ブルース・ウィリスの最新情報

ブルース・ウィリス に関するニュース検索結果   170件

『サバイバー:宿命の大統領』キーファー・サザーランドの義理の母役が決定!

『サバイバー:宿命の大統領』キーファー・サザーランドの義理の母役が決定!

米国政府に関する陰謀を描くドラマシリーズ『サバイバー:宿命の大統領』のシーズン2で、主人公トム・カークマン大統領を演じるキーファー・サザーランドの義理の母親役が決定したことが分かった。米Hollywood Reporterが報じている。本.. 続きを読む

今日は「靴の日」!お気に入りの一足を履いて秋のお出かけ

今日は「靴の日」!お気に入りの一足を履いて秋のお出かけ

9月の声を聞いた途端、気温が下がり秋の訪れを一気にそこかしこで感じている日本列島です。そして今日、9月2日は「靴の日」。銀座に本店を構える某シューズショップが、9→く、2→つと語呂合わせをして1992年に制定されたそうです。他にも3.. 続きを読む

ブラッド・ピットとデミ・ムーア、ヨガでロマンスが再燃!?

ブラッド・ピットとデミ・ムーア、ヨガでロマンスが再燃!?

アンジェリーナ・ジョリーに、突然離婚を突き付けられたブラッド・ピット(54)と、アシュトン・カッチャーに浮気された末、捨てられたデミ・ムーア(54)が、ヨガを通じて大接近しているようだ。「ブラッドは離婚騒動以来、精神の奥深くまで.. 続きを読む

ジェット・リー、事故死スタントマン遺族に寄付

ジェット・リー、事故死スタントマン遺族に寄付

ジェット・リーが、「エクスペンダブルズ2」の撮影中に起きた事故で亡くなったスタントマンの遺族に約8000万円を寄付したようだ。ジェットは、2011年に同作の撮影中、爆破シーンで怪我を負い他界したスタントマンのリュウ・クンさん(享.. 続きを読む

ベラ・ハディッド、女優を目指すも「セリフの暗記が不安」 役者達はどんな苦労を?

ベラ・ハディッド、女優を目指すも「セリフの暗記が不安」 役者達はどんな苦労を?

人気モデルとして活動中のベラ・ハディッドは、女優の道にも進み仕事の幅を広げたいと考えている。これだけの美貌と完璧なプロポーションがあれば映画界も彼女を歓迎するだろうが、ベラには心配事があるもよう。それは「自分には長いセリ.. 続きを読む

デミ・ムーアの長女に、せっかく削ったのにまた顔が伸びた?と憐れみの声殺到

デミ・ムーアの長女に、せっかく削ったのにまた顔が伸びた?と憐れみの声殺到

デミ・ムーアの長女で、父親のブルース・ウィリスに激似と言われている長女のルーマー・ウィリスの顔が、また伸びたのではないかと話題になっている。ブルースに似て、長くて細いポテト顔にコンプレックスを持っていたというルーマーだが.. 続きを読む

            凛として時雨、「DIE meets HARD」MVにブルース・ウィリスのそっくりさん!?

凛として時雨、「DIE meets HARD」MVにブルース・ウィリスのそっくりさん!?

凛として時雨が8月23日にリリースするニューシングル「DIE meets HARD」のMVを公開した。テレビ東京系ドラマ24『下北沢ダイハード~人生最悪の一日~』のオープニングテーマとなっている今回の楽曲は、ドラマの総合演出を務める関和亮を.. 続きを読む

凛として時雨、“ピストルを持ちながら下着泥棒をするのが性癖”な人物が登場する新曲「DIE meets HARD」のMV解禁

凛として時雨、“ピストルを持ちながら下着泥棒をするのが性癖”な人物が登場する新曲「DIE meets HARD」のMV解禁

凛として時雨が8月23日にリリースするシングル「DIE meets HARD」のミュージックビデオを公開した。テレビ東京系ドラマ24『下北沢ダイハード~人生最悪の一日~』のオープニングテーマとなっている同曲。ドラマの総合演出を務める関和亮.. 続きを読む

凛として時雨 ブルース・ウィリスそっくりさん出演の新曲「DIE meets HARD」ミュージックビデオ公開

凛として時雨 ブルース・ウィリスそっくりさん出演の新曲「DIE meets HARD」ミュージックビデオ公開

凛として時雨が、8月23日にリリースする新曲「DIE meets HARD」のミュージックビデオを公開した。テレビ東京系ドラマ24『下北沢ダイハード~人生最悪の一日~』のオープニングテーマとなっている今回の楽曲は、ドラマの総合演出を務める.. 続きを読む

    ヴィン・ディーゼルが『特捜刑事マイアミ・バイス』のリブートを計画中

ヴィン・ディーゼルが『特捜刑事マイアミ・バイス』のリブートを計画中

『ワイルド・スピード』シリーズのスターであるヴィン・ディーゼルが、80年代の超人気刑事ドラマ『特捜刑事マイアミ・バイス』をリブートするべく準備を進めているという。(あのノリのいいテーマ曲とフラミンゴも復活するのだろうか?).. 続きを読む

『アメホラ』サラ・ポールソン、M・ナイト・シャマラン新作映画へ出演

『アメホラ』サラ・ポールソン、M・ナイト・シャマラン新作映画へ出演

ヒットメーカー、ライアン・マーフィーの人気作『アメリカン・ホラー・ストーリー』で活躍するサラ・ポールソンが、M・ナイト・シャマラン(『ウェイワード・パインズ 出口のない街』)の新作スリラー映画『Glass(原題)』に出演するこ.. 続きを読む

“世界一ツイてない男”ブルース・ウィリスが帰ってきた! 最新主演作公開決定

“世界一ツイてない男”ブルース・ウィリスが帰ってきた! 最新主演作公開決定

“世界一ツイてない男”としておなじみの名優ブルース・ウィリスの単独主演映画『バッド・ウェイヴ』が、10月7日より日本公開されることが決定。併せて、予告編とポスタービジュアルが解禁となった。【関連】『REDリターンズ』フォトギャラ.. 続きを読む

アシュトン・カッチャー、浮気報道にガチギレ! Twitterでビジネスマンらしく辛辣に反論

アシュトン・カッチャー、浮気報道にガチギレ! Twitterでビジネスマンらしく辛辣に反論

エンジェル投資家としても世間から一目置かれている俳優のアシュトン・カッチャー(39)に、浮気疑惑が発覚した。若い女性とプライベートジェットに乗り込むところをパパラッチされ、ネット上は「2500万ドル(約28億円)の慰謝料払って離.. 続きを読む

【イタすぎるセレブ達・番外編】ブルース・ウィリス&デミ・ムーアの娘達、摂食障害などを乗り越えて前向きに

【イタすぎるセレブ達・番外編】ブルース・ウィリス&デミ・ムーアの娘達、摂食障害などを乗り越えて前向きに

俳優ブルース・ウィリスと女優デミ・ムーアは、3人の娘に恵まれたものの離婚。ブルースはすでに再婚済みで新たに2人の娘が生まれたが、デミは3度の離婚を経験し4度目の結婚には至っていない。そんな元夫妻の娘3人のうち、2人は大きな問題.. 続きを読む

婚活は「鼻毛」である。なぜなら他人には見られたくないものだから・・ by ナナムラナナコ

婚活は「鼻毛」である。なぜなら他人には見られたくないものだから・・ by ナナムラナナコ

「婚活している姿って隠したいもの。でもふとした瞬間にあいつは、現れる」ホンネストをご覧のみなさん、こんにちは。ブログ「婚活オトコ百科」の管理人、炎の婚活師ナナムラナナコです。今回お声がけいただいてこのような連載を始められ.. 続きを読む

高橋一生の新CM、残念なブルースハープ演奏だけど絶賛の嵐…

高橋一生の新CM、残念なブルースハープ演奏だけど絶賛の嵐…

先日、「2017上半期ブレイク俳優」(オリコン)で1位に輝いた俳優の高橋一生(36)。彼がブルースハープ(ハーモニカ)の演奏を披露する「氷結ICEBOX」のCMとウェブムービーが話題になっています。東京スカパラダイスオーケストラやトロ.. 続きを読む

トップガン(39.5億円)、帝国の逆襲(32億円)を凌ぐ80年代の配給収入ぶっちぎり1位の洋画は?

トップガン(39.5億円)、帝国の逆襲(32億円)を凌ぐ80年代の配給収入ぶっちぎり1位の洋画は?

サントラを耳にするだけで、ワンシーンを目にするだけで当時の記憶を呼び戻す映画がある。今日でも名画として愛される作品が数多く生まれた80年代、あなたにとっての特別な映画はなんですか?80年代の日本における映画の潮流を語るには、.. 続きを読む

[Alexandros]川上洋平が「一番好きな映画」や『ダイ・ハード』からの影響を語る ムービープラス『この映画が観たい』に登場

[Alexandros]川上洋平が「一番好きな映画」や『ダイ・ハード』からの影響を語る ムービープラス『この映画が観たい』に登場

CS映画専門チャンネル・ムービープラスのオリジナル番組『この映画が観たい』7月の放送に[Alexandros]の川上洋平が登場する。『この映画が観たい』は、様々な分野で活躍する著名人がかけがえのない“映画体験”と、それにまつわる人生のエ.. 続きを読む

デミ・ムーア、ストレスで前歯2本失う

デミ・ムーア、ストレスで前歯2本失う

デミ・ムーアが、ストレスで前歯2本を失ってしまったようだ。6月12日に「ザ・トゥナイト・ショー・スターリング・ジミー・ファーロン」に出演したデミは、そこで歯を失った理由がストレスであったことを明かしている。デミは同番組出演前.. 続きを読む

俳優の名前を「なるべく出さない」 芥川賞作家・長嶋有の映画評がすごい!

俳優の名前を「なるべく出さない」 芥川賞作家・長嶋有の映画評がすごい!

芥川賞作家・長嶋有さんが初となる映画評集『観なかった映画』を上梓。その執筆での新たな試みとは。「1年間で300本とか博覧強記的に映画を観る人に僕レベルの鑑賞数ではとても敵わない。映画をたくさん観ている人のみなぎる自信に一矢報.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。