サモ・ハン・キンポーの最新情報

サモ・ハン・キンポー に関するニュース検索結果   19件

アリババCEOがカンフー映画の主役に

アリババCEOがカンフー映画の主役に

Photo: GIZMODO US よし、私も映画の主役になるために大富豪になるか。中国のオンライン・マーケット「アリババグループ」の会長であり、中国一の大富豪(世界では18番目)ジャック・マー(馬 雲)会長が、短編映画『攻.. 続きを読む

ジャッキー・チェンが63歳でもアクションに挑む理由「もう止めておこうと考えてしまうと、本当に何もやらなくなってしまう」

ジャッキー・チェンが63歳でもアクションに挑む理由「もう止めておこうと考えてしまうと、本当に何もやらなくなってしまう」

ジャッキー・チェン主演最新作、映画『スキップ・トレース』が9月1日(金)より全国公開。本作は、ジャッキー演じる香港警察の刑事とアメリカ人詐欺師の相性最悪なコンビが、なぜか一緒に追われる身となり、世界中を逃げまくるバディ・ア.. 続きを読む

【祝】映画公開! サモ・ハン・キンポー単独インタビュー!!「おじいちゃんはデブゴンの見所? それはたった1つだよ」

【祝】映画公開! サモ・ハン・キンポー単独インタビュー!!「おじいちゃんはデブゴンの見所? それはたった1つだよ」

2017年5月27日、サモ・ハン・キンポー自らが20年ぶりにメガホンを執った話題作『おじいちゃんはデブゴン』が公開される。以前の記事で、ジャッキー・チェンやユン・ピョウにまつわるインタビューをお届けしたが、今回は映画の見所を中心.. 続きを読む

【オッサン注目】Huluで「カンフーの達人」特集スタート!! ジャッキーもサモ・ハンもユンピョウもブルースも見られるぞ~ッ!

【オッサン注目】Huluで「カンフーの達人」特集スタート!! ジャッキーもサモ・ハンもユンピョウもブルースも見られるぞ~ッ!

30代後半から40代中盤の男性にとって、アクションスターといえば、絶対にこの3人である。ジャッキー・チェン、サモ・ハン・キンポー、ユン・ピョウだ。香港映画を世界中に広めたレジェンドであり、私(佐藤)にとっては人生の師匠といっ.. 続きを読む

まさかの“ダブル”サモ・ハンに会場騒然

まさかの“ダブル”サモ・ハンに会場騒然

4月6日、新宿武蔵野館にて映画「おじいちゃんはデブゴン」「コール・オブ・ヒーローズ/武勇伝」公開記念、サモ・ハン・キンポー来日舞台挨拶が開催された。サモ・ハンの来日は11年ぶりだ。大きな拍手に迎えられ、会場に登場したサモ・ハ.. 続きを読む

【レジェンド】サモ・ハン・キンポー大復活! しかも4月6日には新宿で舞台挨拶とか行くしかねぇぇえええ!!

【レジェンド】サモ・ハン・キンポー大復活! しかも4月6日には新宿で舞台挨拶とか行くしかねぇぇえええ!!

サモ・ハン・キンポー。古今東西問わず、ここまで人の胸をトキめかせる人名があるだろうか? そう、香港映画のレジェンドであり、動けるデブの代名詞、サモ・ハン・キンポー氏のことである。そんなサモ・ハン・キンポーが20年ぶりに大復.. 続きを読む

10周年を迎える今こそ!戦隊ヒーロー『獣拳戦隊ゲキレンジャー』を再評価すべき5つの理由

10周年を迎える今こそ!戦隊ヒーロー『獣拳戦隊ゲキレンジャー』を再評価すべき5つの理由

2017年は、『獣拳戦隊ゲキレンジャー』の放映開始10周年イヤーです!『獣拳戦隊ゲキレンジャー』は、2007年2月にスタートした東映のスーパー戦隊シリーズ第31作目となる作品。「動物」と「中国拳法」という2つのメインモチーフを持つスー.. 続きを読む

【カッコいいデブ】サモ・ハン・キンポーの魅力が詰まった動画に共感の声

【カッコいいデブ】サモ・ハン・キンポーの魅力が詰まった動画に共感の声

“カッコいいデブ”、“動けるデブ”として数々の作品に出演した香港の人気俳優、サモ・ハン・キンポーさん(64)。 Twitterでは「サモ・ハン作品の殺陣が死ぬ程好き」というurugin777さん(@urugin_777)が動画をアップし、共感の声が多数あ.. 続きを読む

市川海老蔵、山田純大&前野朋哉との舞台共演に爆笑!

市川海老蔵、山田純大&前野朋哉との舞台共演に爆笑!

テレビ東京系で放送中の市川海老蔵主演ドラマ「金曜8時のドラマ『石川五右衛門』」に出演する山田純大と前野朋哉が、同じく海老蔵主演で本日11月3日に初日を迎えた博多座・十一月花形歌舞伎「石川五右衛門」に、ゲスト出演した。11月25日.. 続きを読む

京極夏彦作品の装丁を描く妖怪絵師の「変変化劇場」

京極夏彦作品の装丁を描く妖怪絵師の「変変化劇場」

以前にコネタで紹介した、京極夏彦氏の小説の装丁画などでおなじみの“妖怪絵師”石黒亜矢子さん。『マッド・マックス』的世界観の作品などが大いに目を引いた昨年の個展に続き、この夏は約35点の新作+過去の人気作品のジグレー(複製画).. 続きを読む

京極夏彦作品の装丁画を描く妖怪絵師の「変変化劇場」

京極夏彦作品の装丁画を描く妖怪絵師の「変変化劇場」

以前にコネタで紹介した、京極夏彦氏の小説の装丁画などでおなじみの“妖怪絵師”石黒亜矢子さん。『マッド・マックス』的世界観の作品などが大いに目を引いた昨年の個展に続き、この夏は約35点の新作+過去の人気作品のジグレー(複製画).. 続きを読む

【悲報】ジャッキー・チェン「昔の香港映画はアクションだけで中身なし」と発言 / ファン「ハリウッド風の脚本は求めてない」「もっと香港映画を誇れよ!」

【悲報】ジャッキー・チェン「昔の香港映画はアクションだけで中身なし」と発言 / ファン「ハリウッド風の脚本は求めてない」「もっと香港映画を誇れよ!」

香港アクションスターと聞いて必ず名が挙がるのは「ジャッキー・チェン」! ユン・ピョウ、サモ・ハン・キンポーと共に70~90年代にかけて一世を風靡し、日本でも絶大な人気を誇っていた。そんなジャッキーが、あの “黄金時代” の作品に.. 続きを読む

【衝撃ダンス動画】これはヤベェ! おデブ少年のキレッキレダンスが魂をゆさぶる中毒性 / 見ると元気が出るので100回くらいは見た

【衝撃ダンス動画】これはヤベェ! おデブ少年のキレッキレダンスが魂をゆさぶる中毒性 / 見ると元気が出るので100回くらいは見た

一般的にポッチャリした人は動きが鈍いと思われがちだ。だから、「元祖動けるデブ」ことサモ・ハン・キンポーに衝撃を受け、芋洗坂係長のダンスに魅了されるのである。そんな動けるデブ界に新星が現れたようだ。9才にして、ムチムチのわ.. 続きを読む

武田梨奈 “和製ドラゴン”倉田保昭の技に感じた「痛みと重み」

武田梨奈 “和製ドラゴン”倉田保昭の技に感じた「痛みと重み」

空手家で女優の武田梨奈が倉田アクションクラブ企画『和製ドラゴン祭』にゲストとして登場。敬愛する倉田保昭とコラボした感激をツイッターでつぶやいた。イベントでは香港アクションスターのブルース・リャンやサモ・ハン・キンポーから.. 続きを読む

【密着】これが女子アナのオーディションだ! 沢井メグ記者が『TOKYO MX』の書類選考を通過するも第二次選考「面接」で突っ走りすぎて撃沈!!

【密着】これが女子アナのオーディションだ! 沢井メグ記者が『TOKYO MX』の書類選考を通過するも第二次選考「面接」で突っ走りすぎて撃沈!!

職業名を聞くだけで、日本全国の男子諸君が「なにっ!?」と身を乗り出してしまうのが、「アイドル(女優・モデル)」と「CAさん」と「女子プロレスラー」であると思うが、忘れてはならないのが「女子アナ(女子アナウンサー)」であろう。.. 続きを読む

TKO・木下、サモ・ハン・キンポーに「似すぎてもーた」。ファンも「完全一致」と大ウケ。

TKO・木下、サモ・ハン・キンポーに「似すぎてもーた」。ファンも「完全一致」と大ウケ。

お笑いコンビ・TKOの木下隆行が香港映画界の大スター“サモ・ハン・キンポー”にソックリなショットを自身のInstagramで公開した。本人も驚くほど激似の1枚に「めっちゃ似てる」「完全一致w」とフォロワーも納得の笑いを誘っている。本業の.. 続きを読む

まことちゃんの「グワシカット」にしたGACKTが美川憲一やサモ・ハン・キンポーのようだと『Twitter』で話題に

まことちゃんの「グワシカット」にしたGACKTが美川憲一やサモ・ハン・キンポーのようだと『Twitter』で話題に

ミュージシャンの GACKTさんが『Twitter』にアップした画像が話題になっている。前髪を切るのに失敗したという GACKTさん、さながら楳図かずお先生の「まことちゃん」のような髪型になってしまっており、ファンならずともかなりの衝撃だ.. 続きを読む

【動画あり】久々の再集結! 香港スター ユン・ピョウの娘の結婚式にジャッキー・チェンとサモ・ハン現る!! ネットの声「やっぱ3人揃うといいな」

【動画あり】久々の再集結! 香港スター ユン・ピョウの娘の結婚式にジャッキー・チェンとサモ・ハン現る!! ネットの声「やっぱ3人揃うといいな」

香港アクションスターと聞けばきっと多くの人が「ジャッキー・チェン」の名を挙げるだろう。ジャッキーが挙がれば、必ず挙がるのが元祖動けるデブこと「サモ・ハン・キンポー」、そして忘れちゃいけない爽やか担当の「ユン・ピョウ」! .. 続きを読む

ハリウッド一の売れっ子俳優!? 超話題作に出まくりのイケメン有名スタントマンは日本からキャリアをスタート!

ハリウッド一の売れっ子俳優!? 超話題作に出まくりのイケメン有名スタントマンは日本からキャリアをスタート!

普段見ている海外の映画やドラマに出演している俳優は、保険などの関係から、危険なアクションシーンはスタントマンに任せている。また、顔が映らないシーンや後姿は俳優の出演費用がかさむため、スタントダブルを使用するのが常である。.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。