山田哲人の最新情報

山田哲人 に関するニュース検索結果   262件

【プロ野球】ヤクルト・小川淳司新監督就任! 素晴らしい眼力を発揮した第一次政権での功績をおさらい

【プロ野球】ヤクルト・小川淳司新監督就任! 素晴らしい眼力を発揮した第一次政権での功績をおさらい

今季、最下位に沈んだヤクルト。来季からはSDを務めていた小川淳司氏が監督に復帰することが決まっている。小川監督は2014年以来の監督復帰。2010年から2014年にかけての第一次小川政権ではどんな結果を残したのか。その功績をあらためて.. 続きを読む

【プロ野球】今季、神宮球場でもっとも声援を受けたの大松尚逸……ではなく広島のあの選手!?

【プロ野球】今季、神宮球場でもっとも声援を受けたの大松尚逸……ではなく広島のあの選手!?

10月3日、ヤクルトは11人の戦力外通告者を発表した。そのなかには今浪隆博、飯原誉士といった中堅どころも含まれており、あらためて勝負の世界における厳しさを知ったファンも多いだろう。今浪は「甲状腺機能低下症 橋本病」により現役を.. 続きを読む

「大魔神」「トリプルスリー」…プロ野球ドラフト会議「外れ1位選手」に注目!

「大魔神」「トリプルスリー」…プロ野球ドラフト会議「外れ1位選手」に注目!

プロ野球ドラフト会議の目玉と言えば、重複指名による「クジ引き」。過去に「史上最多の8球団競合」となった1989年の野茂英雄(新日本製鐵堺⇒近鉄)の例があるが、この時に抽選に外れた大洋ホエールズ(現・横浜DeNA)が、外れ1位指名を.. 続きを読む

崖っぷちヤンキース田中を救った「ボールハンター」のファインプレー

崖っぷちヤンキース田中を救った「ボールハンター」のファインプレー

まずはこのビデオをご覧いただきたい。ヤンキースが背水の陣で挑んだALDS(アメリカンリーグ地区シリーズ)第3戦。0-0で迎えた6回表、1アウト1塁。先発の田中将大がライトに打たれた大きな飛球を身長2メートルのアーロン・ジャッジが好捕.. 続きを読む

【プロ野球】君はこんなもんじゃない! 堂林翔太(広島)ら球団別「ロマン砲」の今……(セ・リーグ編)

【プロ野球】君はこんなもんじゃない! 堂林翔太(広島)ら球団別「ロマン砲」の今……(セ・リーグ編)

誰が見ても好素材。各球団にはそんな未完の大器が眠っている。ペナントレースの大勢が決まり、消化試合の色合いも濃くなりつつあるが、将来が期待される「ロマン砲」の登場も秋の醍醐味といえるだろう。各球団で飛躍が期待される「ロマン.. 続きを読む

【プロ野球】好不調の予兆が見えた!? 今だからこそ思い出したい今季の開幕オーダー(セ・リーグ編)

【プロ野球】好不調の予兆が見えた!? 今だからこそ思い出したい今季の開幕オーダー(セ・リーグ編)

広島が2年連続の独走優勝を遂げ、DeNAと巨人がCS争いを繰り広げるセ・リーグ。各球団のファンにとっては喜びアリ、悲しみアリ、怒りアリのシーズンだったが、春先の時点ではそれぞれ希望を抱いていたはずだ。シーズンの大勢が決した今だ.. 続きを読む

【プロ野球】暗黒の1970年に見えた光明。リンクするあの年、歴史が繰り返すならばヤクルトに光は差す!

【プロ野球】暗黒の1970年に見えた光明。リンクするあの年、歴史が繰り返すならばヤクルトに光は差す!

今シーズン、開幕から投壊が続いたヤクルト。石川雅規が11連敗、小川泰弘、星知弥は疲労骨折、復帰を果たしたものの由規は無期限2軍調整。先発投手だけでも数え上げればキリがないほど、さまざまな悪夢が起こっている。勝ち頭に目を向け.. 続きを読む

熊切あさ美、神宮“ヤクルト最終戦”を観覧宣言「真中監督の試合観に行きたい」

熊切あさ美、神宮“ヤクルト最終戦”を観覧宣言「真中監督の試合観に行きたい」

タレントの熊切あさ美が9月25日、『熊切あさ美 asami_kumakiri Instagram』にて10月3日に神宮球場で開催予定のプロ野球セ・リーグ「ヤクルト―巨人」戦を観に行くと告知した。現在のところ、この日がヤクルトスワローズの今シーズン最終試.. 続きを読む

本誌記者も経験!? 指原莉乃「オヤジ転がし術」

本誌記者も経験!? 指原莉乃「オヤジ転がし術」

レギュラー番組は10本以上と、“新バラエティ女王”の座に君臨したHKT48の指原莉乃(24)。「アイドルらしからぬ自虐ネタ、美人すぎないビジュアルがイジリやすく、今やバラエティでは欠かせない存在。オヤジの扱いがうまいところも、人気.. 続きを読む

【プロ野球】「真中監督のまんぷくかつ丼」も今シーズンで解任!? 神宮球場グルメの去就はどうなる?

【プロ野球】「真中監督のまんぷくかつ丼」も今シーズンで解任!? 神宮球場グルメの去就はどうなる?

今季のヤクルトは、残念ながらシーズン開幕から下位に低迷し、早々に優勝争いから脱落。クライマックスシリーズ進出争いにも顔を出すことができなかった。8月中旬には真中満監督の辞任を発表。シーズン終了までは休養することなく指揮を.. 続きを読む

【プロ野球】バレンティンは? 新監督は? 12球団トップの動員増? 夏が終わったヤクルトで気になる3つのこと

【プロ野球】バレンティンは? 新監督は? 12球団トップの動員増? 夏が終わったヤクルトで気になる3つのこと

今シーズン最後の神宮球場6連戦が8月27日の試合で終わった。夏休み恒例となっている打ち上げ花火も無事に終了。ヤクルトファンの筆者的には本格的に秋へ突入することになる。残念ではあるが、今シーズンは2015年のような上位争いには加わ.. 続きを読む

【高校野球】高卒野手の1位指名は過去7人。全てが補強ポイントのヤクルトは清宮幸太郎を1位で獲りにいくのか?

【高校野球】高卒野手の1位指名は過去7人。全てが補強ポイントのヤクルトは清宮幸太郎を1位で獲りにいくのか?

今秋のドラフトで注目度ナンバーワンの選手は清宮幸太郎(早稲田実業)だろう。まだ進学、あるいはプロ志望の意思を表明していないため、実際に目玉になるかは現時点では不明だ。しかし、注目度が高いという事実は変わらない。もしプロ志.. 続きを読む

【プロ野球】三塁打王は京田陽太(中日)。では、二塁打王は? ノンタイトルスタッツランキング(セ・リーグ編)

【プロ野球】三塁打王は京田陽太(中日)。では、二塁打王は? ノンタイトルスタッツランキング(セ・リーグ編)

プロ野球もいよいよ終盤戦に突入。主要タイトル争いが盛り上がってくる頃だが、今回注目したいのはノンタイトルスタッツ。二塁打、三塁打などのトップ争いを人知れず楽しむのもシーズン終盤のマニアックな楽しみ方だ。まずはセ・リーグか.. 続きを読む

プロ野球「暴走王」タイトル争い(3)ヤクルト・山田哲人は夜は絶好調?

プロ野球「暴走王」タイトル争い(3)ヤクルト・山田哲人は夜は絶好調?

低迷シーズンのうっぷんを晴らすがごとく、巨人だけが夜の暴走王を輩出するばかりのようだが、他球団も黙ってはいない。山口の古巣であるDeNAでは、球団関係者が「やっかい払いできてよかった」と安堵する一方で、こんな危惧も芽生えてい.. 続きを読む

【プロ野球】押し出しサヨナラに10点差を大逆転。ヤクルトが今シーズン初の3タテを記録した中日との3連戦

【プロ野球】押し出しサヨナラに10点差を大逆転。ヤクルトが今シーズン初の3タテを記録した中日との3連戦

ペナントレースの後半戦が始まっても長い連敗のトンネルから抜け出すことができなかったヤクルト。DeNAに3連敗し、阪神との3連戦の初戦を落とし、引き分けを1つ挟んで連敗は14まで伸びていた。その悪夢から由規の好投が救ってくれたのは7.. 続きを読む

【プロ野球】ヤクルト版「七夕の悲劇」を超え14連敗を止めた夜。ヤクルトファンの「あたたかさ」を実感した

【プロ野球】ヤクルト版「七夕の悲劇」を超え14連敗を止めた夜。ヤクルトファンの「あたたかさ」を実感した

リーグ優勝を決めた2015年10月2日を思い出した、というのは少し大げさだろうか。7月22日に神宮球場で行われたヤクルト対阪神の一戦のことだ。ヤクルトはこの試合を、泥沼の14連敗中で迎えていた。9回表、ヤクルトは6対2と4点のリード。マ.. 続きを読む

「いつまでも18人」プロ野球選手が、亡き球友に捧げた『1枚の写真』に涙

「いつまでも18人」プロ野球選手が、亡き球友に捧げた『1枚の写真』に涙

高校野球の名門・履正社高校。東京ヤクルトスワローズの山田哲人選手やオリックス・バファローズのT-岡田選手など、プロ野球で活躍するスターを多く輩出しています。2016年夏の甲子園で活躍し、ドラフト1位で東京ヤクルトスワローズに入.. 続きを読む

プロ野球、番記者オフレコ「前半戦ウラ総括」

プロ野球、番記者オフレコ「前半戦ウラ総括」

夏到来――“夢の球宴”まであと2週間を切った。その前に、番記者たちの“オフレコ話”で今後の見どころをザザッと総ざらいだ!交流戦が終了し、いよいよシーズンも中盤戦に突入した2017年のプロ野球。「毎年、番狂わせが起こりがちな“魔の交流.. 続きを読む

【プロ野球】これはきつい…。ケガ人続出。ヤクルトの惨状を3位争いのライバル・DeNAで例えてみた

【プロ野球】これはきつい…。ケガ人続出。ヤクルトの惨状を3位争いのライバル・DeNAで例えてみた

交流戦は1分けを挟み10連敗でスタートしたヤクルト。序盤から苦しい戦いを強いられたが、ホームの神宮球場に戻ってきた最終週は4勝2敗と勝ち越し。いい状態で交流戦を終えることができた。しかし、毎年の懸念である故障者が交流戦で増え.. 続きを読む

ドラフト「外れ外れ1位」のスターたち【二宮清純のスポーツコラム】

ドラフト「外れ外れ1位」のスターたち【二宮清純のスポーツコラム】

プロ入り22年目にして2000安打を達成した中日・荒木雅博は96年のドラフト1位だが、いわゆる“外れ外れ1位”組だ。福留孝介(現阪神)、原俊介(元巨人)のクジに外れ、繰り上げのようなかたちで指名された。この年の高校生内野手は銚子商の.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。