大谷翔平の最新情報

大谷翔平 に関するニュース検索結果   535件

気が早いが、平成生まれから「名球会」を新設するか?撤廃するか?考えてみた

気が早いが、平成生まれから「名球会」を新設するか?撤廃するか?考えてみた

ナンバー(Sports Graphic Number) 2014年4/10号 Fujisan.co.jpより2017年、プロ野球で名球会入りした選手は4人。荒木雅博(中日)、阿部慎之助(巨人)、鳥谷敬(阪神)、青木宣親(メッツなど)。いずれも野手として2000安打を達成した.. 続きを読む

天才テリー伊藤対談「槙原寛己」(4)大谷はメジャーでどう変わりますか

天才テリー伊藤対談「槙原寛己」(4)大谷はメジャーでどう変わりますか

テリー そうすると、やはり今後のメジャーは、大谷(翔平)に期待ですか。槙原 最終兵器が行きますから大変ですよ(笑)。彼は何かやってくれそうですけどね。テリー バッターとピッチャー、どっちでいくんでしょう。実際問題、メジャ.. 続きを読む

フジテレビ・久慈暁子アナが大谷翔平に突撃取材敢行!

フジテレビ・久慈暁子アナが大谷翔平に突撃取材敢行!

画/彩賀ゆう (C)まいじつフジテレビの久慈暁子アナウンサーが北海道日本ハムファイターズの大谷翔平を「取材してきた」と番組で発言し、衝撃が走っている。大谷を取材できるのは、原則的にスポーツ担当で日本ハムの番記者ぐらいだ。そ.. 続きを読む

プロ野球2017覆面「ミサイル座談会」(3)メジャースカウトが札幌に来る大谷以外の理由

プロ野球2017覆面「ミサイル座談会」(3)メジャースカウトが札幌に来る大谷以外の理由

A おっと、そういえばヤクルトのことを忘れていた。球団ワースト記録を更新する96敗で今季は打ち止め。シーズン中は関係者や報道陣の間から「独立リーグの球団や高校野球の甲子園代表チームと戦っても普通に負ける」とボロカスに言われ.. 続きを読む

【プロ野球】超重厚な2番・森友哉。奇策? やぶれかぶれ? 今季の珍オーダーを球団別に選定!(パ・リーグ編)

【プロ野球】超重厚な2番・森友哉。奇策? やぶれかぶれ? 今季の珍オーダーを球団別に選定!(パ・リーグ編)

野球のオーダーには美しさがある。古くは巨人の「3番・王貞治、4番・長嶋茂雄」など、その字面と並びだけでもファンを熱くさせる情景が思い浮かぶ。ただ、長いシーズンではイレギュラーもある。意図を持ってまたはアクシデントで想像もで.. 続きを読む

今年のプロ野球、「WBCの影響」はただの言い訳なのか? 2017年シーズンを元代表選手が総括

今年のプロ野球、「WBCの影響」はただの言い訳なのか? 2017年シーズンを元代表選手が総括

レギュラーシーズンの全日程を終えた今年のプロ野球。春先にはWBCが開催され、その影響からか侍ジャパンに選出された選手の不調も目についた今シーズンだったが、勝負を分けたのは何だったのか? WBC日本代表で世界一を経験、現在は解説.. 続きを読む

清宮幸太郎「プロ入り決断」のウラ側

清宮幸太郎「プロ入り決断」のウラ側

高校通算111本塁打の怪物スラッガーがNPB殴り込みを宣言。野球界の未来を担う若武者が心の奥底に秘めた“ホンネ”に迫る――。■早稲田実業の先輩・王貞治に憧れ… プロ入りか大学進学か、これまで結論を先送りにしてきた高校通算111本塁打ス.. 続きを読む

そして伝説へ…  “二刀流”大谷翔平が見せた「漫画みたいな世界」

そして伝説へ… “二刀流”大谷翔平が見せた「漫画みたいな世界」

10月4日、日本ハム対オリックスの試合が札幌ドームで行われた。 今季最後のホームゲームという事もあり、日本ハムは並々ならぬ気合が入る。 期待がかかるのは、もちろん大谷翔平だ。 “漫画の世界”みたいなスタメンを、日ハム公式Twitter.. 続きを読む

福田萌が夫・中田敦彦&菊池雄星・深津瑠美夫妻との会食を報告

福田萌が夫・中田敦彦&菊池雄星・深津瑠美夫妻との会食を報告

タレントの福田萌が夫でオリエンタルラジオ・中田敦彦と、西武ライオンズの菊池雄星、そして妻のフリーアナウンサー・深津瑠美と食事をしたことをブログで報告した。 ※ 福田萌オフィシャルブログより元々福田と深津は友達だったのだと.. 続きを読む

羽生結弦は2位!?「結婚したいアスリート」第1位は?

羽生結弦は2位!?「結婚したいアスリート」第1位は?

いつの時代も憧れの存在であるスポーツ選手たち。特に女性は、彼らのスーパープレイに胸をときめかせてしまうことも多いだろう。そこで今回は、「現在、現役で活躍している男性のスポーツ選手の中で、最も“結婚したい”と思う人」を、20~.. 続きを読む

『サンモニ』張本勲氏、大谷のメジャー挑戦を止めない日本ハムに「喝!」 ネット民から批判殺到

『サンモニ』張本勲氏、大谷のメジャー挑戦を止めない日本ハムに「喝!」 ネット民から批判殺到

©sirabee.com8日に放送された、TBS系情報番組『サンデーモーニング』で今シーズンのオフにポスティングシステムを利用し、米メジャーリーグの挑戦が濃厚とされている日ハム・大谷翔平がテーマに。それに対して、ご意見番の張本氏によるコ.. 続きを読む

【プロ野球】ソフトバンクはほぼ不動。今だからこそ思い出したい今季の開幕オーダー(パ・リーグ編)

【プロ野球】ソフトバンクはほぼ不動。今だからこそ思い出したい今季の開幕オーダー(パ・リーグ編)

ソフトバンクが逆転の独走優勝を遂げたパ・リーグ。各球団のファンにとっては喜びアリ、悲しみアリ、怒りアリのシーズンだったが、春先の時点ではそれぞれ希望を抱いていたはずだ。シーズンの大勢が決した今だからこそ、今季の開幕オーダ.. 続きを読む

独占ボヤキまくり60分!野村克也「緒方はまだ名監督ではない」(3)大谷の活躍は制球力がカギ

独占ボヤキまくり60分!野村克也「緒方はまだ名監督ではない」(3)大谷の活躍は制球力がカギ

-現役時代、「捕手とは?」ということを考え続けてきた野村氏。監督になってからも捕手育成をチーム作りの柱にしてきた。-1990年、私がヤクルト監督に就任した時、古田敦也(現解説者)が入団してきました。社会人出身とはいえ、新人捕.. 続きを読む

球団内の激ヤバ対立! プロ野球「大ゲンカの裏側」

球団内の激ヤバ対立! プロ野球「大ゲンカの裏側」

2017年のペナントレースは広島とソフトバンクの優勝で決着。これからはCS、日本シリーズのポストシーズンへと突入するプロ野球。しかし、球界の深部では、優勝争いとは別の「局地戦」が同時多発的に展開されている。“場外バトル”の裏側を.. 続きを読む

独占ボヤキまくり60分!野村克也「緒方はまだ名監督ではない」(1)外野手出身の名監督はいない

独占ボヤキまくり60分!野村克也「緒方はまだ名監督ではない」(1)外野手出身の名監督はいない

今年もプロ野球はセが広島、パはソフトバンクが優勝する一方、二刀流の大谷翔平のメジャー挑戦がささやかれるなど話題に事欠かない。そこで“球界屈指の論客”であるノムさんこと野村克也氏に緊急インタビュー。「名監督の条件」から大物ル.. 続きを読む

            ギタリストとしての魅力ならジョン・メイヤー・トリオ名義の『トライ! ライブ・イン・コンサート』が一番!

ギタリストとしての魅力ならジョン・メイヤー・トリオ名義の『トライ! ライブ・イン・コンサート』が一番!

21世紀に入ってから、スーパーギタリストに注目が集まることが増えた。その功労者はデレク・トラックスやトレイ・アナスタシオであり、今回紹介するジョン・メイヤーもそのひとり。ソロ名義の作品はソウルやヒップホップの香りのするポッ.. 続きを読む

大谷翔平のメジャーリーグ入りで危惧される「生活上の問題点」とは?

大谷翔平のメジャーリーグ入りで危惧される「生活上の問題点」とは?

日本ハムの大谷翔平投手が今オフにも米メジャーリーグに挑戦すると噂になっている。球団側も快く送り出すといわれており、来期には23歳の若きサムライがメジャーのマウンドに立つ可能性も高そうだ。その大谷のメジャー挑戦に際しては若す.. 続きを読む

明石家さんまと加藤綾子の「NY密会報道」舞台裏

明石家さんまと加藤綾子の「NY密会報道」舞台裏

画/彩賀ゆう (C)まいじつフリーアナウンサーの加藤綾子が、明石家さんまとのニューヨーク密会したと女性週刊誌によって報じられたことを迷惑がっているという。「女性誌も“密会”と報じていながら、ふたりは交際関係にないとしています.. 続きを読む

どん詰まり人生が変わるかも? サクッと読めてタメになる物語系自己啓発書オススメ3冊【魂が燃えるビジネス】

どん詰まり人生が変わるかも? サクッと読めてタメになる物語系自己啓発書オススメ3冊【魂が燃えるビジネス】

いまの仕事楽しい?……ビジネスだけで成功しても不満が残る。自己啓発を延々と学ぶだけでは現実が変わらない。自分も満足して他人にも喜ばれる仕事をつくる「魂が燃えるビジネス」とは何か? そのヒントをつづる連載第17回「もっと自分を.. 続きを読む

フジ宮司アナ、大谷翔平との関係をあらためて否定

フジ宮司アナ、大谷翔平との関係をあらためて否定

9月17日放送の『さまぁ~ずの神ギ問』(フジテレビ系)で、宮司愛海アナウンサー(26)が、北海道日本ハムファイターズの大谷翔平選手(23)との関係についてコメントした。この番組は視聴者から疑問を募り、さまぁ~ずの大竹一樹(49).. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。