コリン・ファレルの最新情報

コリン・ファレル に関するニュース検索結果   94件

『4Stars 2017』パティーナ・ミラーが降板、シンシア・エリヴォの出演が決定

『4Stars 2017』パティーナ・ミラーが降板、シンシア・エリヴォの出演が決定

シンシア・エリヴォは、ミュージカル界に突如として現れた新たなスターだ。英国出身の女優で歌手である彼女は、2011年『シスター・アクト』の英国ツアーで主役デロリス役を務めた。2013年にはオフ・ウェストエンドで上演された『カラー・.. 続きを読む

ソフィア・コッポラ監督最新作は新境地“スリラー” 日本版タイトル&公開日決定

ソフィア・コッポラ監督最新作は新境地“スリラー” 日本版タイトル&公開日決定

ソフィア・コッポラ監督最新作『The Beguiled』の日本版タイトルが『The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ』に正式決定し、2018年2月23日より全国公開されることがわかった。【関連】ソフィア・コッポラ監督『ブリングリング』フォトギ.. 続きを読む

『ナース・ジャッキー』ピーター・ファシネリ、米CBSの新作ドラマ『S.W.A.T.』に出演!

『ナース・ジャッキー』ピーター・ファシネリ、米CBSの新作ドラマ『S.W.A.T.』に出演!

人気コメディドラマ『ナース・ジャッキー』でフィッチ・クーパー役を演じ、『SUPERGIRL/スーパーガール』にも出演していたピーター・ファシネリが、米CBSの新作ドラマ『S.W.A.T.』に出演することが分かった。米TV Lineが報じている。【.. 続きを読む

    ニコール・キッドマン、しどろもどろになりながらエミー賞授賞式でのキス騒動について振り返る

ニコール・キッドマン、しどろもどろになりながらエミー賞授賞式でのキス騒動について振り返る

先週放送された英国BBCの人気トーク番組『ザ・グラハム・ノートン・ショー』にゲストとして招かれたニコール・キッドマン、コリン・ファレル、ブライアン・クランストン、マット・ルーカスの4人。この顔ぶれがそろってソファに座っておし.. 続きを読む

『ツイン・ピークス』シェリリン・フェン、米CBSのアクションドラマ『S.W.A.T.』に出演!

『ツイン・ピークス』シェリリン・フェン、米CBSのアクションドラマ『S.W.A.T.』に出演!

鬼才デヴィッド・リンチのドラマシリーズ『ツイン・ピークス』でオードリー・ホーンを演じ、その新作にも同役で続投したシェリリン・フェンが、米CBSの新作ドラマ『S.W.A.T.(原題)』に出演することが分かった。米TV Lineが報じている。.. 続きを読む

セレブが運を引き寄せる“ジンクス”

セレブが運を引き寄せる“ジンクス”

ジェニファー・アニストンやポール・マッカートニーは、運を引き寄せるためにカササギに敬礼をする、ステップを踏むなどのジンクスに従っているという。ルーレット・オンラインはこのたび、セレブリティの総資産ランキングを発表すると共.. 続きを読む

    ヴィン・ディーゼルが『特捜刑事マイアミ・バイス』のリブートを計画中

ヴィン・ディーゼルが『特捜刑事マイアミ・バイス』のリブートを計画中

『ワイルド・スピード』シリーズのスターであるヴィン・ディーゼルが、80年代の超人気刑事ドラマ『特捜刑事マイアミ・バイス』をリブートするべく準備を進めているという。(あのノリのいいテーマ曲とフラミンゴも復活するのだろうか?).. 続きを読む

『マイアミ・バイス』再ドラマ化、ヴィン・ディーゼルがプロデュース

『マイアミ・バイス』再ドラマ化、ヴィン・ディーゼルがプロデュース

1980年代のマイアミで凶悪犯罪を取り締まる風俗課(バイス)の刑事2人組の活躍を描く人気海外ドラマ『マイアミ・バイス』が、映画『ワイルド・スピード』シリーズの俳優ヴィン・ディーゼルによって再ドラマ化されるという。The Wrapなど.. 続きを読む

『特捜刑事マイアミ・バイス』、ヴィン・ディーゼルが復活版を製作中!

『特捜刑事マイアミ・バイス』、ヴィン・ディーゼルが復活版を製作中!

1984年から1989年まで米NBCで放送され、大ヒットした刑事アクションドラマ『特捜刑事マイアミ・バイス』が、同局で復活する可能性が明らかになった。米Hollywood Reporterなど複数メディアが報じている。マイケル・マン(『キングダム/.. 続きを読む

実写版「ダンボ」のキャスト&あらすじ発表

実写版「ダンボ」のキャスト&あらすじ発表

最新実写版「ダンボ」に、コリン・ファレル、ダニー・デヴィート、エヴァ・グリーン、マイケル・キートンが出演することが決まった。ディズニーの公式ファンクラブD23のイベント「D23エキスポ」で公開された短編ビデオに登場したティム・.. 続きを読む

ガーリーをやめたソフィア・コッポラが描くのは、ダークな人間関係

ガーリーをやめたソフィア・コッポラが描くのは、ダークな人間関係

閉幕してもなお、余韻が冷めやらぬ第70回カンヌ国際映画祭。河瀨直美監督の「光」ほか、日本からも多くの作品が上映されました。そのなかで、ひときわ日本公開が待ち遠しいと話題を集めているのが、監督賞を受賞したソフィア・コッポラ監.. 続きを読む

    ソフィア・コッポラ、カンヌ映画祭で女性としては史上2人目の監督賞を受賞

ソフィア・コッポラ、カンヌ映画祭で女性としては史上2人目の監督賞を受賞

ソフィア・コッポラがカンヌ映画祭で女性としては史上2人目の監督賞を受賞した。受賞作は『The Beguiled』(原題)で、1971年にクリント・イーストウッドが主演した、南北戦争末期が舞台の『白い肌の異常な夜』のリメイクとなる。今回の.. 続きを読む

ニコール・キッドマン出演の『The Beguiled』、カンヌ国際映画祭で監督賞を受賞!

ニコール・キッドマン出演の『The Beguiled』、カンヌ国際映画祭で監督賞を受賞!

5月17日から28日まで開催された第70回カンヌ国際映画祭で、ソフィア・コッポラ監督の『The Beguiled(原題)』が監督賞を受賞。そして第70回記念名誉賞には、同作に出演するほか、『ムーラン・ルージュ』『ビッグ・リトル・ライズ~セレ.. 続きを読む

カンヌで発覚!N・キッドマンの耳たぶが異様に大きい?

カンヌで発覚!N・キッドマンの耳たぶが異様に大きい?

ニコール・キッドマンが華やかにカンヌに登場。コリン・ファレルとの共演作『The Killing Of A Sacred Deer』の上映に出席したニコールは、カルバン・クラインのバレリーナ風ドレスを着てレッドカーペットに立った。上半身が黒いレオター.. 続きを読む

【独占記事】マイケル・キートン、ティム・バートン監督の実写版映画『ダンボ』の悪役で出演交渉中

【独占記事】マイケル・キートン、ティム・バートン監督の実写版映画『ダンボ』の悪役で出演交渉中

マイケル・キートンが、米ウォルト・ディズニーによる実写版映画『ダンボ』の悪役で出演交渉中だ。監督はティム・バートンが手がける。実現すれば、キートンとバートンは1992年の映画『バットマン リターンズ』以来の協業となる。コリン.. 続きを読む

『ダンボ』実写化、マイケル・キートンが悪役か

『ダンボ』実写化、マイケル・キートンが悪役か

映画『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』(15)でオスカーにノミネートされた俳優マイケル・キートンが、主演映画『バットマン』シリーズでメガホンをとった監督ティム・バートンと再タッグを組む可能性が出てきた。.. 続きを読む

コリン・ファレル、『ロブスター』監督とAmazon新シリーズで再びタッグを組むことに!

コリン・ファレル、『ロブスター』監督とAmazon新シリーズで再びタッグを組むことに!

2016年のSFラブストーリー映画『ロブスター』でメガホンを取ったヨルゴス・ランティモスと、主演を務めたコリン・ファレル(『TRUE DETECTIVE/ロサンゼルス』)が、Amazonの新シリーズで再びタッグを組むことが分かった。米Slashfilmが.. 続きを読む

ライアン・ゴズリング、やや似のニセ者がドイツの授賞式に登場する珍騒動

ライアン・ゴズリング、やや似のニセ者がドイツの授賞式に登場する珍騒動

ゴールデン・グローブ賞やアカデミー賞などの賞レースを席巻したライアン・ゴズリング&エマ・ストーン主演、デイミアン・チャゼル監督メガホンのミュージカル映画『ラ・ラ・ランド』。ドイツで現地時間4日に開催されたメディア賞「ゴー.. 続きを読む

J.K.ローリングが「ファンタビ」機密書類の写真

J.K.ローリングが「ファンタビ」機密書類の写真

J.K.ローリングが、「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」続編の脚本とみられる書類の写真を公開した。ローリングは自身のツイッターに「J.K.ローリング著作」「機密」「ワーナー・ブラザース」という文字が見える書類が写った.. 続きを読む

リブート版『特別狙撃隊S.W.A.T.』のキャストにあのボンドガールが抜擢!

リブート版『特別狙撃隊S.W.A.T.』のキャストにあのボンドガールが抜擢!

大ヒット映画『ワイルド・スピード』シリーズを手掛けたニール・H・モリッツとジャスティン・リンが、1970年代の人気アクションドラマ『特別狙撃隊S.W.A.T.』のリブート版製作を米CBSにて企画していることは以前お伝えしたが、『007 ス.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。