塚本晋也の最新情報

塚本晋也 に関するニュース検索結果   90件

わたしの金言 ~芸能界と心の支え~ (7) 村上淳・虹郎ら所属ディケイド社長「マネージャーはプロデューサー」

わたしの金言 ~芸能界と心の支え~ (7) 村上淳・虹郎ら所属ディケイド社長「マネージャーはプロデューサー」

多くの人の支持を集めることが人気のバロメーターである一方、常に評価の目にさらされる宿命にあるのが著名人たち。それぞれの職業観の中で、どのような言葉を支えにして苦境を切り抜けているのか。連載「わたしの金言」は、著名人たちが.. 続きを読む

村上淳と共に歩む、佐伯真吾氏が芸能事務所ディケイドの社長になった日「キミ明日から社長だから」 - 募集・スカウトしない役者愛

村上淳と共に歩む、佐伯真吾氏が芸能事務所ディケイドの社長になった日「キミ明日から社長だから」 - 募集・スカウトしない役者愛

●「この人、好きだなぁ」で「一緒に」村上淳、村上虹郎、三浦誠己、渋川清彦、大橋トリオといった俳優・アーティストをかかえる芸能事務所・ディケイドが設立25周年を記念して、「日本映画とは何か」を掲げた映画『AMY SAID エイミー・セ.. 続きを読む

「離婚問題」松居一代の亡き義父・船越英二の代表作映画

「離婚問題」松居一代の亡き義父・船越英二の代表作映画

作品目『野火』大映/1959年監督/市川崑出演/船越英二、ミッキー・カーチスほか「このハゲ~~!」の豊田真由子議員に続いて、ワイドショーで話題を独占している“錯乱ヒロイン”松居一代。ブログで意味深な書き込みを繰り返しただけでな.. 続きを読む

沖縄戦を描いた映画『ハクソー・リッジ』が"沖縄"を隠して宣伝...背景にはネトウヨの"反日"攻撃への恐怖

沖縄戦を描いた映画『ハクソー・リッジ』が"沖縄"を隠して宣伝...背景にはネトウヨの"反日"攻撃への恐怖

今月24日に日本公開されたメル・ギブソン監督作品『ハクソー・リッジ』だが、その公開時の宣伝のやり方をめぐって疑問の声が噴出している。『ハクソー・リッジ』は、キリスト教の教えを厳格に守るため武器をいっさい持たず衛生兵として沖.. 続きを読む

肺がんを告白した大林宣彦がそれでも映画をつくり続ける理由「映画には、世界を戦争から救う力がある」

肺がんを告白した大林宣彦がそれでも映画をつくり続ける理由「映画には、世界を戦争から救う力がある」

「映画とは風化せぬジャーナリズムである。自分自身を確立する手段であるという意識を持って生きていってほしい」今月11日、都内で行われた映画祭「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア2017」の授賞式に公式審査員として出席.. 続きを読む

【衝撃】大ヒット映画「シン・ゴジラ」の知られざる秘密 /ゴジラの動きは能楽?

【衝撃】大ヒット映画「シン・ゴジラ」の知られざる秘密 /ゴジラの動きは能楽?

2016年に日本映画界を震撼させた大ヒット映画「シン・ゴジラ」。人気アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」の監督として知られている庵野秀明氏が脚本・総監督を担当した作品です。 劇場版エヴァンゲリヲンの新作を待ちわびるファンを尻目に.. 続きを読む

宮沢賢治が苦悩した「理想と現実」の葛藤とは…

宮沢賢治が苦悩した「理想と現実」の葛藤とは…

MCに伊集院光、武内陶子アナウンサーを迎え、古今東西の「名著」を読み解く番組『100分de名著』(Eテレ、毎週月曜22:25)で、3月は「銀河鉄道の夜」「春と修羅」などの作品で今も多くの人に愛される宮沢賢治(1896~1933)をピックアップ.. 続きを読む

宮沢賢治はなぜ人々の心をひきつけるのか? 言葉の表現の可能性に迫る

宮沢賢治はなぜ人々の心をひきつけるのか? 言葉の表現の可能性に迫る

MCに伊集院光、武内陶子アナウンサーを迎え、古今東西の「名著」を読み解く番組『100分de名著』(Eテレ、毎週月曜22:25)で、3月は「銀河鉄道の夜」「春と修羅」などの作品で今も多くの人に愛される宮沢賢治(1896~1933)をピックアップ.. 続きを読む

塚本晋也『沈黙』で「40キロ台に」壮絶ダイエット!スコセッシ監督のために殉教覚悟

塚本晋也『沈黙』で「40キロ台に」壮絶ダイエット!スコセッシ監督のために殉教覚悟

巨匠マーティン・スコセッシ監督が遠藤周作の小説を映画化した『沈黙-サイレンス-』(公開中)のトークイベントが2月2日にROUTE BOOKSで開催され、塚本晋也と映画評論家の森直人が登壇。劇中で敬虔な信者・モキチ役を演じた塚本が、体重を.. 続きを読む

小松菜奈がスコセッシ監督を爆笑させた!?『沈黙』大ヒット御礼舞台挨拶で撮影秘話飛び出す

小松菜奈がスコセッシ監督を爆笑させた!?『沈黙』大ヒット御礼舞台挨拶で撮影秘話飛び出す

マーティン・スコセッシが遠藤周作の傑作文学を映画化した『沈黙-サイレンス-』。日本公開から10日で観客動員数30万人を超えた本作の大ヒット御礼舞台挨拶に出演者の窪塚洋介、イッセー尾形、塚本晋也が登場し、胸中や撮影秘話などを語っ.. 続きを読む

窪塚洋介がスコセッシ映画の舞台挨拶で政権批判!「この国のみっともない政府は自国の弱者には目も向けない」

窪塚洋介がスコセッシ映画の舞台挨拶で政権批判!「この国のみっともない政府は自国の弱者には目も向けない」

遠藤周作の代表作『沈黙』を『タクシードライバー』『グッドフェローズ』などの巨匠マーティン・スコセッシ監督が映画化した『沈黙-サイレンス-』が今月21日に日本でも公開された。冷徹に肉体的・精神的拷問を指示する筑後守を演じたイッ.. 続きを読む

いま観るべき理由がここに! 日米豪華キャストとスタッフによる渾身作『沈黙-サイレンス-』!

いま観るべき理由がここに! 日米豪華キャストとスタッフによる渾身作『沈黙-サイレンス-』!

いまや、多くの日本人俳優たちが世界を舞台に活躍しており、映画界でもボーダーレス化が進む今日この頃。そんななか、話題のハリウッド大作では、日米の豪華共演がついに実現! 世界でも20カ国以上で翻訳されている日本が誇る遠藤周作の.. 続きを読む

窪塚洋介、観客に熱烈メッセージ!「重い映画が僕らを導いてくれることもある」

窪塚洋介、観客に熱烈メッセージ!「重い映画が僕らを導いてくれることもある」

巨匠マーティン・スコセッシ監督が遠藤周作の小説を映画化した『沈黙-サイレンス-』の初日舞台挨拶が1月21日にTOHOシネマズスカラ座で開催され、窪塚洋介、浅野忠信、イッセー尾形、塚本晋也、小松菜奈が登壇。窪塚がスコセッシ監督の演.. 続きを読む

窪塚洋介、スコセッシ監督の演出に脱帽 「駄目でも『ワンダフル、もう1回!』」

窪塚洋介、スコセッシ監督の演出に脱帽 「駄目でも『ワンダフル、もう1回!』」

映画『沈黙-サイレンス-』の公開初日舞台あいさつが21日、東京都内で行われ、出演者の窪塚洋介、浅野忠信、イッセ-尾形、塚本晋也、小松菜奈が登壇した。本作は、遠藤周作の歴史小説『沈黙』と出会ったマーティン・スコセッシ監督が、.. 続きを読む

窪塚洋介、スコセッシ監督にスケベ心を見抜かれる!?

窪塚洋介、スコセッシ監督にスケベ心を見抜かれる!?

映画『沈黙-サイレンス-』初日舞台挨拶が21日、都内で行われ、窪塚洋介、浅野忠信、イッセー尾形、塚本晋也、小松菜奈が出席した。窪塚は、マーティン・スコセッシ監督との現場を振り返り「ハリウッド作品だからチャンスだと思ってスケ.. 続きを読む

『沈黙 ―サイレンス―』巨匠スコセッシが28年越しで映画化を実現させた渾身の一本!

『沈黙 ―サイレンス―』巨匠スコセッシが28年越しで映画化を実現させた渾身の一本!

ハリウッドの巨匠マーティン・スコセッシが、戦後日本文学の金字塔・遠藤周作の「沈黙」と出会ってから28年。幾度も中断や延期を経ながら完成させた渾身の作が、ついに日本で公開される。舞台は17世紀、幕府による激しいキリスト教弾圧が.. 続きを読む

『渇き。』が導いたハリウッドデビュー。小松菜奈、「負けちゃいけない!」と実力主義を実感

『渇き。』が導いたハリウッドデビュー。小松菜奈、「負けちゃいけない!」と実力主義を実感

女優・小松菜奈がマーティン・スコセッシ監督が遠藤周作の小説を映画化する『沈黙ーサイレンスー』(1月21日公開)でハリウッドデビューを果たした。オーディションを経て、若くして夢のようなチャンスを手にした彼女を直撃。実力主義とい.. 続きを読む

スコセッシ監督 映画「沈黙」好演のキャスト陣の世界的反響語る!窪塚洋介は熱いスピーチ

スコセッシ監督 映画「沈黙」好演のキャスト陣の世界的反響語る!窪塚洋介は熱いスピーチ

映画『沈黙-サイレンス-』(監督:マーティン・スコセッシ/配給:KADOKAWA)ジャパンプレミアが17日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで開かれスコセッシ監督、俳優・窪塚洋介(37)、浅野忠信(43)、イッセー尾形(64)、塚本晋也(.. 続きを読む

塚本晋也が『沈黙』と『野火』に込めた切なる願いとは?不思議な縁に感慨ひとしお

塚本晋也が『沈黙』と『野火』に込めた切なる願いとは?不思議な縁に感慨ひとしお

巨匠マーティン・スコセッシ監督が遠藤周作の名著「沈黙」と出会ってから28年もの間、映画化を熱望していたという『沈黙−サイレンス−』(1月21日公開)。監督・俳優としても活躍する塚本晋也が敬虔な信者役を演じている。「スコセッシ教の.. 続きを読む

塚本晋也、海の中で磔に!壮絶シーンを乗り越えられたのは「スコセッシ教の信者だから」

塚本晋也、海の中で磔に!壮絶シーンを乗り越えられたのは「スコセッシ教の信者だから」

日本を舞台にしたマーティン・スコセッシ監督の渾身作『沈黙−サイレンス−』が、いよいよ1月21日(土)より公開となる。日本から各世代の実力派が参加した本作で、敬虔な信者役として、“海の中で磔にされる”という命がけの撮影に挑んでいる.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。