文在寅の最新情報

文在寅 に関するニュース検索結果   105件

徴用工問題、文在寅大統領の発言はおかしくない! 日本の外務省も「個人の請求権は消滅していない」と答弁していた

徴用工問題、文在寅大統領の発言はおかしくない! 日本の外務省も「個人の請求権は消滅していない」と答弁していた

戦中、日本が朝鮮の人々を労働力として動員した、いわゆる徴用工問題をめぐる文在寅・韓国大統領の発言に、日本中が猛反発している。文大統領は17日の会見で、徴用工について「個人の請求権は残っている」旨の認識を示したのだが、日本の.. 続きを読む

天才テリー伊藤対談「石破茂」(3)拉致問題の解決に一点集中の必要も

天才テリー伊藤対談「石破茂」(3)拉致問題の解決に一点集中の必要も

テリー では、北朝鮮問題に関してはいかがですか。韓国の文在寅大統領は、基本的に融和政策の方向で、金正恩委員長との対話も辞さないと言っていますが。石破 当事者は北朝鮮のように見えますが、実はこの問題の本質は米中関係にあるん.. 続きを読む

ソウルで“少女像バス”が運行! 終わらない慰安婦問題に、韓国経済界からは「クレイジーすぎる」

ソウルで“少女像バス”が運行! 終わらない慰安婦問題に、韓国経済界からは「クレイジーすぎる」

またしても、韓国が愚挙に出た。ソウルで、慰安婦問題を象徴する少女像のプラスチック製レプリカを座席に設置した路線バス5台が運行を開始したのだ。14日には、設置を認可したソウル市の朴元淳市長が乗車。人形の手に触れたポーズで、記.. 続きを読む

グアムへの北ミサイルは存立危機事態ではない! 安倍首相が支持率回復のために日本国民を危険にさらそうとしている

グアムへの北ミサイルは存立危機事態ではない! 安倍首相が支持率回復のために日本国民を危険にさらそうとしている

北朝鮮がグアム周辺へのミサイル発射計画を発表したことで、米朝開戦危機が再燃。日本のマスコミもまたぞろ「今度こそ米朝開戦か」「日本にもミサイルが」と大騒ぎを始めた。たしかに、「米朝開戦」の危険性はこれまで以上に高まっている.. 続きを読む

従軍慰安婦問題をでっち上げた人間たち ~その2~

従軍慰安婦問題をでっち上げた人間たち ~その2~

(C)Shutterstock(その1からの続き)『アジア女性基金(女性のためのアジア平和国民基金)』(2007年3月末解散)は、韓国だけでなく、アジア各国に存在する元慰安婦への支援と救済のため、官民共同で結成された。韓国以外の慰安婦問題.. 続きを読む

従軍慰安婦問題をでっち上げた人間たち ~その1~

従軍慰安婦問題をでっち上げた人間たち ~その1~

(C)Shutterstock第二次世界大戦中の従軍慰安婦制度において、日本のみを糾弾するのが韓国の『挺身隊問題対策協議会』(挺対協)だ。この団体の尹貞玉(ユン・ジョンオク)元共同代表や尹美香(ユン・ミヒャン)常任代表は、ウィーン条.. 続きを読む

韓国の「無能外交」…ミサイル発射活発化の北朝鮮へひたすら「融和」訴え、完全無視される

韓国の「無能外交」…ミサイル発射活発化の北朝鮮へひたすら「融和」訴え、完全無視される

最近、韓国の対北朝鮮政策を見ていると、よく理解できない状況になっている。韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は、これまでの政治との決別など革新的な取り組みを主張してきた。そのなかでも注目されるのが、北朝鮮との対話政策だ。.. 続きを読む

T.O.Pの大麻吸引事件が決定打に? 韓国で芸能兵制度に続き、義務警察制度が廃止へ

T.O.Pの大麻吸引事件が決定打に? 韓国で芸能兵制度に続き、義務警察制度が廃止へ

韓国警察庁が2023年度までに「義務警察制度」を完全に廃止する方針を明らかにし、物議を醸している。特に注目されているのは、多くの芸能人が服務している警察広報団や警察楽団を最優先で廃止するという内容だ。義務警察とは、警察の組織.. 続きを読む

「第二次朝鮮戦争」で日本列島が放射能に覆われる!(2)岩国・横須賀・三沢が標的

「第二次朝鮮戦争」で日本列島が放射能に覆われる!(2)岩国・横須賀・三沢が標的

開戦待ったなしの状況下、トランプ大統領の“覚悟”について、国際情勢に詳しいジャーナリストの山田敏弘氏が解説する。「4月29日にフィリピンのドゥテルテ大統領と交わした電話会談では、武力行使について『私たちは彼よりも20倍の火力を.. 続きを読む

韓国・文大統領「親北朝鮮政策」に影

韓国・文大統領「親北朝鮮政策」に影

7月4日にICBM(大陸間弾道ミサイル)を発射した北朝鮮。「独立記念日の贈り物が気にくわないだろうが、今後も大小の贈り物たちを頻繁に送り続けてやろう」 金正恩委員長は、こう宣言し、米国への宣戦布告とも取れる挑発を行った。「ミサ.. 続きを読む

中国「THAAD報復」で韓国経済に大打撃! あの大ヒット商品もまったく売れない?

中国「THAAD報復」で韓国経済に大打撃! あの大ヒット商品もまったく売れない?

親北政策で知られる文在寅(ムン・ジェイン)大統領だが、北朝鮮のミサイル発射実験を、ただ無視するわけにもいかない。その対策の一環が、高高度防衛ミサイル(THAAD)配備なのだが、対象範囲が中国にも及んでいることから、中国政府は.. 続きを読む

韓国・文在寅大統領が選んだ「公用車」のメーカーは?

韓国・文在寅大統領が選んだ「公用車」のメーカーは?

(C)Shutterstock庶民派を自負する韓国の文在寅大統領が乗る専用車は、どこの国のどのメーカーになるのかが韓国の国民的な関心事になっていた。日本車は100%ないが、韓国車なのか、はたまた輸入車なのかに注目が集まるなか、5月10日に.. 続きを読む

韓国・文在寅大統領に教えたい「従軍慰安婦の真実」~その4~

韓国・文在寅大統領に教えたい「従軍慰安婦の真実」~その4~

Photo Credit : YunHo LEE Photography Flickr via Compfight cc(その3からの続き)1991~1992年、日本が韓国に対して朝日新聞の報じた“従軍慰安婦の強制連行説”に基づき謝罪をしているさなか、ソウル大学の韓国史学者として名高い安乗.. 続きを読む

韓国・文在寅大統領に教えたい「従軍慰安婦の真実」~その3~

韓国・文在寅大統領に教えたい「従軍慰安婦の真実」~その3~

Photo Credit : Maina Kiai Photography Flickr via Compfight cc(その2からの続き)従軍慰安婦に対する賠償を日本政府に求めた初の裁判は、2004年に最高裁で原告の敗訴が確定している。その原告のなかに金学順(キム・ハクスン)さん、.. 続きを読む

韓国・文在寅大統領に教えたい「従軍慰安婦の真実」~その2~

韓国・文在寅大統領に教えたい「従軍慰安婦の真実」~その2~

(C)Shutterstock(その1からの続き)従軍慰安婦に関する朝日新聞の“詐術的表現”はまだある。以下は1991年12月6日付の記事だ。《金学順(キム・ハクスン)さんは1939年ごろ平壌で、地区の世話役に『お金になる仕事がある』と誘われ、平.. 続きを読む

韓国・文在寅大統領に教えたい「従軍慰安婦の真実」~その1~

韓国・文在寅大統領に教えたい「従軍慰安婦の真実」~その1~

Photo Credit : YunHo LEE Photography Flickr via Compfight cc1990年、大分県在住の青柳敦子という主婦が韓国に行き、強制連行された人々や慰安婦たちに対して「日本を相手に裁判をしませんか。費用は全部わたしが持ちます」というビラ.. 続きを読む

九州北部豪雨で被害拡大も安倍首相は帰国せず! G20終わったのに北欧訪問続けるのは閉会中審査に出ないためか

九州北部豪雨で被害拡大も安倍首相は帰国せず! G20終わったのに北欧訪問続けるのは閉会中審査に出ないためか

九州北部を襲った記録的豪雨の被害は日を追うごとに大きくなっている。9日午前10時現在、死亡した人は18名、行方がわかっていない人は少なくとも20名以上といい、避難者数も約1700名におよんでいる。いまなお自衛隊によって懸命な捜索活.. 続きを読む

ICBM発射実験は7月4日を狙った? 識者「北朝鮮は韓国も日本も眼中にない」

ICBM発射実験は7月4日を狙った? 識者「北朝鮮は韓国も日本も眼中にない」

7月4日、北朝鮮は初めてICBM(大陸間弾道ミサイル)の発射実験に成功したと発表した。このタイミングでの発射に、都議選で大敗した自民・安倍政権への“当てつけ”なのではという声もあがっている。  朝鮮中央テレビは、「大陸間弾道ロ.. 続きを読む

韓国国民の10人中6人が「関心ない」平昌冬季五輪、南北共同開催プランのマユツバ度

韓国国民の10人中6人が「関心ない」平昌冬季五輪、南北共同開催プランのマユツバ度

韓国・平昌(ピョンチャン)での冬季五輪開催まで1年を切ったが、開催国である韓国内は、五輪熱に浮かされているというわけではなさそうだ。6月20日、文化体育観光部は「第二次平昌冬季五輪及びパラリンピック国民世論調査」の結果を発表.. 続きを読む

内部崩壊間近!? 自民党「安倍の次」を狙う面々

内部崩壊間近!? 自民党「安倍の次」を狙う面々

加計学園問題で窮地に立たされる安倍政権。水面下では新たな玉座をめぐる“覇権争い”がスタートしていた――。6月9日に開かれた閣議の直後のことだ。加計学園の獣医学部新設問題で「総理のご意向」と記載された文書をめぐり、松野博一文科相.. 続きを読む

前のページ
次のページ

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。