松田優作の最新情報

松田優作 に関するニュース検索結果   120件

 岡田結実は2位!二世タレント「実力がありそう」ベスト10

岡田結実は2位!二世タレント「実力がありそう」ベスト10

親と同じ道を志せば、歓迎と同時に厳しい目を向けられるます。華やかな世界である芸能界ならばなおのこと。宇多田ヒカル(母・藤圭子)や佐藤浩市(父・三國連太郎)など己の力で地位を確立している人たちがいる一方、闇カジノ問題で活動.. 続きを読む

松田翔太が秋元梢にプロポーズ? 電撃結婚の武井咲が1億超豪邸建設か - 週刊芸能ニュース! 注目トピックスBest5

松田翔太が秋元梢にプロポーズ? 電撃結婚の武井咲が1億超豪邸建設か - 週刊芸能ニュース! 注目トピックスBest5

ワイドショー、週刊誌、スポーツ新聞などで報道された芸能ニュースをコラムニストの木村隆志が、「芸能界のしがらみ無視」で厳選紹介! 芸能人の熱愛・破局・スキャンダル・事件……これさえ見れば、一週間の芸能ニュースをサクッとつかめる.. 続きを読む

「ヒデはみね子が大好き」連続テレビ小説「ひよっこ」出演中 磯村勇斗インタビュー

「ヒデはみね子が大好き」連続テレビ小説「ひよっこ」出演中 磯村勇斗インタビュー

いよいよ最終回間近の、連続テレビ小説「ひよっこ」(NHK総合ほか)。行方不明だったお父さん(沢村一樹)も見つかり、ホッと一安心のみね子(有村架純)。そんなみね子を温かく見守る「すずふり亭」の面々。その中でも見習いコックの前田秀俊(.. 続きを読む

【岩井志麻子×編集長対談・後】結婚相手は、お◯ックスよりチューが大事!?

【岩井志麻子×編集長対談・後】結婚相手は、お◯ックスよりチューが大事!?

テレビ番組のコメント等で独自の志麻子節を炸裂させている作家・岩井志麻子先生。8月はOTONA SALONE夏の特別企画として、編集長の浅見との対談が実現。今回はその後編。OTONA SALONE内でアツい、40代女性の婚活について志麻子先生がズバ.. 続きを読む

桑田佳祐 “人生で影響を受けた人物”や意外な“本籍地”明かす

桑田佳祐 “人生で影響を受けた人物”や意外な“本籍地”明かす

桑田佳祐がニューアルバム『がらくた』の発売日となる8月23日、福岡エリアのFM番組『モーニングジャム』(FM FUKUOKA)に収録で出演した。パーソナリティの中島浩二が東京でインタビューしたものをおよそ30分放送、「桑田さんに影響を与.. 続きを読む

「どん底」から脱出するために、僕が意識したこと――俳優・宮川一朗太氏の仕事論

「どん底」から脱出するために、僕が意識したこと――俳優・宮川一朗太氏の仕事論

みやかわ・いちろうた1966年3月25日生まれ。 東京都出身。武蔵中学校・高等学校卒業。早稲田大学第一文学部中退。高校在学中に、東京芸術学院の第1期生に。1983年、森田芳光監督の映画『家族ゲーム』でデビュー、日本アカデミー賞優秀新.. 続きを読む

「ヒデはみね子のことが100パーセント好きです。大好きです!」磯村勇斗(前田秀俊)【「ひよっこ」インタビュー】

「ヒデはみね子のことが100パーセント好きです。大好きです!」磯村勇斗(前田秀俊)【「ひよっこ」インタビュー】

みね子(有村架純)が働く赤坂の洋食屋「すずふり亭」の見習いコック前田秀俊役を演じている磯村勇斗。当初から“イケメンコック”と呼ばれ人気を集めていたが、終盤に入り、島谷(竹内涼真)と破局したみね子の新しい恋の相手として注目さ.. 続きを読む

岡田家以外もこんなに!「一家まるごと芸能人」ファミリー

岡田家以外もこんなに!「一家まるごと芸能人」ファミリー

お笑いコンビ「ますだおかだ」の岡田圭右(48)の妻で、元お笑いコンビ「-4℃」の岡田祐佳(45)が、この春から芸能界に復帰。そして岡田の娘といえば、今ブレイク中のタレント岡田結実(17)がいる。そして結実の兄である岡田隆之介(19.. 続きを読む

「ヒデはみね子のことが100パーセント好きです。大好きです!」磯村勇斗(前田秀俊)【「ひよっこ」インタビュー】

「ヒデはみね子のことが100パーセント好きです。大好きです!」磯村勇斗(前田秀俊)【「ひよっこ」インタビュー】

みね子(有村架純)が働く赤坂の洋食屋「すずふり亭」の見習いコック前田秀俊役を演じている磯村勇斗。当初から“イケメンコック”と呼ばれ人気を集めていたが、終盤に入り、島谷(竹内涼真)と破局したみね子の新しい恋の相手として注目さ.. 続きを読む

音楽がすっと心に響く、居心地のいいバーを紹介 『よい音楽で、よい時を』#11 LADY JANE

音楽がすっと心に響く、居心地のいいバーを紹介 『よい音楽で、よい時を』#11 LADY JANE

刺激的なライブが楽しめる、老舗ジャズバー音楽をよりよい環境で聴くために、こだわって作られたミュージックバーやジャズ喫茶などを紹介する本特集。 今回は、1975年から営業を続けている下北沢の『LADY JANE』。 若き日に、ジャズ、映.. 続きを読む

ディスコ文化とモテを振り返る――“聖地”六本木スクエアビル、マハラジャ、ゴールドそしてジュリアナ東京

ディスコ文化とモテを振り返る――“聖地”六本木スクエアビル、マハラジャ、ゴールドそしてジュリアナ東京

バブル前夜に多感な10~20代を過ごした人たちがあのころの思い出に浸るとき、テッパンとして、つい盛り上がってしまうのが「ディスコ」ネタ。とはいえ、さすがにもう30年近くも前のうろ覚えゆえ、誰も彼もが口にする時代考証は案外あやふ.. 続きを読む

50万円のハイエンドプレーヤー「A&ultima SP1000」を実際に聴いた。コレは新たな音の基準を定めるかもしれない

50万円のハイエンドプレーヤー「A&ultima SP1000」を実際に聴いた。コレは新たな音の基準を定めるかもしれない

Image: Astell&Kern従来モデルでも十分じゃない?と思っていた気持ちが霧散しましたよ。なんだこれ。なんですかこの音場の広さは。2014年に約30万円のAK240、2015年に約50万円のAK380という飛びっ切りのデジタルオーディオプレイヤーを出.. 続きを読む

            EXILE ATSUSHI、「人間の証明のテーマ」のMV公開

EXILE ATSUSHI、「人間の証明のテーマ」のMV公開

EXILE ATSUSHIが6月28日(水)にリリースする「人間の証明のテーマ」の7inchアナログ盤のリリースに先駆けて、同曲のミュージックビデオを公開した。同曲は1977年に大ヒットした松田優作さん主演映画「人間の証明」の主題歌として、故ジ.. 続きを読む

蘇る名優・松田優作!「ウィルキンソン・ハード 無糖ドライ」新CMにVFXで登場

蘇る名優・松田優作!「ウィルキンソン・ハード 無糖ドライ」新CMにVFXで登場

アサヒビールは、「ウィルキンソン・ハード 無糖ドライ」を6月20日(火)から新発売する。それにあわせ放映されるTVCM「全く甘くない9%チューハイ篇」に、VFX技術で再現された俳優・松田優作が登場する。松田優作は「太陽にほえろ!」のジ.. 続きを読む

アナクロさがカッコイイ!昭和臭プンプンの「秘密兵器」

アナクロさがカッコイイ!昭和臭プンプンの「秘密兵器」

「元祖クールジャパン」再検証~ファイル38【マルイ 国際秘密警察シークレット兵器 トランシーバーナイフガン】~テロ事件が頻発しています。何とも物騒な世の中になったもんです。不謹慎ではありますが子供のころ、私が見ていた映画やテ.. 続きを読む

亀梨和也と木村文乃の『ボク運』コンビ “父と子で活躍する有名人 TOP10”クイズで見せ場

亀梨和也と木村文乃の『ボク運』コンビ “父と子で活躍する有名人 TOP10”クイズで見せ場

6月17日に最終回を迎える日本テレビ系土曜ドラマ『ボク、運命の人です。』からメインキャストの亀梨和也と木村文乃が、16日放送の『ヒルナンデス!』に生出演した。アンケート調査に基づくTOP10を予想するクイズコーナー“超限定マーケテ.. 続きを読む

【泡盛】沖縄料理の名店「かよい船」から本場の泡盛の素晴らしさを学んできた【老舗】

【泡盛】沖縄料理の名店「かよい船」から本場の泡盛の素晴らしさを学んできた【老舗】

泡盛と言えば沖縄の地酒。 原料にタイ米を使用し、黒麹菌によってデンプンを糖化して酵母でアルコール発酵させた蒸留酒です。沖縄の心と技に育まれてきたお酒とも言えます。平均的なアルコール度数は25度から30度。 独特の香りとすっきり.. 続きを読む

第21回「刑事ドラマの歴史」

第21回「刑事ドラマの歴史」

まずは、今クールの連ドラの6話までの平均視聴率ベスト5を見てほしい。1位『緊急取調室』(テレ朝)14.1% 2位『小さな巨人』(TBS)13.2% 3位『警視庁・捜査一課長』(テレ朝)12.0% 4位『警視庁捜査一課9係』(テレ朝)11.2% 5.. 続きを読む

松田翔太があのCMに起用された理由は岡山にあり? 桃太郎のふるさとで食の祭典

松田翔太があのCMに起用された理由は岡山にあり? 桃太郎のふるさとで食の祭典

“三太郎”そろい踏みで楽しませてくれるauのCM。濱田岳の金太郎、桐谷健太の浦島太郎はイメージ通りのはまり役だが、松田翔太の桃太郎は意表をつく格好よさ。「太陽にほえろ!」のジーパン刑事でデビューした父・松田優作譲りのスマートさ.. 続きを読む

5位にチュート徳井!「演技がうまい芸人」第1位は?

5位にチュート徳井!「演技がうまい芸人」第1位は?

かつてドラマや映画というのは、“俳優”や“女優”が活躍する場だった。しかし時は流れ、現在では専業の役者だけが活躍するフィールドではなくなり、ミュージシャンやタレントなど、俳優ではない人たちが演技を披露する機会が増えている。そ.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。