マツダの最新情報

マツダ に関するニュース検索結果   1636件

【ネオ・クラシックカー グッドデザイン太鼓判!】第14回・小さなボディに込められた大人の定番。オートザム・レビュー

【ネオ・クラシックカー グッドデザイン太鼓判!】第14回・小さなボディに込められた大人の定番。オートザム・レビュー

80~90年代の日本車からグッドデザインを振り返るシリーズ。第14回は「世界でいちばん小さなセダン」を目指した、ハイセンスなコンパクトに太鼓判です。バブル期、マツダが展開する5チャンネル体制の中、オートザムは軽のキャロルに続く.. 続きを読む

戸田恵梨香、伝説の「黒歴史ダンス」が土屋太鳳に蒸し返された!

戸田恵梨香、伝説の「黒歴史ダンス」が土屋太鳳に蒸し返された!

先日、俳優の成田凌が運転する車でドライブデート中に接触事故が発生し、成田との熱愛が発覚した戸田恵梨香。偶然にも張り込み中の写真週刊誌記者の車と接触して発覚した両者の熱愛。当の戸田は、接触した相手が記者の車だと知ると「アハ.. 続きを読む

マツダ 防府工場で新型「CX-5」を生産開始

マツダ 防府工場で新型「CX-5」を生産開始

マツダは、グローバルで高まる需要に柔軟かつ迅速に対応するべく、10月17日、防府第2工場(山口県防府市)で新型「マツダ CX-5」の生産を開始した。現在、新型「CX-5」の生産は、国内では宇品工場(広島県広島市)と、海外では中国とマレ.. 続きを読む

次世代エンジン「SKYACTIV-X」搭載の新型アクセラは2019年発売?

次世代エンジン「SKYACTIV-X」搭載の新型アクセラは2019年発売?

まもなく開幕する東京モーターショー2017で「次世代商品コンセプトモデル」の公開を予定しているマツダ。その正体は「魂動デザイン」を深化させた次世代デザインの採用に加え、同社が圧縮着火制御技術の実用化に世界で初めて目処を付けた.. 続きを読む

東京モーターショー1970に出展し、小林彰太郎さんが試乗された開発コードX810/マツダRX500【RE追っかけ記-6】

東京モーターショー1970に出展し、小林彰太郎さんが試乗された開発コードX810/マツダRX500【RE追っかけ記-6】

マツダでもっとも長命なコンセプトカーが「RX500」、開発記号「X810」でしょう。RX500。ガルウイングドアを採用。公表全長4330mm、全幅1720mm、全高1065mmとコンパクト。1970年東京モーターショーでデビュー、ひとりの自動車ジャーナリス.. 続きを読む

マツダが次期モデルに採用する新発想プラットフォームは「人間中心の発想」【SKYACTIV-X試乗会】

マツダが次期モデルに採用する新発想プラットフォームは「人間中心の発想」【SKYACTIV-X試乗会】

マツダの新世代エンジン「SKYACTIV-X(スカイアクティブ・エックス)」の試乗用に用意されていたテスト車両には、シャシー関係の新技術も投入されていました。このシャシー関連の新技術の根底にあるのは「人間中心の発想」と銘打った考え.. 続きを読む

【スーパー耐久2017】最終戦岡山でデミオ・ディーゼルがクラス2連勝!マツダ車はクラス5連勝を達成

【スーパー耐久2017】最終戦岡山でデミオ・ディーゼルがクラス2連勝!マツダ車はクラス5連勝を達成

10月14~15日に岡山国際サーキットで開催された「スーパー耐久シリーズ2017 第6戦 スーパー耐久レースin岡山」。シリーズ最終戦となる15日の午前中に行われたST-4クラス、ST-5クラスのGr.2レース。ST-5クラスのデミオディーゼル「DXLアラ.. 続きを読む

ディーゼルとガソリンの「いいとこ取り」。次世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X」搭載車に試乗【SKYACTIV-X試乗会】

ディーゼルとガソリンの「いいとこ取り」。次世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X」搭載車に試乗【SKYACTIV-X試乗会】

マツダが満を持して発表した次世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X(スカイアクティブ・エックス)」は、ガソリンエンジンでは難しいとされていた自己着火方式を取り入れたエンジンです。今回、完成して間もない試作エンジンを搭載した試作.. 続きを読む

次世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X」のメリットとは?【SKYACTIV-X試乗会】

次世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X」のメリットとは?【SKYACTIV-X試乗会】

自己着火方式を実現したマツダの次世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X(スカイアクティブ・エックス)」。この方式には、いったい何のメリットがあるのでしょう? ここではそのメリットを紹介していきましょう。通常のガソリンエンジンは.. 続きを読む

マツダが開発した圧縮点火式ガソリンエンジン「SKYACTIV-X」。そのメカニズムとは?【SKYACTIV-X試乗会】

マツダが開発した圧縮点火式ガソリンエンジン「SKYACTIV-X」。そのメカニズムとは?【SKYACTIV-X試乗会】

マツダは2017年の東京モーターショーに次世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X(スカイアクティブ・エックス)」を出展します。ショーに先立ち、報道関係者に同エンジンを搭載したテスト車両を試乗する機会が与えられました。「SKYACTIV-X」.. 続きを読む

最新のエンジンはパワーを落とさず環境適応しているのが常識 

最新のエンジンはパワーを落とさず環境適応しているのが常識 

最新ガソリンエンジンの基礎知識 その2現在のガソリンエンジンは、世界各国の排ガス規制、燃費規制などが法制化されたことで、自動車メーカーはこうした法規に合わせることが最大の課題になっている。歴史的に見ればガソリンエンジンは.. 続きを読む

年商10億円の歌舞伎町・女社長が教える、「ホンモノの男」と「ニセモノの男」の遊び方

年商10億円の歌舞伎町・女社長が教える、「ホンモノの男」と「ニセモノの男」の遊び方

こんにちは、内野彩華(うちのあやか)です。新宿・歌舞伎町にキャバクラを4店舗、銀座にクラブを2店舗経営する、年商10億円の歌舞伎町の女社長。そんな私が野心の大切さを説く、この連載。第5回は「安定思考もれっきとした欲望」という.. 続きを読む

【ビニール傘盗難防止用のマーカー】Twitterで話題の画像まとめ(10/16 昼版)

【ビニール傘盗難防止用のマーカー】Twitterで話題の画像まとめ(10/16 昼版)

ビニール傘盗難防止用のマーカーを作ってみました!普段は眠そうな感じですが、傘の柄に巻きつけるとクワッと目を見開いて傘を守ってくれます。完璧。 pic.twitter.com/bSRjwWSTPy — 小銭 (@kozeni_shkt) 2017年10月15日   どこからか迷.. 続きを読む

日経新聞の「世界の自動車産業EV化まっしぐら報道」に喝! マツダのスカイアクティブX試作車の可能性【清水草一】

日経新聞の「世界の自動車産業EV化まっしぐら報道」に喝! マツダのスカイアクティブX試作車の可能性【清水草一】

日経新聞は連日のように「世界の自動車産業は電動化に向けてまっしぐら」みたいな記事を載せきまくり、まもなくガソリン車やディーゼル車はこの世から消滅するかのような雰囲気だが、ちょっと考えてみてくれ。あなたは次の自家用車として.. 続きを読む

今年のカープが全てこれ1枚に リーグ連覇の軌跡を収録したDVD&Blu-rayが発売決定

今年のカープが全てこれ1枚に リーグ連覇の軌跡を収録したDVD&Blu-rayが発売決定

37年ぶりとなるセ・リーグ2連覇を成し遂げた広島東洋カープ。その軌跡が収録されたDVD&Blu-ray「The Triumph of 力舞吼! ~CARP2017 リーグ連覇の軌跡~」が発売されることになった。このDVD&Blu-rayは2枚組となっており、優勝決定後の.. 続きを読む

国内の販売車種を半減!? トヨタが実施する新たな販売施策とは?

国内の販売車種を半減!? トヨタが実施する新たな販売施策とは?

トヨタ自動車が消費者ニーズに沿って取り扱う車種を見直し、2020年代半ばをめどに国内で販売する車種を現行の半分程度にまで減らす検討に入ったそうです。同社はこれまで「国内販売150万台」維持を掲げてきましたが、国内市場の縮小に伴.. 続きを読む

「マイナス思考だったから続けてこれた」2回目の東京オリンピックを迎える現役アナウンサー

「マイナス思考だったから続けてこれた」2回目の東京オリンピックを迎える現役アナウンサー

フリーアナウンサーの松本秀夫です。野球実況歴30年、このコーナーでは喜怒哀楽、さまざまな心に響く球界よもやま話をご紹介します。「ソフトバンク優勝!工藤監督の身体が宙に舞いました」メットライフドームでソフトバンクがリーグ優勝.. 続きを読む

1,000馬力のモンスターマシンが富士に降臨! FIA世界耐久レースはトヨタとポルシェの壮絶バトル必至

1,000馬力のモンスターマシンが富士に降臨! FIA世界耐久レースはトヨタとポルシェの壮絶バトル必至

モータースポーツ界の世界3大レースというのをご存じだろうか。1つ目はF1の中で最も華やかなレース「モナコグランプリ」。2つ目はとインディカーレースの頂点に位置する「インディ500」。そして3つ目が24時間走り続ける耐久レース「ル・.. 続きを読む

トヨタがGRブランドで「ミッドシップ・ハイブリッドスポーツ」を市販か?

トヨタがGRブランドで「ミッドシップ・ハイブリッドスポーツ」を市販か?

トヨタ自動車が先頃、これまでのスポーツコンバージョンシリーズ「G’s」を「GR」シリーズに改め、モデルラインナップやパーツ等の新アイテムを充実させると発表しました。「GR」は「もっといいクルマづくり」を目指す同社が独ニュルブル.. 続きを読む

【東京モーターショー】マツダ 東京モーターショーに2台のコンセプトモデルを出品

【東京モーターショー】マツダ 東京モーターショーに2台のコンセプトモデルを出品

マツダは、10月28日から11月5日に一般公開される「第45回東京モーターショー」において、今後導入される次世代商品群の先駆けとなるコンセプトモデル(以下、次世代商品コンセプトモデル)と、次世代デザインの方向性を具現化したコンセ.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。