広島訪問の最新情報

広島訪問 に関するニュース検索結果   47件

仏ル・モンド紙が「安倍首相の改憲の本質は、大日本帝国の復活」と喝破!「天皇が安倍の歴史修正主義に抗っている」との記述も

仏ル・モンド紙が「安倍首相の改憲の本質は、大日本帝国の復活」と喝破!「天皇が安倍の歴史修正主義に抗っている」との記述も

衆院選で大勝した安倍首相は、「謙虚」をくり返し強気な言葉こそ控えているものの、このあと改憲に向けた動きを本格化させるのは明らかだ。安倍改憲の背後にあるもの、その危険性について海外メディアも大きく報じている。フランスのル・.. 続きを読む

長崎の真摯なメッセージも安倍首相には届かず! 原爆の日に核兵器禁止条約の署名拒否を宣言した総理大臣の信じがたい感覚

長崎の真摯なメッセージも安倍首相には届かず! 原爆の日に核兵器禁止条約の署名拒否を宣言した総理大臣の信じがたい感覚

本日8月9日は72回目の長崎原爆の日である。長崎市の平和公園では平和祈念式典が開かれ、多くの人々が参列した。6日に行われた広島の平和記念式典では、広島市の松井一実市長が「平和宣言」のなかで7月に国連で採択された核兵器禁止条約に.. 続きを読む

広島原爆の日のあいさつでも黙殺...安倍首相の「核兵器禁止条約」拒否姿勢の裏に核兵器保有願望が

広島原爆の日のあいさつでも黙殺...安倍首相の「核兵器禁止条約」拒否姿勢の裏に核兵器保有願望が

72回目の「原爆の日」を迎えたきょう、広島平和記念公園では午前8時から平和記念式典が開かれた。広島市の松井一実市長は「平和宣言」のなかで、7月に国連で採択された核兵器禁止条約に触れ、日本政府に「日本国憲法が掲げる平和主義を体.. 続きを読む

渡辺謙も批判! 核禁止条約に唯一の被爆国・日本がなぜ不参加?核軍縮をことごとく潰す安倍首相、将来は核保有も...

渡辺謙も批判! 核禁止条約に唯一の被爆国・日本がなぜ不参加?核軍縮をことごとく潰す安倍首相、将来は核保有も...

7日、国連本部で核兵器禁止条約が採択された。広島・長崎への原爆投下以降、核兵器を違法とする国連条約は初めてで、その使用だけでなく製造や保有、実験、移譲、そして核による威嚇なども全面禁止する内容。加盟193カ国中、124カ国が投.. 続きを読む

日本人が好きな歴代米大統領は? トップは「Yes we can!」

日本人が好きな歴代米大統領は? トップは「Yes we can!」

何かと話題になるトランプ米大統領。最近では、機密情報漏洩疑惑が注目されている。ディーアンドエム(東京)が5月20日~22日の期間、全国の男女約22,000人を対象にアンケートを行ったところ、65%とおよそ3人に2人がこのニュースを見た.. 続きを読む

「忘却は、罪である。」 今年の世界は…

「忘却は、罪である。」 今年の世界は…

1月5日の朝刊を開いて見た人もいるかもしれない。宝島社(東京)が、朝日や毎日など新聞6紙の全国版に、「忘却は、罪である。」という企業広告を出した。同社の、商品では伝えきれない“企業として社会に伝えたいメッセージ”を、企業広告.. 続きを読む

2016「報道圧力&自主規制」事件簿! キャスター降板、高市と自民党の恫喝、原発圧力復活、反戦メッセージ削除...

2016「報道圧力&自主規制」事件簿! キャスター降板、高市と自民党の恫喝、原発圧力復活、反戦メッセージ削除...

「72位」──なんの数字かお分かりだろうか。今年4月、国際ジャーナリスト組織「国境なき記者団」が発表した、2016年度の「世界報道の自由度ランキング」における日本の順位で、東アジアでは香港や韓国よりも低くなっている。 第二次安倍.. 続きを読む

安倍首相が"真珠湾訪問"で欺瞞のスピーチ! オリバー・ストーン監督らが徹底批判するも日本のマスコミは

安倍首相が"真珠湾訪問"で欺瞞のスピーチ! オリバー・ストーン監督らが徹底批判するも日本のマスコミは

日本時間今日未明、アメリカ・ハワイ州を訪問中の安倍晋三首相は、「日米開戦」の舞台となった真珠湾で犠牲者を慰霊するとともにこんなスピーチを発表した。「戦争の惨禍は、二度と、繰り返してはならない。私たちは、そう誓いました。そ.. 続きを読む

池上彰が'16年の重大ニュースを徹底解説!

池上彰が'16年の重大ニュースを徹底解説!

12月20日(火)夜7時から「池上彰が選んだ2016年 決定的瞬間!~教えてもらう前と後~」(TBS系)を放送。韓国の朴槿恵大統領騒動やリオオリンピック、北朝鮮ミサイル問題、映画「シン・ゴジラ」など、'16年の重大ニュースに池上彰が切.. 続きを読む

安倍首相の真珠湾訪問は歴史的快挙、真の日米同盟完成…米国の原爆投下を赦した日本

安倍首相の真珠湾訪問は歴史的快挙、真の日米同盟完成…米国の原爆投下を赦した日本

安倍晋三首相は5日、今月26~27日に米ハワイを訪問し、第2次世界大戦で日米間の開戦(1941年12月8日)が起こったホノルル市・真珠湾をオバマ米大統領とともに犠牲者慰霊のため訪問すると発表した。日本の現職首相が真珠湾を訪れるのは初.. 続きを読む

アパホテル、「アパホテル〈広島駅前大橋〉」を開業 中・四国地区で最大級の客室数

アパホテル、「アパホテル〈広島駅前大橋〉」を開業 中・四国地区で最大級の客室数

アパホテルは10月6日、中・四国地区最大級客室数となるアパホテル〈広島駅前大橋〉を開業した。建物は地上14階建て。客室は、シングル、ダブル、ツイン、ユニバーサルツイン、トリプル、スイートの全727室。ホテル内には準天然光明石温泉.. 続きを読む

ちびっ子が核や築地市場の問題を調査 東京都市大付属小で夏休みの自由研究を発表

ちびっ子が核や築地市場の問題を調査 東京都市大付属小で夏休みの自由研究を発表

分かりやすいニュース解説の池上彰さんも脱帽? 子どもたちが夏休みの自由研究の成果を披露するイベントに、核問題や築地市場問題をテーマにした“力作”が登場。タモリさん顔負けのJR山手線沿線探訪記や10年に及ぶ清掃活動記録などユニー.. 続きを読む

石原さとみの政治家転身を自民党と公明党が歓迎

石原さとみの政治家転身を自民党と公明党が歓迎

女優の石原さとみ(29)が政治家に転身するのではないか、という話が出てきた。これは『週刊文春』(9月1日号)が報じたもので、石原の政治的な発言にクローズアップしている。「彼女は現在公開中の映画『シン・ゴジラ』の完成報告会見で.. 続きを読む

もはやサイコパス! 米オバマの核軍縮政策を安倍が妨害していた! 日本を"中国の脅威"に晒す、安倍の犯罪的二枚舌

もはやサイコパス! 米オバマの核軍縮政策を安倍が妨害していた! 日本を"中国の脅威"に晒す、安倍の犯罪的二枚舌

またしても、この男の二枚舌が暴かれた。本サイトでは今月6日、安倍首相が、オバマ大統領が核廃絶の一歩として推し進めようとしている核兵器の先制不使用の政策に対して真っ向から反対していることを報じたが、昨日、アメリカのワシント.. 続きを読む

安倍の原爆式典スピーチは口先だけ! オバマの広島での「核の先制不使用」宣言を日本政府が反対して潰していた

安倍の原爆式典スピーチは口先だけ! オバマの広島での「核の先制不使用」宣言を日本政府が反対して潰していた

本日、原爆の日を迎えた広島では平和記念式典が開かれた。昨年の演説では、自身の判断で「非核三原則の堅持」の文言を省いた安倍首相だったが、今年はオバマ大統領の訪広を自慢し、「唯一の戦争被爆国として、非核三原則を堅持しつつ、核.. 続きを読む

「広島原爆の日」に池上&辛坊が核なき世界を考える

「広島原爆の日」に池上&辛坊が核なき世界を考える

毎週土曜朝8時より、日本テレビ系にて放送中の「ウェークアップ!ぷらす」。8月6日(土)の放送では、ジャーナリスト・池上彰が同日に平和記念式典が行われる広島を訪れ、現地の様子をリポートする。ことし5月27日、アメリカの現職大統領と.. 続きを読む

池上彰&辛坊治郎、広島原爆の日に“核なき世界”を考える

池上彰&辛坊治郎、広島原爆の日に“核なき世界”を考える

辛坊治郎がメーンキャスターを務める朝の情報番組『ウェークアップ!ぷらす』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週土曜8:00~)。広島原爆の日の8月6日に、池上彰が広島から、辛坊が大阪から“核なき世界”を考える企画が放送されることがわか.. 続きを読む

“あの日”を胸に刻む  オバマ大統領の広島訪問記録

“あの日”を胸に刻む オバマ大統領の広島訪問記録

テロや紛争が頻発し、国家間の争いも絶えない世の中。こんな現代だからこそ、改めて“あの日”について考え直すのもいいかもしれない。アメリカ史上初の黒人大統領となったオバマ大統領は、現職の大統領として初めて被爆地である広島を訪れ.. 続きを読む

安倍自民党の違法広告は今朝の新聞だけじゃない! テレビ局にも"誇大政党CM"をゴリ押し! 弁護士を使って圧力も

安倍自民党の違法広告は今朝の新聞だけじゃない! テレビ局にも"誇大政党CM"をゴリ押し! 弁護士を使って圧力も

自民党が、本日の全国紙朝刊に「政党広告」を出稿していることが物議を醸している。広告では、安倍首相写真と、アベノミクスをアピールする文言とともに、こんな惹句がでかでかと書かれている。〈今日は、日本を前に進める日。〉公職選挙.. 続きを読む

ITの技術は必要不可欠? これからの「戦争と経済」について

ITの技術は必要不可欠? これからの「戦争と経済」について

多くの日本人にとって、戦争は現実的ではないもの。しかし、だからといって日々の生活と戦争は無関係だと考えるべきではない。そう主張するのは、『「教養」として身につけておきたい 戦争と経済の本質』(加谷珪一著、総合法令出版)の.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。