公正取引委員会の最新情報

公正取引委員会 に関するニュース検索結果   88件

武井咲と TAKAHIROの結婚・妊娠で10億円違約金は憲法違反だ! 芸能界にはびこる人権無視の奴隷契約

武井咲と TAKAHIROの結婚・妊娠で10億円違約金は憲法違反だ! 芸能界にはびこる人権無視の奴隷契約

今月1日に明らかになった武井咲とEXILEのTAKAHIROの電撃結婚。武井は現在妊娠3カ月でもあるという。多数のCMやドラマに出演し若手では人気、実力ともトップクラスの23歳の武井と、これまた人気グループEXILEの32歳ボーカルのビッグカップ.. 続きを読む

"コンビニは現代の奴隷制度"大手コンビニ元社員らが衝撃の内部告発! マスコミが報じない惨状と卑劣な手口

"コンビニは現代の奴隷制度"大手コンビニ元社員らが衝撃の内部告発! マスコミが報じない惨状と卑劣な手口

セブン-イレブンをはじめとするコンビニチェーン本部のブラック体質については、本サイトでも何度も追及記事を掲載してきたが、ここにきて、衝撃の内部告発が収録されたドキュメンタリーが発表された。そのドキュメンタリーとは、PARC(.. 続きを読む

意外に曖昧!? 不動産チラシの「駅徒歩〇分」は果たして正確なのか?

意外に曖昧!? 不動産チラシの「駅徒歩〇分」は果たして正確なのか?

スポッティー / PIXTA不動産の広告に関してどこを見るかについては、人それぞれニーズが異なるかと思いますが、誰もが必ずチェックするのは「●●駅徒歩〇分」という駅からの距離ではないかと思います。この「〇分」というのは適当に書いて.. 続きを読む

意外に曖昧!? 不動産チラシの「駅徒歩〇分」は果たして正確なのか?

意外に曖昧!? 不動産チラシの「駅徒歩〇分」は果たして正確なのか?

スポッティー / PIXTA不動産の広告に関してどこを見るかについては、人それぞれニーズが異なるかと思いますが、誰もが必ずチェックするのは「●●駅徒歩〇分」という駅からの距離ではないかと思います。この「〇分」というのは適当に書いて.. 続きを読む

ローラが所属芸能事務所に「内容証明」送付!問題は泥沼化へ

ローラが所属芸能事務所に「内容証明」送付!問題は泥沼化へ

(C)まいじつ“文春砲”が報じたタレントのローラと所属芸能事務所『LIBERA』の契約トラブル。8月20日に、ローラの代理人を務める弁護士が事務所に対し“契約破棄”に向けた事前協議を内容証明郵便にて申し入れた。「ローラは現在所属してい.. 続きを読む

ローラ、完全終了へ、億単位の損害賠償を事務所から請求される可能性! 黒幕はあの“いわくつき人物”との声も

ローラ、完全終了へ、億単位の損害賠償を事務所から請求される可能性! 黒幕はあの“いわくつき人物”との声も

人気モデルでタレントのローラが所属事務所に対し、実質20年間の専属契約で不当に拘束されているとして、契約終了を求める申し入れを行ったと22日発行の「スポーツニッポン」が報じた。ローラは2カ月前に「黒い心を持った人とは絶対に一.. 続きを読む

ローラが所属事務所に契約終了を申し入れ! 奴隷契約トラブルを完全無視するワイドショーは芸能界悪質契約の共犯だ

ローラが所属事務所に契約終了を申し入れ! 奴隷契約トラブルを完全無視するワイドショーは芸能界悪質契約の共犯だ

「週刊文春」(文藝春秋)などの報道で、かねてより契約トラブルが取り沙汰されていたローラと所属事務所・LIBERAとの問題だが、本日22日、この騒動に進展が見られた。ローラ側から所属事務所に対し、不当な専属契約で拘束されているとし.. 続きを読む

稲垣吾郎が「役者継続宣言」ジャニーズ退所組に追い風

稲垣吾郎が「役者継続宣言」ジャニーズ退所組に追い風

画/彩賀ゆう (C)まいじつ稲垣吾郎が“役者を中心に”活動していくという決意のアナウンスを行い、関係者の注目を集めている。稲垣は8月18日放送の『めざましテレビ』(フジテレビ系)にVTRで出演し、同局の軽部真一アナウンサーのイン.. 続きを読む

芸能界の”奴隷契約”と置屋事業対策に進む公正取引委員会|やまもといちろうコラム

芸能界の”奴隷契約”と置屋事業対策に進む公正取引委員会|やまもといちろうコラム

山本一郎(やまもといちろう)です。よく製作委員会でコンテンツ投資をやるにあたって、日米と欧州、中国その他の契約の違いに直面することがあるわけなんですが、先日、典型的な事例が日本で勃発し、『週刊文春』(文藝春秋)が正面から.. 続きを読む

業界内「圧倒的5位」デイリーヤマザキの不思議…赤字でも続ける「強気の理由」

業界内「圧倒的5位」デイリーヤマザキの不思議…赤字でも続ける「強気の理由」

巨大企業の暗部を描き続けた作家、清水一行に『秘密な事情』(集英社文庫)という問題作があった。国内最大手の電気機器メーカーの広報マンが、自社のブランドイメージを堅持するために日々奔走する姿が、実話に基づいたエピソードを交え.. 続きを読む

ローラ、能年玲奈、西山茉希…芸能界にはびこる奴隷契約に公正取引委員会も動き出している

ローラ、能年玲奈、西山茉希…芸能界にはびこる奴隷契約に公正取引委員会も動き出している

近年芸能人の告発により明らかになってきた芸能事務所の“奴隷契約”。8月9日発売の「週刊文春」(文藝春秋)では、ローラ(27)が所属事務所「LIBERA」と現在交わしている2010年7月1日から2020年6月末日までの10年間の契約を満了しても、.. 続きを読む

ローラが所属事務所と「奴隷契約トラブル」もワイドショーは完全無視! 芸能界の悪質契約に協力するテレビ局

ローラが所属事務所と「奴隷契約トラブル」もワイドショーは完全無視! 芸能界の悪質契約に協力するテレビ局

今週発売の「週刊文春」(文藝春秋)2017年8月17日・24日合併号に、ローラが所属プロダクション社長からまるで奴隷のような扱い受け、うつ病寸前の精神状態にあるという衝撃的な記事が掲載された。彼女が所属プロとトラブルを抱えている.. 続きを読む

ヤマダ電機が『Nintendo Switch』と『SoftBank Air』を抱き合わせ販売!? 「店員の指導が十分でなかった」と謝罪掲載

ヤマダ電機が『Nintendo Switch』と『SoftBank Air』を抱き合わせ販売!? 「店員の指導が十分でなかった」と謝罪掲載

未だに品薄状態が続いている任天堂のゲーム機『Nintendo Switch』。先日もビックカメラ水戸駅店で抽選券の不正が疑われて批判が集まるといった事態となっていることを既にお伝えしました。ビックカメラのSwitch抽選販売で不正の指摘が相.. 続きを読む

ローラ、厳しい事務所の長期契約も、事務所支持の声が多い意外な理由

ローラ、厳しい事務所の長期契約も、事務所支持の声が多い意外な理由

『週刊文春』(文藝春秋)がモデルのローラ(27)について、長年所属事務所と交わしてきた契約書の内容に問題があるのではないかと報じている。2010年にローラは所属事務所と「専属芸術家契約書」を取り交わしているが、関係者によると、.. 続きを読む

中居正広のジャニーズ退所説が加速?公正取引委員会のメスが影響か

中居正広のジャニーズ退所説が加速?公正取引委員会のメスが影響か

元SMAPの香取慎吾(40)がMCを務める『SmaSTATION!!』(テレビ朝日系)が7月31日、9月で放送終了することが判明した。一方、稲垣吾郎(43)出演の『ゴロウ・デラックス』(TBS系)、香取慎吾出演の『おじゃMAP!!』(フジテレビ系)、草な.. 続きを読む

金融庁が露骨介入の銀行再編一大計画、公取委の反対で破綻

金融庁が露骨介入の銀行再編一大計画、公取委の反対で破綻

長崎県の親和銀行を傘下に持つふくおかフィナンシャルグループ(FG)と、同県最大の十八銀行の経営統合は、無期延期となる。県内の融資シェアが70%と高くなりすぎることを理由に統合を認めない公正取引委員会との溝が埋まらなかった。両.. 続きを読む

派閥解消の弊害が……ジャニー&メリーの“絶対王政”復権で進む、制作現場の“ジャニーズ離れ”

派閥解消の弊害が……ジャニー&メリーの“絶対王政”復権で進む、制作現場の“ジャニーズ離れ”

「SMAP騒動以降、オモテ向きには事態は収束しているように説明してますが、実はまだまだ火種が残っていますよ。それは、今まであまり経営にタッチしてこなかったジャニーさんの存在が関係しているようです」(テレビ局関係者)SMAP解散以.. 続きを読む

注目される公正取引委員会の「芸能人契約調査」の行方

注目される公正取引委員会の「芸能人契約調査」の行方

ワンセブン / PIXTA(ピクスタ)先ごろ、公正取引委員会が、芸能タレントと所属芸能事務所のあいだで不当な契約や慣行がないか、ヒアリング調査を実施に乗り出していると一般紙などで報じられた。芸能人と所属事務所間の契約問題は、近ごろ.. 続きを読む

公取委の登場で風雲急! 元SMAP・稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾の「処遇」に変化が!?

公取委の登場で風雲急! 元SMAP・稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾の「処遇」に変化が!?

継続か、それとも打ち切りか――。7月クールの新番組が続々とスタートする中、テレビ各局は10月の改編期に向けて、“あの3人”の処遇に頭を悩ませているという。悩みの種は、ジャニーズ事務所からの退所・独立が発表された元SMAPの稲垣吾郎、.. 続きを読む

ローラの独立・洗脳記事で浮上した、芸能事務所の“嫌がらせ”とマスコミの共犯関係

ローラの独立・洗脳記事で浮上した、芸能事務所の“嫌がらせ”とマスコミの共犯関係

下世話、醜聞、スキャンダル――。長く女性の“欲望”に応えてきた女性週刊誌を、伝説のスキャンダル雑誌「噂の真相」の元デスク神林広恵が、ぶった斬る!『報道ステーション』(テレビ朝日系)と時事通信の世論調査で、安倍政権の支持率が30.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。