カルロス・ゴーンの最新情報

カルロス・ゴーン に関するニュース検索結果   106件

不正の日産、破綻したゴーン流収益至上主義の内実…疲弊する現場、超高額報酬幹部へ不満爆発

不正の日産、破綻したゴーン流収益至上主義の内実…疲弊する現場、超高額報酬幹部へ不満爆発

品質確認の最後の砦である「完成検査」を無資格の作業員が行っていた問題が発覚した日産自動車で、発覚後も国内4工場で違法行為を続けていたことが明らかになった。日産は事態を重視し、再発防止を徹底するまで国内市場向けモデルの生産.. 続きを読む

日産、偽装&隠蔽体質露呈…社長の「不遜」会見に国交省が怒り、検査不正でも「安全」強弁

日産、偽装&隠蔽体質露呈…社長の「不遜」会見に国交省が怒り、検査不正でも「安全」強弁

「日産を信頼していただいている皆様に、心からお詫び申し上げる」日産自動車の西川廣人社長兼最高経営責任者(CEO)は、国内のすべての工場で無資格者が完成車の検査を日常的に行っていた問題で陳謝した。しかし、国土交通省の立ち入り.. 続きを読む

トヨタ没落、三菱自繁栄の可能性…EV主流化=日本勢の優位性消滅、中国が主役か

トヨタ没落、三菱自繁栄の可能性…EV主流化=日本勢の優位性消滅、中国が主役か

足許の国内自動車メーカーの株価の推移を見ていると、トヨタ自動車や日産自動車に比べて三菱自動車の上昇が顕著だ。同社のSUV型EV(電気自動車)投入が評価され、投資家からの買いが集まっているようだ。三菱自といえば、これまでに繰り.. 続きを読む

「日産アートアワード2017」グランプリ受賞者が決定

「日産アートアワード2017」グランプリ受賞者が決定

日産自動車は2017年9月27日、「日産アートアワード2017」のグランプリに藤井光氏を選出した。今回、藤井氏が取り組んだのは「日本人を演じる」というテーマで行なわれたワークショップの記録映像や資料を組合せたインスタレーション。さ.. 続きを読む

ルノー・日産・三菱が2022年に年間1400万台の販売を狙う「アライアンス2022」を発表

ルノー・日産・三菱が2022年に年間1400万台の販売を狙う「アライアンス2022」を発表

ルノー、日産自動車、三菱自動車は、2017年9月15日、年間のシナジーを100億ユーロへと倍増させる新6か年計画「アライアンス2022」を発表した。本計画において各社は、共通プラットフォームの使用を増やし、4つのプラットフォームで900万.. 続きを読む

ガソリン車が世界的禁止、日産が自画自賛「各社が日産追いかけ」「EV距離問題は解決」

ガソリン車が世界的禁止、日産が自画自賛「各社が日産追いかけ」「EV距離問題は解決」

世界中で環境規制が強化され、電気自動車(EV)が環境対応車として本命視されるなか、他社に先駆けてEV市場を開拓してきた日産自動車が量産型EV「リーフ」の2代目を発表した。新型リーフは航続距離を400km(JC08モード)と、先代の1.4倍.. 続きを読む

世界的にガソリン車禁止へ…トヨタが敗者に転落すれば、日本の製造業終焉の可能性

世界的にガソリン車禁止へ…トヨタが敗者に転落すれば、日本の製造業終焉の可能性

日産自動車は9月6日、7年ぶりにフルモデルチェンジしたEV(電気自動車)・「リーフ」を10月2日に国内で発売すると発表した。新開発の電池を搭載することにより、1回の充電で走れる航続距離を、これまでの1.4倍となる400kmに延ばした。税.. 続きを読む

ルノー・日産アライアンスが中国・東風汽車集団と電気自動車も共同開発を行う合弁会社を設立

ルノー・日産アライアンスが中国・東風汽車集団と電気自動車も共同開発を行う合弁会社を設立

ルノー・日産アライアンスと東風汽車集団股份有限公司は2017年8月29日、中国で電気自動車の共同開発を行う新たな合弁会社を設立することで合意した。新しい合弁会社eGT New Energy Automotive Co., Ltd.(eGT)は、ルノー・日産アライア.. 続きを読む

自動車、EVが世界の主流に…日産、EVの命・電池事業を中国系へ突如売却が波紋

自動車、EVが世界の主流に…日産、EVの命・電池事業を中国系へ突如売却が波紋

世界的な環境規制の強化で電気自動車(EV)の本格的な普及が見込まれるなか、EVの普及を主導してきた日産自動車が異例の方針を打ち出した。EVの心臓部でもあるバッテリー事業を、中国系ファンドに売却することを決定したのだ。そこには日.. 続きを読む

「世界一日産GT-Rを愛する男」直伝!【NISSAN GT-Rのすべて(プチ)】

「世界一日産GT-Rを愛する男」直伝!【NISSAN GT-Rのすべて(プチ)】

先日の「スーパーGT in 富士スピードウェイ」で久しぶりにお会いした日産自動車の田村さん。現在、日産GT-Rのチーフ・プロダクト・スペシャリストであり、おそらくGT-Rを世界一愛する男。せっかくお会いしたので、2017年モデルのGT-Rのこ.. 続きを読む

日産 2017年度台1四半期の決算を発表

日産 2017年度台1四半期の決算を発表

日産自動車は2017年7月27日、2017年度第1四半期(4月~6月の3ヵ月間)の決算を発表した。2017年度第1四半期の連結営業利益は1533億円、連結売上高は2兆7604億円。当期は総じて想定通りの業績となっていて、今後も継続的な新車攻勢により.. 続きを読む

ソフトバンク、元副社長に報酬348億…日産・ゴーン氏は3社から報酬で計20億目前

ソフトバンク、元副社長に報酬348億…日産・ゴーン氏は3社から報酬で計20億目前

東京商工リサーチがまとめた「2017年3月期決算 上場企業『役員報酬1億円以上開示企業』調査」によると、2017年3月期決算で役員報酬1億円以上を開示した上場企業は221社、人数は457人だった。社数は前年同期の211社を10社上回り、15年3月.. 続きを読む

フジテレビ親会社、日枝前会長の年間報酬は1億超…松本人志の役員就任動議が提案

フジテレビ親会社、日枝前会長の年間報酬は1億超…松本人志の役員就任動議が提案

6月に開催された株主総会のなかでもっとも注目されたのは、武田薬品工業だった。株主15人から、相談役や顧問などの廃止を求める株主提案が出されていたからだ。14年間にわたって社長や会長を務めた長谷川閑史氏が、6月28日に開催される株.. 続きを読む

ルノー・日産アライアンス、2016年度の年間シナジーが50億ユーロと前年から16%増加

ルノー・日産アライアンス、2016年度の年間シナジーが50億ユーロと前年から16%増加

ルノー・日産アライアンスは2017年7月7日、2016年度のアライアンスのシナジーが、前年から16%増加したと発表した。ルノー、日産および三菱自動車は、パートナーシップを通じてコストを削減し、さらなる収益を生み出し、かつコスト回避策.. 続きを読む

タカタ民事再生を申請 負債総額1.7兆円に

タカタ民事再生を申請 負債総額1.7兆円に

■タカタ民事再生を申請 製造業で戦後最大の倒産エアバックの大規模リコール問題に直面していたタカタは6月26日、民事再生手続き開始を東京地裁に申請し、受理されたことを発表しました。自動車業界として史上最大規模のリコールは、世界.. 続きを読む

三菱自、益子CEO退任要求噴出でゴーン氏が株主の質問を強制遮断…苛立ち露わ

三菱自、益子CEO退任要求噴出でゴーン氏が株主の質問を強制遮断…苛立ち露わ

「株主全員が(取締役案に)賛同していないのは理解しているが、議決権の結果、過半数の賛同があれば、それは(取締役が)信頼された証」(カルロス・ゴーン氏)三菱自動車工業が6月23日に都内で開催した「第48回定時株主総会」で、出席.. 続きを読む

三菱「ランエボ」が復活!? 株主総会で明かされた内容とは?

三菱「ランエボ」が復活!? 株主総会で明かされた内容とは?

1992年に初代ランサーエボリューションが登場、ラリーやレースで鍛えた4WDの力強い走りで人気を集めましたが、世界的な環境規制の強化などに伴い、2007年10月発売の10世代目となる「エボX(テン)」を最後にその歴史に幕を閉じました。最.. 続きを読む

日産、経営支配狙う仏政府との対立先鋭化…ゴーンの超高額報酬が標的に

日産、経営支配狙う仏政府との対立先鋭化…ゴーンの超高額報酬が標的に

フランス大領領に投資銀行出身で39歳のエマニュエル・マクロン氏が就任したことに、ルノー・日産自動車グループが緊張感を高めている。マクロン大統領はルノー・日産のトップであるカルロス・ゴーン氏と少なからず因縁があるためだ。まず.. 続きを読む

緩む日産、厳格な目標必達経営を放棄で「昔の日産」化…平気で目標未達、経営責任問わず

緩む日産、厳格な目標必達経営を放棄で「昔の日産」化…平気で目標未達、経営責任問わず

「マーケットシェアでは次の中期経営計画の期間中に8%のレベルを到達したい」(日産自動車・西川廣人社長兼CEO<最高経営責任者>)日産は中期経営計画「パワー88」が目標未達で終わり、2017年度から始まる新しい中期経営計画に引き継ぐ.. 続きを読む

これからの時代に求められる「ファシリテーション」思考とは?

これからの時代に求められる「ファシリテーション」思考とは?

インターネットやSNSが発達し、誰もが地球上の誰とでもコミュニケーションをとれる状況でありながら、「先が見えない」という不安を持つ人が少なくありません。同じ日本語を話し、話し方やプレゼンテーションに気を使って話しているにも.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。