三菱自動車の最新情報

三菱自動車 に関するニュース検索結果   385件

企業の相次ぐ不祥事 本当に大丈夫なのか『ものづくり日本』

企業の相次ぐ不祥事 本当に大丈夫なのか『ものづくり日本』

■日本のものづくり力は衰えてきたのか「日本のものづくり力は世界一」。最近このキャッチフレーズを揺るがすようなニュースがマスコミを賑わしています。特に、2000年代に入ってから多くの報道が目につきます。例えば、2000年三菱自動車.. 続きを読む

次期三菱 デリカD:5は期待にたがわぬ性能が与えられる

次期三菱 デリカD:5は期待にたがわぬ性能が与えられる

▲ヘッドランプがバンパー内に配置される、改良版ダイナミックシールドをまとい2018年度に登場する次期デリカ。車高の高さによる力強さも継承されるだろう 長いモデルライフの末、待望の世代交代を実施2017年度内に久々の新型車、エクリプ.. 続きを読む

日産・デイズがランクダウンながら顔ぶれは変わらない2017年10月の軽自動車セールスランキング

日産・デイズがランクダウンながら顔ぶれは変わらない2017年10月の軽自動車セールスランキング

全軽自協(一般社団法人 全国軽自動車協会連合会)より、2017年10月の軽四輪車 通称名別新車販売速報が発表されました。9月には、フルモデルチェンジによる商品力アップにより圧倒的なトップの座に立ったN-BOXですが、その地位は盤石なの.. 続きを読む

クラリオンの可憐美女、根拠はないけど運転うまそう【東京モーターショー美女めぐり】

クラリオンの可憐美女、根拠はないけど運転うまそう【東京モーターショー美女めぐり】

会期もそろそろ終盤となり、盛り上がりを見せる東京モーターショー2017。ひときわ可憐な美女と出会ったのは、クラリオンブース!■体験展示がおすすめです!こちらの美女は「高梨ゆき」さん。どこか儚げな美貌は、可憐そのもの!彼女が感.. 続きを読む

「電気」で進化するクルマの未来とは?

「電気」で進化するクルマの未来とは?

さまざまな趣味と娯楽の奥深い世界をご紹介するTOKYO FMの番組「ピートのふしぎなガレージ」。10月28日(土)放送のテーマは「電気」。照明、通信、動力、発熱および冷却などなど、ありとあらゆる場面で私たちの生活を支えている「電気」.. 続きを読む

君こそダイヤモンド!三菱自動車の社員さんが美女すぎた【東京モーターショー美女めぐり】

君こそダイヤモンド!三菱自動車の社員さんが美女すぎた【東京モーターショー美女めぐり】

東京モーターショー2017の会場には美女がいっぱい!今回はなんととってもキューティーな「中の人」です。■スーツ姿もキラキラ!広報女子こちらは三菱自動車の広報部にお勤めの「阿部未那美」さん。モデル顔負けのスタイルと可愛い笑顔が.. 続きを読む

今マツダに何が起きているのか? 壁を乗り越える挑戦が始まった

今マツダに何が起きているのか? 壁を乗り越える挑戦が始まった

■マツダ次世代技術徹底考察2017 vol.2/5vol.1では、マツダの次世代技術の背景となるコーポレートビジョンを説明した。こうした背景とロードマップに従って、開発されたのが新しい内燃機関(Internal Combustion Engine)スカイアクティブ.. 続きを読む

【東京モーターショー2017】三菱の新型SUV「エクリプスクロス」のライバルはトヨタC-HR!?

【東京モーターショー2017】三菱の新型SUV「エクリプスクロス」のライバルはトヨタC-HR!?

三菱自動車の新型SUV「エクリプスクロス」は、クーペとSUVをクロスさせた「クーペSUV」を名乗ります。内・外装デザインが見どころですが、東京モーターショーで運転席と後席に座ってみると、頭上、足元ともに身長171cmの筆者なら十分なス.. 続きを読む

【東京モーターショー2017】三菱が人気の「アクティブギア」をeKカスタム、eKスペースカスタムに設定して初公開

【東京モーターショー2017】三菱が人気の「アクティブギア」をeKカスタム、eKスペースカスタムに設定して初公開

東京モーターショーでは、プレスデーと一般公開日の展示内容やブースの演出が変わる場合があります。今回の三菱自動車は、プレスデー初日に用意されていなかった5台の「ACTIVE GEAR(アクティブギア)」が一般公開日から展示されています.. 続きを読む

【東京モーターショー2017 コンセプトカー・デザイン速攻インタビュー】三菱e-EVOLUTION CONCEPTはライトウエイトスポーツ

【東京モーターショー2017 コンセプトカー・デザイン速攻インタビュー】三菱e-EVOLUTION CONCEPTはライトウエイトスポーツ

東京モーターショーに出展されるコンセプトカーから、各社注目車をピックアップ。担当デザイナー氏に速攻インタビューを試みました。第3回は三菱e-EVOLUTION CONCEPTです。── はじめに、バギー風デザインにはどんなテーマがあったのでし.. 続きを読む

三菱財閥、謎のベールに包まれた「最強組織」の秘密と内実

三菱財閥、謎のベールに包まれた「最強組織」の秘密と内実

1893年(明治26年)に設立された三菱合資会社にそのルーツを持ち、実に120年以上の歴史を誇る三菱財閥。金融、電機、自動車、化学など幅広い業界にわたる企業群を有し、日本に存在する財閥のなかでも、日本経済における存在感や強い結束.. 続きを読む

死を賭してブームを巻き起こした「エリマキトカゲ」

死を賭してブームを巻き起こした「エリマキトカゲ」

先日、今年の6月12日に上野動物園で生まれたジャイアントパンダのメスの赤ちゃんの名前が『シャンシャン』(香香)に決まり、久々に明るい話題となりました。1972年に初めて日本で公開されてから、多少の浮き沈みはあったものの、パンダ.. 続きを読む

【東京モーターショー2017】スマートスピーカー『Google Home』『Amazon Echo』が車と連動する三菱自動車の『MITSUBISHI  CONNECT』

【東京モーターショー2017】スマートスピーカー『Google Home』『Amazon Echo』が車と連動する三菱自動車の『MITSUBISHI CONNECT』

10月25日から11月5日にかけて東京ビッグサイトで開催中の『東京モーターショー2017』。三菱自動車は、自宅に置いたスマートスピーカーと車庫に置いた車が連動するシステム『MITSUBISHI CONNECT』を体験できるブースを出展しています。三.. 続きを読む

各社とも趣向を凝らしていてアツい!  東京モーターショーの美女コンパニオンたち

各社とも趣向を凝らしていてアツい!  東京モーターショーの美女コンパニオンたち

東京ビッグサイトで10月28日から11月5日まで開催される日本最大の自動車の祭典、第45回 東京モーターショー。コンセプトカーから新型車までズラリ並んだ会場から、しらべぇ取材班が厳選した、ブースに彩りを添える美しいコンパニオンたち.. 続きを読む

プロ野球のドラフト会議2017、清宮は日ハムに交渉権

プロ野球のドラフト会議2017、清宮は日ハムに交渉権

プロ野球のドラフト会議が10月26日、都内のホテルで行われた。各球団の指名選手は次の通り。史上最多の高校通算111本塁打を放った注目の高校No.1野手、清宮幸太郎内野手(早稲田実業)は7球団(ロッテ、日本ハム、楽天、ソフトバンク、ヤ.. 続きを読む

【東京モーターショー2017】日産が2018−2019シーズンからフォーミュラEに参戦

【東京モーターショー2017】日産が2018−2019シーズンからフォーミュラEに参戦

日産自動車は2017年10月25日、東京モーターショー2017の会場で、2018-2019年に行なわれる第5シーズンより、より、日系自動車メーカーとして初めて「FIAフォーミュラE選手権」に参戦することを発表した。日産 グローバルマーケティング&セ.. 続きを読む

【東京モーターショー2017】リニューアル三菱自動車の第1歩!! 「MITSUBISHI e-EVOLUTION CONCEPT」を世界初公開

【東京モーターショー2017】リニューアル三菱自動車の第1歩!! 「MITSUBISHI e-EVOLUTION CONCEPT」を世界初公開

三菱重工時代を含めて、三菱自動車がクルマを作ってから今年で100周年の節目になるそうです。プレスカンファレンスで益子 修CEOは、ルノー・日産アライアンスのスケールメリットを活かし、EVやAIなどの自動運転技術に積極的に投資し、今.. 続きを読む

【東京モーターショー2017】今後のデザインと戦略を示す「MITSUBISHI e-EVOLUTION CONCEPT」

【東京モーターショー2017】今後のデザインと戦略を示す「MITSUBISHI e-EVOLUTION CONCEPT」

三菱自動車の目玉である「MITSUBISHI e-EVOLUTION CONCEPT」には、三菱自動車の今後のデザインを示すスタディモデルという側面と、三菱自動車の技術が盛り込まれています。デザインは、三菱自動車のヘリテージを見直すとともに、そこに進.. 続きを読む

【東京モーターショー2017】2020年代初頭の市販化を目指すEVコンセプト「NISSAN IMx」を世界初公開

【東京モーターショー2017】2020年代初頭の市販化を目指すEVコンセプト「NISSAN IMx」を世界初公開

東京モーターショー2017で日産から提案された「NISSAN IMx」は、単なるデザインスタディではなく技術面でも近い将来実現可能な技術を示すEVコンセプトカーという位置づけ。具体的には「将来5年後くらい、2020年代のEVはこうありたい」と.. 続きを読む

不正の日産、破綻したゴーン流収益至上主義の内実…疲弊する現場、超高額報酬幹部へ不満爆発

不正の日産、破綻したゴーン流収益至上主義の内実…疲弊する現場、超高額報酬幹部へ不満爆発

品質確認の最後の砦である「完成検査」を無資格の作業員が行っていた問題が発覚した日産自動車で、発覚後も国内4工場で違法行為を続けていたことが明らかになった。日産は事態を重視し、再発防止を徹底するまで国内市場向けモデルの生産.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。