ヘッドライトの最新情報

ヘッドライト に関するニュース検索結果   1585件

アウディ 新世代ウルトラ技術を満載した「Q5」、「SQ5」を発表 vol.1

アウディ 新世代ウルトラ技術を満載した「Q5」、「SQ5」を発表 vol.1

2017年9月20日、アウディ・ジャパンは8年振りにフルモデルチェンジし、第2世代となるミッドサイズのSUV「Q5」、「SQ5」を発表し、10月2日から発売を開始する。今回フルモデルチェンジを果たしたQ5は、最新の縦置きエンジン用モジュラー・.. 続きを読む

クルマをスマホでカスタマイズ! 「GRコンフィギュレーター」の舞台裏を直撃

クルマをスマホでカスタマイズ! 「GRコンフィギュレーター」の舞台裏を直撃

Image: ギズモード・ジャパン リアルなスポーツカーのカスタマイズを楽しもう。クルマが欲しい。そう思い立ったら、みなさんどうしますか? まずはカタログなどを見るでしょう。そして気になるクル.. 続きを読む

秋の夕方は交通事故が多い「魔の時間」!?【豆知識】

秋の夕方は交通事故が多い「魔の時間」!?【豆知識】

JAF(日本自動車連盟)が発表したデータよると、2011年~2013年に発生した全交通事故を発生時間帯別に見ると2つのピークがあることがわかりました。それは朝7時~9時までと夕方の5時~7時までです。これは通勤や通学、そして買い物など多.. 続きを読む

IDC2017出場選手が多数参戦!D1ロシアで「世界のドリフト」を見てきた!【IDC2017】

IDC2017出場選手が多数参戦!D1ロシアで「世界のドリフト」を見てきた!【IDC2017】

いよいよ開催が近づいてきたINTERCONTINENTAL DRIFTIMG CUP 2017。同大会に出場する選手が日本人選手も含めて多数出場するというD1ロシア大会「D1 ASIA PACIFIC PRIMRING GRANDPRIX」が9月16~17日にロシアのプリムリングで開催されまし.. 続きを読む

公開はジュネーブ?パリ? FF化されるBMW次期1シリーズ、新デザインのワイドグリル見えた!

公開はジュネーブ?パリ? FF化されるBMW次期1シリーズ、新デザインのワイドグリル見えた!

BMWのエントリーハッチバックモデル『1シリーズ』 5ドアの次期型プロトタイプが、また一つカモフラージュを脱ぎました。新たに露出したのは新デザインのキドニーグリルです。現行モデルより明らかにワイドになっているのが確認できます。.. 続きを読む

10年振りの大刷新!ジープ ラングラー次期型は「ハリケーン」エンジンを搭載

10年振りの大刷新!ジープ ラングラー次期型は「ハリケーン」エンジンを搭載

米クライスラー傘下の「ジープ」が1987年から販売する本格クロスカントリー『ラングラー』の次期型プロトタイプを捉えました。3代目現行モデルは2007年に発売されており、4代目次期型は10年振りのフルモデルチェンジとなります。車体前後.. 続きを読む

V12搭載モデルも!? BMW M8コンバーチブル、開発車両が初公道テストへ!

V12搭載モデルも!? BMW M8コンバーチブル、開発車両が初公道テストへ!

BMW最強オープンモデルとなる『M8コンバーチブル』プロトタイプが、初の公道テストを開始しました。先日の『M8クーペ』に続いての試作車で、ヘッドライトにはまだダミーが装着されています。フロントエンドはクーペとほぼ同じデザインが.. 続きを読む

MINIで人気の“アイス・ブルー”が400台限定で復刻!

MINIで人気の“アイス・ブルー”が400台限定で復刻!

「毎日がスペシャル♪」という竹内まりやさんの曲ではないけれど、いまや1年365日、すべての日が何らかの記念日になっている。クルマでいえば、ミニの日(3月2日)や四輪駆動の日(4月4日)、スーパーカーの日(11月1日)などが有名だろう.. 続きを読む

「美しい物は売れる」創業者の意思を具現化した最新モデルとは?【意外と知らないクルマメーカーの歴史・ジャガー編】

「美しい物は売れる」創業者の意思を具現化した最新モデルとは?【意外と知らないクルマメーカーの歴史・ジャガー編】

イギリス生まれの自動車メーカーであるジャガー。ひと昔前までは老齢の紳士に似合うようなクラシックなクルマを販売していましたが、現在はスポーティかつスタイリッシュな若々しいモデルを販売しています。そもそもジャガーは、1922年に.. 続きを読む

【新車】ジープ快進撃の立役者、ジープ・レネゲードに279万7200円の2周年記念車が登場

【新車】ジープ快進撃の立役者、ジープ・レネゲードに279万7200円の2周年記念車が登場

2015年9月、従来のジープのイメージを覆すようなポップな内・外装、カラーリングで登場したレネゲード。丸型ヘッドライトやセブンスロットグリルに代表されるジープらしさはしっかり踏襲されていて、乱立するコンパクトSUVの中でも確かな.. 続きを読む

アクア・クロスオーバー試乗レポート 市街地の日常使いで強みを発揮

アクア・クロスオーバー試乗レポート 市街地の日常使いで強みを発揮

2017年6月にアクアはマイナーチェンジを受け、X-URBANを新たなグレード「CROSSOVER」として設定した。エクステリア、インテリアをはじめ多くの改良が行なわれたアクア・クロスオーバーに試乗したので、詳細をお伝えしよう。<レポート:.. 続きを読む

普通のオジさんがランボルギーニに乗ってみたら【アヴェンタドールS試乗】

普通のオジさんがランボルギーニに乗ってみたら【アヴェンタドールS試乗】

ランボルギーニ。幼少の頃スーパーカーブームを経験した我々世代にはなんとも特別な響きです。カウンタックのあの独特の跳ね上がるドアやパカッと開くヘッドライトに魅了される小学生でした。フェラーリ512BB(ベルリネッタ・ボクサーと.. 続きを読む

噂は本当だった!フルサイズの125ccバイクがついに来日。 スズキ「GSX-S125」日本登場。

噂は本当だった!フルサイズの125ccバイクがついに来日。 スズキ「GSX-S125」日本登場。

去年末にスズキから発表されたGSXシリーズの125モデル。しかし、海外のみで発売され、日本のユーザーは「おあずけ」なのかと待ち望んでいた所……、ついに日本でも発売が決定しました!125ccのMT車というだけで現行モデルの中では珍しいで.. 続きを読む

夜間の衝突事故撲滅に威力を発揮する「眩しくないハイビーム」テクノロジーとは?

夜間の衝突事故撲滅に威力を発揮する「眩しくないハイビーム」テクノロジーとは?

日没が早まるこの時期、歩行者や2輪車の存在をうっかり見落とす可能性があることから、秋の全国交通安全運動の重点項目としてハイビームの使用が推奨される傾向にあります。夜間に道路横断中の死亡事故が全国で年間600件規模で発生してお.. 続きを読む

【新車】新型Q2とどちらを選ぶ? アウディQ3が一部改良して装備を充実化

【新車】新型Q2とどちらを選ぶ? アウディQ3が一部改良して装備を充実化

新型コンパクトSUVのアウディQ2に加えて、Q3も従来からラインナップしているアウディ。Q3のボディサイズは、全長4400×全幅1830×全高1615mmで、新型Q2の全長4200×全幅1795×全高1500mmよりもサイズ的にはひと回り大きくなっています。居住.. 続きを読む

【新車】アウディSUVの核となる新型Q5/SQ5が登場!! 価格は657万円~

【新車】アウディSUVの核となる新型Q5/SQ5が登場!! 価格は657万円~

2009年に日本デビューを飾ったアウディQ5/SQ5が9月20日にフルモデルチェンジを受けました。発売から8年かけて世界で160万台を突破し、モデル末期の昨年も約28万台に達するなど、アウディのSUVであるQシリーズのコアとなるモデルであるだ.. 続きを読む

ブランドの存在感を示す、あの「マスコット」の発案者とは?【意外と知らないクルマメーカーの歴史・ロールス・ロイス編】

ブランドの存在感を示す、あの「マスコット」の発案者とは?【意外と知らないクルマメーカーの歴史・ロールス・ロイス編】

クルマに詳しくない方でも知らない方は居ないであろう「ロールス・ロイス」。1906年に創業され、チャールズ・スチュワート・ロールズとフレデリック・ヘンリー・ロイスという2名の創業者にちなんで「ロールス・ロイス」と名付けられた、.. 続きを読む

ホンダ・オデッセイに肉薄なるか? 米最高評価、キア「セドナ」にスポーティな改良型

ホンダ・オデッセイに肉薄なるか? 米最高評価、キア「セドナ」にスポーティな改良型

韓国・キアのミニバン『セドナ』(本国名・カーニバル)の改良型テスト車輌を捕捉しました。「セドナ」は、2017年米国IIHS(道路安全保険協会)から、衝突実験で最高評価となる「トップセーフティピック+」に認定された、韓国を代表する.. 続きを読む

フォルクスワーゲン・ゴルフGTI試乗レポート マイナーチェンジで10psアップしたゴルフGTI

フォルクスワーゲン・ゴルフGTI試乗レポート マイナーチェンジで10psアップしたゴルフGTI

2017年5月にマイナーチェンジを受けた7代目ゴルフは、デジタル化をキーワードにデジタルメータークラスターの採用や新世代インフォテイメント、Discover Proの搭載、コネクテッドといった機能を搭載してきた。今回試乗したGTIも同様に変.. 続きを読む

新開発4リットルエンジン搭載。メルセデス最強オフローダーAMG G63次世代型のリアルパーツ見えた!

新開発4リットルエンジン搭載。メルセデス最強オフローダーAMG G63次世代型のリアルパーツ見えた!

メルセデスの本格オフローダー『Gクラス』(ゲレンデヴァーゲン)のハイパフォーマンスモデル『AMG G63』のプロトタイプをキャッチしました。以前捉えた開発車両との違いは、ヘッドライト&テールライトに次世代リアルパーツが装着されて.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。