ヒラリー・クリントンの最新情報

ヒラリー・クリントン に関するニュース検索結果   607件

トランプの「フェイクニュース」批判は完全に正しい…ヒラリーの暗黒情報を封殺

トランプの「フェイクニュース」批判は完全に正しい…ヒラリーの暗黒情報を封殺

一昨年、ドナルド・トランプ氏が大統領選に出馬して以来、アメリカのほとんどのメディアはヒラリー・クリントン氏が勝利を収めるという前提で報道してきたことは明らかだが、その報道を真に受けて日本でもクリントン氏が勝利するという前.. 続きを読む

『アメリカン・ホラー・ストーリー』最新シーズン、あの殺人ピエロが復活

『アメリカン・ホラー・ストーリー』最新シーズン、あの殺人ピエロが復活

今秋に米ケーブルテレビ局のFXで放送が予定されているライアン・マーフィー製作の人気海外ドラマ『アメリカン・ホラー・ストーリー』。シーズン7にシーズン4の『アメリカン・ホラー・ストーリー:怪奇劇場』に登場した殺人ピエロが登場す.. 続きを読む

日本とは全く違う!アメリカの政治家と映画俳優の関係

日本とは全く違う!アメリカの政治家と映画俳優の関係

(C)Shutterstock今年1月のゴールデングローブ賞授賞式で、映画女優のメリル・ストリープが、先のアメリカ大統領選挙を制したドナルド・トランプを暗に批判したことは、日本でもニュースになった。逆にオリバー・ストーン監督は、同選挙.. 続きを読む

【イタすぎるセレブ達・番外編】脳腫瘍のジョン・マケイン氏に、オバマ元大統領「がんは闘う相手を誤った」

【イタすぎるセレブ達・番外編】脳腫瘍のジョン・マケイン氏に、オバマ元大統領「がんは闘う相手を誤った」

アメリカの政治家ジョン・マケイン氏(80)の脳に、悪性度の極めて高い膠芽腫ができていると報じられた。同氏は目の上にできた血栓を除去すべく手術を受けたが、その後の検査結果で病気が判明したという。ジョン・マケイン氏の脳に膠芽腫.. 続きを読む

ツイッターで話題のアカウント「ヒアリ警察」、始めた理由は「学者の負担を減らすため」

ツイッターで話題のアカウント「ヒアリ警察」、始めた理由は「学者の負担を減らすため」

環境省によると、7月14日に行われた横浜市の本牧(ほんもく)埠頭での調査で、アスファルトの地面の亀裂部分1カ所から500匹以上のヒアリが見つかった。女王アリは確認されていないが、さなぎや幼虫も見つかっていることから女王アリがい.. 続きを読む

【過去70年で最低】トランプ米大統領の支持率が下がり続ける理由

【過去70年で最低】トランプ米大統領の支持率が下がり続ける理由

中西哲生と高橋万里恵がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「クロノス」。7月17日(月)の放送では、トランプ大統領とロシアの関係について、ジャーナリストの仲野博文さんに最新の情報を伺いました。仲野さんによれば、トランプ氏.. 続きを読む

松居一代「NHK様のこと、たのみましたよ」 ブログでの呼びかけにファンは「了解」

松居一代「NHK様のこと、たのみましたよ」 ブログでの呼びかけにファンは「了解」

タレントで投資家でもある松居一代が、17日のブログで「NHK様のこと、たのみましたよ」と家族(松居のファン)に向けてメッセージを送っている。これを受けてコメント欄には「了解しました」との声が続々と入っており、松居が詳細を語ら.. 続きを読む

米トランプとロシアの疑惑の関係、存在しなかった可能性…CIAによる捏造工作との見方

米トランプとロシアの疑惑の関係、存在しなかった可能性…CIAによる捏造工作との見方

ドナルド・トランプ米大統領周辺がロシアと不透明な関係にあるという「疑惑」が、米メディアによって盛んに報じられている。1970年代にニクソン大統領を辞任に追い込んだウォーターゲート事件になぞらえて、「ロシアゲート」とも呼ばれる.. 続きを読む

トランプ大統領、イヴァンカ着席問題でクリントン家とバトル勃発

トランプ大統領、イヴァンカ着席問題でクリントン家とバトル勃発

先日、ドイツにて開催された主要20か国・地域(G20)首脳会議にアメリカのドナルド・トランプ大統領も出席。そこに同行した愛娘で大統領補佐官でもあるイヴァンカ・トランプが、大統領が席を立ち不在の時間に父の席に着席、国内外から大.. 続きを読む

ドナルド・トランプ大統領誕生から約半年 衝撃発言のまとめ

ドナルド・トランプ大統領誕生から約半年 衝撃発言のまとめ

ドナルド・トランプ氏が大統領に就任し、約半年が経過した。政治家としてどこまで国をリードできるのか?―多くの国民が不安を感じつつ見守るなか、大統領はTwitterや公の場で迷言・暴言を相変わらず連発している。そのいくつかを、まとめ.. 続きを読む

【中国星占い】40代でもアツい恋に身をこがす星1位を発表!

【中国星占い】40代でもアツい恋に身をこがす星1位を発表!

 【9つの星のモテ女サンプル出し後半戦! 週末・吉方位7月8日~9日ぶん】40代でも、いえいえ60代、70代になったって、モテたら人生は楽しい! 年齢を超え、メンズだけでなく同性にもモテている女性たちを、生まれ星ごとにサンプリングし.. 続きを読む

ドナルド・トランプ大統領が暴走 ツイート批判を受けてエスカレート

ドナルド・トランプ大統領が暴走 ツイート批判を受けてエスカレート

先日、ドナルド・トランプ米大統領がTwitterを更新し、MSNBCの番組『Morning Joe』につき「視聴率が低い」と批判。さらにキャスター、ミカ・ブレジンスキー氏とジョー・スカボロー氏につき、「視聴率の低い番組『Morning Joe』で、私の悪.. 続きを読む

政治アイドル・町田彩夏「AKB総選挙はCDを買わなければ投票できないけど、本物の選挙はタダです」

政治アイドル・町田彩夏「AKB総選挙はCDを買わなければ投票できないけど、本物の選挙はタダです」

「日本では、政治が生活と切り離されて語られることがほとんど……。政治を語ることがタブーの日本を、語ることが日常の日本に変えたいんです」耳慣れない“政治アイドル”の看板を掲げ、慶應義塾大学法学部で学ぶ傍ら、講談社主催のアイドル.. 続きを読む

金正恩氏がデザインされた水着「KIM JONG UN ONE PIECE SWIMSUIT」…プーチン大統領やヒラリー・クリントン氏も

金正恩氏がデザインされた水着「KIM JONG UN ONE PIECE SWIMSUIT」…プーチン大統領やヒラリー・クリントン氏も

「KIM JONG UN ONE PIECE SWIMSUIT」は、朝鮮労働党委員長である金正恩氏がデザインされた水着。ハイレグタイプ、ノーマルタイプがある。米国ユタ州プロボに本拠を置くBELOVED SHIRTSが販売している。BELOVED SHIRTSは金正恩氏をデザイン.. 続きを読む

トランプの芸風はビンス・マクマホンのパクリ?

トランプの芸風はビンス・マクマホンのパクリ?

トランプの過激パフォーマンスの原点は プロレスでの「億万長者対決」だった ドナルド・トランプ (C)ヤマグチヤスヨまさかと思われた「トランプ政権の誕生」を筆頭に、本来、ガチガチにシリアスなはずの国際政治がエンターテインメン.. 続きを読む

「フェミニズム」って何? トランプが生まれたNYで考えた

「フェミニズム」って何? トランプが生まれたNYで考えた

ひと昔前「フェミニスト」や「フェミニズム」という言葉に、あんまりかっこいいイメージをもっていませんでした。男性に負けじとムキになって権利をかざして叫んでいる、正直同性から見ても魅力的にみえない人たちがやっている活動...そ.. 続きを読む

米国、支配層とFBIによるトランプ政権転覆活動の内実…ロシア工作説の真相

米国、支配層とFBIによるトランプ政権転覆活動の内実…ロシア工作説の真相

トランプ米大統領は崖っぷちに立たされているのか――。トランプによって5月に解任されたジェームズ・コミーFBI前長官は8日、米上院情報特別委員会の公聴会に出席。ロシアとの深い関係が疑われていたフリン前大統領補佐官への捜査について.. 続きを読む

田原総一朗×越智道雄 今こそ知りたい戦中~戦後の体験談

田原総一朗×越智道雄 今こそ知りたい戦中~戦後の体験談

6月はじめに発売となった田原総一朗さんと越智道雄さんの対談本『さらば愛と憎しみのアメリカ 真珠湾攻撃からトランプ大統領まで』(キネマ旬報社)。戦前生まれのお二人は、ジャーナリストとアメリカ研究者という異なる立場から、長いあ.. 続きを読む

ブラッド・ピット「未来はない」 トランプ大統領のパリ協定離脱を批判

ブラッド・ピット「未来はない」 トランプ大統領のパリ協定離脱を批判

このほど俳優ブラッド・ピットがテレビ番組に出演し、今後の気候変動につき予報。「ここもあそこも気温が上昇しています」などと語り、パリ協定離脱という“まさかの決断”を痛烈に批判した。コメディ・セントラルの『The Jim Jefferies Sh.. 続きを読む

読むだけで「ホワイトハウス」の内部を覗ける本があるんです

読むだけで「ホワイトハウス」の内部を覗ける本があるんです

どこか厳格な雰囲気が漂い、歴代のアメリカ大統領とその家族が住む「ホワイトハウス」。あの建物の中を歩き回り、外からは見えない「秘密の部屋」を覗いてみたい。こんな私の勝手な好奇心を叶えてくれる本がある。毎日あの白い建物の内部.. 続きを読む

前のページ
次のページ

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。