原節子の最新情報

原節子 に関するニュース検索結果   23件

湯浅政明監督「夜は短し歩けよ乙女」“一夜”に込めた時間の尊さ

湯浅政明監督「夜は短し歩けよ乙女」“一夜”に込めた時間の尊さ

湯浅政明監督 森見登美彦氏のベストセラー小説を、湯浅政明監督がアニメ映画化した「夜は短し歩けよ乙女」が10月26日、第30回東京国際映画祭のJAPAN NOW部門で上映され、湯浅監督が東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズでのティーチインに臨.. 続きを読む

第26回「朝ドラ復活の鍵――7つの大罪」(前編)

第26回「朝ドラ復活の鍵――7つの大罪」(前編)

連載『指南役のTVコンシェルジュ』今回は特別編。指南役さんの最新刊『「朝ドラ」一人勝ちの法則』 (光文社新書)発売記念!ドラマのヒットの法則を分析したこの最新刊と連動し、肝となる内容の一部を特別大公開!もちろん書籍そのままで.. 続きを読む

2ケタキープの高畑充希『過保護のカホコ』竹内涼真の「キュン死」演出が、逆に不穏すぎる!

2ケタキープの高畑充希『過保護のカホコ』竹内涼真の「キュン死」演出が、逆に不穏すぎる!

遊川和彦脚本の『過保護のカホコ』(日本テレビ系)第6話が、16日に放送されました。視聴率は10.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と、あいかわらず2ケタキープです。強い。さて、公式ホームページでは、主人公カホコ(高畑充希)が「.. 続きを読む

【新宿・代々木・早稲田】初詣の帰りに寄りたい映画館

【新宿・代々木・早稲田】初詣の帰りに寄りたい映画館

ひとりで過ごすお正月。だれに何を言われることなく、好きな時間に起きていいし、好きなことをして自由に過ごせる。でもせっかくだから、なにか少しお正月らしいこともしておきたい。そこで今回は、東京の初詣スポットと、初詣帰りに寄り.. 続きを読む

秋風が吹き始めたら、大人の映画祭へ!

秋風が吹き始めたら、大人の映画祭へ!

9月の声を聞いた途端、日中は暑さが残りますが、朝晩は過ごしやすくなりますね。暑い夏の間はできなかった事にチャレンジしたくなる季節到来です。この夏は、「シン・ゴジラ」が空前の大ヒット。久し振りに映画館に足を運んだ!という方.. 続きを読む

独身のヒロインの暗示か?「とと姉ちゃん」と小津安二郎映画の関係

独身のヒロインの暗示か?「とと姉ちゃん」と小津安二郎映画の関係

連続テレビ小説「とと姉ちゃん」(NHK 総合 月~土 朝8時~、BSプレミアム 月~土 あさ7時30分~)第18週「常子、ホットケーキを作る」第108話 8月6日(土)放送より。 脚本:西田征史 演出:岡田健昭和25年(1950年)。キッチン.. 続きを読む

七十二候「麦秋至(むぎのときいたる)」麦が黄金に実るころ

七十二候「麦秋至(むぎのときいたる)」麦が黄金に実るころ

二十四節気「小満」の末候「麦秋至」となりました。秋にまかれ、冬を越した麦の穂が実るころを示す「麦秋」とは、旧暦4月の異名でもあり、夏の季語。初夏の眩い陽光に麦畑がきらめき、爽やかな風に金色の穂が揺らぎます。麦畑をさわさわ.. 続きを読む

【映画コラム】みんなが成りたかった大人に成れるわけじゃない『海よりもまだ深く』

【映画コラム】みんなが成りたかった大人に成れるわけじゃない『海よりもまだ深く』

『そして父になる』(13)『海街diary』(15)に続く、是枝裕和監督の家族映画『海よりもまだ深く』が公開された。タイトルはテレサ・テンの「別れの予感」の一節から取られている。本作の主人公は、いい年をした売れない小説家の篠田良.. 続きを読む

黒木華、「昭和顔」を「昭和の女優顔」とポジティブに勘違い!? 記者も観客も“ポカーン”な一幕

黒木華、「昭和顔」を「昭和の女優顔」とポジティブに勘違い!? 記者も観客も“ポカーン”な一幕

女優の黒木華が4月22日、映画『リップヴァンウィンクルの花嫁』(岩井俊二監督)の大ヒット御礼舞台挨拶を行った。素朴で純情そうな、どこか昭和時代を感じさせる顔立ちで、山田洋次監督の映画をはじめ、さまざまな作品にひっぱりだこの.. 続きを読む

黒木華「そんなに昭和顔なのかな」 「昭和の女優さんと比べるとすごく薄い顔なのに…」

黒木華「そんなに昭和顔なのかな」 「昭和の女優さんと比べるとすごく薄い顔なのに…」

映画『リップヴァンウィンクルの花嫁』の大ヒット御礼舞台あいさつが22日、東京都内で行われ、主演の黒木華と岩井俊二監督が登壇した。3月26日に公開された本作は、反響の大きさから23館の追加上映が決定し、計51館での上映となった。岩.. 続きを読む

【連載:映画で分かる女の本音】~いまの年齢のまま見た目が若返ったら人生どうなる!?~『あやしい彼女』

【連載:映画で分かる女の本音】~いまの年齢のまま見た目が若返ったら人生どうなる!?~『あやしい彼女』

もしもあの時、違う選択をしていたらどんな人生を送っていただろう──。人生は後悔の連続です。たとえば、「欲しい! 」という気持ちを抑えられずに勢いで買ってしまった洋服が、数日後にセールで半額になっていて「あーあ……」という小さな.. 続きを読む

歌手活動復帰、一青窈が『NHK歌謡コンサート』に出演!子の幸せを願う歌を披露

歌手活動復帰、一青窈が『NHK歌謡コンサート』に出演!子の幸せを願う歌を披露

毎回豪華ステージが好評の『NHK歌謡コンサート』(NHK総合 毎週火曜20:00~20:43)。1月19日は「今宵花咲く女のメロディー」と題して、女性の生き様をテーマに豪華ステージを届ける。番組冒頭には女優・仲間由紀恵がVTRで登場し、森光子.. 続きを読む

役所広司、小堺一機も還暦。申年生まれの著名人列伝

役所広司、小堺一機も還暦。申年生まれの著名人列伝

2016年が明けた。今年の干支は申。午年の一昨年、未年の昨年に続き、今年も年男・年女の著名人を見ていきたい。まずはことし満60歳で還暦を迎える丙申(ひのえさる/へいしん)の人たちから。1956(昭和31)年生まれこの元日に俳優の役所.. 続きを読む

申年 年男 年女 有名人 役所広司 Shall we ダンス? 竹中直人 周防正行 小堺一機 ライオンのごきげんよう 桑田佳祐 佐野元春 長渕剛 田中康夫 大沢在昌 荻野アンナ 奥泉光 玄侑宗久 笙野頼子 百田尚樹 保坂和志 泉麻人 宮沢章夫 井田真木子 江口寿史 吉田秋生 永島敏行 大地真央 余貴美子 妹島和世 西和彦 島田紳助 野口五郎 浅田美代子 キャンディーズ 藤村美樹 田中好子 瀬古利彦 岡田武史 阿川弘之 安岡章太郎 近藤啓太郎 三船敏郎 原節子 李香蘭 森光子 七人の侍 黒澤明 松田美智子 橋本龍太郎 川内康範 梅棹忠夫 塚本邦雄 森進一 とと姉ちゃん 大橋鎮子 長谷川町子 ミヤコ蝶々 市川崑 和田夏十 猿橋勝子 仲代達矢 岸恵子 田中邦衛 クレージーキャッツ 谷啓 石原慎太郎 太陽の季節 青島幸男 横山ノック 五木寛之 小田実 黒井千次 後藤明生 小林信彦 平岩弓枝 江藤淳 本多勝一 大島渚 白土三平 滝田ゆう 遠藤実 小林亜星 船村徹 フランク永井 椎名誠 菊池仁 目黒孝二 藤原新也 大下英治 川本三郎 出久根達郎 船戸与一 宮内勝典 辺見庸 江守徹 杉良太郎 高橋英樹 竹脇無我 原田大二郎 前田吟 吉田日出子 渡瀬恒彦 マイク眞木 片岡仁左衛門 中村吉右衛門 小椋佳 横山やすし 久米宏 田中眞紀子 矢吹申彦 山本寛斎 中村紘子 四谷シモン 小林誠 舟木一夫 釜本邦茂 村上雅則 野茂英雄 佐々木主浩 金本知憲 阿部和重 岩崎夏海 金城一紀 鷺沢萠 佐藤賢一 瀬名秀明 貫井徳郎 福井晴敏 柳美里 森絵都 吉田修一 杉江松恋 長山洋子 内野聖陽 大沢たかお 佐々木蔵之介 鈴木京香 夏川結衣 松下由樹 渡部篤郎 杉本彩 井森美幸 森口博子 小沢健二 菊池桃子 つんく♂ 原田雅彦 舞の海秀平 星出彰彦 松坂大輔 新垣渚 木佐貫洋 小谷野栄一 杉内俊哉 梵英心 藤川球児 村田修一 朝青龍 末續慎吾 鈴木桂治 遠藤保仁 又吉直樹 ピース 火花 藤野可織 今村夏子 大野智 岡田准一 小池栄子 夫木聡 田畑智子 壇蜜 広末涼子 田中麗奈 AKB48 横山由依 高橋みなみ 峯岸みなみ 指原莉乃 HKT48 乃木坂46 白石麻衣 新内眞衣 松村沙友理 ℃-ute 矢島舞美 剛力彩芽 忽那汐里 武井咲 染谷将太 本田翼 トリンドル玲奈 松山英樹
原節子の知られざる素顔! ナチスとの関係、ユダヤ陰謀論の極右思想にはまり「謀略だ」と映画中止要請の手紙を

原節子の知られざる素顔! ナチスとの関係、ユダヤ陰謀論の極右思想にはまり「謀略だ」と映画中止要請の手紙を

今年11月25日、9月5日に逝去していたことが明らかとなった原節子。日本映画の黄金期を代表する大女優として、その死はマスコミを賑わせた。1935年、15歳の時に『ためらふ勿れ若人よ』(田口哲監督)でデビュー。以来、1962年に『忠臣蔵 .. 続きを読む

酒乱の三船敏郎を叩きのめし、石原裕次郎に詫びを入れさせた安藤昇という男

酒乱の三船敏郎を叩きのめし、石原裕次郎に詫びを入れさせた安藤昇という男

北の湖、原節子、水木しげる、野坂昭如……今年も年末にかけて各界の巨星の訃報が相次いだ。12月16日に亡くなった安藤昇もまた間違いなく「巨星」の一つであろう。しかし、安藤昇という人物がいったい何者なのか、ある世代から下の人々には.. 続きを読む

原節子さんと去りゆく秋を偲んで…。大切な人と観たいタイトルに“秋”がつく8つの名作シネマ

原節子さんと去りゆく秋を偲んで…。大切な人と観たいタイトルに“秋”がつく8つの名作シネマ

オトナの恋愛を描いた名作や、心の機微を丹念にすくいとる大作……。映画鑑賞を楽しむ時季としては、感受性が高まり、物事に熱中できる秋~初冬が最適!昨今では劇場派はもちろん、有料コンテンツ派、映画専門チャンネル派、レンタル派……と.. 続きを読む

“伝説の女優”故・原節子さんの慎ましい晩年「外出は、いつも裏口から……」

“伝説の女優”故・原節子さんの慎ましい晩年「外出は、いつも裏口から……」

伝説の女優、原節子さんが今年9月、肺炎により95歳で亡くなっていたことが伝えられた。神奈川県鎌倉市内の住宅地でひっそりと暮らしていたところ、8月に猛暑で体調を崩して入院。そのまま親族に看取られて息を引き取ったというが、本人の.. 続きを読む

原節子が95歳で死去、映画『東京物語』で主演を務めた小津安二郎監督のミューズ

原節子が95歳で死去、映画『東京物語』で主演を務めた小津安二郎監督のミューズ

小津安二郎監督を初め、1950年代から1960年代にかけて日本映画の黄金時代を築いた映画監督たちのミューズであった女優の原節子が、9月5日、肺炎のため神奈川県の病院にて死去していたことが分かった。95歳だった。 原は1920年に横浜で生.. 続きを読む

元SMAP・森且行、ジャニーズから自由になっても解放されない“縛り”とは

元SMAP・森且行、ジャニーズから自由になっても解放されない“縛り”とは

下世話、醜聞、スキャンダル――。長く女性の“欲望”に応えてきた女性週刊誌を、伝説のスキャンダル雑誌「噂の真相」の元デスク神林広恵が、ぶった斬る!「週刊文春」(文藝春秋)編集長が春画を掲載したことで3カ月の“強制休養”を言い渡さ.. 続きを読む

【東京国際映画祭】映画監督も羨む”才能”を厳選! 必ず観たい日本映画10本【2015年】

【東京国際映画祭】映画監督も羨む”才能”を厳選! 必ず観たい日本映画10本【2015年】

10月22日にいよいよスタートする「第28回東京国際映画祭」。今回は、特にグローバルな視野を持った日本映画を発信しようという傾向がみられます。その中から、特に注目の作品を新旧問わずピックアップしてみました。■監督の個性が光る“コ.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。