日産自動車の最新情報

日産自動車 に関するニュース検索結果   775件

「日本人を演じる」作品がグランプリに 日本のアートを世界へ飛翔させる『日産アートアワード2017』をレポート

「日本人を演じる」作品がグランプリに 日本のアートを世界へ飛翔させる『日産アートアワード2017』をレポート

BankART Studio NYKで開催中の『日産アートアワード2017』(会期:2017年9月16日(土)~11月5日(日))ではグランプリ受賞者も発表され、盛り上がりを見せている。国内では『ASIAN ART AWARD』が初開催されるなど、アートアワードとい.. 続きを読む

検査改竄の神戸製鋼、納入先企業&使用製品リスト…原発、新幹線、航空機など世界中で

検査改竄の神戸製鋼、納入先企業&使用製品リスト…原発、新幹線、航空機など世界中で

神戸製鋼所がアルミ・銅製品や鉄粉、線材などで検査データを改竄していた問題で、不正の対象となった製品を使用している企業が500を超えることが明らかになった。このうち海外は30社以上ある。改竄は子会社、関連会社にも及んでいる。自.. 続きを読む

オールナイトニッポン50年の全秘史(2)齋藤安弘「初代パーソナリティが明かすテーマ曲の秘話」

オールナイトニッポン50年の全秘史(2)齋藤安弘「初代パーソナリティが明かすテーマ曲の秘話」

手探り状態で始まった番組の黎明期を語り継ぐのは、「アンコーさん」の愛称で知られる齋藤安弘(77)。67年10月、あのジングルが街に鳴り響いた日のこと。ニッポン放送は深夜番組に対して他局よりも遅れていて、系列の別会社が担当してい.. 続きを読む

TBS
不正蔓延の「危険な日本企業」日産と神戸製鋼…経営トップ不在でも最高益の韓国サムスン

不正蔓延の「危険な日本企業」日産と神戸製鋼…経営トップ不在でも最高益の韓国サムスン

10月に入り、国内企業の不祥事が相次いで発覚した。日産自動車では無資格の従業員が完成車の検査を行っていたことが発覚した。これに続いて、神戸製鋼所では同社が事業成長の要=戦略事業と位置付けてきたアルミ製の部材が、顧客の求める.. 続きを読む

大企業の不祥事…相次ぐ理由と、解決策は?

大企業の不祥事…相次ぐ理由と、解決策は?

中西哲生と高橋万里恵がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「クロノス」。10月 12日(木)の放送では、経済評論家の平野和之さんが登場。相次ぐ大企業の不祥事について伺いました。日産自動車で資格のない従業員が出荷前検査を行っ.. 続きを読む

PS4のコントローラーで操縦する「日産GT−R」が爆誕! 無人走行で最高時速211kmを記録

PS4のコントローラーで操縦する「日産GT−R」が爆誕! 無人走行で最高時速211kmを記録

リアルさが特徴のレーシングゲーム『グランツーリスモ』。2008年から、トッププレイヤーに本物のプロドライバーになるチャンスを与えるプロジェクト「GTアカデミー」がスタートし、バーチャルと現実世界をつなぐゲームとしても注目を浴び.. 続きを読む

日産、偽装&隠蔽体質露呈…社長の「不遜」会見に国交省が怒り、検査不正でも「安全」強弁

日産、偽装&隠蔽体質露呈…社長の「不遜」会見に国交省が怒り、検査不正でも「安全」強弁

「日産を信頼していただいている皆様に、心からお詫び申し上げる」日産自動車の西川廣人社長兼最高経営責任者(CEO)は、国内のすべての工場で無資格者が完成車の検査を日常的に行っていた問題で陳謝した。しかし、国土交通省の立ち入り.. 続きを読む

「やっちゃえ」って、そういう意味? 日産自動車の不祥事発覚で矢沢永吉CMが、お蔵入りも

「やっちゃえ」って、そういう意味? 日産自動車の不祥事発覚で矢沢永吉CMが、お蔵入りも

日産自動車が、資格のない従業員に新車の検査をさせていたことが判明。2015年から続いてきた矢沢永吉のCMが、当分見られなくなる可能性が出てきた。今回の件は、国土交通省の立ち入 り検査により発覚したもの。自動車工場では、出荷前に.. 続きを読む

【発祥の店】いまでは定番メニュー・つけ麺のルーツはココ!あの山岸一雄が修行したお店、荻窪の「丸長中華そば店」

【発祥の店】いまでは定番メニュー・つけ麺のルーツはココ!あの山岸一雄が修行したお店、荻窪の「丸長中華そば店」

個人経営のお店を中心に、個性溢れる飲食店が並ぶ東京・荻窪エリア。例えば、最高のタンメンを味わえるお店として熱狂的なファンも多い「はつね」や、隠れ家的な中華店として多くの著名人もお忍びで通う「ジョカサア」、さらには鶏油で揚.. 続きを読む

日産で無資格者が実施していた「完成車検査」とは、どんな検査? 何が問題なの?

日産で無資格者が実施していた「完成車検査」とは、どんな検査? 何が問題なの?

日産が、国内の全工場で「完成車検査」において不正をしていた問題が大きくなっています。簡単にいうと、日本の自動車メーカーが国内向けに生産するクルマについては、国土交通省との約束に基づいた体制において完成車検査(完検)を実施.. 続きを読む

「やっちゃえNISSAN」。日産の“無資格検査”に対する新聞の冷ややかな反応

「やっちゃえNISSAN」。日産の“無資格検査”に対する新聞の冷ややかな反応

今、日産自動車が揺れている。 本来は、有資格者が行わなければいけない車の完成後の検査を、無資格者が行っていたという問題行為が、国交省の抜き打ち検査発覚したためだ。 その詳細については今も調査が続けられているが、現在のところ.. 続きを読む

2017年9月の軽自動車セールスランキングは、フルモデルチェンジしたホンダN-BOXが圧勝

2017年9月の軽自動車セールスランキングは、フルモデルチェンジしたホンダN-BOXが圧勝

全軽自協(一般社団法人 全国軽自動車協会連合会)より2017年9月の軽四輪車 通称名別新車販売速報が発表されました。フルモデルチェンジを直前に控えた前月、久しぶりにトップの座を譲ったホンダN-BOXが、一位に復帰するのは当然として、.. 続きを読む

トヨタ没落、三菱自繁栄の可能性…EV主流化=日本勢の優位性消滅、中国が主役か

トヨタ没落、三菱自繁栄の可能性…EV主流化=日本勢の優位性消滅、中国が主役か

足許の国内自動車メーカーの株価の推移を見ていると、トヨタ自動車や日産自動車に比べて三菱自動車の上昇が顕著だ。同社のSUV型EV(電気自動車)投入が評価され、投資家からの買いが集まっているようだ。三菱自といえば、これまでに繰り.. 続きを読む

【東京モーターショー】日産はコンセプトカーやセレナNISMOなど、13モデルを出展

【東京モーターショー】日産はコンセプトカーやセレナNISMOなど、13モデルを出展

日産自動車は2017年10月3日、第45回東京モーターショー2017の出展概要を発表した。今回の東京モーターショーでは、将来の「ニッサンインテリジェントモビリティ」を体現したコンセプトカーを世界初公開するとともに、参考出展車両として9.. 続きを読む

日産 再点検実施、登録再開、既登録車への対応について

日産 再点検実施、登録再開、既登録車への対応について

日産自動車は2017年10月2日、完成検査の不備にともなう在庫車の登録再開、ならびに既登録車の再点検についての対応を発表した。■未登録車の点検実施、登録再開について■・再点検の方法全国の日産販売会社のサービス工場にて、完成検査相.. 続きを読む

日産自動車の121万台リコール、その内容と原因は? 東京モーターショーへの影響は?

日産自動車の121万台リコール、その内容と原因は? 東京モーターショーへの影響は?

日産自動車が2014年10月~2017年9月に国内向けに製造・販売した、ほとんどのクルマを対象とするというリコールの予定があることを発表しました。その対象は、じつに121万台を見込むという大型リコールです。記者会見に臨んだ、日産自動車.. 続きを読む

日産、組織的「脱法行為」発覚…販売中止&リコールで巨額損失か、交通事故への影響不明

日産、組織的「脱法行為」発覚…販売中止&リコールで巨額損失か、交通事故への影響不明

日産自動車の国内生産拠点で、無資格者が完成車の検査を行っていたことが発覚した。日産は軽自動車を除く在庫車約6万台の納車手続きを一時停止するとともに、不正な検査を受けた車両121万台のリコール(回収・無償修理)を実施する方針を.. 続きを読む

日産自動車「完成検査の不備」に関する緊急記者会見を実施、公式リリースで対象は121万台と発表

日産自動車「完成検査の不備」に関する緊急記者会見を実施、公式リリースで対象は121万台と発表

日産自動車が完成検査について不備があった件について、現在神奈川県横浜市西区にある本社で、社長の西川廣人氏による緊急記者会見が開かれています。そのタイミングで発表されたプレスリリースについて以下にお伝えします。当社製造の在.. 続きを読む

3000馬力のクレイジーマシンと化した「GT−R」がゼロヨン世界最速記録を更新! 最高時速は357km!!

3000馬力のクレイジーマシンと化した「GT−R」がゼロヨン世界最速記録を更新! 最高時速は357km!!

日産自動車が世界に誇るスポーツカー「GT−R」。かつて国産スポーツカーの象徴であった名車「スカイライン GT−R」の後継車種として誕生してから、今年で約10年となる。もともと優れたパワーを持つ車だが、海外では性能をさらに高めようと.. 続きを読む

ガソリン車が世界的禁止、中国が世界自動車業界リーダーへ…日本勢、EV出遅れ危機的

ガソリン車が世界的禁止、中国が世界自動車業界リーダーへ…日本勢、EV出遅れ危機的

地球温暖化や都市部での大気汚染などの環境問題が大きくクローズアップされるなか、電気自動車(EV)が環境対応車の本命として浮上してきた。EVの普及は、自動車産業の構造を根底から崩す可能性があるといわれており、自動車業界のトップ.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。