カニバリズムの最新情報

カニバリズム に関するニュース検索結果   36件

【ニュージーランド南島・その2】野生動物はやっぱりかわいい! あと大自然

【ニュージーランド南島・その2】野生動物はやっぱりかわいい! あと大自然

日本と季節が真逆の南半球ニュージーランド。冬のはじまりの6月頭に、”ニュージーランドのエディンバラ”と呼ばれる『ダニーデン』を中心にサウスランド、ワイタキ地方を巡りました。本記事では、見に行くことができる野生動物と自然をご.. 続きを読む

ギョッとするタイトルに秘密が!?“キミスイ”映画版も泣ける!

ギョッとするタイトルに秘密が!?“キミスイ”映画版も泣ける!

ベストセラー作家・住野よるの同名小説を実写映画化した『君の膵臓をたべたい』(7月28日公開)。そのショッキングで奇妙なタイトルからは内容を想像しがたい本作、いったいどんな物語なの?と不思議に思う人も多いだろう。“君の膵臓をたべ.. 続きを読む

世界初? インドで牛専用の救急車デビュー! いっぽう、牛の崇拝が強まる影で起きる問題とは

世界初? インドで牛専用の救急車デビュー! いっぽう、牛の崇拝が強まる影で起きる問題とは

立派な救急車です。サイレンだって鳴ります。でも家畜専用です。インド北部のウッタル・プラデーシュ州で、おそらく世界初と思われる家畜専用の救急車が始動したそうです。World Social Issues / YouTubeThe Telegraphによれば、ウッタル.. 続きを読む

カニバリズム色の強いケイティ・ペリーの新曲MVが、ファンからも不評

カニバリズム色の強いケイティ・ペリーの新曲MVが、ファンからも不評

ニューアルバムがリリース間近だと伝えられている歌手のケイティ・ペリー。ファンの期待を集める中、12日にシングルカット曲「Bon Appétit(ボナペティ)」のミュージックビデオ(以下、MV)がリリースされた。タイトルである「Bon Appe.. 続きを読む

ラブストーリーな上に食人入り! アポカリプス映画『ザ・バッド・バッチ』が名作の予感

ラブストーリーな上に食人入り! アポカリプス映画『ザ・バッド・バッチ』が名作の予感

最近人気のテーマ:カニバリズム。アポカリプスの世界でカニバリズム、ロマンスと言われて思い出すのは、1991年公開のフランス映画『デリカテッセン』。あちらはワイルドな描写は全くといっていいほどなく、むしろアートなセンスに満ちた.. 続きを読む

【閲覧注意】血みどろのお菓子を召し上がれ!「中西怪奇菓子工房。」のダークサイド・スイーツ【大阪】

【閲覧注意】血みどろのお菓子を召し上がれ!「中西怪奇菓子工房。」のダークサイド・スイーツ【大阪】

この記事では、リアルなホラー菓子店を取り上げており、視覚的に苦手と思われる方は、これ以上閲覧せずそっと閉じてください……。 モノレールの街にある怪奇菓子こんにちは。メシ通レポーターの放送作家、吉村智樹です。さて最近、飲食の.. 続きを読む

「ヒトを食べると何キロカロリー?」各部位のカロリー探る、食人の本当の動機

「ヒトを食べると何キロカロリー?」各部位のカロリー探る、食人の本当の動機

Jim Cooke / Gizmodo US栄養源とすることより、精神的な意味が重要だった?人間の肉を食べる行為(=カニバリズム)、って人類最大のタブーのひとつですが、じつは人間は有史以前からさまざまな理由で人肉を食べてきました。その理由は複.. 続きを読む

誘拐殺人の末、遺体にかぶりつき……インドで男児を狙ったカニバリズム事件が続発

誘拐殺人の末、遺体にかぶりつき……インドで男児を狙ったカニバリズム事件が続発

女優・清水富美加の電撃出家の一因は、彼女が出演する映画での人食シーンへの抵抗だったともされているが、インドではホラー映画をも凌駕する凄惨なカニバリズム事件が発生した。英タブロイド「THE SUN」によると、同国北部のウッタル・.. 続きを読む

狂気のカニバリズム 16歳少年が9歳児を殺し肉を食べる(印)

狂気のカニバリズム 16歳少年が9歳児を殺し肉を食べる(印)

カニバリズム(人肉嗜食)が目的の殺人事件。これが性別や年齢を問わないものであることにはただ驚くばかりだが、このたびのニュースはインドから。16歳の少年が9歳の少年を殺害し、肉や血を食するという恐ろしい事件が起きたことを英メ.. 続きを読む

傑作との呼び声が高いティーン・カニバル映画『ロウ』予告編

傑作との呼び声が高いティーン・カニバル映画『ロウ』予告編

獣医学部へようこそーー。今年はホラーの当たり年。名作のリブートに続編、個性豊かでゾクゾクが止まらないオリジナルの公開が目白押しです。そんな中、一際期待されているのが、ベジタリアン少女があることをきっかけにカニバリストにな.. 続きを読む

映画史上最も機能不全な家族15選

映画史上最も機能不全な家族15選

むしろ機能不全家族のほうが映画的にはおいしい。年末年始や大型連休がくると家族が集まる機会が増えますが、映画の中には顔をあわせるのもイヤになるほど機能不全な家族が数多く登場します。今日は、そういった殺伐とした、子供の心の発.. 続きを読む

最も奇妙なイタリア産ホラー映画9選

最も奇妙なイタリア産ホラー映画9選

こちらは2015年10月28日に公開されたコタク・ジャパンの記事の再掲載です。イタリアのホラー映画には異様な雰囲気があります。鑑賞者に「これでも喰らえ!」と独特の世界観を投げつけてくるかのような内容のものが多く、ストーリーは奇妙.. 続きを読む

「養って。」うなぎを少女化した自治体PR動画に賛否…

「養って。」うなぎを少女化した自治体PR動画に賛否…

うなぎの生産量は日本のなかでも世界一! 鹿児島県の最東部、大隈半島に位置する志布志市のふるさと納税PR動画が、色々な意味で話題になっている。   ※予備   「養って。」 そんな強烈なワードと共に始まる2分の動画。 地元の名産品と.. 続きを読む

トロント映画祭で観客が次々と失神! “カニバリズム(人食い)”ホラー映画で

トロント映画祭で観客が次々と失神! “カニバリズム(人食い)”ホラー映画で

カナダのトロントで現在開催されている『トロント国際映画祭(以下TIFF)』。世界中の300本を超す作品が会場となる複数の映画館で上映されているが、ホラー映画の上映会場では失神者が続出し、救急車がいく度も出動したもようだ。カナダ.. 続きを読む

 第49回<怪獣ブーム50周年企画 PART-4>『フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ』

第49回<怪獣ブーム50周年企画 PART-4>『フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ』

●「怪獣ブーム」とは 今から50年前の1966年1月2日、記念すべきウルトラシリーズの第1作目『ウルトラQ』が放送を開始した。『鉄腕アトム』や『鉄人28号』などのアニメを見ていた子供達は、一斉に怪獣の虜となった。すでにゴジラ映画は6本.. 続きを読む

ゾンビアニメ おすすめまとめ。ゾンビハザードのアニメ8作品+α|2016年度版

ゾンビアニメ おすすめまとめ。ゾンビハザードのアニメ8作品+α|2016年度版

2010年代前半、海外ゲーム業界では ゾンビ ウィルス が蔓延していました。ありとあらゆるゲームに ゾンビ が大量発生し、そのゾンビウィルスは日本のマンガや実写作品にも波及しました。最近では、ゾンビ パンデミック こそ沈静化したも.. 続きを読む

ネアンデルタール人が「人喰い」を?日本でも過去に凶悪事件が…

ネアンデルタール人が「人喰い」を?日本でも過去に凶悪事件が…

estt/iStock/Thinkstock先月、ベルギーに位置するゴイェの洞窟で発掘調査を進めていた考古学者らが、ヨーロッパ北部のネアンデルタール人に人喰いの習慣があったという痕跡を発見したとメディアが報じた。報道によると、ネアンデルター.. 続きを読む

あの恐怖はどこ出身? アメリカの州別最恐ホラーリスト

あの恐怖はどこ出身? アメリカの州別最恐ホラーリスト

名産品的な感覚で。「俺、テキサス出身なんだ」-「チェーンソーで有名よね!」「私、アリゾナ州からきたの」-「やっぱりモーテルは敬遠されがち?」ホラー好きならではのディープな会話。こんなマニアックな会話をしたい人のために、Thou.. 続きを読む

第1位は咲坂伊緒『思い、思われ、ふり、ふられ』!「第6回NEXTブレイク漫画RANKING BEST50」

第1位は咲坂伊緒『思い、思われ、ふり、ふられ』!「第6回NEXTブレイク漫画RANKING BEST50」

2016年7月20日(水)発売のインドアエンタメ総合誌『エンタミクス』9月号で、“第6回NEXTブレイク漫画RANKING BEST50”が発表された。ブレイク必至の有望作&ブレイクしてほしい優良作を、全国3,000店の書店員の投票により選出! 今回は特.. 続きを読む

第6回NEXTブレイク漫画RANKING発表!第1位に『思い、思われ、ふり、ふられ』!!

第6回NEXTブレイク漫画RANKING発表!第1位に『思い、思われ、ふり、ふられ』!!

ブレイク必至の有望作&ブレイクしてほしい優良作を全国3000店の書店員の投票により選出した“NEXTブレイク漫画RANKING BEST50”が発表された。同ランキングは、エンタメ総合誌『エンタミクス』が実施したもので、ランキング詳細およびラン.. 続きを読む

前のページ
次のページ

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。