児童相談所の最新情報

児童相談所 に関するニュース検索結果   144件

神木隆之介の“愛らしさ”が戻った『刑事ゆがみ』視聴率低迷が「実にもったいない!」

神木隆之介の“愛らしさ”が戻った『刑事ゆがみ』視聴率低迷が「実にもったいない!」

16日に放送されたドラマ『刑事ゆがみ』(フジテレビ系)第6話の視聴率は6.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)でした。第2話で5%台まで落ち込んだものの、各方面からの絶賛の声に後押しされるように、じりじりと数字を伸ばしています。.. 続きを読む

好調キープのTBS『コウノドリ』星野源が完全無欠のキャラクターになってしまう!?

好調キープのTBS『コウノドリ』星野源が完全無欠のキャラクターになってしまう!?

周産期医療センター(出産の前後を通して、産科と新生児科で連携した医療体制のとれる病院)を舞台に、医師や助産師、妊婦やその家族の喜びや悲しみ、生命の誕生の素晴らしさや難しさを描く医療ヒューマンドラマ『コウノドリ』(TBS系).. 続きを読む

『エクソシスト 孤島の悪魔』、2018年1月26日(金)より独占日本初放送!

『エクソシスト 孤島の悪魔』、2018年1月26日(金)より独占日本初放送!

世界を震撼させたアカデミー賞受賞の名作映画『エクソシスト』のTVシリーズ版で、全米で今年9月から放送開始となったばかりの最新シーズンの邦題が『エクソシスト 孤島の悪魔』に決定! 2018年1月26日(金)よりスターチャンネルにて独.. 続きを読む

「民衆の敵」3話。高橋一生が政治の仕組みを解説してくれるが、脱ぎはしなかったよ

「民衆の敵」3話。高橋一生が政治の仕組みを解説してくれるが、脱ぎはしなかったよ

篠原涼子主演の月9ドラマ『民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~』。政治をテーマに選んだチャレンジ精神は買うが、評判はあまり良くない。現在のところ、高橋一生の魅力におんぶに抱っこ状態だ。先週放送された第3話の視聴率はちょ.. 続きを読む

虐待・ネグレクト…幼少期のつらい体験が、現在の子育てをつらくする理由

虐待・ネグレクト…幼少期のつらい体験が、現在の子育てをつらくする理由

なぜかわいいわが子を叩いてしまうのだろう?子どもにひどい攻撃をしてしまうお母さんのすべてが、子どもを嫌っているわけではありません。むしろ、子どもに恵まれたことに感謝し、幸せを願って子育てに取り組んでいる方の方が多いと思い.. 続きを読む

高橋一生の出番が激増! 大コケ・篠原涼子『民衆の敵』でエロシーンが加速中!!

高橋一生の出番が激増! 大コケ・篠原涼子『民衆の敵』でエロシーンが加速中!!

“市政エンタテインメント!”をうたう篠原涼子主演の月9『民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~』(フジテレビ系)の第3話。平均視聴率は前回から0.4ポイントアップの7.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と、相変わらず微妙な数字.. 続きを読む

未受診妊婦になってしまう原因は?リスクや支援制度を医師が解説

未受診妊婦になってしまう原因は?リスクや支援制度を医師が解説

皆さんは、「未受診妊婦」という言葉をご存知でしょうか?俗に「飛び込み出産」などとも呼ばれており、妊娠に気付いていても何らかの事情により産婦人科を受診していない妊婦を指しています。未受診妊婦が増えてしまう背景には深刻な問題.. 続きを読む

誘拐事件の原因はシンママに? 社会問題に鋭く切り込む『民衆の敵』

誘拐事件の原因はシンママに? 社会問題に鋭く切り込む『民衆の敵』

©sirabee.com6日、篠原涼子主演月9ドラマ『民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~』(フジテレビ系)の第3話が放送された。過去2話に比べてもかなり意欲的だった今回を、早速振り返っていこう。■誘拐事件は冤罪だった?ある日、智.. 続きを読む

『ペアレントトレーニング』に学ぶ!子供の褒め方・叱り方

『ペアレントトレーニング』に学ぶ!子供の褒め方・叱り方

『ペアレントトレーニング』という言葉を聞いたことがありますか?これは子供の行動に注目して、行動療法に基づく効果的な関わり方を親が学ぶプログラムです。親も子供と一緒に学び育っていくものなんですよね。そこで今回はこのペアレン.. 続きを読む

広瀬アリス、MEGUMIに「ババァ」謝罪

広瀬アリス、MEGUMIに「ババァ」謝罪

女優の広瀬アリス(22歳)が10月29日、東京国際映画祭にて、主演映画「巫女っちゃけん。」の舞台挨拶を行った。この日、グ スーヨン監督と共に登壇した広瀬は「本日はお足元の悪い中、お越しいただきましてありがとうございます!」と会.. 続きを読む

広瀬アリス、撮影中の「ババア」「ブス」を反省 監督は自由な演技を賞賛も『巫女っちゃけん。』東京国際映画・祭特別上映 

広瀬アリス、撮影中の「ババア」「ブス」を反省 監督は自由な演技を賞賛も『巫女っちゃけん。』東京国際映画・祭特別上映 

10月29日(日)、東京国際映画祭にて映画『巫女っちゃけん。』の特別上映が行われ、舞台挨拶に主演の広瀬アリスと、グ スーヨン監督、主題歌を歌うアレクサンドラ・スタンが登壇した。『巫女っちゃけん。』は、広瀬アリス主演、『ハードロ.. 続きを読む

「ママの言うとおりにして!」はNG!? 無意識な「毒親予備軍の行動」4つ

「ママの言うとおりにして!」はNG!? 無意識な「毒親予備軍の行動」4つ

出典:https://www.shutterstock.com警察庁の調査によると、2017年1月から6月までの上半期に「児童虐待の疑い」があるとして、警察が児童相談所に通告した18歳未満の子どもの数は、30,262人にものぼったそうです。これは統計を取り始めた.. 続きを読む

厚労省が子供への“愛の鞭”に警鐘!子供の脳に与える悪影響とは?

厚労省が子供への“愛の鞭”に警鐘!子供の脳に与える悪影響とは?

今年5月、厚生労働省が子供への“愛の鞭”をやめさせようという『愛の鞭(むち)ゼロ作戦』を発表しました。近年、親の間違った愛の鞭が子供の脳の発達に深刻な悪影響を及ぼすことが、国内外の研究でも明らかになってきています。では、子.. 続きを読む

夫の両親との関係がうまくいかず……不倫・家出の末、1歳の息子の局部を切断した鬼畜母

夫の両親との関係がうまくいかず……不倫・家出の末、1歳の息子の局部を切断した鬼畜母

厚生労働省が発表した最新のデータによると、全国の児童相談所が2016年度に対応した児童虐待の件数は12万2,578件で、過去最多を記録したという。日本同様、お隣の中国でも児童虐待は深刻な社会問題となっているが、最近は凄惨なものが増.. 続きを読む

赤ん坊の妹を連れて野宿 少年のたどり着いた先に、涙

赤ん坊の妹を連れて野宿 少年のたどり着いた先に、涙

※写真はイメージ2014年3月29日、埼玉県川口市で当時17歳の孫が祖父母を刺殺。この痛ましい事件の裏には、悲惨な真実が隠されていました。この『川口高齢夫婦殺人事件』で逮捕された少年は、過酷な生い立ちを持つ『居所不明児童』だったの.. 続きを読む

5歳児に「実母ではない!」24時間テレビの残酷な告白に苦言

5歳児に「実母ではない!」24時間テレビの残酷な告白に苦言

いったいどこが「愛は地球を救う」なのだろうか。そんな批判が「24時間テレビ」(日本テレビ系)のあるコーナーを巡って渦巻いている。8月26~27日に放送された同番組において、横浜市在住の母親が5歳の息子に対して「本当のママはこのマ.. 続きを読む

『24時間テレビ』で「本当のママじゃない」と5歳息子に告白 「全国放送で言うな」と非難殺到

『24時間テレビ』で「本当のママじゃない」と5歳息子に告白 「全国放送で言うな」と非難殺到

(deeepblue/iStock/Thinkstock)26日放送の日本テレビ系の夏の風物詩『24時間テレビ』。今年のテーマは「告白 ~勇気を出して伝えよう~」だ。しかし、とある企画の内容が「テレビで告白すべきじゃない!」と物議をかもしている。■血.. 続きを読む

母親の浪費癖、ラブホテル生活、野宿の果てに……17歳少年による「川口祖父母殺人事件」の悲劇

母親の浪費癖、ラブホテル生活、野宿の果てに……17歳少年による「川口祖父母殺人事件」の悲劇

孫が祖父母を殺害する事件は、決して珍しいものではない。ここ数年だけでも、2015年に山梨県河口湖町で高校3年生の孫が80代の祖父母を、16年には兵庫県赤穂市で19歳の孫が介護をしていた祖父母を殺害。今年7月にも、神戸市北区で26歳の孫.. 続きを読む

裁ちバサミで長男の指を切った父親が逮捕 親としての品格を問う声も

裁ちバサミで長男の指を切った父親が逮捕 親としての品格を問う声も

((C)ぱくたそ)小学6年の長男(12)の小指を裁ちバサミで切ってケガをさせたとして、大阪府警門真署が傷害などの容疑で建築作業員の男性(34)を逮捕していたことが9日に報じられた。■裁ちバサミで長男の指を切る報道によれば、6月23.. 続きを読む

弁護士が語る児童相談所の実際 「保護する勇気」と「親への配慮」の難しさ

弁護士が語る児童相談所の実際 「保護する勇気」と「親への配慮」の難しさ

(yongtick/iStock/Thinkstock)レイ法律事務所、弁護士の高橋知典です。11日、児童相談所(児相)での対応を巡って、母親が火炎瓶のようなものを投げ込み、逮捕される事件がありました。彼女はなぜここまで追い詰められてしまったので.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。