マツダの最新情報

マツダ に関するニュース検索結果   1628件

彼氏みたいなマツダ RX-8と、新しい世界を楽しんでいます

彼氏みたいなマツダ RX-8と、新しい世界を楽しんでいます

車は単なる移動の道具ではなく、大切な人たちとの時間や自分の可能性を広げ、人生をより豊かにしてくれるもの。車の数だけ、車を囲むオーナーのドラマも存在する。この連載では、そんなオーナーたちが過ごす愛車との時間をご紹介。あなた.. 続きを読む

ボルボ、完全復活宣言! XC60が『日本カー・オブ・ザ・イヤー2017-2018』のイヤーカーに輝く!

ボルボ、完全復活宣言! XC60が『日本カー・オブ・ザ・イヤー2017-2018』のイヤーカーに輝く!

▲日本カー・オブ・ザ・イヤー2017-2018のイヤーカーに輝いたボルボ XC60 ボルボ XC60が圧勝した日本カー・オブ・ザ・イヤー2017-20182017年12月11日(月)、東京国際交流館にて『日本カー・オブ・ザ・イヤー2017-2018』の最終選考が行わ.. 続きを読む

マツダ・CX-8の3列目シートはカップラーメン食べられるほど広い

マツダ・CX-8の3列目シートはカップラーメン食べられるほど広い

マツダCX-8は、余裕でカップ麺を食べられる3列目(詳細は記事後半)が特徴の大型SUVだ。その外観を見て「CX-5に似てるな」と思った人も多いだろう。それ正解。実はボディ前端部分からフロントドアまでのパーツはCX-5と(グリル以外は)ま.. 続きを読む

ロータリーエンジンを積んだ最後のモデル、RX-8は刺激にあふれている!

ロータリーエンジンを積んだ最後のモデル、RX-8は刺激にあふれている!

▲2012年6月に生産を終えたマツダ RX-8。今回試乗する機会を得たので、過去に試乗したことを思い返しつつインプレッションしたい ロータリーエンジンは昔から良く回るエンジンだったカーセンサーでは毎年、中古車市場の発展とユーザーのカ.. 続きを読む

アルテオンにCX-8、エクリプスクロスをドライブ。格差社会はクルマにはない!?

アルテオンにCX-8、エクリプスクロスをドライブ。格差社会はクルマにはない!?

■クルマと過ごす日々 vol.13フォルクスワーゲンの高級車。トップグレードにポジションする「アルテオン」に乗ってきました。東京モーターショーでも注目だったと思いますが、見た目も走りもいいですね~。詳細はこれからレポート書きます.. 続きを読む

米・IIHS衝突試験で新型カムリ/インプレッサなどの日本車が最高評価を獲得

米・IIHS衝突試験で新型カムリ/インプレッサなどの日本車が最高評価を獲得

「IIHS」(米国高速道路安全保険協会)が12月7日、安全なクルマとして「2018トップセーフティーピック」に認定した車種を発表しました。車型ジャンル別の認定車種数は以下となっています。(計62車種)小型車 13車種 小型SUV   9車種 .. 続きを読む

【コラム】「スタイル抜群!3列SUVのキーププロポーションの秘訣はTバック!?」~マツダ CX-8

【コラム】「スタイル抜群!3列SUVのキーププロポーションの秘訣はTバック!?」~マツダ CX-8

■VOL.97 吉田由美のピンポイント&チャームポイントこれまで3列シートのクルマといえば、ミニバンが定番だと思いきや、3列シートのSUVも意外に多いのです。しかもここ最近では2016年に「アウディ Q7」、「ボルボ XC90」、今年は「マツダC.. 続きを読む

【新車】レクサスRX450hLは電動格納式3列シート付で7,690,000円

【新車】レクサスRX450hLは電動格納式3列シート付で7,690,000円

以前から3列シートSUVはありましたが、SUBARUアセントやマツダCX-8が登場するなど、ここに来て少しずつ増えています。日本市場に限らず、北米などのマーケットでもイザという時に7~8人乗れるのは、「ミニバンまでは要らないけれど」とい.. 続きを読む

運転手をダウンサイジングしたら車の燃費はアップするのか? 気になって眠れないので検証することにした

運転手をダウンサイジングしたら車の燃費はアップするのか? 気になって眠れないので検証することにした

▲乗る人が痩せたら、燃費はどのくらい変わるのでしょうか? 理論だけで語ってもおもしろくないので、実際に検証してみようと思います このままでは、私の2017年は終われないこんにちは。編集部の井上です。早いもので、もう年の瀬ですね.. 続きを読む

松野莉奈さんや鶴ひろみさん…突然死した著名人6人! 前日や直前まで元気だった人も

松野莉奈さんや鶴ひろみさん…突然死した著名人6人! 前日や直前まで元気だった人も

■鶴ひろみさん日本テレビ系『それいけ!アンパンマン』のドキンちゃん、フジテレビ系『ドラゴンボール』のブルマなどで知られる声優の鶴ひろみさんが今年11月16日、首都高速上にハザードランプをつけ停車中の乗用車の中で意識不明の状態.. 続きを読む

「アウディ TTを荷物グルマにする」という異端の、しかし意外と合理的な選択

「アウディ TTを荷物グルマにする」という異端の、しかし意外と合理的な選択

▲どこからどう見ても「荷物グルマ」には見えない2代目アウディ TTクーペですが、実はけっこう積めちゃう車なんです いわゆるDINKSのご家庭にはかなり向いてるかも?近頃けっこうお手頃になってきた2代目アウディ TTクーペ。言わずと知れ.. 続きを読む

【新車】マツダCX-5に採用された「バイオエンプラ」のフロントグリルとは?

【新車】マツダCX-5に採用された「バイオエンプラ」のフロントグリルとは?

2016年12月に発表、翌年2月からデリバリーされている新型マツダCX-5。そのフロントグリルに、「バイオエンジニアリングプラスチック(バイオエンプラ)」が採用されています。バイオエンプラは、名称からも分かるように、植物由来の原料.. 続きを読む

アウディにもあったロータリーエンジン搭載車、AUDI 200 KKMとA1 e-tron【RE追っかけ記-8】

アウディにもあったロータリーエンジン搭載車、AUDI 200 KKMとA1 e-tron【RE追っかけ記-8】

1977年、VWグループ傘下アウディに吸収されたNSUの「不運な貴公子」 Ro80の生産中止を知り、インゴルシュタットから最終型を借り出し、ババリア・アルプスを走って数年後のことです。アウディは、アウディ200に最新REを搭載した実験車を.. 続きを読む

【LAオートショー2017】マツダプレミアムの新表現「アテンザ」を世界初公開

【LAオートショー2017】マツダプレミアムの新表現「アテンザ」を世界初公開

マツダが目指しているのは、独自のプレミアム性。開幕したロサンゼルスモーターショー(LAオートショー)2017において、マツダモーターオブアメリカの毛籠 勝弘(もろまさひろ)CEOは次のように述べました。「マツダプレミアムを目指して.. 続きを読む

マツダ 低環境負荷で高質感のバイオエンジニアリングプラスチックをCX-5のフロントグリルに採用

マツダ 低環境負荷で高質感のバイオエンジニアリングプラスチックをCX-5のフロントグリルに採用

マツダは、自動車の大型外装意匠部品として使用可能なバイオエンジニアリングプラスチック(以下、バイオエンプラ)を開発し、CX-5のフロントグリルに採用することを発表した。これにより、今後、環境に優しいバイオエンプラをより広い範.. 続きを読む

【LAオートショー2017】マツダが世界最強チームとタッグを組んだレーシングカーを発表

【LAオートショー2017】マツダが世界最強チームとタッグを組んだレーシングカーを発表

日本車として唯一、ル・マン24時間耐久レースを制したことのあるマツダ。こと日本においては、ユーザー参加型ワンメイクレースなどのサポートはしていますが、ワークス的な活動には積極的ではないようにも見えます。しかし、マツダはモー.. 続きを読む

マツダ 2017年10月の生産・販売状況について(速報)

マツダ 2017年10月の生産・販売状況について(速報)

マツダ株式会社の2017年10月の生産・販売状況の概況は以下のとおり。■Ⅰ.生産■1.国内生産乗用車と商用車がともに増となり、前年同月実績を上回った(+1.2%)。■【主要車種実績】「CX-5」:3万3662台 (前年同月比+13.8%)「アクセラ」.. 続きを読む

子育てが終わった夫婦には、落ち着きと実用性のあるアクセラセダンがぴったりかもしれない

子育てが終わった夫婦には、落ち着きと実用性のあるアクセラセダンがぴったりかもしれない

もしこの車に乗るなら……という視点で人気車が持つ魅力にクローズアップ! 今回はマツダ アクセラセダンに乗ったなら、という妄想ストーリーをお届けしよう。▲アクセラはマツダのスポーツコンパクトで、セダンとハッチバックのアクセラス.. 続きを読む

NHK
製造中止のパーツ供給などを含む「NISMO ヘリテージ」活動がスタート。第1弾は「R32・GT-R」

製造中止のパーツ供給などを含む「NISMO ヘリテージ」活動がスタート。第1弾は「R32・GT-R」

2017年11月24日、日産自動車、ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル(ニスモ)、オーテックジャパンの3社が「NISMO ヘリテージ」活動を発表しました。これは、ホンダの初代NSXの「NSXリフレッシュプラン」、マツダの「NAロー.. 続きを読む

マツダ「スクラムトラック」を一部商品改良

マツダ「スクラムトラック」を一部商品改良

マツダは、高い実用性などで好評を得ている「マツダ スクラムトラック」を一部商品改良し、全国のマツダの販売店を通じて本日11月22日より発売を開始した。今回の一部商品改良では、助手席エアバッグ、助手席シートベルトプリテンショナ.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。