小林健の最新情報

小林健 に関するニュース検索結果   13件

藤井四段に続いて注目を集めるイケメン棋士に浮上した「銭ゲバ」オファー!

藤井四段に続いて注目を集めるイケメン棋士に浮上した「銭ゲバ」オファー!

8月15日、将棋のプロ棋士・藤井聡太四段が、王位戦予選で、小林健二九段を破って初戦を突破。公式戦の通算記録は36勝3敗となった。昨年10月に史上最年少となる14歳2カ月でプロ入りし、デビューから無敗のまま29連勝。歴代最多連勝記録を.. 続きを読む

藤井四段 “おじ”に勝利、師匠の兄弟弟子・小林九段下した

藤井四段 “おじ”に勝利、師匠の兄弟弟子・小林九段下した

将棋の最年少プロ棋士、藤井聡太四段(15)が15日、大阪・関西将棋会館で小林健二九段(60)と王位戦予選で対局し、120手で勝利した。小林は師匠の杉本昌隆七段(48)の兄弟弟子。藤井は“おじ”に勝利した形となり、大師匠にあたる故板谷.. 続きを読む

将棋・第59期王位戦予選 藤井聡太四段が小林健二九段に勝利 勝率9割キープ

将棋・第59期王位戦予選 藤井聡太四段が小林健二九段に勝利 勝率9割キープ

将棋の中学生棋士・藤井聡太四段(15)が8月15日、第59期王位戦予選で小林健二九段(60)に勝利した。この日の勝利で通算成績は39戦36勝3敗。勝利9割2分3厘とし、通算勝率9割をキープした。  王位のタイトルは現在羽生善治三冠(46).. 続きを読む

将棋・第59期王位戦 藤井聡太四段が予選で小林健二九段と対局中

将棋・第59期王位戦 藤井聡太四段が予選で小林健二九段と対局中

将棋の中学生棋士・藤井聡太四段(15)が8月15日、第59期王位戦の予選で小林健二九段(60)と対局中だ。  王位のタイトルは現在羽生善治三冠(46)と菅井竜也七段(25)が七番勝負で対戦中(AbemaTVほかで放送)。藤井四段は、この日.. 続きを読む

第76期名人戦・順位戦C級2組 藤井聡太四段が無傷の3連勝 1期抜けへ一歩前進

第76期名人戦・順位戦C級2組 藤井聡太四段が無傷の3連勝 1期抜けへ一歩前進

中学生棋士・藤井聡太四段(15)が8月10日、第76期名人戦・順位戦C級2組の3日目で高見泰地五段(24)との対局に勝利し、C級2組で無傷の3連勝を達成した。  C級2組は各棋士が10局を戦い、上位3人がC級1組に昇級する。勝数が同じであれ.. 続きを読む

ローソン、三菱商事の完全管理下で独立性喪失…玉塚会長を放逐

ローソン、三菱商事の完全管理下で独立性喪失…玉塚会長を放逐

4月12日、ローソンの取締役会で玉塚元一会長が「退任して、新しいことをやりたい」と辞意を伝えた。三菱商事出身の竹増貞信社長は、玉塚氏と一緒に出席した共同記者会見の場で、「慰留を重ねたが、玉塚氏の(退任の)意思は固かった」と.. 続きを読む

「安倍首相のポチ」経団連会長、就任をトヨタ社長は頑なに拒否…後任者がいない異常事態

「安倍首相のポチ」経団連会長、就任をトヨタ社長は頑なに拒否…後任者がいない異常事態

日本経済団体連合会(経団連)の榊原定征会長(東レ相談役最高顧問)の任期は2018年5月までで、残すところあと1年だ。5月31日の定時総会で、新任の副会長4人にトヨタ自動車の早川茂取締役・専務役員、新日鐵住金の進藤孝生社長、三菱電機.. 続きを読む

地獄事情通 「地獄は面白い」「地獄でも平和に暮らせる」

地獄事情通 「地獄は面白い」「地獄でも平和に暮らせる」

コラムニストの辛酸なめ子氏と、怪談蒐集家の寺井広樹氏が12人の臨死・体外離脱経験者の証言をまとめた『辛酸なめ子と寺井広樹のあの世の歩き方』(マキノ出版、以下『あの世の歩き方』)が、3月中旬に発刊された。臨死・体外離脱経験者.. 続きを読む

コンビニ、2強生き残りかけ最終戦争突入…ローソン、玉塚氏排除で三菱商事が直接経営

コンビニ、2強生き残りかけ最終戦争突入…ローソン、玉塚氏排除で三菱商事が直接経営

三菱商事は9月16日、ローソンを子会社化すると発表した。株式公開買付け(TOB)によって50%までシェアを拡大させる。実施時期は2017年1月頃とされた。現在、三菱商事はローソン株式の33.4%を持つ筆頭株主だが、TOBの実施におよそ1440億.. 続きを読む

伊藤忠ショック!三井物産と三菱商事が完敗で盟主陥落…怒涛の攻勢を呼んだ「魔力」

伊藤忠ショック!三井物産と三菱商事が完敗で盟主陥落…怒涛の攻勢を呼んだ「魔力」

伊藤忠商事社長の岡藤正広氏は、悲願としてきた業界首位の座を手に入れる――。総合商社の2016年3月期の連結純利益見通しが、業界に激震をもたらした。伊藤忠の純利益が、2位の三井物産だけでなく、15年間トップに君臨してきた三菱商事のそ.. 続きを読む

絶好調のトヨタ 役員報酬見直しで社長の賞与2億4900万円

絶好調のトヨタ 役員報酬見直しで社長の賞与2億4900万円

サラリーマンにとって待ちに待った「冬のボーナス」の季節だが、社員とは「ケタ違い」の額を受け取っているのが、有名企業のトップたちだ。今回、東京商工リサーチの協力を得て、上場企業の有価証券報告書から「社長のボーナス」を抽出・.. 続きを読む

セブン、ファミマに抜かれ首位陥落…サンクス消滅、ローソンとイオン統合観測広がる

セブン、ファミマに抜かれ首位陥落…サンクス消滅、ローソンとイオン統合観測広がる

コンビニエンスストア業界3位のファミリーマートと、同4位サークルKサンクスを傘下にもつユニーグループ・ホールディングス(GHD)が2016年9月に経営統合することで合意した。統合後、コンビニの店舗数で国内最多となる。ファミマが存続.. 続きを読む

社長の給料 「数年内に10億円超の日本人増える」と識者予測

社長の給料 「数年内に10億円超の日本人増える」と識者予測

社長をはじめ役員の報酬は一体いくらが妥当なのか――。3月の決算期を終え、株主総会ラッシュのこの時期、必ず話題にのぼるテーマだ。  今年もカルロス・ゴーン・日産自動車社長の10億3500万円、豊田章男・トヨタ自動車社長の3億5200万円.. 続きを読む

前のページ
次のページ

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。