日本経済の最新情報

日本経済 に関するニュース検索結果   1134件

安倍首相の大嘘解散会見にだまされるな! 選挙のときだけ社会保障を騙る公約破りの常習犯、一方改憲は隠したまま

安倍首相の大嘘解散会見にだまされるな! 選挙のときだけ社会保障を騙る公約破りの常習犯、一方改憲は隠したまま

「この解散は『国難突破解散』です」あまりに空疎で白々しい会見だった。本日、安倍首相は記者会見を開き、「生産性革命、人づくり革命はアベノミクス最大の勝負」「少子高齢化は最大の壁」とし、「消費税の使い道を、私は思いきって変え.. 続きを読む

こんな横暴が許されていいのか! 安倍首相の大義なき身勝手解散は、解散権を私物化し、民主主義を破壊する行為だ

こんな横暴が許されていいのか! 安倍首相の大義なき身勝手解散は、解散権を私物化し、民主主義を破壊する行為だ

安倍首相はきょう、記者会見で解散の意向を表明し、28日の臨時国会の冒頭で解散を宣言する。だが、本サイトでも指摘したように、この解散に大義など微塵もない。安倍首相の頭のなかにあるのは、森友学園・加計学園問題をめぐる疑惑追及を.. 続きを読む

プレ金、実施率わずか2.8%で完全失敗…クソ忙しい月末に早帰り、官僚の「机上の空論」

プレ金、実施率わずか2.8%で完全失敗…クソ忙しい月末に早帰り、官僚の「机上の空論」

プレミアムフライデー(プレ金)は導入から半年で、早くも見直しを余儀なくされた。日本経済団体連合会(経団連)の榊原定征会長は9月11日、月末金曜日に早めの退社を促して消費喚起を図るプレ金について、「(経済産業省などと)一度総.. 続きを読む

日経の消費税増税に関する“コラム”が炎上⇒その理由は文章の構成に…

日経の消費税増税に関する“コラム”が炎上⇒その理由は文章の構成に…

先日9月20日に、日本経済新聞に掲載された『消費税問題を採点する』というコラムが、現在大議論を巻き起こしている。 その内容はタイトルの通り、昨今の消費税増税とこれからの展開について論じるというもの。 では、どういったところが.. 続きを読む

「○○で頑張ることに価値なんてない!」――マンガ『インベスターZ』の名言・5選

「○○で頑張ることに価値なんてない!」――マンガ『インベスターZ』の名言・5選

名作マンガは、読むリラックスタイムですら学びの時間に変えることができます。リクナビNEXTジャーナルで連載している、「マンガ『インベスターZ』に学ぶビジネス」では、大人気マンガである『インベスターZ』から、名シーンの1コマをビ.. 続きを読む

「仕事に追われている人」と「仕事を追う人」の決定的な違いとは?

「仕事に追われている人」と「仕事を追う人」の決定的な違いとは?

『プロフェッショナルサラリーマン(プレジデント社、小学館文庫)』や『トップ1%の人だけが知っている「お金の真実」(日本経済新聞出版社)』等のベストセラー著者である俣野成敏さんに、「ビジネスパーソンの仕事への向き合い方」につ.. 続きを読む

岸博幸氏が語る総選挙「バラ撒きではなく経済政策を」

岸博幸氏が語る総選挙「バラ撒きではなく経済政策を」

中西哲生と高橋万里恵がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「クロノス」。9月20日(水)放送の「BREAKFAST NEWS」のコーナーでは、慶應義塾大学大学院教授の岸博幸さんに衆議院解散・総選挙について話を聞きました。各紙の報道によ.. 続きを読む

化粧品から自動車まで…「粉体処理技術」世界トップ!ある中小企業のスゴい内側

化粧品から自動車まで…「粉体処理技術」世界トップ!ある中小企業のスゴい内側

「失われた20年」といわれた日本経済は、今、再び立ち上がりつつある。日本経済の復活に欠かせないのが、中小企業の存在だ。大手企業の競争力の源泉であると同時に、地域に雇用を生み、地域経済の基盤を形成する。企業をとりまく環境が厳.. 続きを読む

新千歳空港で食べ納め!?  お土産にオススメの北海道スイーツ&パン

新千歳空港で食べ納め!? お土産にオススメの北海道スイーツ&パン

北海道の空の玄関、新千歳空港。ターミナルビルにはレストラン、ショップ、映画館、温泉などがズラリと並び、地元でも1日滞在しても飽きない”遊べる空港”として注目されています。北海道観光を楽しんだ後に、ぜひ知っておいてほしいのが.. 続きを読む

書店でスナックを発売!? 経済評論家・岸博幸氏推薦の『ムー超』が編集部に届いた!

書店でスナックを発売!? 経済評論家・岸博幸氏推薦の『ムー超』が編集部に届いた!

湖池屋のロングセラーブランド『カラムーチョ』『すっぱムーチョ』から新製品『カラムー超 濃厚ビーフ煮込みXO醤仕立て』『すっぱムー超 トリュフ香る帆立のカルパッチョ』が2017年9月25日より全国コンビニエンスストアで発売となりま.. 続きを読む

一流と言われる人は「縁」の正しい“扱い方”を知っているーーマンガ『エンゼルバンク』に学ぶビジネス

一流と言われる人は「縁」の正しい“扱い方”を知っているーーマンガ『エンゼルバンク』に学ぶビジネス

『プロフェッショナルサラリーマン(プレジデント社、小学館文庫)』や『トップ1%の人だけが知っている「お金の真実」(日本経済新聞出版社)』等のベストセラー著者である俣野成敏さんに、ビジネスの視点で名作マンガを解説いただくコー.. 続きを読む

『捨て猫に拾われた男』の脱力系人生論

『捨て猫に拾われた男』の脱力系人生論

社会問題にもなっている「捨て猫問題と里親制度」。猫問題に関する楽しい啓蒙書でもあり、生き方のヒントも拾えそうな『捨て猫に拾われた男』(梅田悟司著・日本経済新聞出版社)が刊行された。発売10カ月で15万部を突破した『「言葉にで.. 続きを読む

阿久悠を「阿久ちゃん」と呼ぶ男 作曲家、服部克久が伝説を語る

阿久悠を「阿久ちゃん」と呼ぶ男 作曲家、服部克久が伝説を語る

FM93AM1242ニッポン放送のお昼の番組『土屋礼央レオなるど』9/14(水)の放送には、ゲストに作曲家・編曲家の服部克久さんが登場。いままで作曲・編曲してきた曲数、なんと6万曲という御年80歳の服部先生。今日のテーマ「自分で子供だなあ.. 続きを読む

元フィギュア鈴木明子が指摘「羽生結弦選手が明るくなった」

元フィギュア鈴木明子が指摘「羽生結弦選手が明るくなった」

いよいよフィギュアスケートの平昌五輪シーズンが開幕する。五輪2連覇への期待がかかる羽生結弦だが、元フィギュアの鈴木明子が9月5日付の日本経済新聞で羽生の“変化”について言及している。「鈴木によると、羽生は14年のソチ五輪前くら.. 続きを読む

ヘイト本ブームがもたらす経済面への影響――今後の日本経済全体に大きなマイナスが…

ヘイト本ブームがもたらす経済面への影響――今後の日本経済全体に大きなマイナスが…

今、書店をのぞけば、「世界情勢」や「東アジア」といったコーナーや、ベストセラーのコーナーを埋め尽くす本がある。異様に長いタイトル、帯文が特徴の「ヘイト本」だ。一時は沈静化したが、再び隆盛の兆しを見せている。◆ブームは思わ.. 続きを読む

「世界一訪れたい国」になるために日本がすべきこと

「世界一訪れたい国」になるために日本がすべきこと

『世界一訪れたい日本のつくりかた』(デービッド・アトキンソン著、東洋経済新報社)の著者は、ゴールドマン・サックスを経て小西美術工藝社社長となり、日本の伝統文化を守るべく国宝や重要文化財の修復に尽力する人物。日本の「観光」.. 続きを読む

東大からAV女優まで、肩書の多すぎる女“鈴木涼美”を担当編集が語る

東大からAV女優まで、肩書の多すぎる女“鈴木涼美”を担当編集が語る

肩書を多数持つ生き方「スラッシャー」。一つの職業、価値観にとらわれない生き方が注目される昨今だが、彼女ほど肩書の総合点に破壊力がある女性も珍しい。その名は鈴木涼美。『「AV女優」の社会学 なぜ彼女たちは饒舌に自らを語るのか.. 続きを読む

安倍政権、強力指導で不動産市場から資金流出加速…東京五輪後の市況悪化不安広がる

安倍政権、強力指導で不動産市場から資金流出加速…東京五輪後の市況悪化不安広がる

2016年に訪日外国人観光客数は年間2000万人を突破。観光立国を掲げる安倍政権は、当初20年までに年間2000万人突破を掲げていた。軽々と目標を達成したため、同年までに年間4000万人という目標に上方修正した。2倍の目標数値を掲げるもの.. 続きを読む

伊藤若冲の作品がフランスで公開 展覧会『若冲―〈動植綵絵〉を中心に』がパリで開催に

伊藤若冲の作品がフランスで公開 展覧会『若冲―〈動植綵絵〉を中心に』がパリで開催に

展覧会『若冲―〈動植綵絵〉を中心に』が、2018年9月中旬から 10月中旬にかけてフランスのパリ市立プティ・パレ美術館にて開催される。本展は、日仏友好160周年を機に、パリを中心にフランスで開催される大型日本文化紹介行事「ジャポニス.. 続きを読む

スルメイカ漁で稚内がアツい!?全国からイカ釣り船が最北の海に集結

スルメイカ漁で稚内がアツい!?全国からイカ釣り船が最北の海に集結

全国的にスルメイカの不漁が続き、深刻化しています。特に、イカの街、函館では昨年に続き不漁が続いたため、老舗の水産加工会社が廃業するなど、地域の経済にも大きな影響を与えています。一方、今年は日本の最北端、稚内でスルメイカが.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。