佐野史郎の最新情報

佐野史郎 に関するニュース検索結果   142件

『金スマ』で野際さんの"最期の3年間"辿る…がんを公表しなかった理由とは?

『金スマ』で野際さんの"最期の3年間"辿る…がんを公表しなかった理由とは?

25日放送のTBS系バラエティ番組『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』(毎週金曜20:57~)が、『中居正広のキンスマスペシャル』(19:56~22:00)として、今年6月13日に肺腺がんで他界した女優の野際陽子さんを特集することが23日、明らかに.. 続きを読む

佐野史郎出演、皇室の危機を救うべく華族たちの戦いをドラマ化

佐野史郎出演、皇室の危機を救うべく華族たちの戦いをドラマ化

佐野史郎と松平定知が、8月19日(土)21時からBSプレミアムにて放送される『ドキュメンタリードラマ 華族 最後の戦い』に出演。佐野は侯爵の木戸幸一を、松平はインタビュアー役で登場する。鹿鳴館で華麗にダンスを舞うセレブたち。明.. 続きを読む

井浦新、沖縄基地訪れ「恐怖と怒り」 米軍と闘った外交官を熱演

井浦新、沖縄基地訪れ「恐怖と怒り」 米軍と闘った外交官を熱演

スペシャルドラマ「返還交渉人-いつか、沖縄を取り戻す-」の試写会が3日、東京都内で行われ、出演者の井浦新、戸田菜穂が登壇した。沖縄返還をめぐりアメリカと闘った実在の外交官・千葉一夫をモデルとした物語。戦時中、海軍の通信士.. 続きを読む

EXOカイ、日本ドラマ初主演『春が来た』2018年1月放送定!

EXOカイ、日本ドラマ初主演『春が来た』2018年1月放送定!

アジアで絶大な人気を誇るトップグループのメンバーであるカイ(EXO)が日本のドラマで初主演を務める『連続ドラマW 春が来た』が、2018年1月に放送されることが決定し、単独キービジュアルも解禁となった。【関連】「EXO」フォトギャラ.. 続きを読む

さまぁ~ずが「マッチョカフェ」で肉の壁、筋細胞ぷっちんプリンなどを堪能

さまぁ~ずが「マッチョカフェ」で肉の壁、筋細胞ぷっちんプリンなどを堪能

7月23日放送の『モヤモヤさまぁ~ず2』(テレビ東京系列、毎週日曜18:30~)にて、さまぁ~ず(大竹一樹&三村マサカズ)と福田典子アナウンサーが中野の“モヤモヤスポット”を散策する。まず、実際に履ける「ガラスの靴」があるというガ.. 続きを読む

春ドラマ平均“視聴熱”ランキング、1位は?

春ドラマ平均“視聴熱”ランキング、1位は?

KADOKAWAは7月22日、ウェブサイト「ザテレビジョン」にて、春ドラマ平均“視聴熱”ランキングのトップ10を発表した。“視聴熱”は、SNSや独自調査を集計し、「盛り上がり度=“熱”」をポイント(pt)として算出。いま熱い番組・人物・コトバか.. 続きを読む

カイ(EXO)日本初主演ドラマ、2018年1月より放送決定!

カイ(EXO)日本初主演ドラマ、2018年1月より放送決定!

アジアトップグループ「EXO」のメンバー・カイの日本初主演ドラマ「連続ドラマW 春が来た」が、2018年1月にWOWOWで放送されることが判明した。今作は、脚本家・向田邦子の傑作短編「春が来た」が原作。“家族の再生”という普遍的なテーマ.. 続きを読む

「貴族探偵」が堂々の1位に!春ドラマ平均視聴熱ランキングを発表!

「貴族探偵」が堂々の1位に!春ドラマ平均視聴熱ランキングを発表!

'17年4~6月放送の春ドラマが全て最終回を迎え、WEBサイト「ザテレビジョン」では、SNSや独自調査をポイント化し、今熱い番組・人物・コトバからテレビの流行に迫る新指標「視聴熱」を集計。春ドラマの平均視聴熱ランキングトップ10.. 続きを読む

あのイメージが強すぎ! ほかの役を演じることに違和感がある俳優4人

あのイメージが強すぎ! ほかの役を演じることに違和感がある俳優4人

(gpetric/iStock/Thinkstock)7月は新ドラマのスタート期。各テレビ局が様々なストーリーを世に送り出し、「大ヒット」を狙う。俳優にとっても、ヒット作に出演することは一種のステイタスだ。しかし、社会現象化するほどヒットすると.. 続きを読む

青柳翔(劇団EXILE)らを迎えたスペシャルイベントも実施 映画『たたら侍』オフィシャルツアーの発売が決定

青柳翔(劇団EXILE)らを迎えたスペシャルイベントも実施 映画『たたら侍』オフィシャルツアーの発売が決定

青柳翔(劇団EXILE)が主演する映画『たたら侍』のロケ地を巡るオフィシャルツアーの発売が決定した。『たたら侍』は、戦国時代の島根・奥出雲の村を舞台に、生まれた時から伝説の鉄“玉鋼”をつくることを宿命づけられた男・伍介(青柳翔.. 続きを読む

アラサー女子4千人が選んだ、懐かしの恋愛ドラマランキングBEST60!第1位は?

アラサー女子4千人が選んだ、懐かしの恋愛ドラマランキングBEST60!第1位は?

最近は恋愛ドラマはあまり流行らないからか、刑事ドラマや職業モノに押され、めっきり少なくなってきました。昔は恋愛ドラマを毎日欠かさず観ていた人や大好きな恋愛ドラマに自分の恋愛を重ね合わせたという人も多いのではないでしょうか.. 続きを読む

アラサー4千人が選んだ恋愛ドラマランキングBEST60!懐かしの名作、第1位に選ばれたのは?(1990~2005年)

アラサー4千人が選んだ恋愛ドラマランキングBEST60!懐かしの名作、第1位に選ばれたのは?(1990~2005年)

ドラマというのは、その時代を映したものが多く、思い出すととても懐かしい感じがしますよね。あなたの一番好きだった恋愛ドラマはどんなドラマでしたか? 30代の読者を対象にアンケートを取ってみました。まさしくおすすめの恋愛ドラマ.. 続きを読む

男の魂を燃やせるのは、女性が●●するから!?【女性が知っておくべき“男心”3つ】

男の魂を燃やせるのは、女性が●●するから!?【女性が知っておくべき“男心”3つ】

記事提供:夜オンナ   男と女は別の生き物です。 もちろん、「話せばわかる」という言葉があるように、付き合いだした当初は「えっ?」と思うような生活習慣や価値観の違いも、ちゃんと彼と話し合えば理解できることもあるでしょう。 (.. 続きを読む

広田レオナ監督作品に元夫・吹越満が出演 松本人志「2人の関係が不思議…」

広田レオナ監督作品に元夫・吹越満が出演 松本人志「2人の関係が不思議…」

広田レオナが監督を務める映画『お江戸のキャンディー2』が6月24日シネマート新宿にて先行上映、7月1日より公開となる。22日放送のバラエティ番組『ダウンタウンDX』(読売テレビ・日本テレビ系)に出演した広田レオナは「1がすごく人気.. 続きを読む

向井理が企画『いつまた、君と~何日君再来~』は大人が泣ける映画

向井理が企画『いつまた、君と~何日君再来~』は大人が泣ける映画

(画像はオフィシャルサイトのスクリーンショット)6月24日、俳優・向井理が企画した『いつまた、君と~何日君再来(ホーリージュンザイライ)~』が公開された。原作は向井の祖母である芦村朋子さんが半生を綴った手記『何日君再来』で.. 続きを読む

野際陽子逝去に際しての長嶋一茂のコメントに「女優業差別」との指摘!

野際陽子逝去に際しての長嶋一茂のコメントに「女優業差別」との指摘!

6月16日、女優の野際陽子逝去の報を受けて、ワイドショーは軒並み追悼企画を放送。遺作となった帯ドラマ「やすらぎの郷」を放送中のテレビ朝日では「モーニングショー」で取り上げて故人を悼んだが、コメンテーターの長嶋一茂が放ったひ.. 続きを読む

「ミニスカートを日本人で初めて履いた」故・野際陽子さんに残る数々の逸話

「ミニスカートを日本人で初めて履いた」故・野際陽子さんに残る数々の逸話

6月13日、肺腺がんで亡くなった女優・野際陽子さん(81)。突然の訃報に、芸能界からその死を惜しむ声が寄せられた。現在放送中のドラマ「やすらぎの郷」で共演中の石坂浩二は、「撮影の途中で体調を崩され、撮影を早く撮り終え、1日も早.. 続きを読む

“意地悪な女性”役なら天下一品だった故・野際陽子さん、実際には「優しい気遣いの人」だった素顔

“意地悪な女性”役なら天下一品だった故・野際陽子さん、実際には「優しい気遣いの人」だった素顔

“品が良いけど意地悪な女性”という役には右に出る者がいないと言われた女優、野際陽子さんが6月13日、肺腺がんのため都内の病院で亡くなっていたことが伝えられた。「意地悪なのは役柄だけで、実際には“品が良くて楽しい人”でしたよ」と.. 続きを読む

野際陽子さん逝去で「嫁イビリの姑役」の争奪戦が始まる!?

野際陽子さん逝去で「嫁イビリの姑役」の争奪戦が始まる!?

6月13日に肺腺がんで亡くなった女優の野際陽子さん。立教大学卒業後、58年にNHKにアナウンサーとして入局し62年に退社。フランス留学から帰国後の68年、TBSの名物プロデューサーの故・大山勝美氏から「芝居をやってみませんか」と声をか.. 続きを読む

千葉真一との結婚生活は苦労の連続…野際陽子さんが皆に愛された理由

千葉真一との結婚生活は苦労の連続…野際陽子さんが皆に愛された理由

数多くのテレビドラマや映画で活躍した女優の野際陽子さんが13日午前、肺腺がんのため入院中の病院で死去した。81歳だった。この訃報に俳優の佐野史郎、仲間由紀恵、石坂浩二らの役者仲間が追悼の言葉を寄せた。知的で、おおらかで、包み.. 続きを読む

前のページ
次のページ

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。