ヤクルトの最新情報

ヤクルト に関するニュース検索結果   1072件

清宮幸太郎「密室面談」で中日・ロッテにグラリ?(3)早大関係者から「巨人NG」が

清宮幸太郎「密室面談」で中日・ロッテにグラリ?(3)早大関係者から「巨人NG」が

清宮獲得ではもう一つの懸案事項が横たわる。海外FA権を取得する前にメジャー挑戦を容認するかである。「面談ではさすがに直接的なポスティングの是非は聞かれなかったようですが、清宮本人のメジャー志向はどの球団も把握している。12年.. 続きを読む

清宮幸太郎「密室面談」で中日・ロッテにグラリ?(2)日ハムと清宮家は相思相愛

清宮幸太郎「密室面談」で中日・ロッテにグラリ?(2)日ハムと清宮家は相思相愛

面談後、各チーム内は「指名」か「回避」かで大きく揺れた。在阪スポーツ紙デスクが内情を明かす。「すでに1位獲りを狙って真っ先に名乗りを上げている阪神は間違いなく指名します。甲子園のスターとして縁があるばかりか、そもそも本人.. 続きを読む

清宮幸太郎「密室面談」で中日・ロッテにグラリ?(1)お菓子の袋詰めを2つ持参

清宮幸太郎「密室面談」で中日・ロッテにグラリ?(1)お菓子の袋詰めを2つ持参

10.26がドラフト史に残る日になる! 89年に8球団から1位指名を受けた野茂英雄を超える「10球団競合」との予想も飛び交う清宮幸太郎。高校通算111本のホームランを放った怪物を巡る、ドラフト会議直前のバックネット裏情報を緊急レポート.. 続きを読む

【プロ野球】ファームのタイトル獲得選手が確定。来季、ブレイクを期待したいのは内田靖人(楽天)とこの4人だ!

【プロ野球】ファームのタイトル獲得選手が確定。来季、ブレイクを期待したいのは内田靖人(楽天)とこの4人だ!

2017年度のファームのタイトル獲得選手が決定した。次代を担う若手から、「2軍番長」になりつつある選手までさまざまだが、ここから1軍への飛躍を遂げられるかどうか。来季のパフォーマンスから目が離せない選手ばかりだ。※野球の見方が.. 続きを読む

プロ野球「戦力外通告」選手の“掘り出し物”たち

プロ野球「戦力外通告」選手の“掘り出し物”たち

13日に締め切ったプロ野球の第1次戦力外通告。クビを言い渡された選手たちの去就は、さまざまだ。「ロッテの井口資仁(42)のように、引退試合で有終の美を飾ってから監督就任というスタープレーヤーは、ごく一部。盗塁王経験のある巨人.. 続きを読む

【プロ野球】天国と地獄!? 強打の2番を先取りでリーグ制覇!? ヤクルト・真中満監督をダイジェストで振り返る

【プロ野球】天国と地獄!? 強打の2番を先取りでリーグ制覇!? ヤクルト・真中満監督をダイジェストで振り返る

45勝96敗2分の借金51。歴史的大敗を喫した今シーズンのヤクルトは真中満監督が退任。小川淳司シニアデレクターの監督経復帰が発表されている。ここで、ユニフォームを脱ぐことになった真中監督のプロ野球人生をダイジェストで振り返って.. 続きを読む

【プロ野球】ヤクルト・小川淳司新監督就任! 素晴らしい眼力を発揮した第一次政権での功績をおさらい

【プロ野球】ヤクルト・小川淳司新監督就任! 素晴らしい眼力を発揮した第一次政権での功績をおさらい

今季、最下位に沈んだヤクルト。来季からはSDを務めていた小川淳司氏が監督に復帰することが決まっている。小川監督は2014年以来の監督復帰。2010年から2014年にかけての第一次小川政権ではどんな結果を残したのか。その功績をあらためて.. 続きを読む

気が早いが、平成生まれから「名球会」を新設するか?撤廃するか?考えてみた

気が早いが、平成生まれから「名球会」を新設するか?撤廃するか?考えてみた

ナンバー(Sports Graphic Number) 2014年4/10号 Fujisan.co.jpより2017年、プロ野球で名球会入りした選手は4人。荒木雅博(中日)、阿部慎之助(巨人)、鳥谷敬(阪神)、青木宣親(メッツなど)。いずれも野手として2000安打を達成した.. 続きを読む

プロ野球2017覆面「ミサイル座談会」(3)メジャースカウトが札幌に来る大谷以外の理由

プロ野球2017覆面「ミサイル座談会」(3)メジャースカウトが札幌に来る大谷以外の理由

A おっと、そういえばヤクルトのことを忘れていた。球団ワースト記録を更新する96敗で今季は打ち止め。シーズン中は関係者や報道陣の間から「独立リーグの球団や高校野球の甲子園代表チームと戦っても普通に負ける」とボロカスに言われ.. 続きを読む

青山真麻、また売名?袴田吉彦に続きプロ野球選手との情事暴露!

青山真麻、また売名?袴田吉彦に続きプロ野球選手との情事暴露!

10月12日の料理バラエティ「女ウラミ飯」(テレビ東京系)に真麻(青山真麻から改名)がゲスト出演。俳優の袴田吉彦との「アパ不貞」をバラしたことで知られるが、今度はプロ野球選手との一夜を暴露した。「西麻布のプライベートラウンジ.. 続きを読む

【プロ野球】今季、神宮球場でもっとも声援を受けたの大松尚逸……ではなく広島のあの選手!?

【プロ野球】今季、神宮球場でもっとも声援を受けたの大松尚逸……ではなく広島のあの選手!?

10月3日、ヤクルトは11人の戦力外通告者を発表した。そのなかには今浪隆博、飯原誉士といった中堅どころも含まれており、あらためて勝負の世界における厳しさを知ったファンも多いだろう。今浪は「甲状腺機能低下症 橋本病」により現役を.. 続きを読む

「アパ不倫」青山真麻が画家ラッセンとの情事を自慢

「アパ不倫」青山真麻が画家ラッセンとの情事を自慢

画像はイメージです Dragon Images / PIXTA(ピクスタ)俳優の袴田吉彦の不倫相手で、グラビアアイドルの青山真麻が、10月12日深夜に放送された『女ウラミ飯』(テレビ東京系)に出演し、プロ野球選手と人気画家との交際の思い出を語った。.. 続きを読む

【プロ野球】最下位ロッテに差すふたつの光。佐々木千隼と酒居知史の奮闘で来季こそ浮上を!

【プロ野球】最下位ロッテに差すふたつの光。佐々木千隼と酒居知史の奮闘で来季こそ浮上を!

ロッテが球団ワーストの敗戦数を記録して最下位でシーズンを終えた。これまでの最多敗戦数は85敗。1963年の「毎日大映オリオンズ」時代のことだ。あの頃は年間150試合でペナントレースが行われていたため、143試合で87敗の今季のほうが、.. 続きを読む

「マイナス思考だったから続けてこれた」2回目の東京オリンピックを迎える現役アナウンサー

「マイナス思考だったから続けてこれた」2回目の東京オリンピックを迎える現役アナウンサー

フリーアナウンサーの松本秀夫です。野球実況歴30年、このコーナーでは喜怒哀楽、さまざまな心に響く球界よもやま話をご紹介します。「ソフトバンク優勝!工藤監督の身体が宙に舞いました」メットライフドームでソフトバンクがリーグ優勝.. 続きを読む

“フクシくん”落合福嗣のナレーションでつづる「プロ野球選手の子ども」の人生

“フクシくん”落合福嗣のナレーションでつづる「プロ野球選手の子ども」の人生

今年もプロ野球のペナントレースが終わりを告げた。まだまだポストシーズンの戦いがあるとはいえ、試合のないオフシーズン、ストーブリーグの季節も意外ともうすぐそこにある。ただ、試合はなくとも、別角度から野球を楽しめるのがオフシ.. 続きを読む

「大魔神」「トリプルスリー」…プロ野球ドラフト会議「外れ1位選手」に注目!

「大魔神」「トリプルスリー」…プロ野球ドラフト会議「外れ1位選手」に注目!

プロ野球ドラフト会議の目玉と言えば、重複指名による「クジ引き」。過去に「史上最多の8球団競合」となった1989年の野茂英雄(新日本製鐵堺⇒近鉄)の例があるが、この時に抽選に外れた大洋ホエールズ(現・横浜DeNA)が、外れ1位指名を.. 続きを読む

また授賞できなかった村上春樹ファンの聖地に行ってみた|プチ鹿島の余計な下世話

また授賞できなかった村上春樹ファンの聖地に行ってみた|プチ鹿島の余計な下世話

今年もまた千駄ケ谷の鳩森八幡神社に行ってきた。「ノーベル文学賞発表 カウントダウン パブリックビューイング」を見るためだ。千駄ヶ谷は村上春樹が創作活動を始めた地。ハルキストが静かにそのときを待つ、いったいその現場はどんな.. 続きを読む

今年のプロ野球、「WBCの影響」はただの言い訳なのか? 2017年シーズンを元代表選手が総括

今年のプロ野球、「WBCの影響」はただの言い訳なのか? 2017年シーズンを元代表選手が総括

レギュラーシーズンの全日程を終えた今年のプロ野球。春先にはWBCが開催され、その影響からか侍ジャパンに選出された選手の不調も目についた今シーズンだったが、勝負を分けたのは何だったのか? WBC日本代表で世界一を経験、現在は解説.. 続きを読む

プロ野球「打者最高の誉れ」引退試合でホームランを放った選手たち

プロ野球「打者最高の誉れ」引退試合でホームランを放った選手たち

韓国プロ野球を代表するスラッガーが引退試合に2ホーマーを放ち有終の美を飾った。日本でもロッテ、巨人などで活躍したイ・スンヨプ(サムスン)だ。2003年に韓国記録となるシーズン56本塁打を記録し、04年に千葉ロッテに入団。05年には.. 続きを読む

プロ野球「激変ストーブリーグ」裏速報(1)メジャー帰りの選手獲得はソフトバンク・孫オーナーの信念?

プロ野球「激変ストーブリーグ」裏速報(1)メジャー帰りの選手獲得はソフトバンク・孫オーナーの信念?

クライマックスシリーズ突入を前に、水面下ではすでにストーブリーグの炎がブスブスと燃え上がっていた。早くも来季に向けて始まった、攻防戦の舞台裏を速報しよう。故障者続出にもかかわらず圧倒的な強さで2年ぶりのリーグ制覇を果たし.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。