松平健の最新情報

松平健 に関するニュース検索結果   121件

「徳川家のために物事を冷静に運ぶ才を見ていただけたら」尾美としのり(榊原康政)【「おんな城主 直虎」インタビュー】

「徳川家のために物事を冷静に運ぶ才を見ていただけたら」尾美としのり(榊原康政)【「おんな城主 直虎」インタビュー】

再び進撃を開始した武田信玄(松平健)が井伊谷に攻め寄せ、井伊谷城は炎に包まれた。激動する戦国の世は、井伊家再興を諦め、還俗した直虎(柴咲コウ)の運命を翻弄していく。そんな中、徳川家重臣・榊原康政が登場。後に「徳川四天王」.. 続きを読む

『おんな城主 直虎』、龍雲丸から一緒に堺に来てほしいと告げられる直虎だが…

『おんな城主 直虎』、龍雲丸から一緒に堺に来てほしいと告げられる直虎だが…

NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』にて先週放送の第36話『井伊家最後の日』。直虎(柴咲コウ)は井伊家の再興に向けて動き出すべきか悩む。家を再興することが家臣たちを再び戦に駆り出し、新たな悲劇を生んでしまうと考えたのだ。そんな.. 続きを読む

時代劇復興の起爆剤に! 松岡昌宏『遠山の金さん』決定に期待の声

時代劇復興の起爆剤に! 松岡昌宏『遠山の金さん』決定に期待の声

(Goryu/iStock/Thinkstock)TOKIOの松岡昌宏が、かつて松方弘樹や松平健が演じて一世を風靡した時代劇『遠山の金四郎』で、「遠山の金さん」こと遠山金四郎役を演じると判明。ジャニーズや時代劇ファンから、期待の声があがっている。.. 続きを読む

「直虎」松平健、浅丘ルリ子との共演は『デビュー作以来で緊張した!』

「直虎」松平健、浅丘ルリ子との共演は『デビュー作以来で緊張した!』

松平健が、柴咲コウ主演の大河ドラマ「おんな城主 直虎」(毎週日曜夜8:00-8:45ほか、NHK総合ほか)に出演中。“甲斐の虎”と恐れられた戦国武将・武田信玄を演じている。圧倒的な軍事力を持って領国を拡大し続け、天下統一に最も近いとさ.. 続きを読む

マツケンサンバの振付師・真島茂樹が「松平健との交際」告白

マツケンサンバの振付師・真島茂樹が「松平健との交際」告白

(C)まいじつ俳優の松平健が歌う『マツケンサンバ』シリーズの第2弾である『マツケンサンバII』(広く一般的に知られているマツケンサンバはこの『II』のこと)の振付師である真島茂樹が、8月17日放送の『じっくり聞いタロウ~スター近.. 続きを読む

真島茂樹、オネェ疑惑と『マツケンサンバII』について語る

真島茂樹、オネェ疑惑と『マツケンサンバII』について語る

8月17日放送の「じっくり聞いタロウ~スター近況(秘)報告~」(テレビ東京系)に、真島茂樹がゲストとして登場。2004年にヒットした松平健が歌う「マツケンサンバII」の振り付けを担当した時の舞台裏と、オネェキャラとしてブレークした.. 続きを読む

桐谷健太が大躍進!「歌うま俳優」1位は?

桐谷健太が大躍進!「歌うま俳優」1位は?

映画やドラマで活躍する人気俳優たちの中には、作中で素晴らしい歌声を披露した人がいる。そして俳優としてだけでなく、歌手として活動している人も少なくない。今回は、「歌がうまいと思う男性俳優」を10代から70代までの男女100人に聞.. 続きを読む

『おんな城主 直虎』、家康の遠江侵攻に協力する代わりに井伊家復活を願い出る直虎

『おんな城主 直虎』、家康の遠江侵攻に協力する代わりに井伊家復活を願い出る直虎

NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』。第31話「虎松の首」では、直虎(柴咲コウ)は氏真(尾上松也)の命に従い、徳政令を受け入れ、井伊谷が今川の直轄地となる。実はいったん従うふりをして時を待ち、裏で家康(阿部サダヲ)と手を組み井.. 続きを読む

【芸能コラム】直虎だけではない!乱世を生き抜く女たち 「おんな城主 直虎」

【芸能コラム】直虎だけではない!乱世を生き抜く女たち 「おんな城主 直虎」

今川家と武田家の対立が表面化し、もはや戦は避けられない状況となってきた大河ドラマ「おんな城主 直虎」。その中で、直虎(柴咲コウ)は井伊谷を守るために動き始める。男たちが時代の中心だった戦国の世で、女でありながら当主を務め.. 続きを読む

音楽的ネクロフィリアな私。生きた音楽と死んだ音楽

音楽的ネクロフィリアな私。生きた音楽と死んだ音楽

音楽は生きていた。少なくとも音楽が生まれた当初は。その生に満ち溢れた存在に防腐処置を施してピンで止める方法を人類が生み出して以降、音楽の楽しみ方は多様化し、音楽をめぐる価値観も多様化してきた。「生きた音楽」は音楽の本来の.. 続きを読む

『おんな城主 直虎』、武田と今川の戦が避けられない情勢に 直虎は家康から難題を…

『おんな城主 直虎』、武田と今川の戦が避けられない情勢に 直虎は家康から難題を…

NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』。第28話「死の帳面」では、寿桂尼(浅丘ルリ子)が武田信玄(松平健)のもとを訪れ、武田に嫁いでいた鈴を駿府に返すよう要求。寿桂尼はさらに北条氏康を味方につけ武田への圧力を強める。北条の仲立ち.. 続きを読む

「強いだけではない、信玄の人間味を出せれば…」松平健(武田信玄)【「おんな城主 直虎」インタビュー】

「強いだけではない、信玄の人間味を出せれば…」松平健(武田信玄)【「おんな城主 直虎」インタビュー】

物語の序盤から幾度となくその存在がほのめかされてきた“甲斐の虎”武田信玄が、満を持して第28回(7月16日放送)から登場。勢力拡大を狙って、窮地に陥った今川に襲いかかろうとしている。平和な国造りを目指す直虎(柴咲コウ)の運命を.. 続きを読む

【芸能コラム】直虎のさらなる成長を促す龍雲丸の存在 「おんな城主 直虎」

【芸能コラム】直虎のさらなる成長を促す龍雲丸の存在 「おんな城主 直虎」

第27回「気賀を我が手に」(7月9日放送)で、気賀に建設された堀川城の城主となった直虎(柴咲コウ)。誠実な人柄と大胆な発想で領主としての足場を着々と固めている。今後さらなる成長が期待されるが、その鍵を握る人物が、柳楽優弥演じ.. 続きを読む

『おんな城主 直虎』、気賀の城主に! 勢力拡大を続ける武田信玄が初登場

『おんな城主 直虎』、気賀の城主に! 勢力拡大を続ける武田信玄が初登場

NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』。第27話「気賀を我が手に」では、直虎(柴咲コウ)は気賀の町衆から城を治めてほしいと請われる。そんな折、氏真(尾上松也)のもとには武田義信が自害したという知らせが。武田と今川のつながりは事実.. 続きを読む

元テレ朝アナ・佐分千恵が退社後“古巣”で初仕事「実家に帰ったような気持ち」

元テレ朝アナ・佐分千恵が退社後“古巣”で初仕事「実家に帰ったような気持ち」

元テレビ朝日のアナウンサーで、昨年末に同局を退社したフリーアナウンサーの佐分千恵が、7月15日(土)深夜にテレビ朝日で放送される「テレメンタリー2017」にて、退社後“古巣”で初仕事をすることがザテレビジョンの取材で分かった。佐分.. 続きを読む

【芸能コラム】いよいよ折り返し!前半25話の必見エピソード5選 「おんな城主 直虎」

【芸能コラム】いよいよ折り返し!前半25話の必見エピソード5選 「おんな城主 直虎」

6月25日放送の第25回で折り返しを迎えた「おんな城主 直虎」。これまで、当主の座に就いた直虎(柴咲コウ)が、今川家の支配下で領地・井伊谷を豊かにすべく奮闘する姿を軸に物語が展開してきたが、第24回では遂に織田信長(市川海老蔵.. 続きを読む

63歳・松平健が10歳の息子に弁当を作る!?「徹子の部屋」でマツケンサンバや子育てを語る!

63歳・松平健が10歳の息子に弁当を作る!?「徹子の部屋」でマツケンサンバや子育てを語る!

6月22日放送「徹子の部屋」(テレビ朝日系)にゲストとして登場した松平健。2004年に大ヒットした楽曲「マツケンサンバ」の秘話や、63歳を迎えてもなお活発な芸能活動を行える秘訣、さらにはイクメンとしての意外な素顔まで余すところな.. 続きを読む

「直虎」松平健が武田信玄、栗原小巻が於大の方役に決定!

「直虎」松平健が武田信玄、栗原小巻が於大の方役に決定!

柴咲コウ主演の大河ドラマ「おんな城主 直虎」(NHK総合ほか)の新たな出演者が発表され、徳川家康の母・於大の方(おだいのかた)を栗原小巻が、武田信玄を松平健が演じることが分かった。於大の方は、徳川家康の生母で、家康がまだ幼い頃に.. 続きを読む

「釣りバカ日誌」Pに最終話直前インタビュー!『泣かせる気はなかった。でも…』

「釣りバカ日誌」Pに最終話直前インタビュー!『泣かせる気はなかった。でも…』

6月16日(金)夜8時から最終話が放送される「金曜8時のドラマ『釣りバカ日誌 Season2 新米社員 浜崎伝助』」(テレビ東京系ほか)。国民的人気シリーズの連ドラ第2弾がどんな終わりを迎えるのか、浅野太プロデューサーを直撃! シーズン2か.. 続きを読む

松平健「ミュージカルをやっている私も見て」ミュージカル・コメディ『キス・ミー・ケイト』制作発表会見

松平健「ミュージカルをやっている私も見て」ミュージカル・コメディ『キス・ミー・ケイト』制作発表会見

2017年6月5日(火)都内にて、ミュージカル・コメディ『キス・ミー・ケイト』の制作発表会見が行われ、出演の松平健、一路真輝、平方元基、水夏希、太川陽介、杉山英司(スギちゃん)、川崎麻世、ちあきしん、演出・振付の上島雪夫が登壇.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。