フェラーリの最新情報

フェラーリ に関するニュース検索結果   760件

プロレス界の風雲児オカダ・カズチカ、3度目の本人役に「次は自分以外を演じてみたい」 アニメ声優にチャレンジ

プロレス界の風雲児オカダ・カズチカ、3度目の本人役に「次は自分以外を演じてみたい」 アニメ声優にチャレンジ

一時期は総合格闘技ブームに押されていた新日本プロレスが復権して久しい。2012年にカードゲームを販売するブシロードがオーナーとなって以降、派手な広告戦略と若手選手の台頭により、右肩上がりの成長を続け、2018年には団体設立以降最.. 続きを読む

Pixel 2 レビュー:Googleが目指したベストなスマートフォン

Pixel 2 レビュー:Googleが目指したベストなスマートフォン

Image: Sam Rutherford/Gizmodo US 開発者向け? それとも一般向け?2017年10月に発表された、Google(グーグル)のリファレンス端末こと「Pixel 2/Pixel 2 XL」。前モデルのPixel/Pixel XLがいま.. 続きを読む

新型マセラティ グラントゥーリズモ/グランカブリオを発表 チャーター機でイタリアから空輸後、成田国際空港内で発表

新型マセラティ グラントゥーリズモ/グランカブリオを発表 チャーター機でイタリアから空輸後、成田国際空港内で発表

マセラティ ジャパンは、新型「マセラティ グラントゥーリズモ/ グランカブリオ」を2017年10月12日より、全国の正規ディーラーにて発売を開始した。新型マセラティ グラントゥーリズモ/ グランカブリオの日本発表に選んだ場所は、成田 国.. 続きを読む

ピュア自然吸気もこれでラスト? フェラーリ 812スーパーファスト(海外試乗レポート)

ピュア自然吸気もこれでラスト? フェラーリ 812スーパーファスト(海外試乗レポート)

▲F12に代わる新たなフェラーリのフラッグシップ。フラッグシップモデル伝統のV12をフロントミッドに積むFRの2シータークーペを踏襲した、最後のピュア自然吸気パワートレイン搭載モデルともウワサされる。0→100km/h加速は2.9秒、最高速は.. 続きを読む

オフロードへの不屈の挑戦! 新型モデルのルーツとなるモデルとは?【意外と知らないクルマメーカーの歴史・ランボルギーニ編】

オフロードへの不屈の挑戦! 新型モデルのルーツとなるモデルとは?【意外と知らないクルマメーカーの歴史・ランボルギーニ編】

青山通りから神宮橋交差点にかけてのロングストレート。いわゆる表参道です。両脇にはお洒落なブティックが立ち並び、ファッションやグルメなどの最新トレンドに敏感な人々で常に賑わっています。ワタクシも大学が近くだったため足を運ぶ.. 続きを読む

日経新聞の「世界の自動車産業EV化まっしぐら報道」に喝! マツダのスカイアクティブX試作車の可能性【清水草一】

日経新聞の「世界の自動車産業EV化まっしぐら報道」に喝! マツダのスカイアクティブX試作車の可能性【清水草一】

日経新聞は連日のように「世界の自動車産業は電動化に向けてまっしぐら」みたいな記事を載せきまくり、まもなくガソリン車やディーゼル車はこの世から消滅するかのような雰囲気だが、ちょっと考えてみてくれ。あなたは次の自家用車として.. 続きを読む

総額は一体いくら? 両国国技館に珠玉のフェラーリが大集結【フェラーリ70周年記念日本イベント「Driven By Emotion」】

総額は一体いくら? 両国国技館に珠玉のフェラーリが大集結【フェラーリ70周年記念日本イベント「Driven By Emotion」】

現在から遡ること70年前の1947年3月12日。イタリアのマラネロで1台のスポーツカーが誕生しました。そのスポーツカーがフェラーリ125Sです。以来フェラーリは世界中の人を魅了するスポーツカーを作り続けているブランドです。70周年という.. 続きを読む

ルイス・ハミルトン、ポールトゥウィン!表彰式インタビュアーに佐藤琢磨が登場【2017年F1第16戦日本GP】

ルイス・ハミルトン、ポールトゥウィン!表彰式インタビュアーに佐藤琢磨が登場【2017年F1第16戦日本GP】

2017年F1第16戦日本GPが鈴鹿サーキット(5.807km、周回数53周)で開催されました。予選ではルイス・ハミルトン(メルセデス)がコースレコード(1分27秒319)を更新し、日本GPで初ポールポジションを獲得。2番手バルテリ・ボッタス(メル.. 続きを読む

1,000馬力のモンスターマシンが富士に降臨! FIA世界耐久レースはトヨタとポルシェの壮絶バトル必至

1,000馬力のモンスターマシンが富士に降臨! FIA世界耐久レースはトヨタとポルシェの壮絶バトル必至

モータースポーツ界の世界3大レースというのをご存じだろうか。1つ目はF1の中で最も華やかなレース「モナコグランプリ」。2つ目はとインディカーレースの頂点に位置する「インディ500」。そして3つ目が24時間走り続ける耐久レース「ル・.. 続きを読む

「 フェラーリ70周年」記念イベントを10月12~14日に開催!

「 フェラーリ70周年」記念イベントを10月12~14日に開催!

フェラーリは、創立70周年を記念したイベント「Driven by Emotion」を、10月12日~14日に開催します。日本進出50周年記念モデル「J50」は一見の価値あり。これはアメリカやヨーロッパなど世界約60ヶ国で開催される祝祭イベントと同様、フ.. 続きを読む

スゴいぞ電気自動車!「有名スポーツカー12車種」で最速マシンを決めるレース、まさかの結末に!!

スゴいぞ電気自動車!「有名スポーツカー12車種」で最速マシンを決めるレース、まさかの結末に!!

高級スポーツカーを欲しいとは思っても、購入費や維持費にお金がかかってしまう。それだけに、数ある車種の中でどれが速いのかを確かめるのは、至難の技といえるだろう。そこでご覧に入れたいのが、米国で権威のある車専門誌『モーター・.. 続きを読む

ブランド価値TOP100ランキング、自動車部門では14年連続でトヨタが首位!

ブランド価値TOP100ランキング、自動車部門では14年連続でトヨタが首位!

グローバルな事業展開を行うブランドを対象に、そのブランドが持つ価値を金額に換算してランキング化しているインターブランド社が、2000年の統計開始以来18回目となる最新の「Best Global Brands 2017」を発表しました。今年のレポート.. 続きを読む

千里の道も一歩から。伝説的な創業者の信念とは?【意外と知らないクルマメーカーの歴史・フェラーリ編】

千里の道も一歩から。伝説的な創業者の信念とは?【意外と知らないクルマメーカーの歴史・フェラーリ編】

今も昔もスーパーカーのブランドとして有名な「フェラーリ」。甲高い排気音を轟かせつつ、地を這うように駆け抜けていく真っ赤な車体の存在感は、周囲の視線を集め、その場の雰囲気を塗り替えてしまうほど圧倒的です。そんなフェラーリも.. 続きを読む

幻のロータリーエンジン搭載開発車両、4ローターのR16AクーペとミッドシップのコスモMC【RE追っかけ記-5】

幻のロータリーエンジン搭載開発車両、4ローターのR16AクーペとミッドシップのコスモMC【RE追っかけ記-5】

4ローター実験車ボディタイプの他の候補は、GT型クーペでした。松井部長、前田又三郎チーフデザイナー(のちにデザイン部長)麾下のデザイナー、モデラーは両タイプの1/5粘土モデルを製作しました。R16Aクーペ1/5粘土モデル。クーペのデ.. 続きを読む

ドライバーに大接近! キミ・ライコネンお気に入りの乗り物とは?【F1女子シンガポールGP観戦記】

ドライバーに大接近! キミ・ライコネンお気に入りの乗り物とは?【F1女子シンガポールGP観戦記】

F1女子シンガポールGP観戦記、第1弾、第2弾と紹介してきましたが、今回は「ドライバー編」をお届けします!海外観戦に行くとき、三度の飯よりF1ドライバーが大好きな私が考えるのが「ドライバーに会えるかどうか」。せっかく海外に行くの.. 続きを読む

彼が言う「感度が高いステキな彼女」とはどんな彼女?

彼が言う「感度が高いステキな彼女」とはどんな彼女?

男は「感度の高い女子」が好き、と言われたりもします。感度が高いというのを口語的に言えば「感度がいい」ということになろうかと思います。男子が言う「感度がいい女子」とは、どういう女子なのか? ■彼が腰を振れば、彼女がヒクヒクと.. 続きを読む

温故知新! 1968年のジャガー・Eタイプが電気自動車になりました

温故知新! 1968年のジャガー・Eタイプが電気自動車になりました

Image: Jaguar/YouTube 美麗な名車が現代に蘇ります。ワーゲンバスやマイバッハなど、往年の名車が未来的なデザインで電気自動車になる例は枚挙に暇がありません。ですがあえて、1968年のEタイプ・.. 続きを読む

レッドブルF1チーム、鈴鹿の目標は「2台揃って表彰台」【F1日本グランプリ2017】

レッドブルF1チーム、鈴鹿の目標は「2台揃って表彰台」【F1日本グランプリ2017】

10月3日にレッドブルF1チームのダニエル・リカルド/マックス・フェルスタッペン両選手の会見が都内で行われました。会見は1名ずつ行われ、先日のマレーシアGPでキャリア2勝目、今季初優勝を飾ったマックス・フェルスタッペン選手からス.. 続きを読む

亀井静香氏を忘れない…怒鳴り声一発で日本の高速道路に偉大な2つの足跡を残した

亀井静香氏を忘れない…怒鳴り声一発で日本の高速道路に偉大な2つの足跡を残した

前衆議院議員・亀井静香氏(80歳、無所属)は10月4日、次回の衆院選に出馬せず、政界を引退することを決めたという。私は亀井氏とお会いしたこともないが、引退のニュースを聞き、道路交通ジャーナリストとして胸に迫るものがあった。な.. 続きを読む

マックス・フェルスタッペン今季初優勝。レース終了後、思わぬトラブル発生でF1タクシー登場【2017年F1第15戦マレーシアGP】

マックス・フェルスタッペン今季初優勝。レース終了後、思わぬトラブル発生でF1タクシー登場【2017年F1第15戦マレーシアGP】

2017年F1第15戦マレーシアGPがセパン・インターナショナル・サーキット(5.543km、周回数56周)で開催されました。ポールポジションを獲得したのはドライバーズ・チャンピオンシップ、ポイントリーダーのルイス・ハミルトン(メルセデス.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。