三菱自動車工業の最新情報

三菱自動車工業 に関するニュース検索結果   66件

ガソリン車、世界的に禁止へ…日本の自動車メーカー、大規模な人員削減と下請け淘汰必至

ガソリン車、世界的に禁止へ…日本の自動車メーカー、大規模な人員削減と下請け淘汰必至

●ヨーロッパで燃え上がるEV熱ヨーロッパで電気自動車(EV)が熱い。多くのメーカーがEVの開発、生産に意欲をみせている。北欧ではボルボ・カーが、ドイツではフォルクスワーゲン(VW)を筆頭に、BMW、メルセデス・ベンツ、アウディ、ポル.. 続きを読む

「天空の城」の出現確率も分かる!―ウェザーニューズが「雲海出現NAVI」公開

「天空の城」の出現確率も分かる!―ウェザーニューズが「雲海出現NAVI」公開

雲が海のように広がる幻想的なながめ「雲海」。全国20か所でその出現を予測するシステム「雲海出現NAVI」をウェザーニューズと三菱自動車工業が公開した。ドライブ旅行などをうながすために三菱自工が運営している特設サイト「週末探検家.. 続きを読む

消費税収19兆のうち6兆が大企業に還付…消費税と法人税を「払わない」大企業、優遇の実態

消費税収19兆のうち6兆が大企業に還付…消費税と法人税を「払わない」大企業、優遇の実態

●大企業とマスメディアはなぜ「消費税率アップ」に反対しない?2014年4月に消費税率は5%から8%に引き上げられました。15年10月にはさらに10%へ引き上げ予定でしたが、17年4月へと延期し、さらに昨年には19年10月まで2年半延期すると安.. 続きを読む

三菱自、益子CEO退任要求噴出でゴーン氏が株主の質問を強制遮断…苛立ち露わ

三菱自、益子CEO退任要求噴出でゴーン氏が株主の質問を強制遮断…苛立ち露わ

「株主全員が(取締役案に)賛同していないのは理解しているが、議決権の結果、過半数の賛同があれば、それは(取締役が)信頼された証」(カルロス・ゴーン氏)三菱自動車工業が6月23日に都内で開催した「第48回定時株主総会」で、出席.. 続きを読む

スズキ 2016年度の特定再資源化物品に関する再資源化等実績を公表

スズキ 2016年度の特定再資源化物品に関する再資源化等実績を公表

スズキは2017年6月20日、自動車リサイクル法に基づき、2016年度の特定再資源化物品である、ASR(自動車シュレッダーダスト)、エアバッグ類、フロン類に関する再資源化等実績を公表した。特定再資源化物品は、ユーザーから委託を受けたリ.. 続きを読む

日産、経営支配狙う仏政府との対立先鋭化…ゴーンの超高額報酬が標的に

日産、経営支配狙う仏政府との対立先鋭化…ゴーンの超高額報酬が標的に

フランス大領領に投資銀行出身で39歳のエマニュエル・マクロン氏が就任したことに、ルノー・日産自動車グループが緊張感を高めている。マクロン大統領はルノー・日産のトップであるカルロス・ゴーン氏と少なからず因縁があるためだ。まず.. 続きを読む

【あのモデルは今】三菱 コルト(初代)ラリーアートバージョンR 編(中古車試乗レポート)

【あのモデルは今】三菱 コルト(初代)ラリーアートバージョンR 編(中古車試乗レポート)

▲ベースとなる初代コルトに1.5Lターボを搭載した「ラリーアートバージョンR」(2006年に登場)。レカロシートはオプションもしくは、それを標準装備するレカロエディションというグレードで装着されている。また2007年11月にはMT車の馬力.. 続きを読む

日本EVクラブがセミナーを開催。最新EV・PHEVにドライビングレッスン付きで試乗も可能

日本EVクラブがセミナーを開催。最新EV・PHEVにドライビングレッスン付きで試乗も可能

一般社団法人日本EVクラブは2017年5月13日(土)に最新EV・PHEV試乗&セミナーを開催する。セミナーでは日本EVクラブ代表の舘内端氏による地球温暖化とCO2の関係や石油の枯渇問題とEV、プラグインハイブリッド車についての開設や、自動車.. 続きを読む

日産、早くも三菱自の役員ポストを占領し「子会社扱い」…不満充満で深刻な亀裂の芽

日産、早くも三菱自の役員ポストを占領し「子会社扱い」…不満充満で深刻な亀裂の芽

日産自動車が、資本提携した三菱自動車工業の完全支配に乗り出している。ルノー・日産連合トップであるカルロス・ゴーン氏をはじめ、日産から5人が三菱自の取締役に就任したのに続いて、4月にも新たに日産の人材を三菱自の執行役員クラス.. 続きを読む

ゴーン日産社長、年総額18億円の報酬に批判強まる…さらに三菱自からも巨額報酬か

ゴーン日産社長、年総額18億円の報酬に批判強まる…さらに三菱自からも巨額報酬か

2017年春闘は、自動車大手各社にとって悲喜こもごもの結果となった。「組合員の活力とグループの一体感、経済の好循環などを考え合わせた結果」(トヨタ自動車・上田達郎常務役員)自動車や電機などの大手企業が3月15日、労働組合へ一斉.. 続きを読む

日産ゴーン社長、V字回復美談に隠れた黒歴史…深刻な幹部流出、徹底した「責任逃れ」

日産ゴーン社長、V字回復美談に隠れた黒歴史…深刻な幹部流出、徹底した「責任逃れ」

日産自動車で17年間の長期にわたってトップを務めてきたカルロス・ゴーン氏が2月23日、日産の社長兼最高経営責任者(CEO)を4月1日付で退任すると発表した。周囲から「高額な報酬を得て、死ぬまでルノー・日産のトップに居座り続ける」と.. 続きを読む

ゴーン社長退任で、日産・ルノー完全合併が現実味…強大なゴーン支配体制確立

ゴーン社長退任で、日産・ルノー完全合併が現実味…強大なゴーン支配体制確立

日産自動車は、カルロス・ゴーン氏(62)が社長と最高経営責任者(CEO)を退任して会長に専任し、現共同CEOの西川広人氏(63)が4月1日付けで社長兼CEOに就く人事を23日、発表した。ゴーン氏は今後、日産とルノー、三菱自動車工業の3社の.. 続きを読む

日産ゴーン社長の電撃退任、3つの密かな理由…「傀儡政権」確立で実質的社長に君臨

日産ゴーン社長の電撃退任、3つの密かな理由…「傀儡政権」確立で実質的社長に君臨

日産自動車のカルロス・ゴーン社長兼CEO(最高経営責任者)が退任して、4月1日付で代表取締役会長に就く。後任の社長には、昨年から共同CEOとして権限の委譲を受けていた西川廣人氏が就任する。日産の社長交代は17年ぶりだ。ゴーン氏が交.. 続きを読む

三菱自、ゴーン流改革でいきなり黒字達成が波紋…コストカットの嵐に下請けは戦々恐々

三菱自、ゴーン流改革でいきなり黒字達成が波紋…コストカットの嵐に下請けは戦々恐々

「タコツボ的な組織を排除し、全社で見直しを進めており、急速に会社が変わってきている」(三菱自動車工業・池谷光司副社長)燃費不正事件を機に日産自動車の傘下に入った三菱自が業績を急速に立て直していることに、業界内で驚きの声が.. 続きを読む

大塚家具、売上4割減の惨状…なりふり構わぬ「叩き売り」で必死の売上追い込み

大塚家具、売上4割減の惨状…なりふり構わぬ「叩き売り」で必死の売上追い込み

2016年、業績を大きく落とした、成長機会を逃した、企業価値を大きく毀損した、危機的状況に際して拱手傍観してしまい窮地に陥る状況としてしまった、経営者としての倫理にもとった、社会に大きな損害あるいはリスクや不安を与え強く指弾.. 続きを読む

電通の企業文化を体現する石井社長、社員過労死連発への責任感ゼロ…頑なに社内組織優先

電通の企業文化を体現する石井社長、社員過労死連発への責任感ゼロ…頑なに社内組織優先

今年、業績を大きく落とした、成長機会を逃した、企業価値を大きく毀損した、危機的状況に際して拱手傍観してしまい窮地に陥る状況としてしまった、経営者としての倫理にもとった、社会に大きな損害あるいはリスクや不安を与え強く指弾さ.. 続きを読む

エアビーやウーバーの台頭にまったく追いつけない日本…コストゼロで異常に高い生産性

エアビーやウーバーの台頭にまったく追いつけない日本…コストゼロで異常に高い生産性

AI(人工知能)やIoT(モノのインターネット化)が、世界の産業構造を大きく変えようとしている。コールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)・ジャパン会長の斉藤惇氏は、現在の日本社会の在り方は、AIやIoT時代に対応できていないと警鐘.. 続きを読む

経営危機だった日立と東芝、明暗の分かれ道…日立は再建で過去最高益、東芝は存亡の危機

経営危機だった日立と東芝、明暗の分かれ道…日立は再建で過去最高益、東芝は存亡の危機

日本企業のコーポレートガバナンスが問われている。グローバル競争が熾烈化するなかで、海外資本を呼び込むためには、経営の透明性の確保と同時に、稼ぐ力をつけ、競争に打ち勝つ“攻め”のガバナンス強化が求められている。安倍内閣は、20.. 続きを読む

タクシー、なぜ乗り心地悪いプリウスが多い?全然エコじゃない?トヨタが業界独占の裏事情

タクシー、なぜ乗り心地悪いプリウスが多い?全然エコじゃない?トヨタが業界独占の裏事情

トヨタ自動車の新型プリウスPHV(プラグインハイブリッド車)は、家庭用100Vコンセント、200Vの専用コンセント、急速充電器など、さまざまな方法で充電が可能だ。この便利さが充電に関するさまざまな誤解を生む根源だが、「PHV急速充電反.. 続きを読む

トヨタ、「低燃費のガソリン車」HV依存の環境車戦略が失敗…遅きに失したEV参入

トヨタ、「低燃費のガソリン車」HV依存の環境車戦略が失敗…遅きに失したEV参入

強みを持つハイブリッドカー(HV)に注力していたトヨタ自動車が、環境対応車として電気自動車(EV)の開発・生産に乗り出す。各国の政府が環境対応車普及における支援対象としてEVを重視しているのに加え、グローバルな自動車メーカー各.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。