マネーロンダリングの最新情報

マネーロンダリング に関するニュース検索結果   69件

北朝鮮、ビットコインを資金源に?―仮想通貨とりしまり強化の背景、憶測広がる

北朝鮮、ビットコインを資金源に?―仮想通貨とりしまり強化の背景、憶測広がる

核開発による新たな国際制裁の可能性が高まるなか、北朝鮮は仮想通貨「Bitcoin(ビットコイン)」を新たな資金源にしようとしていた。このことは中国による仮想通貨のとりしまりにも関係がある、という噂が広がっている。米大手メディア.. 続きを読む

Netflix『オザークへようこそ』シーズン2へ更新

Netflix『オザークへようこそ』シーズン2へ更新

7月21日(金)から配信がスタートしたばかりのNetflixのオリジナル新ドラマ『オザークへようこそ』が、シーズン2へ更新されることがわかった。米Varietyが報じている。本作は、ファイナンシャルプランナーのマーティ・バード(ジェイソン.. 続きを読む

ビットコインの分裂と仮想通貨の今後

ビットコインの分裂と仮想通貨の今後

■ビットコインが2つに分裂8月1日、代表的な仮想通貨であるビットコイン(BTC)が分裂し、新たな仮想通貨ビットコインキャッシュ(BCC)が誕生しました。ビットコインには中央集権的な管理者がおらず、取引履歴をブロックチェーンで管理し.. 続きを読む

北朝鮮のミサイル開発に中国軍部が関与か…米国の制裁強化で中国経済が崩壊危機

北朝鮮のミサイル開発に中国軍部が関与か…米国の制裁強化で中国経済が崩壊危機

「中国にはおおいに失望した」――。7月28日に北朝鮮が2度目の大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射を決行したことに対して、アメリカのドナルド・トランプ大統領はツイッターでこう発言した。20日に発足から半年を迎えたトランプ政権は、中国へ.. 続きを読む

メルカリが東証上場報道を否定 『Twitter』ではハッシュタグ「#メルカリ上場あるある」も

メルカリが東証上場報道を否定 『Twitter』ではハッシュタグ「#メルカリ上場あるある」も

フリマアプリのメルカリが年内の上場を目指し、東京証券取引所への予備申請を終えたというニュースを日本経済新聞が2017年7月22日に報じましたが、メルカリ側は同日に「当社といたしましては、今後の事業拡大のため、様々な可能性を検討.. 続きを読む

レオナルド・ディカプリオ、米当局のマネーロンダリング捜査でピカソ絵画を返還

レオナルド・ディカプリオ、米当局のマネーロンダリング捜査でピカソ絵画を返還

オスカー俳優レオナルド・ディカプリオが、所持していたピカソの絵画などのアート作品や俳優マーロン・ブランドのオスカー像などを米司法省に提出したという。これらのアイテムは映画『ウルフ・オブ・ウォールストリート』の製作会社レッ.. 続きを読む

安倍政権、共謀罪強行採決の「隠された目的」…選挙対策で公明党の強い意向

安倍政権、共謀罪強行採決の「隠された目的」…選挙対策で公明党の強い意向

15日朝、“ウルトラC”とも“奇襲”とのいわれる強行採決で、「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ改正組織的犯罪処罰法が、参院本会議で自民党、公明党、日本維新の会などの賛成多数で可決された。自公は「特に緊急を要するものは、発議者又は提出.. 続きを読む

【WB編】LAスクリーニング2017:『ビッグバン★セオリー』スピンオフが登場

【WB編】LAスクリーニング2017:『ビッグバン★セオリー』スピンオフが登場

多くのTV・映画制作スタジオが密集しているロサンゼルスにて開催されたLAスクリーニング2017。本日は『SUPERGIRL/スーパーガール』、『ブラインドスポット』、『LUCIFER/ルシファー』などを手掛けるワーナー・ブラザーズ・スタジオから.. 続きを読む

普及が進むビットコイン-その特徴とメリット、デメリット

普及が進むビットコイン-その特徴とメリット、デメリット

■航空券もビットコインで購入可能に先日、格安航空会社(LCC)のピーチ・アビエーションは国内航空会社で初めてビットコインで航空券などの購入ができるようにすることを発表しました。また、家電量販店のビックカメラでは4月から一部店.. 続きを読む

運営に問題も……ネットオークション「現金化問題」より深刻な「モンスター出品者」が増殖中!

運営に問題も……ネットオークション「現金化問題」より深刻な「モンスター出品者」が増殖中!

ネット売買を仲介する「メルカリ」や「ヤフオク!」で、クレジットカードの現金化ができる「1万円紙幣の実物を上回る金額で出品」などがマネーロンダリングの温床になっているとして問題になったが、その後もSuicaなどチャージ済みICカー.. 続きを読む

【事件か】メルカリに続いてAmazonでも “紙幣らしきもの” が出品されている?「業務用」などと意味不明な記載も

【事件か】メルカリに続いてAmazonでも “紙幣らしきもの” が出品されている?「業務用」などと意味不明な記載も

先日、フリマアプリ「メルカリ」において、現金が出品されて話題になった。マネーロンダリングにつながる可能性があるとして、メルカリは現行紙幣の出品を禁止するなど、ちょっとした騒ぎになったことは記憶に新しい。その後もイタチごっ.. 続きを読む

「諭吉のポートレート」「キャッシュバック方式」メルカリの出品規制をかいくぐる新たな手法

「諭吉のポートレート」「キャッシュバック方式」メルカリの出品規制をかいくぐる新たな手法

ども!ともぞうです。現金出品の問題に端を発して換金率の高い出品が相次いで問題となっているメルカリですが、規制をかいくぐるためにための新たな出品方法が止まりません。現金 ⇒ チャージ済みSUICA ⇒ 旅行券と来て今度は何だろうと思.. 続きを読む

現金出品を禁止のフリマアプリ『メルカリ』に交通系ICカード多数出品! 対策を聞いてみた 

現金出品を禁止のフリマアプリ『メルカリ』に交通系ICカード多数出品! 対策を聞いてみた 

フリマアプリ『メルカリ』で現金が多数出品されているという情報が『Twitter』で流れて話題となり、トラブル防止のため2017年4月22日に現行紙幣の出品が禁止されました。現金が出品されていた理由としては、クレジットカード決済による現.. 続きを読む

終わらぬイタチごっこ…現行紙幣を出品禁止の「メルカリ」で「チャージ済みSUICA」出品見つかる

終わらぬイタチごっこ…現行紙幣を出品禁止の「メルカリ」で「チャージ済みSUICA」出品見つかる

ども!ともぞうです。昨日、マネーロンダリングの恐れがあるとして現行紙幣の出品を禁止したばかりの「メルカリ」ですが、またまたその規制をかいくぐるような出品物が見つかっています。一体今度はどんなものを使っているのか、答えを知.. 続きを読む

【続報】現行紙幣の出品を緩和していたメルカリ、一転「マネーロンダリングの恐れがある」と再度出品を禁止に

【続報】現行紙幣の出品を緩和していたメルカリ、一転「マネーロンダリングの恐れがある」と再度出品を禁止に

ども!ともぞうです。先週メルカリで現金が出品されているとご紹介していましたが、その後ネット上で同じような指摘が相次ぎ話題となっていました。そのような状況のなか本日、ITmedia NEWSが伝えるところによるとメルカリは再度、現行紙.. 続きを読む

実際の通貨とどう違う? いまさら聞けないビットコインの基礎知識

実際の通貨とどう違う? いまさら聞けないビットコインの基礎知識

『いまさら聞けない ビットコインとブロックチェーン』(大塚雄介著、ディスカヴァー・トゥエンティワン)の著者は、仮想通貨交換取引所「Coincheck」、そしてビットコイン決済サービス「coincheck payment」を運営しているという人物。.. 続きを読む

【謎】コレどこで使うんだ? イラストフリー素材サイト「いらすとや」の意味不明イラスト15選

【謎】コレどこで使うんだ? イラストフリー素材サイト「いらすとや」の意味不明イラスト15選

ちょっとしたチラシやポスターなどの印刷物を作ったり、ネットで記事を書いたりするときに便利なのが著作権フリーのイラスト素材サイト。内容を一目でわかりやすく伝えるのには、やはりイラストが最適。著作権を気にせず使うことができる.. 続きを読む

Torは消えつつある? ダークウェブの85%超が応答せず

Torは消えつつある? ダークウェブの85%超が応答せず

大規模サイトのハッキングが大きな要因。Torといえば、なんとなく「仮想通貨でドラッグが売買されてる」とか「ヒットマンが雇われてる」みたいなイメージがあって、「普通の人が使っちゃいけないもの」だと思われてます。でも今、「普通.. 続きを読む

中国が「金正恩を見捨てた」理由

中国が「金正恩を見捨てた」理由

朝鮮戦争時に劣勢の北朝鮮軍を助け、大量の義勇兵を送り込み“血の友誼”と呼ばれた中朝関係は“過去のもの”に!!北朝鮮の最高指導者である金正恩(キムジョンウン)氏が、正念場を迎えようとしている。「北朝鮮の“陰の庇護者”を務めてきた中.. 続きを読む

アパートのベッド下から23億円分の紙幣 ネズミ講資金のマネーロンダリング(米)

アパートのベッド下から23億円分の紙幣 ネズミ講資金のマネーロンダリング(米)

このほど米マサチューセッツ州のあるアパートで、何の変哲もないマットレスの下から大量の束となった100ドル紙幣が発見された。その額は驚くことに2千万ドル(約23億円)。有名なネズミ講事件に関するマネーロンダリングが行われる寸前で.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。