ポルシェの最新情報

ポルシェ に関するニュース検索結果   1252件

初期のOPTIONには、世界のペーパークラフト王・KINの作品が付属していた!【AUTO SPORT Opt./OPTION 1981年6月号/他】

初期のOPTIONには、世界のペーパークラフト王・KINの作品が付属していた!【AUTO SPORT Opt./OPTION 1981年6月号/他】

今、世の雑誌…特に女性ファッション誌には付録が付いていないと売れない!? っていうくらい、バックやらポーチやら、雑誌本体よりお高そうな付録が付いています。OPTIONにもDVDや軍手が付録されている号もありますね。創刊当時のOPTIONに.. 続きを読む

加速力はブガッティ・ヴェイロン級? ポルシェ・911ターボ次世代型の進化がスゴイ!

加速力はブガッティ・ヴェイロン級? ポルシェ・911ターボ次世代型の進化がスゴイ!

ポルシェ・911カレラのハイスペックモデル「911ターボ」次世代型を捉えました。完全なテストミュールから一転、生産型パーツを多数装備したモデルのようです。フロントマスクを見ると、ワイドでスクエア基調の「カイエン」新型風エアイン.. 続きを読む

クルマを腹に飲み込んで走るキャンピングカー、Volkner Mobilの「Performance」シリーズ

クルマを腹に飲み込んで走るキャンピングカー、Volkner Mobilの「Performance」シリーズ

最近流行のキャンピングカー。ホテルがない場所にも宿泊できるのが魅力です。例えば日の出の一瞬だけ絶景が見られるスポットでも、キャンピングカーで滞在すればその瞬間を見逃すことはありません。とはいえ、そんなスポットやキャンピン.. 続きを読む

ポルシェ 911カレラTの価格を発表

ポルシェ 911カレラTの価格を発表

ポルシェは、911モデルレンジへ新たに追加された軽量モデル、911カレラTの予約受注を、2017年12月6日より日本全国のポルシェ正規販売店にて開始する。911カレラ Tは911カレラをベースとしながらも、車高を20mm低くした標準装備のPASMスポ.. 続きを読む

クルマの性能はボディで決まる!とはどういうことか?

クルマの性能はボディで決まる!とはどういうことか?

クルマに興味を持つ人にとって、エンジンやサスペンションはかなり気になるはずだ。馬力やトルク、サスペンションの形式などは、クルマ・マニアなら話題にすることが多い。しかし、さすがにボディとなると、カタログを見ても特に記載はな.. 続きを読む

世界的に人気なSUV界の大穴? 日産 ムラーノを忘れてはいませんか?

世界的に人気なSUV界の大穴? 日産 ムラーノを忘れてはいませんか?

▲SUVの中でも各社が特に力を入れているのが高級SUVのジャンルです まだまだ人気の衰えないSUVブームどんな物事にも流行り廃りがあるように、自動車のジャンルにもそれは存在します。そんな中でも2000年前後から起こり始めた「SUVブーム」.. 続きを読む

年に1度のアクシスバザー、大人のガレージショップ「ル・ガラージュ」に注目

年に1度のアクシスバザー、大人のガレージショップ「ル・ガラージュ」に注目

六本木にあるアクシスでは、12月8日(金)・9日(土)の2日間、『アクシスバザー 2017』を開催する。この『アクシスバザー』は、年1回、毎年12月に開催するセールイベント。AXISビル内の店舗が、対象商品を特別価格にて販売する。クルマ.. 続きを読む

『ワイルド・スピード』のキャストとファンがポール・ウォーカーの4回忌に思いを寄せる

『ワイルド・スピード』のキャストとファンがポール・ウォーカーの4回忌に思いを寄せる

『ワイルド・スピード』ファミリーがポール・ウォーカーを忘れることはないようだ。同シリーズでブライアン・オコナーを演じていたウォーカーが自動車事故で他界したのは2013年11月30日のことだ。当時、シリーズ7作目の『ワイルド・スピ.. 続きを読む

煽り運転は「タコの逆襲1級」!? 今も昔もいるんです、タコな危険運転手って(汗)【OPTION 1983年9月号より】

煽り運転は「タコの逆襲1級」!? 今も昔もいるんです、タコな危険運転手って(汗)【OPTION 1983年9月号より】

我が物顔の危険運転手、毎日のように報じられる煽り運転によるトラブル……。しかし、こんなどうしようもない危険運転手って、煽った末の死亡事故をきっかけに報道されているだけで、どんな時代にもいるんですよね。そのようなアホ運転手の.. 続きを読む

「アウディ TTを荷物グルマにする」という異端の、しかし意外と合理的な選択

「アウディ TTを荷物グルマにする」という異端の、しかし意外と合理的な選択

▲どこからどう見ても「荷物グルマ」には見えない2代目アウディ TTクーペですが、実はけっこう積めちゃう車なんです いわゆるDINKSのご家庭にはかなり向いてるかも?近頃けっこうお手頃になってきた2代目アウディ TTクーペ。言わずと知れ.. 続きを読む

アウディにもあったロータリーエンジン搭載車、AUDI 200 KKMとA1 e-tron【RE追っかけ記-8】

アウディにもあったロータリーエンジン搭載車、AUDI 200 KKMとA1 e-tron【RE追っかけ記-8】

1977年、VWグループ傘下アウディに吸収されたNSUの「不運な貴公子」 Ro80の生産中止を知り、インゴルシュタットから最終型を借り出し、ババリア・アルプスを走って数年後のことです。アウディは、アウディ200に最新REを搭載した実験車を.. 続きを読む

ポルシェ・718ボクスターにも「スパイダー」設定へ!注目の高出力エンジンとは?

ポルシェ・718ボクスターにも「スパイダー」設定へ!注目の高出力エンジンとは?

ポルシェが、981型『ボクスター』に設定されていた高出力&軽量モデル「スパイダー」を『718ボクスター』にも設定することが分かりました。プロトタイプがほぼフルヌード状態であることからも、発表は数ヶ月以内と見られます。捉えた開発.. 続きを読む

アウディ・RS7スポーツバック次期型をキャッチ。初のプラグインハイブリッド投入へ

アウディ・RS7スポーツバック次期型をキャッチ。初のプラグインハイブリッド投入へ

アウディのフラッグシップ4ドアクーペ『A7スポーツバック』のハイパフォーマンスモデル『RS7 スポーツバック』次期型プロトタイプを初めてカメラが捉えました。まだテストミュールの段階であり、全てダミーパーツが装着されているようで.. 続きを読む

英国ブランド史上最強SUVとなるか? ジャガー「F-Pace SVR」の刺激的デザインが発覚

英国ブランド史上最強SUVとなるか? ジャガー「F-Pace SVR」の刺激的デザインが発覚

ジャガーのクロスオーバーSUV『F-Pace』のハードコアモデルとなる『F-Pace SVR』最新開発車両をカメラが捉えました。捉えたプロトタイプからは、ライバルとなるポルシェ『マカン ターボ』や開発中のBWM『X3 M』には見られない刺激的なデ.. 続きを読む

マイナス10度でも快適!ベントレー コンチネンタルGTC次期型、極寒でフルオープンの余裕

マイナス10度でも快適!ベントレー コンチネンタルGTC次期型、極寒でフルオープンの余裕

ベントレーの2ドアクーペ『GT』のドロップトップバージョンとなる『GTC』次期型が、豪雪のスカンジナビアでウィンターテストを開始しました。撮影時はマイナス10度の極寒状態でしたが、開発車両はルーフをオープンにし、ボディの状態を確.. 続きを読む

ミシュランの秘密 レースに参戦するからこそ、高性能タイヤが産み出せる

ミシュランの秘密 レースに参戦するからこそ、高性能タイヤが産み出せる

タイヤの秘密を探るインタビューをしてきた。クルマの性能を評価するうえで、タイヤの占める割合は意外と大きい。タイヤ次第でクルマの性能が大きく変わってしまし、だから、高性能であればあるほどいいと思うが、見た目で分からないとこ.. 続きを読む

キャバ嬢に“太客”と思わせる3つのズルいテクニック。まずはLINEのカバー写真を変更せよ

キャバ嬢に“太客”と思わせる3つのズルいテクニック。まずはLINEのカバー写真を変更せよ

いよいよ年末。忘年会が始まるこのシーズン、キャバクラに足を運ぶサラリーマンも少なくないだろう。そんなとき、せっかくキャバクラに行くならばキャバ嬢にしっかり接待してほしい、というのが男のサガではないだろうか。そこで今夜キャ.. 続きを読む

【WEC2017】第9戦 バーレーン6時間レース Goodbyeポルシェ トヨタが3連勝

【WEC2017】第9戦 バーレーン6時間レース Goodbyeポルシェ トヨタが3連勝

2017年11月16日~18日、2017年シーズンの最終戦となる第9戦「バーレーン6時間レース」がサヒール・サーキットで開催された。これがポルシェ・ワークスチームの世界耐久選手権・最終レースとなる歴史的なレースである。11月17日の午後5時3.. 続きを読む

これがポルシェ911次世代型だ!優美なリアビューを予想

これがポルシェ911次世代型だ!優美なリアビューを予想

次世代モデルの開発が進むポルシェ『911』、そのハイスペックモデル『911カレラS』のレンダリングCGを入手しました。自然吸気の廃止やハイブリッドの投入など、話題が盛り沢山の次世代型ですが、そのリアビューはこれまでで最も優美なデ.. 続きを読む

Mr.モテないカーマニアの愛車はダッジ・バイパー! 第1回モテないカーマニア選手権開催

Mr.モテないカーマニアの愛車はダッジ・バイパー! 第1回モテないカーマニア選手権開催

’80年代、若者にとってクルマはモテアイテムだったそうです。スピード命、速いクルマに乗る男はモテたそうです。しかし時代は変わり、今やクルマはモテアイテムではなくなり、道具としての役割をのぞけば、(特に速いクルマは)一部のマ.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。