バカッターの最新情報

バカッター に関するニュース検索結果   84件

「インスタ映え」争いに新たなスポット なぜ女子はコインランドリーに?

「インスタ映え」争いに新たなスポット なぜ女子はコインランドリーに?

(will/iStock/Thinkstock)最近、インスタグラムでの「いいね!」を求めるあまり、非常識な行動を繰り返すユーザーがクローズアップされている。とくに女性に多く、「そのお店の料理が食べたいからではなく、そのお店で出される料理を.. 続きを読む

【バカッター】店にあるトイレットペーパーへの迷惑行為を投稿!

【バカッター】店にあるトイレットペーパーへの迷惑行為を投稿!

「バカッター」と呼ばれる、ツイッターに上げられた炎上必須の迷惑行為を面白がる人たち。 健全な人たちからしたら一体何が面白いのか理解に苦しむが、そんな人は後を絶たない。 今回もホームセンターかドラッグストアと思しき場所で、迷.. 続きを読む

コンビニのアイス用冷蔵庫に入るバカッター再び

コンビニのアイス用冷蔵庫に入るバカッター再び

コンビニのアイス用冷蔵庫に入って遊ぶ“バカッター”――。あるTwitterユーザーの投稿が物議を醸し、大きな問題となったのは数年前のこと。あれからしばらくの時が経ったが、2017年8月、再び同じような“バカッター”が現れ、Twitter界隈をざ.. 続きを読む

ドラクエ花札、パクリ疑惑で炎上問題、踏み込んで行けない"聖域"とは

ドラクエ花札、パクリ疑惑で炎上問題、踏み込んで行けない"聖域"とは

ファンアートと二次創作の境界線は何か。 日本には古くから"同人活動"という言葉がありますが、いわゆる二次創作を行っている人達を中心に、現在問題視されているデリケートな事案があります。 切り絵作者さんドラクエ花札作る→公式に後.. 続きを読む

【バカッター】車のボンネットに男性を乗せて走行⇒警察が捜査開始へ

【バカッター】車のボンネットに男性を乗せて走行⇒警察が捜査開始へ

車のボンネットに男性を乗せて走行するという様子の動画が、ツイッター上にアップされた。 警察は、この行為を道路交通法違反の疑いとし、関わった人物などを特定する捜査を開始したという。 動画では、ボンネットに乗った男性が「マジで.. 続きを読む

ツイッターユーザーは「オタク・変態・コミュニケーション苦手」が多い?

ツイッターユーザーは「オタク・変態・コミュニケーション苦手」が多い?

((C)ぱくたそ)140文字の投稿というシンプルな仕組みで、日本でも人気のSNS、ツイッター。一般ユーザーだけでなく、著名人が告知やプライベート投稿に使っているケースも多い。一方で、違法行為の画像や動画を上げるユーザーが相次ぎ.. 続きを読む

コミュ障や嫌煙家が警鐘!「モラルのない大人が多すぎる」

コミュ障や嫌煙家が警鐘!「モラルのない大人が多すぎる」

公園での花見の後や、渋谷のハロウィンなどで、ゴミを片づけないでそのまま放置する光景がニュースになっている。近頃、自分さえよければいい、だれかに見られてなかったらいいと思う大人たちが多くなっているのではないだろうか?(viol.. 続きを読む

牛丼店の水差しにわざと嘔吐→Twitterに投稿の男ら、ついに逮捕

牛丼店の水差しにわざと嘔吐→Twitterに投稿の男ら、ついに逮捕

(kazoka30/iStock/Thinkstock)Twitterが炎上する理由はいろいろある。失言、暴言、過度なイタズラ等々。これからこの記事で紹介する事例は、「過度なイタズラ」に該当するだろう。だが、炎上の火元になった投稿をここに紹介すること.. 続きを読む

松本伊代と早見優「線路立ち入り」で書類送検 「バカッターと同じ」の声

松本伊代と早見優「線路立ち入り」で書類送検 「バカッターと同じ」の声

(画像はInstagramのスクリーンショット)京都府警右京署は10日、市内のJR山陰線の線路内に無断で立ち入ったとして、鉄道営業法違反の疑いで、タレント・松本伊代(51)と早見優(50)を書類送検した。■ブログにアップし「不謹慎」と話題.. 続きを読む

【正直者はバカを見る?真っ直ぐ生きるって難しい】おおしまりえのキレイな悪口

【正直者はバカを見る?真っ直ぐ生きるって難しい】おおしまりえのキレイな悪口

「自分に正直に生きる」って、言葉にすると美しいけど、結局正直者はバカを見るのが人生なのかもしれない。したたかに生きたいけれど生きられない。猪突猛進型の女は、どうやって幸せを掴みとればいいのだろうか。文・おおしまりえ【おお.. 続きを読む

大迷惑! フランスのバカッターが日本とはレベルが違った…

大迷惑! フランスのバカッターが日本とはレベルが違った…

フランスのツイッター民は日本とはレベルが違ったようだ。 男たちは、なんと鉄道の屋根に乗り出した! 走り出す鉄道・・・。   海外のバカッター 日本とはレベルが違う pic.twitter.com/vGiy7exOPG — だれんす (@D4Lns) 2017年1月18日 .. 続きを読む

レジ精算前に商品を飲食、知らない人の病室にお見舞い… ユーチューバーが迷惑行為で大炎上

レジ精算前に商品を飲食、知らない人の病室にお見舞い… ユーチューバーが迷惑行為で大炎上

店舗で代金を支払う前に飲食するなどの迷惑行為を収めた動画がYouTubeに投稿された。動画を公開したユーチューバーには批判が殺到し、炎上状態となっている。問題とされている動画は、YouTube上でチャレンジ動画を投稿している「モックン.. 続きを読む

【個人特定】SNSの怖さを思い知らされる…!成宮さんを告発したA氏の正体が判明

【個人特定】SNSの怖さを思い知らされる…!成宮さんを告発したA氏の正体が判明

こんばんは、yumiです。Twitter、Facebook、Instagram…SNSは「誰でも簡単に使える」という手軽さの反面、プライバシー設定をしないと全世界に発信されてしまい、一度投稿した内容は簡単に消せないという怖さがあります。「SNSの投稿から.. 続きを読む

ゲス&ベッキーの「センテンススプリング!」にSMAP解散騒動……ガジェット通信記事で振り返る激動の2016年!その1

ゲス&ベッキーの「センテンススプリング!」にSMAP解散騒動……ガジェット通信記事で振り返る激動の2016年!その1

いろいろあった2016年も残りあとわずか。昨年同様に、不詳私めの当サイトの記事で今年1年を振り返ってみようかと思います。1月……今年猛威を振るった「センテンススプリング」。すべては『週刊文春』のベッキーさんと「ゲスの極み乙女。」.. 続きを読む

若い世代に急増中!人生を破壊しかねないデジタルタトゥーって何?

若い世代に急増中!人生を破壊しかねないデジタルタトゥーって何?

こんにちわ、Hikaru Sanoです。スマホやSNSの普及もあって最近では、以前なら話題にもならなかったような個人の行動がネット中に拡散して世間を騒がせるようになりましたね。まぁ主にTwitterなんかで露呈するワケですが、今回はそれらが.. 続きを読む

この記事を読むか、読まないかはあなた次第「Mr.都市伝説・関暁夫インタビュー」

この記事を読むか、読まないかはあなた次第「Mr.都市伝説・関暁夫インタビュー」

こんにちは、エディターのケンです。私は、いま自由が丘にある「セキルバーグカフェ」というところにいます。なぜ、ここにいるかと申しますと、よしもとクリエイティブ・エージェンシーに所属する芸人の関暁夫さんにインタビューするため.. 続きを読む

「0円カルピス」なる迷惑行為が中高生に流行! ドリンクバーのミルクやガムシロ大量使用

「0円カルピス」なる迷惑行為が中高生に流行! ドリンクバーのミルクやガムシロ大量使用

ドリンクバーで飲み物を混ぜて遊ぶなんて経験がある人は少なくない。食べ物を粗末にしている感は若干あるが、しっかり代金を払っていて、ちゃんと飲み干すのなら、まあ許容範囲内だろう。しかしこのごろ店に迷惑をかけるレベルで、ドリン.. 続きを読む

水原希子の「バカッター」ぶりに呆然!? 中国と日本を同時に「侮辱」する状況になった理由は、高尚さのカケラもない単なる「浅はかさ」か?

水原希子の「バカッター」ぶりに呆然!? 中国と日本を同時に「侮辱」する状況になった理由は、高尚さのカケラもない単なる「浅はかさ」か?

モデルで女優の水原希子のインスタグラムでの投稿の数々が今、大きな騒動となっている。水原はSNSに投稿された中国・天安門に向けて中指を立てた写真作品に「いいね!」をしたとして、中国全土で大炎上する事態に。彼女は中国でもモデル.. 続きを読む

【バカッター】コンビニのアイスケースに入り写真撮影! 20代の男2人が逮捕

【バカッター】コンビニのアイスケースに入り写真撮影! 20代の男2人が逮捕

画像出典:Frickr(tai)   福岡県警は6月20日、コンビニの冷凍ケース内で写真撮影を行った20代の男2人を逮捕したことを発表した。 逮捕されたのは、自称とび職、山内翔容疑者(25)と自称大工、桑原和也容疑者(26)の2人。 容疑は器物.. 続きを読む

ネット“炎上”は情報発信の萎縮に繋がる? 炎上の特効薬とは? 現在進行形のソーシャルメディアの問題を学術的に解説

ネット“炎上”は情報発信の萎縮に繋がる? 炎上の特効薬とは? 現在進行形のソーシャルメディアの問題を学術的に解説

数あるメディアの中でも比較的、自由な発言が許されるのはネットならではの強みだ。何かを発信するというハードルも低くなったが、昨今では“炎上”への警戒心も高まりつつある。【人気連載マンガ】各界ねこ好き大絶賛! 猫と老人だらけの.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。