ドメスティックバイオレンスの最新情報

ドメスティックバイオレンス に関するニュース検索結果   51件

少年に自白強要の高井戸署は、萩原流行死亡事故でも隠蔽の過去! 児童買春、覚せい剤、裏金隠し...警察の不祥事隠蔽

少年に自白強要の高井戸署は、萩原流行死亡事故でも隠蔽の過去! 児童買春、覚せい剤、裏金隠し...警察の不祥事隠蔽

またしても警察の卑劣な取り調べ、しかも少年に対する自白の強要の実態が明らかになり、大きな波紋を呼んでいる。これは今月10日、東京弁護士会と少年の父親らが「重大な人権侵害があった」として会見を開いたことで明らかになったもの。.. 続きを読む

あなたも加害者になってない?デートDV、金銭面の被害について考える

あなたも加害者になってない?デートDV、金銭面の被害について考える

ドメスティックバイオレンス。通称DV。一般的には、男性が配偶者や恋人に暴力を振るうことを、DVと呼びますが、DVの範疇は直接的な暴力だけではありませんよね。精神的に追い詰める行為もまた、立派にDVのカテゴリーに入ってしまいます。.. 続きを読む

体調不良の元凶は夫!?「夫源病」に陥りやすい夫婦の特徴と対処法

体調不良の元凶は夫!?「夫源病」に陥りやすい夫婦の特徴と対処法

夫の何気ない言動にストレスを感じながらも、妻として我慢をし続けているという方はいらっしゃると思います。しかし、体調を崩しうつや頭痛などの症状が現れ始めたら要注意です。もしかすると、夫が体調不良の原因となる「夫源病」かもし.. 続きを読む

【極悪】究極の家庭内暴力アニメ「ダメおやじ」がマジでヤバイ! 妻も娘も息子も父親にDVしまくり

【極悪】究極の家庭内暴力アニメ「ダメおやじ」がマジでヤバイ! 妻も娘も息子も父親にDVしまくり

究極の家庭内暴力アニメ「ダメおやじ」(テレビ東京)をご存知だろうか。もともとの原作は「少年サンデー」で連載されていた同名の漫画で、凄まじい家庭内暴力(ドメスティックバイオレンス)が繰り広げられ、現代では絶対に放送できない凶悪.. 続きを読む

中居残留はSMAP再結成の布石!? ジャニーズ事務所に生じたキムタクとの差

中居残留はSMAP再結成の布石!? ジャニーズ事務所に生じたキムタクとの差

下世話、醜聞、スキャンダル――。長く女性の“欲望”に応えてきた女性週刊誌を、伝説のスキャンダル雑誌「噂の真相」の元デスク神林広恵が、ぶった斬る!「獣医学部を全国に!」。安倍晋三首相がまたしてもトチ狂った発言をして物議を醸して.. 続きを読む

DV夫とは関わりたくない。でも、子どもに会えなくてつらい気持ちは想像できる【別れた夫にわが子を会わせる?】

DV夫とは関わりたくない。でも、子どもに会えなくてつらい気持ちは想像できる【別れた夫にわが子を会わせる?】

『わが子に会えない』(PHP研究所)で、離婚や別居により子どもと離れ、会えなくなってしまった男性の声を集めた西牟田靖が、その女性側の声――夫と別居して子どもと暮らす女性の声を聞くシリーズ。彼女たちは、なぜ別れを選んだのか? .. 続きを読む

DV被害で命を失いかけた女性、助けてくれた救急救命士と結婚(米)

DV被害で命を失いかけた女性、助けてくれた救急救命士と結婚(米)

パートナーからのDV(ドメスティックバイオレンス)に耐え続けていることをなかなか口にできない人は少なくない。このほどDV被害に遭い瀕死の状態になっていた女性を救った救急救命士とその女性が恋に落ち、5年越しの交際を経てめでたく.. 続きを読む

深刻な女性の心因性性機能障害…相談しづらい4つの性のお悩みを解決

深刻な女性の心因性性機能障害…相談しづらい4つの性のお悩みを解決

性交の際スムーズにいかない、なぜか性嫌悪を抱いてしまう、なんてお悩みをお持ちの女性の方もいらっしゃるかと思われます。それはもしかしたら心因性性機能障害かもしれません。この心因性性機能障害とはいったいどのようなものなのでし.. 続きを読む

“色んなこと”を経た長州力、プロレスラーの晩年に残ったのは妻 今回の「出戻り」を非難する人はいない

“色んなこと”を経た長州力、プロレスラーの晩年に残ったのは妻 今回の「出戻り」を非難する人はいない

「思い出しても、それはハードボイルドな部屋だった。ベッドとテレビと電話の3つが極端に目立っていた。殺風景といえば、これほど殺風景な世界はない。早い話が、寝るためだけのマンションといえた。それが、この部屋の住人にとっては、.. 続きを読む

貧困女子たちに「共通の意識」…「一生働き続ける」という感覚のなさ→ずっと低収入で固定

貧困女子たちに「共通の意識」…「一生働き続ける」という感覚のなさ→ずっと低収入で固定

貧困女子が生まれたのは、日本でも経済格差が広がってきたからだ。原因のひとつは、ライフスタイルの変化だが、なかでも結婚にまつわる変化は大きい。結婚に頼らないライフプランやマネープランをつくることが大切だ。●日本では、もう結.. 続きを読む

デップ元妻、離婚裁判での破産恐れていた

デップ元妻、離婚裁判での破産恐れていた

アンバー・ハードは、ジョニー・デップとの離婚により破産することを心配していたようだ。先月離婚が成立したアンバーは、ジョニーとの離婚裁判に月収10万ドル(約1100万円)の4倍も費やしていたとされており、これ以上裁判が長引けば破.. 続きを読む

今すぐ逃げて!被害女性たちが語る「DV男の特徴」3選

今すぐ逃げて!被害女性たちが語る「DV男の特徴」3選

(KatarzynaBialasiewicz/iStock/Thinkstock)ドメスティック・バイオレンス(通称:DV)は、話だけを聞くと「自分には無関係」「暴力を振るわれたらすぐに別れるし」と思えるだろう。だが、実際に被害に遭うと、恐怖心などから逃げ出.. 続きを読む

元妻がジョニー・デップに和解金の支払い要求

元妻がジョニー・デップに和解金の支払い要求

アンバー・ハードが、元夫ジョニー・デップからの和解金支払いを求める書類を裁判所に提出したようだ。今年8月、ジョニーは700万ドル(約8億2600万円)の離婚和解金を支払うことに合意し、アンバーがそれを2つのチャリティ団体に寄付する.. 続きを読む

友達の背中に「バカ」などの紙を貼ったことがある人はDV起こしがち

友達の背中に「バカ」などの紙を貼ったことがある人はDV起こしがち

(alvinburrows/iStock/Thinkstock)くだらないことで楽しんだ学生時代。膝を「カックン」とされたり、肩をトントン叩かれて振り向いたときに頬に指が刺さったり、背後からのいたずらはたくさんある。中でも、背中に『バカ』『アホ』な.. 続きを読む

妻にムスコを切断された男性がその心境を明かす「何が起こったか分からなかった」「人生を終わらせたかった」など

妻にムスコを切断された男性がその心境を明かす「何が起こったか分からなかった」「人生を終わらせたかった」など

「あなたにとって大切な体の部位はどこですか?」と聞かれれば、多くの殿方が「ムスコ」だと答えるだろう。もちろんどの部位だって大切だが、男性にとってムスコとは特別な存在だと聞く。なら突然ムスコを切断されれば、筆舌に尽くしがた.. 続きを読む

メル・ギブソン、若かりし頃の自分に“苦言”

メル・ギブソン、若かりし頃の自分に“苦言”

現在60歳のメル・ギブソンが、若かりし頃の自分に苦言を呈したいようだ。若き頃の自分にどのようなアドバイスをするかと尋ねられた際、メルは「1日1日を謳歌するように」とコメントした。トーク番組「レイト・ショー」の「ビッグ・クエス.. 続きを読む

医者に“眼球”投げつけた男逮捕

医者に“眼球”投げつけた男逮捕

医者に自身の眼球を投げつけたとして、逮捕された男性がいるという。ドメスティックバイオレンス容疑による拘留前に、米フロリダのラーゴ内にある病院へと連れて行かれたこの男性(54歳)は、緊急治療室で待たされている間、自身の義眼を.. 続きを読む

元ジャニの少年隊・植草Jr.、AKB48メンバーと“深夜デート”! 「未成年者は条例違反」の声

元ジャニの少年隊・植草Jr.、AKB48メンバーと“深夜デート”! 「未成年者は条例違反」の声

少年隊・植草克秀の長男で俳優の樋口裕太が、AKB48の大和田南那、西野未姫と“Wデート”していたことが発覚。双方のファンに衝撃を与えている。10月7日にニコニコ生放送で配信された「週刊文春」(文藝春秋)の「文春砲Live」によれば、9月.. 続きを読む

「男でいるつらさ」を訴えるソーセージ、イギリスに登場!

「男でいるつらさ」を訴えるソーセージ、イギリスに登場!

現在、イギリスの45歳以下の男性の死因原因第一位は「自殺」である。 イギリス全体では16%もの男性がうつ病や、不安症に苦しんでいるというから、男性のメンタル問題は深刻だ。 しかも男性は恋人や妻との別離によってメンタル面に打撃を.. 続きを読む

石原慎太郎が「やまゆり園事件犯の気持ちがわかる」と暴言、天皇には「スキューバで人生観変わる」と仰天アドバイス

石原慎太郎が「やまゆり園事件犯の気持ちがわかる」と暴言、天皇には「スキューバで人生観変わる」と仰天アドバイス

豊洲新市場問題で、石原慎太郎にようやく、批判の声が上がり始めた。都知事在任中に問題の"地下コンクリート案"をゴリ押ししていたにもかかわらず、嘘と責任逃れ、開き直りを連発するその姿には、石原に弱いマスコミもさすがにかばうこと.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。