ブレイクの最新情報

ブレイク に関するニュース検索結果   8827件

斉藤由貴は7位!アラフィフと聞いて意外な女性ランキング「えっもう50歳だったの!」

斉藤由貴は7位!アラフィフと聞いて意外な女性ランキング「えっもう50歳だったの!」

いつまでも若々しさを保ちたい女性は多いはず。せめて少しでも年齢に抗うことができれば……なんて願いを抱いている人もいることでしょう。そんな私たち一般人の願望を具現化した存在が芸能人。元の造りが違うというのもありますが、実年齢.. 続きを読む

これぞ奇跡のアラフィフ!石田ゆり子に学ぶ「最強若見えテク」3つ

これぞ奇跡のアラフィフ!石田ゆり子に学ぶ「最強若見えテク」3つ

“奇跡のアラフィフ”こと、女優の石田ゆり子(47歳)。以前から美人女優としての位置を確立していた彼女ですが、昨年放送されたドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)で、再ブレイク!年齢を感じさせない透明感と、色褪せないキュー.. 続きを読む

テレビで火がつき1年待ち! 職人が作るこだわり鮭キムチとは

テレビで火がつき1年待ち! 職人が作るこだわり鮭キムチとは

今年4月にテレビで紹介されブレイクした「くにをの鮭キムチ」250g/1080円。話題になったので名前くらいは聞いた方も多いのではないでしょうか。現在も注文が殺到し、品薄状態が続く人気商品です。それから4ヵ月たっても、「北海道どさん.. 続きを読む

斉藤由貴、また不倫でテレビ局が一斉に起用自粛…再ブレイク→芸能界干され状態に転落

斉藤由貴、また不倫でテレビ局が一斉に起用自粛…再ブレイク→芸能界干され状態に転落

8月3日発売の「週刊文春」(文藝春秋)によって50代の開業医との“W不倫&手つなぎ写真”が報じられた女優の斉藤由貴。同誌発売日夜、斉藤は釈明会見を開き、相手の男性は「家族みんながお世話になっている主治医」で、「一線を超えたのか.. 続きを読む

大盛り10円、特盛り20円といえばココ!新潟市の「麺屋しゃがら」

大盛り10円、特盛り20円といえばココ!新潟市の「麺屋しゃがら」

大盛り10円、特盛り20円で大ブレイク!!新潟市には、ボリュームたっぷりの自家製麺をおいしく食べられると人気のお店があります。お店の名前は「麺屋しゃがら」。逆さになっている「ラーメン」の看板がひと際目を引きます。あまりの人気.. 続きを読む

【高校野球】大会最多記録更新ペースでホームラン量産中。高校野球で金属バットを使うわけとは?

【高校野球】大会最多記録更新ペースでホームラン量産中。高校野球で金属バットを使うわけとは?

甲子園の常連、明徳義塾(高知)の馬淵史郎監督も「びっくりするほど多い」と驚嘆する現象が、今年の夏の甲子園で起きている。出場全49代表が出揃った14日の第7日までに出たホームランの数は実に37本。この時点で、早くも昨夏の大会通算.. 続きを読む

『関ジャム完全燃SHOW』次に来る!注目アーティスト10組を紹介、鬼龍院翔にとって“怖い”バンドとは?

『関ジャム完全燃SHOW』次に来る!注目アーティスト10組を紹介、鬼龍院翔にとって“怖い”バンドとは?

関ジャニ∞によるテレビ朝日の音楽バラエティ番組『関ジャム完全燃SHOW』が8月20日に放送、『音楽業界のクセ者が選ぶ次来るアーティスト10』と題し、業界のクセ者たちが今後ブレイクが期待される注目のアーティストを紹介した。“クセ者”ゲ.. 続きを読む

「VOGUE JAPAN」表紙にYOSHIKI登場 日本人男性として創刊以来初

「VOGUE JAPAN」表紙にYOSHIKI登場 日本人男性として創刊以来初

X JAPANのYOSHIKIが、 8月28日発売の「VOGUE JAPAN」の表紙を飾る。 日本人男性がVOGUEの表紙に起用されるのは、 本誌創刊以来18年ある歴史の中で初。「VOGUE」は、 世界22の国と地域で発行されている世界で最も影響力のある女性ファッシ.. 続きを読む

X JAPAN・YOSHIKI、日本人男性初の快挙「VOGUE JAPAN」表紙に抜擢 手術後初の撮影に

X JAPAN・YOSHIKI、日本人男性初の快挙「VOGUE JAPAN」表紙に抜擢 手術後初の撮影に

【YOSHIKI/モデルプレス=8月21日】X JAPANのYOSHIKIが、 8月28日発売の『VOGUE JAPAN』の表紙を飾ることがわかった。日本人男性がVOGUEの表紙に起用されるのは、創刊以来18年ある歴史の中で初めて。『VOGUE』は、世界22の国と地域で発.. 続きを読む

【伝説】ドラマ『池袋ウエストゲートパーク』に出ていた俳優は絶対ブレイクする説 / 高橋一生、妻夫木聡など

【伝説】ドラマ『池袋ウエストゲートパーク』に出ていた俳優は絶対ブレイクする説 / 高橋一生、妻夫木聡など

どんな人気俳優にも無名の時期、今ほど売れていなかった時期が存在するものだ。下積み時代を経て、ある作品への出演をきっかけに一気にスターダムにのし上がる。そういった光景を私たちは何度も見てきた。ところで、あなたはスターを何人.. 続きを読む

YOSHIKI、日本人男性初の快挙 メインテーマが「ROCK STAR」の雑誌『VOGUE JAPAN』10月号の表紙を飾る

YOSHIKI、日本人男性初の快挙 メインテーマが「ROCK STAR」の雑誌『VOGUE JAPAN』10月号の表紙を飾る

X JAPANのYOSHIKIが、8月28日発売の『VOGUE JAPAN』の表紙を飾ることが明かされた。日本人男性が『VOGUE』の表紙に起用されるのは、本誌創刊以来18年ある歴史の中で初。『VOGUE』は、 世界22の国と地域で発行されている世界で最も影響力.. 続きを読む

日本でも再ブーム到来!「プリズン・ブレイク」中毒になる理由を分析

日本でも再ブーム到来!「プリズン・ブレイク」中毒になる理由を分析

先日、ついに日本でもリリースを開始した海外ドラマ「プリズン・ブレイク シーズン5」。死んだはずの主人公マイケルが生きていたという驚きの設定で8年ぶりに動き出した本シリーズは、2010年の放送開始当時からアメリカ本国のみならず、.. 続きを読む

「手料理を食べたいNO1」の木村文乃はイカもさばけなかった!

「手料理を食べたいNO1」の木村文乃はイカもさばけなかった!

ドラマ「ボク、運命の人です。」(日本テレビ系)でヒロインを演じ話題を呼んだ木村文乃。16日から深夜ドラマ「伊藤くん A to E」(TBS系)がスタート。来年には岡田将生とのW主演で映画化され、女優として確実にブレイクしつつある。ま.. 続きを読む

「19」の現在は? 90年代歌手の意外な転身

「19」の現在は? 90年代歌手の意外な転身

流行の移り変わりが激しい音楽業界では、時代とともにテレビなどのメディアから姿を消してしまう歌手も多い。かつて一世を風靡したあのアーティストは今どこで何をしてるのか、今回は意外な転身を遂げた90年代の歌手について紹介しよう。.. 続きを読む

ブルゾンちえみ、高校時代の“成績は学年トップ”だった!

ブルゾンちえみ、高校時代の“成績は学年トップ”だった!

8月13日放送の『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)に、お笑い芸人のブルゾンちえみ(27)が出演。大学受験に失敗した際に、高校の恩師が励ましてくれたエピソードを明かした。この日の番組は“あの人から学びましたSP ”と題し、ゲ.. 続きを読む

こんなに沢山!? 映画『エイリアン:コヴェナント』が参考にしたアートの数々

こんなに沢山!? 映画『エイリアン:コヴェナント』が参考にしたアートの数々

Image: HERROZZY/Vimeoこの映画は芸術作品として鑑賞するべきです。映画『エイリアン』の前日譚にして『プロメテウス』の続編『エイリアン:コヴェナント』。これまでにもレオナルド・ダ・ヴィンチの『最後の晩餐』を模したシーンや、ポ.. 続きを読む

『ワイドナ』松本人志の追及に井上公造が「芸能事務所からの圧力ない」と! 大手芸能プロの腰巾着ぶりに失笑

『ワイドナ』松本人志の追及に井上公造が「芸能事務所からの圧力ない」と! 大手芸能プロの腰巾着ぶりに失笑

20日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)で松本人志が、芸能タブーに関する発言をして注目を浴びている。「フジテレビに怒ってるんですよ。世の中的には宮迫(博之の不倫)より上原多香子の不倫のほうが興味があるわけです。それを.. 続きを読む

キング・オブ・ヒップホップが真摯に暮らしを見つめる傑作 ジェイ・Z『4:44』(Album Review)

キング・オブ・ヒップホップが真摯に暮らしを見つめる傑作 ジェイ・Z『4:44』(Album Review)

当初は、ジェイ・Z自身が運営する配信サービス「TIDAL」と大手通信サービス社スプリントの提携により、限定的な先行配信が混乱を引き起こしたりもしていたが、その後フィジカル・リリースや各社配信サービスでのリリースも進んだジェイ・.. 続きを読む

男子に「ブルゾンちえみに似てるね」って言われたのは脈アリですか?

男子に「ブルゾンちえみに似てるね」って言われたのは脈アリですか?

男子からいきなり「ブルゾンちえみに似てるね」と言われたら、あなたはどんな風に感じますか? 憧れてたから嬉しい? それとも、目指している方向とは違って微妙……? では、このセリフを吐く男子って脈アリだと思いますか!? 魑魅魍魎.. 続きを読む

芸能界の”奴隷契約”と置屋事業対策に進む公正取引委員会|やまもといちろうコラム

芸能界の”奴隷契約”と置屋事業対策に進む公正取引委員会|やまもといちろうコラム

山本一郎(やまもといちろう)です。よく製作委員会でコンテンツ投資をやるにあたって、日米と欧州、中国その他の契約の違いに直面することがあるわけなんですが、先日、典型的な事例が日本で勃発し、『週刊文春』(文藝春秋)が正面から.. 続きを読む

前のページ
次のページ

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。