東日本大震災の最新情報

東日本大震災 に関するニュース検索結果   2838件

震災時も外国人読者に寄り添う 英字新聞“120年”記念展からみる日本

震災時も外国人読者に寄り添う 英字新聞“120年”記念展からみる日本

日本を代表する英字新聞会社であるジャパンタイムズが、創刊120年を記念した展示会『英字新聞が伝えた「日本」ージャパンタイムズ120年のあゆみ』を、ニュースパーク(日本新聞博物館/神奈川県・横浜)にて12月24日(日)まで開催してい.. 続きを読む

総選挙・自民党の極右候補者リスト「ウヨミシュラン」発表! 日本を戦前に引き戻そうとしているのはこいつらだ!

総選挙・自民党の極右候補者リスト「ウヨミシュラン」発表! 日本を戦前に引き戻そうとしているのはこいつらだ!

リテラが国政選挙の投開票前にお届けしている極右候補者リスト「ウヨミシュラン」。今回の衆院選でも、日本を戦争に引きずり込む民主主義の敵をあぶり出してやろうと、候補者の過去の言動をチェックし始めたのだが、これがまあ、「自民、.. 続きを読む

新米!フルーツ!秋の味覚!がタカシマヤに大集合!「第7回 大東北展」

新米!フルーツ!秋の味覚!がタカシマヤに大集合!「第7回 大東北展」

2017年11月7日(火)から11月13日(月)まで、ジェイアール名古屋タカシマヤ(名古屋市中村区)で「第7回 大東北展」が開催される。この物産展は、東日本大震災被災地の復興支援を目的に、2011年9月に初めて開かれて以来、今回で7回目を迎える.. 続きを読む

第26回「朝ドラ復活の鍵――7つの大罪」(前編)

第26回「朝ドラ復活の鍵――7つの大罪」(前編)

連載『指南役のTVコンシェルジュ』今回は特別編。指南役さんの最新刊『「朝ドラ」一人勝ちの法則』 (光文社新書)発売記念!ドラマのヒットの法則を分析したこの最新刊と連動し、肝となる内容の一部を特別大公開!もちろん書籍そのままで.. 続きを読む

崩壊寸前「橋とトンネル」全国激ヤバ実態

崩壊寸前「橋とトンネル」全国激ヤバ実態

建設ラッシュから50年を経た80年代の米国では次々と道路が崩落した。今、日本がその難題に直面している。■国土交通省が道路の老朽化に警告〈今や、危機のレベルは高進し、危険水域に達している。ある日突然、橋が落ち、犠牲者が発生し、.. 続きを読む

土屋アンナ「息絶えるその日まで歌うのをやめない」

土屋アンナ「息絶えるその日まで歌うのをやめない」

この東京ガールズコレクションは、また土屋アンナが全部持ってった。息をのむほどの彼女のランウェイを見て、こう思った観客も少なくないのではないでしょうか。トレンチコートに身を包み颯爽と登場した土屋アンナさん。香里奈さん、山田.. 続きを読む

米軍トモダチ作戦を追ったドキュメントで番組改変が!  担当者も「日テレ報道の魂は『安倍に忖度』という事」と報告

米軍トモダチ作戦を追ったドキュメントで番組改変が! 担当者も「日テレ報道の魂は『安倍に忖度』という事」と報告

日本テレビのNNNドキュメント『「放射能とトモダチ作戦」米空母ロナルドレーガンで何が?』(10月9日放送)で、安倍政権に忖度する番組改変が行われた。放送10日前に突如削除されたのは、9月25日に小池百合子都知事(希望の党代表)と面.. 続きを読む

金正恩も憂慮「白頭山噴火」で北朝鮮崩壊!?

金正恩も憂慮「白頭山噴火」で北朝鮮崩壊!?

米トランプ大統領の恫喝や、国際社会からの制裁にも屈せず、6回目の核実験を断行。その狂気を内外に見せつけた金正恩委員長。だが、そんなロケットマン・正恩氏でも防げない脅威が、北朝鮮に迫っている。「中国と北朝鮮の国境に位置する.. 続きを読む

日本テレビ「スッキリ」で反響を呼んだ日記が詩集として発売!

日本テレビ「スッキリ」で反響を呼んだ日記が詩集として発売!

東日本大震災から6年半がたった現在、復興が進む中、いまだに変わらない現実もある。そんな中でも被災者自身が変わらなければと、前を向いて歩いている福島県在住の女性、武澤順子さん。「ザ!世界仰天ニュース」(毎週火曜夜9.00-9.54、.. 続きを読む

日本の食文化で「おもてなし」できるか? オリンピックで提供される食事に注目

日本の食文化で「おもてなし」できるか? オリンピックで提供される食事に注目

オリンピックには、世界中の国と地域から多くの選手やメディア関係者、観客などが訪れます。中でも選手村は、開催期間中、選手の家となる場所であり、自国にいる時と同じようにコンディションを維持できる環境を整えるのに食事は重要な要.. 続きを読む

災害をきっかけに海水でネギを育てて名物にした農家の物語

災害をきっかけに海水でネギを育てて名物にした農家の物語

毎週土曜日朝8時から放送しているニッポン放送『八木亜希子LOVE&MELODY』。10時からは『10時のグッとストーリー』として、番組が取材した「聴いて思わずグッとくるGOODな話」を毎週お届けしています。二度の災害を乗り越えて、地元オリジ.. 続きを読む

林原めぐみのホットパンツに高値!?井上和彦率いる声援団がチャリティーオークション

林原めぐみのホットパンツに高値!?井上和彦率いる声援団がチャリティーオークション

東日本大震災および熊本地震の復興支援を目的に、毎年実施されている日本俳優連合(日俳連)のチャリティーイベント。同イベントが今年も10月15日(日)に西新宿・芸能花伝舎で開催された。人気声優たちが一堂に会するこのイベントは、ステー.. 続きを読む

         水樹奈々、6年2カ月ぶりベストアルバムリリース決定 TMRとのコラボ曲や復興支援ソング収録

水樹奈々、6年2カ月ぶりベストアルバムリリース決定 TMRとのコラボ曲や復興支援ソング収録

声優で歌手の水樹奈々が、2018年1月10日に6年2カ月ぶりとなるベストアルバム「THE MUSEUM III」をリリースすることが決定した。水樹にとって3枚目のベストアルバムとなる「THE MUSEUM III」には、12年1月11日にリリースした26thシングル.. 続きを読む

『電波少年』を生んだ土屋敏男が“欽ちゃん”に密着して映画監督デビュー「萩本欽一はテレビの神様なんです」

『電波少年』を生んだ土屋敏男が“欽ちゃん”に密着して映画監督デビュー「萩本欽一はテレビの神様なんです」

11月3日から公開される映画『We Love Television?』の監督を務めた日本テレビ・シニアクリエイターの土屋敏男。かつて『進め!電波少年』で「アポなしロケ」「ヒッチハイクの旅」「懸賞生活」などさまざまな名物企画を世に送り、ドキュ.. 続きを読む

アウシュビッツ、チェルノブイリから福島の旧警戒区域まで……『ダークツーリズム入門』で巡る81カ所の「負の遺産」

アウシュビッツ、チェルノブイリから福島の旧警戒区域まで……『ダークツーリズム入門』で巡る81カ所の「負の遺産」

“ダークツーリズム”とは、何か。それは、戦争や災害をはじめとする悲劇が起きた現場を巡る旅のこと。代表的なものでいえば、アウシュビッツやチェルノブイリなどがある。『ダークツーリズム入門 日本と世界の「負の遺産」を巡礼する旅』.. 続きを読む

NHK
桑原りささんに聞いた、ニューヨークとコーヒーと、オーガニック。

桑原りささんに聞いた、ニューヨークとコーヒーと、オーガニック。

今回の「私が知りたい、コーヒーの人」は、桑原りささん。桑原さんはNHKを始めとする数々の番組でキャスターや司会者をされてきたほか、国際・経済ニュースを取材執筆していたりと多方面で活躍されています。そんな桑原さんがパーソナリ.. 続きを読む

被災地からの1500通の手紙より生まれた曲 大切な人に送った言葉に涙

被災地からの1500通の手紙より生まれた曲 大切な人に送った言葉に涙

10月11日放送のニッポン放送『土屋礼央レオなるど』のゲストに、歌手の沢田知可子さんが出演しました!沢田知可子さんといえば1990年に発売された『会いたい』。2000年には『21世紀に残したい泣ける名曲』にも選ばれるなど、今もなお多く.. 続きを読む

難病と闘うレディー・ガガの苦悩…壮絶ないじめや薬物使用の過去にも迫る

難病と闘うレディー・ガガの苦悩…壮絶ないじめや薬物使用の過去にも迫る

17日放送のTBS系情報番組『ビビット』(毎週月~金8:00~9:55)の「人生シリーズ」コーナーで、歌手のレディー・ガガを大特集する。デビュー以来、エンターテインメント界の最先端を走ってきたレディー・ガガ。「ツイッターのフォロワー数.. 続きを読む

"原発ゼロ"は可能なのか?各党のエネルギー政策の違いとは

"原発ゼロ"は可能なのか?各党のエネルギー政策の違いとは

22日に投開票が行われる衆院選では、原発政策も争点の一つとなっている。自民党は安全性の確保を大前提に原子力発電を重要なベースロード電源と位置付けるとしており、岸田政調会長は2日「イエスかノーかという単純な議論ではなく、責任.. 続きを読む

不動産、来月にも大暴落の可能性…中国人が一斉売却の懸念、すでに局地的バブル終了

不動産、来月にも大暴落の可能性…中国人が一斉売却の懸念、すでに局地的バブル終了

今年の6月に拙著『2025年東京不動産大暴落』(イースト新書)を上梓したせいで、いろいろなメディアから不動産価格の「暴落」について取材を受けたり、コメントを出したりしている。しかし、実際のところ大暴落はいつ始まるのか? 答え.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。