三上博史の最新情報

三上博史 に関するニュース検索結果   80件

本田翼・広瀬すず・平祐奈ら起用していた「JR SKISKI」今年は“30周年”企画

本田翼・広瀬すず・平祐奈ら起用していた「JR SKISKI」今年は“30周年”企画

【JR SKISKI/モデルプレス=12月6日】JR東日本グループは、今シーズンの『JR SKISKI』キャンペーンについて、JR東日本発足30周年と映画「私をスキーに連れてって」(1987年)公開30周年の特別企画として実施することを発表した。これま.. 続きを読む

第29回「連ドラ復活の処方箋」(後編)

第29回「連ドラ復活の処方箋」(後編)

連載『指南役のTVコンシェルジュ』今回は特別編。指南役さんの最新刊『「朝ドラ」一人勝ちの法則』 (光文社新書)発売記念!ドラマのヒットの法則を分析したこの最新刊と連動し、肝となる内容の一部を特別大公開!もちろん書籍そのままで.. 続きを読む

中条あやみ、食リポで謎過ぎる発言「ブンタカタロス」

中条あやみ、食リポで謎過ぎる発言「ブンタカタロス」

10月13日放送の「アナザースカイ」(日本テレビ系)で、MCを務める中条あやみが前回に引き続き食リポに挑戦した。中条は都内のブラジル料理店で“シュラスコ”をオーダー。外国人の店員がくしに刺さったままのジューシーな肉塊を運んできて「.. 続きを読む

「ドラマ好きが高じて女優を目指した」広末涼子のこれまでとこれから

「ドラマ好きが高じて女優を目指した」広末涼子のこれまでとこれから

週刊ザテレビジョン創刊35周年企画として、本誌を彩ってきたテレビスターたちがテレビとの思い出を語るスペシャル連載がスタート。第1弾は、'95年にCMで鮮烈なデビューを果たし、以来、22年で60本以上のドラマ作品に出演した広末涼.. 続きを読む

中村 中が思う舞台『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』とは? 10年ぶりの再演で元祖ヘドウィグと共演

中村 中が思う舞台『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』とは? 10年ぶりの再演で元祖ヘドウィグと共演

10月に東京と大阪で上演される舞台『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』SPECIAL SHOW。主人公のヘドウィグは「元祖ヘドウィグ」のジョン・キャメロン・ミッチェルが演じ、イツァークは中村 中が演じる。本作品は1997年よりオフ・ブ.. 続きを読む

ジャンル&キュレーターによるオススメ本棚が独特! 市営書店『八戸ブックセンター』は玄人好みの選書だった

ジャンル&キュレーターによるオススメ本棚が独特! 市営書店『八戸ブックセンター』は玄人好みの選書だった

2016年12月4日にオープンした青森県八戸市の『八戸ブックセンター』。全国でも希少な市営書店で、税金を投入して運営するということもあり、開設当初は賛否両論が巻き起こりました。とはいえ、本好きとしてはどのような本屋になっている.. 続きを読む

アラサー4千人が選んだ恋愛ドラマランキングBEST60!懐かしの名作、第1位に選ばれたのは?(1990~2005年)

アラサー4千人が選んだ恋愛ドラマランキングBEST60!懐かしの名作、第1位に選ばれたのは?(1990~2005年)

ドラマというのは、その時代を映したものが多く、思い出すととても懐かしい感じがしますよね。あなたの一番好きだった恋愛ドラマはどんなドラマでしたか? 30代の読者を対象にアンケートを取ってみました。まさしくおすすめの恋愛ドラマ.. 続きを読む

『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』オリジナル・ヘドウィグが2017年10月日本初上陸、イツァーク役は中村 中

『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』オリジナル・ヘドウィグが2017年10月日本初上陸、イツァーク役は中村 中

ブロードウェイミュージカル『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』特別公演が、2017年10月に東京・大阪で上演される。今回の目玉は、同作品の作者であり、オリジナル・キャストでもあるジョン・キャメロン・ミッチェルがヘドウィッグ.. 続きを読む

ジョン・キャメロン・ミッチェル来日!『ヘドウィグ』特別公演イツァーク役は中村中

ジョン・キャメロン・ミッチェル来日!『ヘドウィグ』特別公演イツァーク役は中村中

ブロードウェイミュージカル『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』特別公演が、2017年10月に東京と大阪で上演されることが決定した。本作は、1997年よりオフ・ブロードウェイで初上演され、ロングランを記録した人気作。2001年には映.. 続きを読む

【ロックファン必見】伝説のロックミュージカル『ヘドウィグ』の日本公演決定! 主演はなんと生みの親のジョン・キャメロン・ミッチェル

【ロックファン必見】伝説のロックミュージカル『ヘドウィグ』の日本公演決定! 主演はなんと生みの親のジョン・キャメロン・ミッチェル

今からちょうど12年前のことになる。31歳で上京した私(佐藤)には、友達と呼べる人が1人もいなかった。職場と家を往復するだけ。電車に乗るのがイヤで、遠出をする気にもなれず、休みは部屋に引きこもっていた。そんな私が「どうしても.. 続きを読む

SSFF & ASIA 2017授賞式・大林宣彦監督が“黒澤明の遺言”を若き映画人に託す!

SSFF & ASIA 2017授賞式・大林宣彦監督が“黒澤明の遺言”を若き映画人に託す!

米アカデミー賞公認の国際短編映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア(SSFF & ASIA) 2017」のアワードセレモニーが11日、都内にて行われ、ミャンマーのミミルイン監督作『シュガー&スパイス』がグランプリに輝いた.. 続きを読む

ショートフィルムの映画祭、グランプリが決定!

ショートフィルムの映画祭、グランプリが決定!

6月1日から開催中の、国際短編映画祭「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア」(SSFF & ASIA)のアワードセレモニーが11日(日)に東京・明治神宮会館で行われた。SSFF & ASIAは、米アカデミー賞公認となるアジア最大級の短編映.. 続きを読む

亀と山Pの発言にドッキドキ! 大人の余裕&色気にトキメキが止まらない

亀と山Pの発言にドッキドキ! 大人の余裕&色気にトキメキが止まらない

亀梨和也と山下智久…このふたりのタッグと聞いて、“あの頃”を思い出して胸がキュンとするママ世代は多いはず。 “あの頃”とは、もちろん“修二と彰”が結成された2005年のこと。ふたりが歌ったドラマ『野ブタ。をプロデュース』の主題歌『青.. 続きを読む

巨大新聞社が外資へ“身売り”……ドラマ『社長室の冬』三上博史インタビュー「情報の送り手側だけでなく受け手側のモラルが問われる」

巨大新聞社が外資へ“身売り”……ドラマ『社長室の冬』三上博史インタビュー「情報の送り手側だけでなく受け手側のモラルが問われる」

経営不振に陥る日本の大手新聞社、身売り交渉相手に選んだのは外資ECサイトだった……。この明日にでも実際のニュースとして私たちの目に飛び込んできそうなお話を描いたのが、『連続ドラマW 社長室の冬-巨大新聞社を獲る男-』。ドラマは騙.. 続きを読む

春ドラマ ホントの評判をドラマ解説者&視聴者の声で分析!「ボク、運命の人です。」編

春ドラマ ホントの評判をドラマ解説者&視聴者の声で分析!「ボク、運命の人です。」編

ついにスタートした春ドラマ! 異色の推理ドラマ、正統派ラブコメディー、本格派アクションなど、話題作の盛り上がりどころをドラマ解説者・木村隆志、ドラマ評論家・田幸和歌子、視聴者の声(TwitterなどのSNSや編集部独自調査から集計.. 続きを読む

【インタビュー】「連続ドラマW 社長室の冬-巨大新聞社を獲る男-」三上博史「こんな面白いことができるなら社長をやってみたい。権力を思い通りに使ってみたりして(笑)」

【インタビュー】「連続ドラマW 社長室の冬-巨大新聞社を獲る男-」三上博史「こんな面白いことができるなら社長をやってみたい。権力を思い通りに使ってみたりして(笑)」

4月30日からスタートするWOWOW「連続ドラマW 社長室の冬-巨大新聞社を獲る男-」でカリスマ社長・青井を演じる三上博史。ドラマは、日本を代表する大手新聞社が、発行部数の激減、広告収入の低迷から身売りを画策する。そして巨大ネッ.. 続きを読む

三上博史、北乃きいのハニートラップにメロメロ 外資系企業の日本法人社長を演じる

三上博史、北乃きいのハニートラップにメロメロ 外資系企業の日本法人社長を演じる

WOWOW「連続ドラマW 社長室の冬-巨大新聞社を獲る男-」の試写会と会見が28日、東京都内で行われ、出演者の三上博史、北乃きい、福澤朗が登壇した。本作は、大手新聞社が経営難に陥り、外資系企業へ“身売り”を画策するという社会派ドラ.. 続きを読む

“ハニートラップ”仕掛ける北乃きいに、三上博史「メロメロですよ…」

“ハニートラップ”仕掛ける北乃きいに、三上博史「メロメロですよ…」

4月30日(日)よりWOWOWプライムにてスタートする、三上博史主演「連続ドラマW 社長室の冬-巨大新聞社を獲る男-」(毎週日曜夜10.00-11.00)の完成披露試写会が行われ、三上博史、北乃きいが登壇した。本作は日本を代表する巨大新聞社が、発.. 続きを読む

三上博史が悩みを告白!?「僕は放っておくと、悪魔になる」

三上博史が悩みを告白!?「僕は放っておくと、悪魔になる」

4月30日(日)より、三上博史主演の「連続ドラマW 社長室の冬-巨大新聞社を獲る男-」(毎週日曜夜10:00-11:00、WOWOWプライム)がスタートする。本作は日本を代表する巨大新聞社が、発行部数の低迷から“身売り”を画策する社会派ドラマ。三上.. 続きを読む

亀梨和也をストーカー扱いする“クールなサバサバ女子”設定の木村文乃は、つまり常識的な女性ヒロイン/『ボク、運命の人です。』第一話レビュー

亀梨和也をストーカー扱いする“クールなサバサバ女子”設定の木村文乃は、つまり常識的な女性ヒロイン/『ボク、運命の人です。』第一話レビュー

4月15日土曜日にスタートした『ボク、運命の人です。』(日本テレビ系、土曜夜10時)。昔から(1)ジャニーズが主演を務めることが多い(2)メインターゲットは10代、の路線で引っ張っていた日テレの「土9」枠が、今クールからは「土10」.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。