ホンダの最新情報

ホンダ に関するニュース検索結果   2657件

新型BMW X3と新型ホンダ シビックをドライブ。そして大丈夫かニッポン

新型BMW X3と新型ホンダ シビックをドライブ。そして大丈夫かニッポン

■クルマと過ごす日々 vol.10今週はBMW X3とシビックに試乗しました。どっちも箱根で乗ったのですが、X3は車格も上がって滑らかさや上質感は凄いですね。レポートが例によってまだなんですけど、ライバルはアウディQ5とかベンツだとGLCあ.. 続きを読む

ホンダレーシング・サンクスデー2017 ツインリンクもてぎで12月3日に開催

ホンダレーシング・サンクスデー2017 ツインリンクもてぎで12月3日に開催

ホンダは年末恒例となっているホンダレーシングのファン感謝イベント「Honda Racing THANKS DAY 2017」をツインリンクもてぎで、2017年12月3日(日)に開催する。そのイベントに参加するドライバーのリストが公表された。■■主なカテゴリ.. 続きを読む

【新車】埼玉で作られる新型シビック・セダンは日本の道にピッタリな走りと機能

【新車】埼玉で作られる新型シビック・セダンは日本の道にピッタリな走りと機能

「ホンダ」というブランドにスポーティなイメージを持っているユーザーもいますが、近年のホンダは軽自動車やミニバンなど生活に密着した便利なクルマを生み出すメーカーという風にシフトしています。そこで、かつての走りに一家言あるユ.. 続きを読む

雨の日の運転で前が見えづらい。それ、ワイパーが原因かも!?

雨の日の運転で前が見えづらい。それ、ワイパーが原因かも!?

▲今回は雨の日の運転に必須なワイパーについて、その道のプロに話を聞いてきた! ワイパーは消耗品なので定期的な交換が必要車に乗っていれば日常的に起こることの中に、疑問には思うが、知らなくてもお店や誰かがやってくれることがある.. 続きを読む

【新車】オデッセイがマイナーチェンジ。「ホンダ・センシング」を全車標準化、力強い顔つきに変身

【新車】オデッセイがマイナーチェンジ。「ホンダ・センシング」を全車標準化、力強い顔つきに変身

2017年11月17日、ホンダ・オデッセイがマイナーチェンジを受けました。安全運転支援システムの「Honda SENSING(ホンダ・センシング)」の全車標準装備化と、フェイスリフトが主なトピックス。「ホンダ・センシング」は、ミリ波レーダー.. 続きを読む

ホンダ 新型「N-BOX」の軽量化技術がRJCテクノロジーオブザイヤーを受賞

ホンダ 新型「N-BOX」の軽量化技術がRJCテクノロジーオブザイヤーを受賞

ホンダは2017年11月15日、新型「N-BOX」に採用した軽量化技術が、特定非営利活動法人 自動車研究者ジャーナリスト会議が主催する第27回(2018年次)RJCテクノロジーオブザイヤーを受賞したことを発表した。2017年9月1日に発売した新型N-B.. 続きを読む

ホンダ・CR-Vに続くか?トヨタ・RAV4次期型、3年振りの日本復活へ期待

ホンダ・CR-Vに続くか?トヨタ・RAV4次期型、3年振りの日本復活へ期待

2016年をもって日本での販売を終了していた、トヨタのコンパクト・クロスオーバーSUV『RAV4』が、次期型で日本市場に復活する可能性があることが分かりました。海外からの情報を元に期待を込めた予想CGを制作しました。アーバンチックなC.. 続きを読む

新型ステップワゴンは、スポーツハイブリッド導入で速くて快適なミニバンへと進化した

新型ステップワゴンは、スポーツハイブリッド導入で速くて快適なミニバンへと進化した

▲発売から2年半が経ち、マイナーチェンジした5代目ステップワゴン。今回はハイブリッドモデルが追加されたスパーダに試乗した 見た目だけではなく走行性能も大きく進化した5代目へとフルモデルチェンジしたホンダ ステップワゴンに試乗し.. 続きを読む

日本一売れてるクルマN-BOX 新型の死角は純マイルドヤンキー仕様のデザイン!?

日本一売れてるクルマN-BOX 新型の死角は純マイルドヤンキー仕様のデザイン!?

今、日本のすべてのクルマの頂点に君臨しているのがホンダN-BOX。もっとも売れてるクルマであります。このN-BOXやS660など、最近のホンダは軽自動車のデザインだけはいいなあと思っていたのですが、新型N-BOXを見て不吉な予感がしました.. 続きを読む

ホンダ 「オデッセイ」をマイナーチェンジして発売

ホンダ 「オデッセイ」をマイナーチェンジして発売

ホンダは、広い室内空間と風格のあるスタイリング、優れた燃費性能と上質な走りなどで好評の上級ミニバン「オデッセイ」に、先進の安全運転支援システム「ホンダ センシング」を全タイプで標準装備するとともに、デザインや装備、使い勝.. 続きを読む

白バイに止められて「最悪」と思ったら単にマフラー音を聴きたいだけだった! 「こういう人好き」「寿命が縮まる」

白バイに止められて「最悪」と思ったら単にマフラー音を聴きたいだけだった! 「こういう人好き」「寿命が縮まる」

運転に気をつけていても突然警察から声がかかったなら「うわぁ、何やっちゃったかな」「キップ切られるのかな」と心配になりますが、あるバイク乗りの『Twitter』ユーザーが白バイに止められた時のエピソードをツイート。白バイに止めら.. 続きを読む

マカオGPでホンダ・NSX GT3がレースデビュー!

マカオGPでホンダ・NSX GT3がレースデビュー!

11月16日から開催の第64回マカオグランプリで、今年発表された新型ホンダNSXのFIA GT3マシン「HONDA NSX GT3」が実戦レースデビューを果たしました。HONDA NSX GT3が出場するのはFIA GTワールドカップ。このレースはFIA GT3マシンによる.. 続きを読む

【ネオ・クラシックカー グッドデザイン太鼓判!】第17回・欧州トレンドカーを目指した存在感。日産・パルサー(4代目)

【ネオ・クラシックカー グッドデザイン太鼓判!】第17回・欧州トレンドカーを目指した存在感。日産・パルサー(4代目)

80~90年代の日本車からグッドデザインを振り返るシリーズ。第17回は、欧州的な合理性に日本の情感を融合させた本格FFコンパクトに太鼓判です。80年代、市場拡大によりサニーやラングレー、リベルタビラなどFFコンパクトが混在していた日.. 続きを読む

若者よ!豪州を目指せ 来日中の西豪州首相が激励のエール

若者よ!豪州を目指せ 来日中の西豪州首相が激励のエール

日本の若者よ、オーストラリア留学を目指せ。異国での体験は己を磨き、文化の違いを超えた友情を育むまたとない機会となる――クラーク博士の「若者よ、大志を抱け」ではないが、来日中の豪・西オーストラリア州のマーク・マガウワン首相が.. 続きを読む

【新車】復活した「素の」シビック・ハッチバックを峠道試乗。ターボと6MTの組み合わせはどうだ?

【新車】復活した「素の」シビック・ハッチバックを峠道試乗。ターボと6MTの組み合わせはどうだ?

ホンダのグローバルモデルとしてCセグメントを担ってきたシビックが日本市場に再挑戦。9月29日の発売から累計で1.2万台の受注を集めるなど、好調なスタートダッシュを切っています。1.5リッターターボのセダンとハッチバック、2.0リッタ.. 続きを読む

ホンダ「ODYSSEY」マイチェン ― フロントマスク変更&快適装備の追加

ホンダ「ODYSSEY」マイチェン ― フロントマスク変更&快適装備の追加

ホンダはミニバン「ODYSSEY(オデッセイ)」にマイナーチェンジを施し、11月17日に販売開始する。デザインや装備、使い勝手などを向上させたほか、安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」を全タイプで標準装備とし.. 続きを読む

1億円オーバーか!? トヨタGAZOOレーシングが手がける超ド級スポーツカーとは?

1億円オーバーか!? トヨタGAZOOレーシングが手がける超ド級スポーツカーとは?

▲専用のカーボンモノコックプラットフォームに、V6ツインターボと前後2個の電気モーターが搭載されて、最高出力1000psをめざすトヨタ GRスーパースポーツ。2019年の東京モーターショーでアンベールされる予定だ 次元の違う車を想定社内カ.. 続きを読む

まるで「小さな怪獣」。ホンダ スーパーカブ50って、こんなおしゃれで楽しかったっけ!?

まるで「小さな怪獣」。ホンダ スーパーカブ50って、こんなおしゃれで楽しかったっけ!?

つい先日スーパーカブが生まれ変わった!と編集部に速報が届きました。しかし、正直スーパーカブってどうしても新聞配達な感じが抜けなくておしゃれに乗るには結構気を使わないといけないもんだとナメていたんです…。でも結構変わったら.. 続きを読む

NASVAが「ファイブスター賞」を獲得した人気SUV「C‐HR」「CX-5」の衝突試験映像を公開!

NASVAが「ファイブスター賞」を獲得した人気SUV「C‐HR」「CX-5」の衝突試験映像を公開!

独立行政法人 自動車事故対策機構(NASVA)では日本版自動車アセスメント「JNCAP」(Japan New Car Assessment Program)として、実車衝突試験に基づいた車種別衝突安全性評価を行なっています。中でも「オフセット前面衝突試験」は、フ.. 続きを読む

「自動車の主役はEVへ」に懐疑広まる…そもそも本当にエコカーか?

「自動車の主役はEVへ」に懐疑広まる…そもそも本当にエコカーか?

脱ガソリン車の流れが加速している。イギリスとフランスが2040年までにガソリン車の販売を禁止する方針を打ち出した。その背景には、両国が二酸化炭素(CO2)の排出削減などの環境問題をリードしようとする意味合いが強い。CO2削減は世界.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。