ローカル路線バス乗り継ぎの旅の最新情報

ローカル路線バス乗り継ぎの旅 に関するニュース検索結果   137件

         リベンジなるか! 12/16放送「ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z 第4弾」事前アンケ―ト調査の結果は?

リベンジなるか! 12/16放送「ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z 第4弾」事前アンケ―ト調査の結果は?

バスとりっぷでも毎回注目している、テレビ東京の人気番組「ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z」。12月16日(土)放送の第4弾を前に、「今回は成功すると思う?失敗すると思う?」とTwitterでアンケート調査を実施しました。今回、田中要次.. 続きを読む

         1位は『「ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z」第4弾が12/16放送』! バスとりっぷ今週の記事ランキングTOP10 12/1~12/7

1位は『「ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z」第4弾が12/16放送』! バスとりっぷ今週の記事ランキングTOP10 12/1~12/7

高速バス・夜行バスに関する記事の週間ランキングTOP10を紹介します!※2017年12月1日~12月7日公開記事が対象。順位は2017年12月8日現在。1位 今回のルートはどこ? 「ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z」第4弾が12/16(土)放送! 今回のマ.. 続きを読む

評価の分かれる蛭子能収の性格 「いい人説」に世間の意見は…

評価の分かれる蛭子能収の性格 「いい人説」に世間の意見は…

(画像は蛭子能収公式ブログのスクリーンショット)25日に放送された『いい旅・夢気分』(テレビ東京系)で10ヶ月ぶりにタッグを組んだ、蛭子能収と太川陽介。ご存知の通り2人は長年『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』で珍道中を繰り広げ.. 続きを読む

         今回のルートはどこ? 「ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z」第4弾が12/16(土)放送! 今回のマドンナは女優「M.M」

今回のルートはどこ? 「ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z」第4弾が12/16(土)放送! 今回のマドンナは女優「M.M」

テレビ東京の人気番組「ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z」が、12月16日(土)に放送されます。今回、田中要次&羽田圭介コンビが一緒に旅をするマドンナは女優・タレントの「村井美樹」! そして挑むルートは「岐阜県・岐阜城~鳥取県・鳥.. 続きを読む

視聴率もぜんぶ抜かれる…テレ東「池の水ぜんぶ抜く」にライバル局が戦々恐々

視聴率もぜんぶ抜かれる…テレ東「池の水ぜんぶ抜く」にライバル局が戦々恐々

テレビ東京のバラエティ番組「池の水ぜんぶ抜く」の勢いが止まらない。11月26日に放送されたシリーズ第5弾「緊急SOS!史上最大の池に異常発生!怪物1万匹!?池の水ぜんぶ抜く大作戦5」は、平均視聴率12.8%を記録。これは、同時刻放送の.. 続きを読む

太川陽介&蛭子能収、『バス旅』コンビがバス移動で紅葉満喫

太川陽介&蛭子能収、『バス旅』コンビがバス移動で紅葉満喫

太川陽介と蛭子能収が、25日放送のテレビ東京系スペシャル番組『いい旅・夢気分スペシャル』(18:30~)に出演する。同局の人気シリーズ『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』で25回の旅を行い、苦楽を共にした2人。卒業から10カ月が経ったが、.. 続きを読む

太川陽介&蛭子能収、『バス旅』コンビがバス移動で紅葉満喫

太川陽介&蛭子能収、『バス旅』コンビがバス移動で紅葉満喫

太川陽介と蛭子能収が、25日放送のテレビ東京系スペシャル番組『いい旅・夢気分スペシャル』(18:30~)に出演する。同局の人気シリーズ『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』で25回の旅を行い、苦楽を共にした2人。卒業から10カ月が経ったが、.. 続きを読む

太川陽介&蛭子能収『バス旅』コンビが復活!秋の上州路を巡る

太川陽介&蛭子能収『バス旅』コンビが復活!秋の上州路を巡る

11月25日(土)放送の『いい旅・夢気分スペシャル 感動!絶景の紅葉めぐり』(テレビ東京系、18:30~20:54)にて、太川陽介と蛭子能収の“バス旅コンビ”が復活。マドンナとして辺見えみりも加わり、秋の上州路を旅する。かつて、同局の『.. 続きを読む

バス旅じゃないけど珍道中に…蛭子・太川のコンビが10ヶ月ぶりの復活

バス旅じゃないけど珍道中に…蛭子・太川のコンビが10ヶ月ぶりの復活

(画像提供:テレビ東京)今年1月まで、テレビ東京系の看板バラエティ番組『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』に出演していた俳優・太川陽介(58)とタレント・蛭子能収(70)の名コンビが、10ヶ月ぶりに復活する。■群馬・絶景紅葉旅(画像.. 続きを読む

蛭子能収「ゆったりとした太川さんでよかったです」“バス旅”コンビが一夜限りの復活!

蛭子能収「ゆったりとした太川さんでよかったです」“バス旅”コンビが一夜限りの復活!

11月25日(土)放送の「いい旅・夢気分スペシャル」(テレビ東京ほか)で、「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」コンビとしておなじみの太川陽介と蛭子能収が出演することが分かった。2人は辺見えみりをパートナーに加え、絶景の吾妻渓谷、草津.. 続きを読む

蛭子能収を愛し、週2でおねしょ 井上咲楽に「凄いのは眉毛だけじゃない」の声

蛭子能収を愛し、週2でおねしょ 井上咲楽に「凄いのは眉毛だけじゃない」の声

2015年「ホリプロタレントスカウトキャラバン」 で特別賞を受賞し芸能界デビューし、特徴的な極太眉毛で話題のタレント・井上咲楽(18)が、18日深夜放送『有吉反省会』(日本テレビ系)に出演。漫画家・蛭子能収(70)への本気愛、週2で.. 続きを読む

有吉弘行も嫉妬!? 蛭子能収が好き過ぎる18歳の女性タレントとは?

有吉弘行も嫉妬!? 蛭子能収が好き過ぎる18歳の女性タレントとは?

一流芸能人が自らの過ちを告白し償う「有吉反省会」(日本テレビ系)。11月18日(土)の放送では、井上咲楽が出演し、漫画家でタレントの蛭子能収への愛をぶちまけた。井上は2015年、第40回ホリプロタレントスカウトキャラバンで特別賞を受賞.. 続きを読む

バスもアイドルもローカル好み?田中要次が長野のロコドルに迫った監督作は衝撃の結末に!

バスもアイドルもローカル好み?田中要次が長野のロコドルに迫った監督作は衝撃の結末に!

元国鉄職員という経歴をもち、『蠱毒 ミートボールマシン』(17)で映画初主演も務めた田中要次。最近は「ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z」シリーズへの出演でも話題の個性派の彼が監督として、出身地・長野で活躍するローカルアイドルを主.. 続きを読む

「ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z」第3弾にワープ疑惑が浮上

「ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z」第3弾にワープ疑惑が浮上

人気シリーズ「ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z」(テレビ東京系)の最新回が9月23日に放送された。太川陽介と蛭子能収のコンビから、俳優の田中要次と作家の羽田圭介氏に代わっての第3弾(特別編を入れると4回目)。今回は宮城県・松島を.. 続きを読む

盛り上がらない羽田圭介&田中要次コンビ、「バス旅」に太川陽介待望論が!

盛り上がらない羽田圭介&田中要次コンビ、「バス旅」に太川陽介待望論が!

人気シリーズ「ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z」(テレビ東京系)の第3弾が9月23日に放送された。同番組は太川陽介と蛭子能収がコンビを組んだ「ローカル路線バス乗り継ぎの旅」(テレビ東京系)の続編にあたり、作家の羽田圭介と俳優の.. 続きを読む

好調のテレ東『出川哲朗の充電させてもらえませんか?』 人気急降下の『路線バス』に取って代わる日

好調のテレ東『出川哲朗の充電させてもらえませんか?』 人気急降下の『路線バス』に取って代わる日

4月からゴールデン帯でレギュラー放送されている、テレビ東京系の『出川哲朗の充電させてもらえませんか?』(土曜午後7時54分~8時54分)が好調だ。同番組はこれまで、深夜や『土曜スペシャル』枠で単発放送されてきたが、今春、満を持.. 続きを読む

新体制「路線バス旅」に批判の声「ゆっくり休もう」必死さ欠如か

新体制「路線バス旅」に批判の声「ゆっくり休もう」必死さ欠如か

(C)まいじつ7月8日に『ローカル路線バス乗り継ぎの旅Z(ゼット)第2弾』(テレビ東京系)が放送された。3月25日に放送された、俳優の田中要次と芥川賞作家の羽田圭介がコンビを組んだ新シリーズの第2弾だ。今回はマドンナにモデルでタ.. 続きを読む

停留所以外で止まらない路線バス…その理由は?

停留所以外で止まらない路線バス…その理由は?

蛭子能収さん、太川陽介さんと女性ゲスト1人で路線バスのみを使って珍道中を繰り広げる『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』。当初は注目されていませんでしたが、そのハラハラ・ドキドキな展開が評判となり、人気コンテンツになりました。.. 続きを読む

やっぱり太川&蛭子じゃないと……テレ東『バス旅』が早くも存続危機で、現場から復帰熱望の声

やっぱり太川&蛭子じゃないと……テレ東『バス旅』が早くも存続危機で、現場から復帰熱望の声

「もうすぐ第2弾の旅に出るのですが、すでに暗雲が立ち込めている感じですね。第1弾の視聴率も歴代最低でしたし、何より制作側と演者側の間に、かなりの温度差があるようです」(テレビ東京関係者)太川陽介、蛭子能収のコンビで人気を博.. 続きを読む

“芸能界に潜入したルポライター” 芥川賞作家・羽田圭介が大暴れ! 暴露本に期待大?

“芸能界に潜入したルポライター” 芥川賞作家・羽田圭介が大暴れ! 暴露本に期待大?

長い歴史を誇る芸能界には、タレント本人執筆による「暴露本」がいくつか存在する。故・長門裕之は著書『洋子へ』(データハウス)で、自身の女性関係を、実名を交えてあけすけにつづっており、業界内に大騒動を巻き起こした。島田紳助の.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。