大気汚染の最新情報

大気汚染 に関するニュース検索結果   480件

欧州のEVシフトを視野に、トヨタが好調なHVのバリエーションを増強!

欧州のEVシフトを視野に、トヨタが好調なHVのバリエーションを増強!

英・仏両政府が都市部などで深刻化する大気汚染対策を目的に、2040年にガソリン・ディーゼルエンジン車の販売を終結 させる方針を固め、欧州主要国が「電動化」に向けて動き出しています。そうしたなか、中日新聞によると、トヨタ自動車.. 続きを読む

ストレス・ゼロのアーバンモビリティとは何か?交通インフラの再整備【ボッシュ・モビリティエクスペリエンス2017レポート vol.2】

ストレス・ゼロのアーバンモビリティとは何か?交通インフラの再整備【ボッシュ・モビリティエクスペリエンス2017レポート vol.2】

■Bosch mobility experience2017 report @Boxberg vol.2ボッシュ・モビリティエクスペリエンス2017レポートvol.1では、ボッシュの考える未来について、今より増えて行く移動ストレスについて、どうやってストレスフリーのモビリティ社会.. 続きを読む

セブンイレブンとトヨタがタッグ!低炭素社会の実現に向け、商品配送用の燃料電池トラック導入で合意

セブンイレブンとトヨタがタッグ!低炭素社会の実現に向け、商品配送用の燃料電池トラック導入で合意

トヨタ自動車(以下トヨタ)とセブン‐イレブン・ジャパンが8月9日、水素を燃料として大気汚染物質を一切排出しない商品配送用FC(燃料電池)トラックの導入に向け、基本合意書を交わしました。両社はトヨタが新たに開発するFCトラックや.. 続きを読む

住みたい街、あの川崎が吉祥寺を逆転間近?足立区・北区等「東側諸国」も人気上昇

住みたい街、あの川崎が吉祥寺を逆転間近?足立区・北区等「東側諸国」も人気上昇

近年、長らく“住みたい街”の王者に君臨していた東京・吉祥寺に異変が起きている。吉祥寺といえば、新宿駅・渋谷駅まで各15分と交通アクセスが抜群によく、駅前は23区レベルの繁華街として栄えている。それでいて、駅から少し歩けば自然豊.. 続きを読む

こだわりの弾力泡で、洗うを極める。バスタイムに自分を高めるメンズコスメ

こだわりの弾力泡で、洗うを極める。バスタイムに自分を高めるメンズコスメ

こう暑いと、夜シャワーを浴びるのが楽しみになる。フェイスウォッシュやコンディショナーにこだわるのは、女性だけでなく男性でもかなり増えていて、メンズコスメの幅も広くなってきた。やはり、ドラッグストアーで特に意識せずに買った.. 続きを読む

マツダ 技術開発の長期ビジョン「サステイナブル“Zoom-Zoom”宣言2030」を公表

マツダ 技術開発の長期ビジョン「サステイナブル“Zoom-Zoom”宣言2030」を公表

マツダは8月8日、2030年を見据えた技術開発の長期ビジョン「サステイナブル“Zoom-Zoom”宣言2030」を公表した。このビジョンの実現に向け、ガソリンエンジンにおける圧縮着火を世界で初めて実用化した次世代エンジン「SKYACTIV-X(スカイ.. 続きを読む

そこまでやる!? 4位長い手袋…男性がドン引きな女性の日焼け対策TOP8

そこまでやる!? 4位長い手袋…男性がドン引きな女性の日焼け対策TOP8

夏に降り注ぐ大量の紫外線はお肌の大敵! ダメージを防ぐために、外出時の対策は必要不可欠ですよね。しかし、女性と男性ではその意識は大きく異なるもの。もしかすると、女性の気合いの入った対策に、目が点になっている男性もいるかも.. 続きを読む

きのこ、地衣類。小さな世界ラブ。

きのこ、地衣類。小さな世界ラブ。

深い自然に囲まれた、青森県の「奥入瀬渓流(おいらせけいりゅう)」。巨大な樹木が立ち並び、さまざまな植物が季節によって景観を変え、静かに水が流れていく神秘的な場所。でも、この美しい場所は、約1100年前まで焼け野原でした。十和.. 続きを読む

トヨタ、環境車戦略が破綻…「売れる車」消滅の危機、世界的なガソリン車禁止へ対応遅れ

トヨタ、環境車戦略が破綻…「売れる車」消滅の危機、世界的なガソリン車禁止へ対応遅れ

電気自動車(EV)の普及に向けた動きが本格化してきた。EVベンチャーの米テスラが自動車業界で存在感を高めるなか、ボルボは2019年以降に販売するすべての車両をEVやプラグインハイブリッド自動車(PHV)などの電動車にすることを発表し.. 続きを読む

テスラが「6兆円企業」と評価される4つの理由

テスラが「6兆円企業」と評価される4つの理由

Inc.:Business Insider Australiaによると、自動車メーカーは2016年に8,800万台の車を出荷しました。そのうち、テスラが出荷した台数は7万6000台にすぎません。けれども、ウォール街はテスラを、アメリカの他のどの自動車メーカーよりも.. 続きを読む

エンジン車とディーゼル車、世界的に禁止へ…社会的役割が終焉、電動車が主流に

エンジン車とディーゼル車、世界的に禁止へ…社会的役割が終焉、電動車が主流に

●再燃する排ガス不正ディーゼル車が再び排ガス不正疑惑で揺れている。ドイツ検察はメルセデス・ベンツの100万台に上るディーゼル車に、排ガス浄化装置に関する不正の疑いがあるとみている。また、米国司法省はフィアット・クライスラー・.. 続きを読む

大阪府と兵庫県 スモッグ気象情報

大阪府と兵庫県 スモッグ気象情報

きょう(28日)、近畿地方の大阪府と兵庫県南部は、光化学スモッグの発生しやすい気象状態となる見込みです。屋外での活動に十分注意して下さい。●近畿地方にスモッグ気象情報きょう(28日)の近畿地方は、日中の最高気温が30度以上の所が多.. 続きを読む

美容のプロが実践する、ポジティブスキンケア【実践編】

美容のプロが実践する、ポジティブスキンケア【実践編】

日本すっぴん協会会長をつとめる若手美容家・岡本静香さんに、好きな美容を追求するほど美しくなれる「ポジティブスキンケア」の考え方についてうかがったマインド編。今回は、いよいよ実践編!岡本さんが選んだベストコスメと、ポジティ.. 続きを読む

2040年にガソリン・ディーゼル車が終焉? イギリス政府がフランスに続いて販売終結の方針を固める

2040年にガソリン・ディーゼル車が終焉? イギリス政府がフランスに続いて販売終結の方針を固める

イギリス政府が、2040年以降、石油を燃料とするガソリン車、ディーゼル車の販売を終結させる方針を固めたそうです。英ガーディアン紙が7月25日に伝えたところによると、首都ロンドンを中心に大気汚染が深刻化していることから、自動車メ.. 続きを読む

【舘内 端 連載コラム】 第36回 環境とエネルギーをめぐる自動車の旅 その5 世界EV大変革 取り残される日本の自動車と自動車産業

【舘内 端 連載コラム】 第36回 環境とエネルギーをめぐる自動車の旅 その5 世界EV大変革 取り残される日本の自動車と自動車産業

ボルボ・カーのCEOであるホーカン・サムエルソンは、2017年7月5日の記者会見で、「2019年以降に発売するすべての車をEVやHVなどの電動車にする」と発表した(日経7月6日)。理由は、「世界中で厳しさを増す環境規制や消費者のニーズの変化.. 続きを読む

大気汚染にも勝つ! あのクリニークの美容液が劇的に進化

大気汚染にも勝つ! あのクリニークの美容液が劇的に進化

大気汚染などの環境ストレス、日々の生活による精神的ストレス、そして抗えないエイジング。我々の肌を取り巻く内的、外的環境は、刻々と変化しています。これらはターンオーバーのサイクルに影響を与え、肌再生を遅れさせる原因です。で.. 続きを読む

地球のために。フランスは2040年までにガソリン車/ディーゼル車の販売を禁止する

地球のために。フランスは2040年までにガソリン車/ディーゼル車の販売を禁止する

Image: S.Borisov/Shutterstock.comパリの空気はきれいになるかな?最近ますます広がる電気自動車やハイブリッドカーなどのエコカーの利用ですが、フランスはさらにその動きを前進させようとしています。BBCの報道によると、なんと同国は.. 続きを読む

東京、埼玉など関東にスモッグ気象情報

東京、埼玉など関東にスモッグ気象情報

今日(8日)、東京都、埼玉県、千葉県、群馬県では昼過ぎから夕方にかけて、光化学スモッグの発生しやすい気象状態になる見込みです。●東京都、埼玉県、千葉県、群馬県 スモッグ気象情報発表今日(8日)の関東地方は、晴れて日射しが強く、.. 続きを読む

各社、プラグインハイブリッドと電気自動車導入を急ぐ

各社、プラグインハイブリッドと電気自動車導入を急ぐ

▲モータリゼーションの急速な進化により、二輪車と四輪車が先を急ぐインドの街中 新興国の自動車需要により、大気汚染が深刻化新興国におけるモータリゼーションで、自動車の需要が増えていくことは、関連業種も含めて喜ばしいことではあ.. 続きを読む

東京、千葉、埼玉にスモッグ気象情報

東京、千葉、埼玉にスモッグ気象情報

きょう(7日)、関東地方の東京都、千葉県、埼玉県では、光化学スモッグの発生しやすい気象状態となる見込みです。屋外での活動に十分注意して下さい。●スモッグ気象情報発表きょう(7日)の関東地方は、晴れて日射が強く、風も弱い予想で、.. 続きを読む

前のページ
次のページ

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。