し「核戦争の危険近づく」と警告したりと、北朝鮮情勢の緊迫の度合いは増.. 続きを読む

ジンバブエ大統領、国連でのトランプ米大統領スピーチでも居眠り

ジンバブエ大統領、国連でのトランプ米大統領スピーチでも居眠り

第72回国連総会で世界中が注目したドナルド・トランプ大統領のスピーチ。「アメリカや同盟国の防衛を迫られれば、北朝鮮を完全に破壊するしかない」と述べて、米朝間の緊張が高まっていた。そんな中、違う意味で注目を集めたのがジンバブ.. 続きを読む

【連載/ウワサの映画 Vol.1】ストレスMAXで働いた、先輩ワーキングウーマンの実話

【連載/ウワサの映画 Vol.1】ストレスMAXで働いた、先輩ワーキングウーマンの実話

年間200本以上の映画を鑑賞するライターが、これから公開になる作品をひと足先にレビュー! ジャンルを問わず鑑賞し、これはオススメ!というものを毎週アップしていきます。記念すべき1本目は、逆境にくじけることなく働く女性たちの作.. 続きを読む

沖縄で米軍の核ミサイルが事故! Nスペ衝撃のスクープは過去の話じゃない、北朝鮮危機に乗じ核配備を狙う安倍政権

沖縄で米軍の核ミサイルが事故! Nスペ衝撃のスクープは過去の話じゃない、北朝鮮危機に乗じ核配備を狙う安倍政権

那覇の米軍基地で、核ミサイルが誤発射される事故が起きていた──。9月10日放送のNHKスペシャル『スクープドキュメント 沖縄と核』が衝撃の事実を報じた。東西冷戦の最中である1959年、アメリカの支配下にあった沖縄には、共産主義勢力に.. 続きを読む

【ゲームレビュー】核戦争サバイバルゲーム『60Seconds!』で避難生活の極意を身に付けろ! 核シェルターで生活するアプリをやってみた

【ゲームレビュー】核戦争サバイバルゲーム『60Seconds!』で避難生活の極意を身に付けろ! 核シェルターで生活するアプリをやってみた

澤田がこの記事を書いている9月7日現在、我らがアントニオ猪木参議院議員は北の国へ向かった。猪木さんは、官房長官からの批判をむしろ自分の燃料にしている。というのも、この人は5歳で父親を亡くしたあとは母方の祖父・相良寿郎に育て.. 続きを読む

【芸能コラム】アニメーションで描かれる戦争の始まり 『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 激突 ルウム会戦』

【芸能コラム】アニメーションで描かれる戦争の始まり 『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 激突 ルウム会戦』

人気シリーズの原点「機動戦士ガンダム」(79~80)の前日談を描いたアニメーション第5弾『機動戦士ガンダム THE ORIGIN 激突 ルウム会戦』が、9月2日から公開される。いまさらの話で恐縮だが、「機動戦士ガンダム」の世界観を簡単に.. 続きを読む

『THE 100/ハンドレッド』シーズン5に新しいキャスト決定

『THE 100/ハンドレッド』シーズン5に新しいキャスト決定

核戦争から100年後の地球を舞台に、人類の存亡のために100人の少年少女が繰り広げるサバイバルを描いたドラマ『The 100/ハンドレッド』。そのシーズン5に新しく出演するキャストが明らかになった。米TV Lineらが報じている。今回発表さ.. 続きを読む

龍が如く×北斗の拳「北斗が如く」を発表

龍が如く×北斗の拳「北斗が如く」を発表

8月26日、都内で「龍が如くスタジオ 新作ラインアップ発表会」が開催され、同スタジオによるプレイステーション4向けゲームソフト「北斗が如く」が発表された。「北斗が如く」は人気漫画「北斗の拳」(原作・武論尊/漫画・原哲夫)の本.. 続きを読む

伝説のタイムトラベラーが帰還後に予言した第三次世界大戦

伝説のタイムトラベラーが帰還後に予言した第三次世界大戦

(C)Shutterstockインターネット上の有名な予言者であり、タイムトラベラーでもあるジョン・タイターが戻ってきた!?タイターは2036年から2000年にやって来て、2036年までに自らが体験してきた歴史をネット上に書き込んだとされる人物.. 続きを読む

舞台『北斗の拳』原作ファンにはおなじみ“ザコ”だけのビジュアルついに解禁!

舞台『北斗の拳』原作ファンにはおなじみ“ザコ”だけのビジュアルついに解禁!

漫画『北斗の拳』(原作:武論尊、漫画:原哲夫)の初の舞台化作品『北斗の拳 -世紀末ザコ伝説-』が、9月6日~10日まで上演。原作ファンにはおなじみのやられ役”ザコ”が主役である本作のキャスト陣、磯貝龍虎、河合龍之介、寿里、花園.. 続きを読む

『ブルーブック計画』 米国とエイリアンの極秘接触映像が公開!

『ブルーブック計画』 米国とエイリアンの極秘接触映像が公開!

地球には、既に宇宙人が訪れており、大国政府は接触すら持っている。 こんな陰謀説が、世間では昔から根強く囁かれている。 1960~80年代のようにマニアのみならず、一般の人まで興味を持ち、そして信じているような時期もあった。 最近.. 続きを読む

男性の精子数、過去40年で半分以下に。

男性の精子数、過去40年で半分以下に。

核戦争でも、気候変動でも、ましてや宇宙人襲来でもないところから、「人類滅亡の危機」がもたらされるかもしれない。世界中から子どもが消える……そんなSFのような未来が、本当にやってくる?男性の精子数40年間で約6割減先月、「Human R.. 続きを読む

原爆は落とされたほうが悪いのか? 北朝鮮と中国の核に対抗する議論を【評論家・江崎道朗】

原爆は落とされたほうが悪いのか? 北朝鮮と中国の核に対抗する議論を【評論家・江崎道朗】

【江崎道朗のネットブリーフィング 第17回】トランプ大統領の誕生をいち早く予見していた気鋭の評論家が、日本を取り巻く世界情勢の「変動」を即座に見抜き世に問う!◆「悪いのは、アメリカのトルーマン民主党政権だ」8月になると、広島.. 続きを読む

火星にハリネズミ!? 未知の化石発見される

火星にハリネズミ!? 未知の化石発見される

(C)Paranormal Crucibleまずは写真をご覧いただこう。これは、アメリカ航空宇宙局(NASA)の火星探査ローバー『キュリオシティ』から送られてきた映像である。なんと、白い矢印の部分をよく見ると“動物のような化石”が写っているという.. 続きを読む

これは怖い!昔の映画で描かれた近未来が現実に!

これは怖い!昔の映画で描かれた近未来が現実に!

(C)Shutterstock北朝鮮による度重なるミサイル攻撃、安倍政権による一方的な『共謀罪』の押し付け、世界各地で続発するテロ事件…。そのほかにも宗教紛争、食料危機、エネルギー問題、地球温暖化、人工知能の飛躍的発達などなど、日々の.. 続きを読む

地球滅亡!? 危険すぎる「科学実験」の最前線

地球滅亡!? 危険すぎる「科学実験」の最前線

SFには天才科学者が発明した兵器や技術で世界が破滅する話が、よくある。こうした科学の暴走は想像だけの世界ではない。あと少しで人類が滅亡したかもしれない、無謀で狂気に満ちた実験は何度も繰り返され、実際に、あと少しで大事故が起.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。