リストカットの最新情報

リストカット に関するニュース検索結果   88件

「自死の原因はひとつではない」死にたいと相談されたときにやるべきこと

「自死の原因はひとつではない」死にたいと相談されたときにやるべきこと

今年8月、上原多香子の元夫で自殺したET−KINGのTENNさんの遺族が、自殺の原因は上原の不倫であると取れる遺書を公開したことが話題となった。前編では、ライターの杉山春氏と精神科医の松本俊彦氏に、自死遺族や自死する人の心理状態につ.. 続きを読む

ジャッキー・チェン娘、自殺未遂の末にレズビアンをカミングアウト……彼女とのラブラブ写真公開

ジャッキー・チェン娘、自殺未遂の末にレズビアンをカミングアウト……彼女とのラブラブ写真公開

ジャッキー・チェン(63)の非嫡出子である17歳の娘エッタ・ンが、インスタグラムでレズビアンであることをカミングアウトした。毒母に育てられた彼女が、自殺未遂で2カ月間も入院した後、無数のリストカット痕をつけて歩く姿をパパラッ.. 続きを読む

深夜の公園で出会った謎の美女の正体は!?

深夜の公園で出会った謎の美女の正体は!?

記事提供:オモプラッタ   今回お話をうかがったのは、サンミュージック所属のお笑いコンビ「アメリカンコミックス」の鈴木さん。 彼が深夜の公園で出会った人物とは!?     「ある日、事務所の先輩Aさんと後輩と3人でお酒を飲んで、ベ.. 続きを読む

吉高由里子が売春&快楽連続殺人鬼に豹変した!! 人間の暗黒面に迫る犯罪ミステリー『ユリゴコロ』

吉高由里子が売春&快楽連続殺人鬼に豹変した!! 人間の暗黒面に迫る犯罪ミステリー『ユリゴコロ』

ユリの花は純潔のシンボルとされており、ユリの根は不眠や精神不安に効果がある漢方薬ともなる。だが、同じユリ科でもスズランや彼岸花には猛毒があることが知られている。沼田まほかるのミステリー小説『ユリゴコロ』(双葉社)は、人間.. 続きを読む

『猫を飼っている人にしか、わからないこと選手権』あああ、あるある!

『猫を飼っている人にしか、わからないこと選手権』あああ、あるある!

坊主(@bozu_108)さん主催、Twitterで人気の『選手権』が開催されました!今回は『猫を飼ってる人にしか、分からないこと選手権』です。猫の飼い主が、高速で首を縦に振るような、『あるある』が集まっていますよ。早速、入選作品を見て.. 続きを読む

あるあるすぎる 女子たちが一斉暴露する「正直不快なSNS投稿」24連発

あるあるすぎる 女子たちが一斉暴露する「正直不快なSNS投稿」24連発

(beer5020/iStock/Thinkstock)「インスタ映え」という言葉が流行するなど、SNSに夢中になっている女性は少なくないはず。そんな中、女性向け匿名掲示板『ガールズちゃんねる』にて、「SNSで不快な投稿」というトピックが話題となって.. 続きを読む

傷跡のせいで人生最悪! リストカット経験者が後悔したこと

傷跡のせいで人生最悪! リストカット経験者が後悔したこと

((C)ぱくたそ)若い女性を中心に不安やストレスなどからリストカットをしてしまう人もいる。年齢を重ねるにつれてリストカットの行為自体は減ると言われるが、中には自傷行為から卒業できても、傷跡が残ってしまい、大人になってから.. 続きを読む

まるでホラー! メンヘラ女子の元カレが語る「本気で厄介」エピソード

まるでホラー! メンヘラ女子の元カレが語る「本気で厄介」エピソード

(darkbird77/iStock/Thinkstock)しらべぇで先日紹介した「本当にあったブスの怖い話」の中で、彼氏が好きすぎて、こっそり避妊具を刃物で切る彼女のエピソードが「怖すぎるメンヘラ」とSNSで話題になっている。メンヘラとは、ネット.. 続きを読む

坂口杏里、インスタでプチ整形を告白するも”生々しい部分”に注目が集まり騒然

坂口杏里、インスタでプチ整形を告白するも”生々しい部分”に注目が集まり騒然

ANRIこと坂口杏里(26)が12日、自身のインスタグラムで「プチ整形」を行ったことをカミングアウトし話題を集めている。坂口は「ツヤ肌コラーゲンリフトとアゴのヒアルロン酸をしました♡」と報告し施術前後の写真を掲載。さらにアゴと脂.. 続きを読む

 坂口杏里の“リスカ跡”“吐きだこ”に悲鳴! 整形後の顔公開も「前のほうがよかった」の声

坂口杏里の“リスカ跡”“吐きだこ”に悲鳴! 整形後の顔公開も「前のほうがよかった」の声

女優の故・坂口良子の娘でAV女優の坂口杏里の腕の傷に対し、心配の声が相次いでいる。坂口は12日、自身のインスタグラムでプチ整形の施術を受けたことを報告。「ツヤ肌コラーゲンリフトとアゴのヒアルロン酸をしました 後日頬とアゴの脂.. 続きを読む

坂口杏里、コラーゲンの美肌効果を報告も”違う部分”に注目集まり騒然

坂口杏里、コラーゲンの美肌効果を報告も”違う部分”に注目集まり騒然

ANRIこと坂口杏里(26)が自身のインスタグラムに載せた写真が話題となっている。坂口といえば、現在六本木ラウンジに勤務し、自身のインスタグラムでナンバー1になったことなど報告するなどして最近また注目されている。そんな坂口が最近.. 続きを読む

囚人がカミソリで自分のペニスを切りつけ、瀕死の状態に……

囚人がカミソリで自分のペニスを切りつけ、瀕死の状態に……

海外で、男が自分のペニスを切りつける事件が相次いでいる。「Mirror.co.uk」(8月3日付)によると、イギリスの刑務所で、囚人が看守から渡された使い捨てのカミソリで自身のペニスを切りつけ、瀕死の状態に陥っていたことがわかった。こ.. 続きを読む

今井メロのデキ婚・離婚・生活保護で盛り上がった「人生すごろく」で端折られたもっと壮絶な箇所

今井メロのデキ婚・離婚・生活保護で盛り上がった「人生すごろく」で端折られたもっと壮絶な箇所

2006年のトリノオリンピックに、スノーボードハーフパイプ日本代表選手として出場していた元スノーボーダーの今井メロ(29)が出演し、7月23日に放送されたAbemaTVバラエティ番組『リアル人生すごろく』(AbemaTV)が話題だ。実在する人.. 続きを読む

なぜ自殺をしたいと思うのか…看護師目線で描かれた『精神科ナースになったわけ』

なぜ自殺をしたいと思うのか…看護師目線で描かれた『精神科ナースになったわけ』

精神を病むってどういうこと? 複雑で危うい心のしくみを描いているマンガ、水谷緑さんの『精神科ナースになったわけ』。「自分はちょっと変かもしれない」心が不安定なときほど、大なり小なりそう感じてしまうことがある。著者の水谷さ.. 続きを読む

ベリアルの息子が主人公!?新たなヒーローの形を魅せる『ウルトラマンジード』が今夏放送

ベリアルの息子が主人公!?新たなヒーローの形を魅せる『ウルトラマンジード』が今夏放送

新しいウルトラマンのお目見えだ。テレビ東京系で2017年7月8日(土)から「ウルトラマンジード」が放送される。ウルトラマンベリアルの息子である朝倉リクが悪に立ち向かうヒーローの新しい形に挑戦した物語だ!■悪の権化・ベリアルの息.. 続きを読む

後で面倒に…付き合う前に気付こう! メンタル弱め男子の特徴

後で面倒に…付き合う前に気付こう! メンタル弱め男子の特徴

メンタルや心が傷つきやすい女子に対して、「リストカットしそう」「重すぎ女」などと、なにかと面倒に思われることが多いのは、皆さんもよくご存知だと思います。しかし、これが男バージョンだったら、と考えたことはありますか?今回は.. 続きを読む

NEWS手越が女性20人を引き連れ豪遊?報じられた”不良列伝”の真相

NEWS手越が女性20人を引き連れ豪遊?報じられた”不良列伝”の真相

ジャニーズタレントの夜の暴走が止まらない。『週刊文春』(文藝春秋)は「ジャニーズ不良列伝」と題して、大麻所持で逮捕された元KAT-TUNの田中聖(31)を筆頭に、NEWSの手越祐也(29)や小山慶一郎(33)らの遊びっぷりを報じている。.. 続きを読む

絶対に言うなよ! 新生活にオススメ!?『話すと100%空気が悪くなる! 言ってはいけないゲス知識200』

絶対に言うなよ! 新生活にオススメ!?『話すと100%空気が悪くなる! 言ってはいけないゲス知識200』

毎年この季節になると、入学、入社、異動などと環境がガラリと変わる方も多いのではないだろうか。入学式や花見など、4月は何かと華やかな印象が強い。しかし、4月は総じて面倒臭いものだ。なぜならば、4月は“ポジション取り”の月だから.. 続きを読む

どうして自傷行為は “反社会的” なの? 傷のある私を認めてほしい

どうして自傷行為は “反社会的” なの? 傷のある私を認めてほしい

私は精神疾患を持っています。リストカット、オーバードーズ、根性焼き…自傷行為もしてきました。「死にたいなら死ねば良い」。そんな言葉も投げかけられました。でも、死ねなかったから、私は今ここにいるのです。自殺行為にも及びまし.. 続きを読む

出会い系アプリを使って…誰かとつながっていないと不安な女子のSOS

出会い系アプリを使って…誰かとつながっていないと不安な女子のSOS

もうすっかりお茶の間に定着しつつある言葉「メンヘラ」。今回から2回に渡って、メンヘラをこじらせて、恋愛に影響が出てしまっている女性の例を見ていきたいと思います。◆メンタルの不調がビッチ化を招く……メンヘラビッチちゃん<プロフ.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。