ホンダの最新情報

ホンダ に関するニュース検索結果   2529件

【ワークスチューニング試乗会】無限・フィットの走りは往年の「無限POWER」シビックを思い起こさせる

【ワークスチューニング試乗会】無限・フィットの走りは往年の「無限POWER」シビックを思い起こさせる

ワークスチューニングとは、無限(ホンダ)、TRD(トヨタ)、NISMO(日産)、STI(スバル)といったメーカー直系のレーシング部門といえる組織が、そのノウハウを市販車向けにフィードバックして生み出されたチューニングをイメージさせ.. 続きを読む

ホンダ、F1惨敗でマクラーレンから見捨てられ…職人魂を喪失、ただの量産車メーカー化

ホンダ、F1惨敗でマクラーレンから見捨てられ…職人魂を喪失、ただの量産車メーカー化

ホンダがF1の戦略的パートナーであるマクラーレンと決別した。実際には、エンジンを供給するホンダがマクラーレンに見捨てられたといえる。ホンダ製エンジンは4月にスペインで行われた開幕前の合同テストから不調続きで、今シーズンの成.. 続きを読む

【繁浩太郎の言いたい放題】元ホンダの開発統括が新型N-BOXを試乗&解剖

【繁浩太郎の言いたい放題】元ホンダの開発統括が新型N-BOXを試乗&解剖

新型N-BOXの試乗会に参加し、試乗フィーリングと担当エンジニアに軽自動車のユーザー調査に関する取材もさせてもらいましたので、合わせてレポートします。■■ユーザー調査結果を開発へ反映するホンダによると軽自動車の売れ筋は、スーパ.. 続きを読む

【フランクフルトモーターショー2017】注目の車を紹介

【フランクフルトモーターショー2017】注目の車を紹介

▲2年に一度、フランクフルトメッセで開催されるフランクフルトモーターショー。各メーカーが巨大なブースを設置していた デビューラッシュだったフランクフルトモーターショー2017欧州三大自動車ショーのひとつであり、2年に一度開催され.. 続きを読む

ホンダ 「SHUTTLE」を一部改良しホンダ センシングを全タイプに標準装備

ホンダ 「SHUTTLE」を一部改良しホンダ センシングを全タイプに標準装備

ホンダは、クラス最大の優れた使い勝手のラゲッジスペースと、上質なエクステリアデザインなどで好評を得ているコンパクトステーションワゴン「シャトル」をマイナーチェンジ。先進の安全運転支援システム「ホンダ センシング」を全タイ.. 続きを読む

ホンダ・オデッセイに肉薄なるか? 米最高評価、キア「セドナ」にスポーティな改良型

ホンダ・オデッセイに肉薄なるか? 米最高評価、キア「セドナ」にスポーティな改良型

韓国・キアのミニバン『セドナ』(本国名・カーニバル)の改良型テスト車輌を捕捉しました。「セドナ」は、2017年米国IIHS(道路安全保険協会)から、衝突実験で最高評価となる「トップセーフティピック+」に認定された、韓国を代表する.. 続きを読む

キープコンセプトではない! 新型NーBOXのデザインは「いい道具」から「上質な乗用車」へ

キープコンセプトではない! 新型NーBOXのデザインは「いい道具」から「上質な乗用車」へ

ヒット作の2代目として、基本スタイルを踏襲しつつ「洗練」と「上質」をテーマに掲げて登場した新型ホンダ・N-BOX。先代との違いは一体どこにあるのか、内外装を担当した3人のデザイナーに話を伺いました。──  まず、基本はあくまで「先.. 続きを読む

【ワークスチューニング試乗会】クロスオーバーとしてのほどよいバランス。ニスモが手を入れたエクストレイル

【ワークスチューニング試乗会】クロスオーバーとしてのほどよいバランス。ニスモが手を入れたエクストレイル

ワークスチューニング・グループとは、NISMO(日産)、TRD(トヨタ)、無限(ホンダ)、STI(スバル)といった、メーカー直系のレーシングテクノロジーを市販車向けのアイテムにフィードバックしている4社が、共同で行なっている活動です.. 続きを読む

【ネオ・クラシックカー グッドデザイン太鼓判!】第12回・特別を前面に出さなかった異才スポーツ。 トヨタ・MR2(初代)

【ネオ・クラシックカー グッドデザイン太鼓判!】第12回・特別を前面に出さなかった異才スポーツ。 トヨタ・MR2(初代)

80~90年代の日本車からグッドデザインを振り返るシリーズ。第12回は、希有なミドシップカーを身近な存在にしたコンパクト・スポーツに太鼓判です。省エネブームの中、ファン・トゥ・ドライブなスポーツを模索していたトヨタが、1984年、.. 続きを読む

軽が欲しいなら、車内の広さを見て選ぼう【クローズアップ後編】

軽が欲しいなら、車内の広さを見て選ぼう【クローズアップ後編】

この車に乗るなら……という視点で人気車が持つ魅力に注目するカーセンサー(雑誌)の連載。今回はスズキ ワゴンRをクローズアップ!▲日本の風景にしっくりと馴染むスズキ ワゴンR。家の近くを走っていると「おっ、新車買ったね」とご近所.. 続きを読む

【新車】ホンダ・シャトルが商品改良、先進安全装備と第2世代ハイブリッドを採用

【新車】ホンダ・シャトルが商品改良、先進安全装備と第2世代ハイブリッドを採用

ホンダの5ナンバー・ステーションワゴン「SHUTTLE(シャトル)」がマイナーチェンジ、2017年9月15日より発売されました。目立った変更点は、安全運転支援システム「Honda SENSING(ホンダ センシング)」を全タイプに標準装備(レスオプ.. 続きを読む

予選Q1走行決定はディナーの席で伝えられた!? 鈴鹿1000kmのジェンソン・バトン参戦レポート【SUPER GT SUZUKA 1000km 】

予選Q1走行決定はディナーの席で伝えられた!? 鈴鹿1000kmのジェンソン・バトン参戦レポート【SUPER GT SUZUKA 1000km 】

8月26日(土)、27日(日)、大好きなジェンソン・バトン選手を応援しに鈴鹿サーキットで開催された「SUPER GT SUZUKA 1000km 」に行ってきました!これまで鈴鹿1000kmレポートその①、その②、その③と紹介してきましたが、今回は大本命、.. 続きを読む

【フランクフルトショー】ホンダ 「アーバンEVコンセプト」を世界初公開

【フランクフルトショー】ホンダ 「アーバンEVコンセプト」を世界初公開

ホンダの英国現地法人であるホンダモーターヨーロッパ・リミテッドは、2017年9月12日から開催されている2017年フランクフルトモーターショーにおいて、ホンダが「アーバンEVコンセプト」を世界初公開したことを発表した。新開発のEV専用.. 続きを読む

次期ホンダ ヴェゼルにも2モーター式ハイブリッドを採用

次期ホンダ ヴェゼルにも2モーター式ハイブリッドを採用

▲まだデザインはアイデア出しの段階にあって、決まってはいないが、スクープ班はキープコンセプトのまま刷新されるのではないかと、予想する次期ホンダ ヴェゼル アコードにも採用されるシステムに進化まだモデルライフ途中のマイナーチ.. 続きを読む

ギアは手で動かしたい!予算200万円以下で買える国産MT車・5選【新車】

ギアは手で動かしたい!予算200万円以下で買える国産MT車・5選【新車】

スズキのグローバルコンパクトカー、スイフトにスポーティモデルのスイフトスポーツが追加されました。車両重量は1トン切り、車両本体価格も200万円以下に抑えているのが特徴です。ここでは軽自動車を除いた国産乗用車の中から予算200万.. 続きを読む

【ワークスチューニング試乗会】無限が手がけるとヴェゼルがSUVからホットハッチに変身!

【ワークスチューニング試乗会】無限が手がけるとヴェゼルがSUVからホットハッチに変身!

ワークスチューニングとは、無限(ホンダ)、TRD(トヨタ)、NISMO(日産)、STI(スバル)といったメーカー直系のレーシング部門といえる組織が、そのノウハウを市販車向けのアイテムにフィードバックして生み出されたチューニングのこ.. 続きを読む

実はニッチなカテゴリー!? 中古車で狙える「3列シートSUV」オススメ5車種【中古車選び】

実はニッチなカテゴリー!? 中古車で狙える「3列シートSUV」オススメ5車種【中古車選び】

2017年9月14日、マツダはSUVのフラッグシップモデルとしてCX-8を発表しました。CX-8はSUVながら6~7人乗りが可能な3列シートを採用しているのが特徴です。3列シートSUVは輸入車を含んでも月販3000台というマーケット。今回発表されたCX-8.. 続きを読む

【ワークスチューニング試乗会】ニスモ・チューンでノート e-POWERが峠道最速マシンになる!?

【ワークスチューニング試乗会】ニスモ・チューンでノート e-POWERが峠道最速マシンになる!?

ワークスチューニング・グループとは、NISMO(日産)、TRD(トヨタ)、無限(ホンダ)、STI(スバル)といった、メーカー直系のレーシングテクノロジーを市販車向けのアイテムにフィードバックしている4社が、共同で行なっている活動です.. 続きを読む

【ワークスチューニング試乗会】トヨタ・ミニバン軍団の走りをグッと引き締めるTRDのチューニングメニュー

【ワークスチューニング試乗会】トヨタ・ミニバン軍団の走りをグッと引き締めるTRDのチューニングメニュー

ワークスチューニングというグループの存在をご存じでしょうか。ここでいうワークスとはメーカー直系のレース活動を意味しています。そうしたレース活動でのノウハウをストリート用チューニングアイテムにフィードバックしているのがワー.. 続きを読む

【新車】ホンダ・シャトルがマイナーチェンジ。先進安全装備「ホンダ・センシング」を全車標準化

【新車】ホンダ・シャトルがマイナーチェンジ。先進安全装備「ホンダ・センシング」を全車標準化

日本の狭い道路や駐車場事情でもストレスなく使える5ナンバーサイズの国産ステーションワゴンであるホンダ・シャトルは、カローラ・フィールダーとともにいまや希少な存在になっています。シャトルはこうした扱いやすいコンパクトボディ.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。