ダライ・ラマの最新情報

ダライ・ラマ に関するニュース検索結果   62件

苦手な相手をサラリとかわす、4つの心がまえ

苦手な相手をサラリとかわす、4つの心がまえ

マイロハスの記事でもたびたび目にする「マインドフルネス」。心身をリラックスさせ、ストレスから解放されるだけじゃなく、内側から満ち足りた毎日を送れるようになると話題です。さらに、カリフォルニア大学とスタンフォード大学の研究.. 続きを読む

「ノーベル賞より高須平和賞だよ!」高須院長、インドでの授与式に飛ぶ

「ノーベル賞より高須平和賞だよ!」高須院長、インドでの授与式に飛ぶ

カズオイシグロ氏が受賞した2017年ノーベル文学賞に続き、ノーベル平和賞は国際NGO「核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)」に決定しました。時には「政治的すぎる」と批判されることもあるノーベル平和賞に対抗して、今年、平和賞を創設し.. 続きを読む

オランダのおすすめ観光地20選! アムステルダムをはじめ外せないスポットを紹介!

オランダのおすすめ観光地20選! アムステルダムをはじめ外せないスポットを紹介!

オランダと言えば、大きな風車と四季折々の花が咲き誇る風景が印象的なヨーロッパにある1つの国です。風車や花々だけではなく、運河や湖、河川の水の豊富な国であることも知っていますか? また古城も多く、水面に映る影までもが幻想的で.. 続きを読む

高須克弥院長が“あの憎き政党”の議員に「選挙頑張ってね」太っ腹エール!

高須克弥院長が“あの憎き政党”の議員に「選挙頑張ってね」太っ腹エール!

高須クリニックの高須克弥院長が党派を超えた応援を表明し、来るものは拒まずの対応に有権者からの称賛が集まっている。10月1日に愛知県西尾市の高須医院にて開催された「高須祭り」にて、民進党(当時)の現職衆院議員を快く受け入れ、.. 続きを読む

会社を辞めて、こうなった。【第58話】 ピィーのエネルギー心理学①。 幸せを阻む、不要な思い込みとさよならする!

会社を辞めて、こうなった。【第58話】 ピィーのエネルギー心理学①。 幸せを阻む、不要な思い込みとさよならする!

ダライ・ラマ14世も言っています。私たちの人生の目的は幸せになることだと。でもお金があるとか無いとか、恋人がいるとかいないとか、そういう外側の状況を条件にしてしまうと、幸せとはとっても不安定なものに。さらには周りのことを気.. 続きを読む

就職先を間違えた。だからこそ学べた5つのこと

就職先を間違えた。だからこそ学べた5つのこと

「思い通りにいかなかったことが、予想外の幸運につながることもある」-ダライ・ラマ何年も一生懸命勉強してきたのに、応募していた行政の上層部に選ばれなかった。せっかく取った法律の学位を無駄にしないように、仕事をしながら作家と.. 続きを読む

不快な人に対処するための4つの心がまえ。鍵は「共感力」?

不快な人に対処するための4つの心がまえ。鍵は「共感力」?

最近の「マインドフルネス」ブームでは、マインドフルネスという心構えがもたらす、実にさまざまなメリットがうたわれています。よく眠れるようになった、生産性が上がった、無駄な間食を我慢できるようになった、といった話はよく耳にし.. 続きを読む

劉暁波氏の危機を傍観した中共政府と左派系メディア・人権団体の矛盾

劉暁波氏の危機を傍観した中共政府と左派系メディア・人権団体の矛盾

こんにちは、中国人漫画家の孫向文です。2017年7月13日、中国人として初めてノーベル平和賞を受賞した民主派作家・劉暁波氏が末期の肝臓ガンにより、中国の病院で死去しました。生前の劉氏は中国の一党独裁体制を批判した「08憲章」を提.. 続きを読む

中国の人権活動家死去、日本政府が示す意図的な「無関心」…習近平の民主化弾圧強化を黙認

中国の人権活動家死去、日本政府が示す意図的な「無関心」…習近平の民主化弾圧強化を黙認

ノーベル平和賞受賞者で、中国の著名な政治囚、劉暁波氏が13日、死去したことがわかった。すでに6月中旬には当局により「末期がん」と発表されていたが、あまりも急な死去だけに、劉氏の獄中での扱いや治療態勢など、中国当局の対応には.. 続きを読む

中国の自称・愛国層と日本の左派・リベラル系の”奇妙なる類似性”

中国の自称・愛国層と日本の左派・リベラル系の”奇妙なる類似性”

こんにちは、中国人漫画家の孫向文です。2017年5月25日、アメリカ・メリーランド大学の卒業式において登壇した中国人留学生の楊舒平という女性は、「アメリカの空気は中国より良い。私がアメリカで、性的な差別や人種差別、政治について.. 続きを読む

意味不明のメンバーによる怪しいトークライブ「旅と妖怪002」27日開催

意味不明のメンバーによる怪しいトークライブ「旅と妖怪002」27日開催

そろそろ夏休みの旅の予定を立てたいが、なかなかモチベーションが…という方で、さらに妖怪に興味のある方がいらっしゃいましたら、こんなトークイベントに後悔覚悟のうえで参加されてみるのはいかがでしょうか…。タイトルは、「旅と妖怪.. 続きを読む

チベットのラマ(最高の僧侶)がその座を捨てて結婚 「孤高の悟りはどこへ」信者ら愕然

チベットのラマ(最高の僧侶)がその座を捨てて結婚 「孤高の悟りはどこへ」信者ら愕然

チベットをはじめ中国、インド、ネパール、ブータンなどにも信者を持つチベット仏教。その中で極めて位の高い30代僧侶が、これからは一般人男性として生きていくという一大決断を明らかにした。結婚を事後報告したのである。チベット仏教.. 続きを読む

「自作のシール」で難民問題を喚起した、学生によるクレバーなプロジェクト

「自作のシール」で難民問題を喚起した、学生によるクレバーなプロジェクト

世界ではまだ、多くの国が難民の受け入れに慎重な姿勢をとっている。人種のるつぼだったアメリカも、大統領が変わり、その温度は急速に変化しているんじゃないだろうか。そのアメリカはNYで、広告の専門学校に通う学生2人(Kien QuanとJi.. 続きを読む

ダライ・ラマの説く「エネルギー泥棒」になっていませんか?

ダライ・ラマの説く「エネルギー泥棒」になっていませんか?

人間関係とは不思議なもので、会った瞬間から意気投合する人もいれば、見れば見るほど嫌いになる人もいます。「馬があう」とか合わないとか、いわゆる化学反応の不思議なエネルギー。これは一体どこからやってきて、私たちに何を言わんと.. 続きを読む

100歳まで絶えなかった知的探求心。女性探検家アレクサンドラ・ダヴィッド=ネール

100歳まで絶えなかった知的探求心。女性探検家アレクサンドラ・ダヴィッド=ネール

子どものころ、ファンタジーや冒険物語を読み、未知の世界に憧れた人は多いでしょう。けれども、大人になって、実際に冒険に出る人は、ほんの一握りどころか、ひとつまみもいません。歴史に残るそのひとつまみの人びと、危険をかえりみず.. 続きを読む

レディー・ガガ「何より大事なものは、愛と優しい心」 ファンに訴える

レディー・ガガ「何より大事なものは、愛と優しい心」 ファンに訴える

日本でも大人気のアメリカ人歌姫レディー・ガガ(30)は、裕福な家庭の娘として成長したことで知られる。しかしガガは10代にしてストリッパーとして働き、親元を離れて自立。必死に働きながら夢を追い、米国内外で大成功をおさめた。そん.. 続きを読む

チベットで頑張るチビッ子僧侶たち / お経を唱えて寄付を募る「先輩僧侶が寄付する事もあります」

チベットで頑張るチビッ子僧侶たち / お経を唱えて寄付を募る「先輩僧侶が寄付する事もあります」

チベットにはポタラ宮と呼ばれるチベット在来政権の宮殿がありますが、日本では、インドに亡命したダライ・ラマ氏がかつて住んでいた場所として広く知られています。そんなポタラ宮は、チベット仏教の聖地、首都ラサにあり、今も多くの僧.. 続きを読む

父親はアルコール中毒、母親は深刻なうつ病…貧困と家庭崩壊に苦悩した少年が「理想の未来」を取り戻すまで

父親はアルコール中毒、母親は深刻なうつ病…貧困と家庭崩壊に苦悩した少年が「理想の未来」を取り戻すまで

貧困に家庭崩壊… 少年が「理想の未来」を取り戻すまでの実話を描いた『スタンフォードの脳外科医が教わった人生の扉を開く最強のマジック』が、2016年11月12日(土)に発売された。【画像あり】詳しくはダ・ヴィンチニュースへ同書は、『.. 続きを読む

会社を辞めて、こうなった。【第41話】 現代のマインドフルネスブームに欠けているもの。

会社を辞めて、こうなった。【第41話】 現代のマインドフルネスブームに欠けているもの。

【土居彩の会社を辞めて、サンフランシスコに住んだら、こうなった。】vol. 41【第41話】現代のマインドフルネスブームに欠けているもの。“ハートを開いて生きることは痛みを伴います。けれども、心を閉ざして生きる痛みほどではありませ.. 続きを読む

耳に迫る恐怖。有名ホラー映画の名テーマ曲13選

耳に迫る恐怖。有名ホラー映画の名テーマ曲13選

秋の夜長の音楽鑑賞に、身の毛もよだつホラー映画の名テーマ曲はいかが?そろそろハロウィーンも近いとあって、ホラー・テイストなグッズが出回りつつある昨今。有名ホラー映画の名テーマ曲を聞いて、気分を高めるというのも一興なのでは.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。