カツアゲの最新情報

カツアゲ に関するニュース検索結果   80件

【検証】iPhoneXの顔認証(Face ID)はどのレベルの変顔、変装、顔マネに対応するのか試してみた

【検証】iPhoneXの顔認証(Face ID)はどのレベルの変顔、変装、顔マネに対応するのか試してみた

本日2017年11月3日、ついに『iPhone X』が発売された。いろいろな新機能が搭載されているが、おそらく誰もが「顔認証(Face ID)」について気になっていることだと思われる。認証の精度やセキュリティ面は大丈夫なのか? と。たとえば世.. 続きを読む

非行に走る子ども達にご飯を。83歳「ばっちゃん」が大反響

非行に走る子ども達にご飯を。83歳「ばっちゃん」が大反響

その人は、広島市に住む中本忠子(ちかこ)さん、83歳。現在は引退していますが、30年以上にわたり保護司をつとめていました。保護司とは、保護観察官とともに、非行に走った子どもたちの生活指導や更生の手助けをするボランティアです。.. 続きを読む

容疑者の共通点は?「茨城日立 妻子5人殺害事件/東名高速追突事件」周辺取材で浮上した人物像

容疑者の共通点は?「茨城日立 妻子5人殺害事件/東名高速追突事件」周辺取材で浮上した人物像

今年6月、福岡県出身の男・石橋和歩容疑者が東名高速道路で妨害行為を行ったのちに、追突事故を起こさせ夫婦二人が亡くなった事件と、茨城県日立市で10月、父親・小松博文容疑者が妻と子ども5人を殺害し自宅に火をつけた事件。「あい(ヤ.. 続きを読む

【旦那のシャツにボストンバレエ団の熊を】Twitterで話題の画像まとめ(10/30 昼版)

【旦那のシャツにボストンバレエ団の熊を】Twitterで話題の画像まとめ(10/30 昼版)

見た目で判断した俺が悪かったpic.twitter.com/7MBWvYCnPI — 坂田勇人 (@Haya10ma10) 2017年10月29日   旦那のシャツにボストンバレエ団の熊をこっそり刺繍してみた pic.twitter.com/QdL5jj9lDJ — あおじそ (@momojiso) 2017年10月29日 .. 続きを読む

『奥様は、取り扱い注意』、「違和感ある」「何かの間違い?」と指摘された夕飯シーン

『奥様は、取り扱い注意』、「違和感ある」「何かの間違い?」と指摘された夕飯シーン

10月25日午後10時から第4話が放送される、綾瀬はるか主演の『奥様は、取り扱い注意』(日本テレビ系)。視聴率は初回11.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)、第2話11.3%ときて、第3話は12.4%と急上昇。安定した数字で、す.. 続きを読む

「奥様は、取り扱い注意」3話。ママ友社会のいじめの構造が熱い、青木さやかのボスっぷりに圧倒される

「奥様は、取り扱い注意」3話。ママ友社会のいじめの構造が熱い、青木さやかのボスっぷりに圧倒される

『奥様は、取り扱い注意』(日本テレビ系)では、現代の女性を取り巻く問題が各話ごとにフォーカスされる。第3話のテーマはいじめ、もっと言うと“ママ友いじめ”であった。“いじめられる側”なのが清水理沙(小野ゆり子)で、“いじめる側”.. 続きを読む

西島秀俊の「ねえ、夕食は後にしない?」に世の女性がジュワ~!? 綾瀬はるか『奥様は~』が好調

西島秀俊の「ねえ、夕食は後にしない?」に世の女性がジュワ~!? 綾瀬はるか『奥様は~』が好調

世の主婦から「家事をしながら見るのに丁度いい」という声がこだましている綾瀬はるか主演『奥様は、取り扱い注意』(日本テレビ系)の第3話。平均視聴率は自己最高となる12.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。綾瀬と西島秀俊.. 続きを読む

青木さやかの「インパクトがスゴイ!」綾瀬はるか主演『奥様、取り扱い注意』第3話

青木さやかの「インパクトがスゴイ!」綾瀬はるか主演『奥様、取り扱い注意』第3話

綾瀬はるかが主演を務める日本テレビ系の水曜ドラマ『奥様は、取り扱い注意』(毎週水曜22:00~)。10月18日放送の第3話に、青木さやかと小野ゆり子がゲスト出演し、ネット上で話題を集めていた。金城一紀の原案・脚本で描かれる本作の主.. 続きを読む

『奥様』綾瀬「ババア」呼びにブチ切れ? 青木さやか圧巻のボスママ姿に

『奥様』綾瀬「ババア」呼びにブチ切れ? 青木さやか圧巻のボスママ姿に

(画像は『奥様は、取り扱い注意』公式サイトのスクリーンショット)かわいすぎる主婦がとんでもなく「ワケあり」――そのぶっ飛んだ設定がおもしろいと好評の『奥様は、取り扱い注意』第3話が18日、放送された。今回もいきなりカツアゲの.. 続きを読む

綾瀬はるか主演『奥様は、取り扱い注意』、青木さやかの怪演に「今日の主役」と大反響

綾瀬はるか主演『奥様は、取り扱い注意』、青木さやかの怪演に「今日の主役」と大反響

綾瀬はるかが主演する『奥様は、取り扱い注意』(日本テレビ系/毎週水曜22時)の第3話が18日に放送され、ママ友をイジメまくるボスママ役を青木さやかが迫力満点に演じた。SNSでは「今日の主役は間違いなく青木さやかだ(笑) いつの間.. 続きを読む

綾瀬はるかがスパルタ指導!主婦同士のイジメを解決『奥様』第3話

綾瀬はるかがスパルタ指導!主婦同士のイジメを解決『奥様』第3話

お笑いタレントで女優の青木さやかが、日本テレビ系の水曜ドラマ『奥様は、取り扱い注意』(毎週水曜22:00~)10月18日放送の第3話にゲスト出演。元女子プロレスラーで幼稚園のボスママ・相良貴子役を演じることがわかった。金城一紀の原.. 続きを読む

「相棒」はついに第16弾に突入!【秋ドラマ人物相関図(水曜ドラマ編)】

「相棒」はついに第16弾に突入!【秋ドラマ人物相関図(水曜ドラマ編)】

10月に入り、秋ドラマが続々とスタート! 水曜日放送から「相棒season16」(テレビ朝日系)、「奥様は、取り扱い注意」(日本テレビ系)の2本をピックアップ。その人間関係が一目で分かる相関図とあらすじを詳解する。■ 右京と亘のコンビが3.. 続きを読む

【決定的瞬間】昼寝してたら竜巻が襲ってきたのでスマホで激写してみた / マサイ通信:106回

【決定的瞬間】昼寝してたら竜巻が襲ってきたのでスマホで激写してみた / マサイ通信:106回

スパ! さ~て、日本は秋……を通り越して冬みたいに寒いらしいな。急激な気温の温度差に気をつけろよ。くれぐれも体調を崩さないようにな。特に風邪には要注意。もちろんケニアの僻地で暮らしているオレたちマサイ族も、風邪……じゃなくて.. 続きを読む

ジャニーズWEST・濱田崇裕を地下鉄で脅した2人組の正体

ジャニーズWEST・濱田崇裕を地下鉄で脅した2人組の正体

関西発のジャニーズタレントといえば、初代がKinKi Kids、2代目が関ジャニ∞で、最新がジャニーズWEST。特色はそれぞれ違うが、3組ともドームクラスの会場を満員にさせた実績がある。そんな関西ジャニーズの中で年少ユニットにあたるWEST.. 続きを読む

村井満チェアマン、Jリーグオフィスの改革で「会議が減った」

村井満チェアマン、Jリーグオフィスの改革で「会議が減った」

勝村政信と皆藤愛子がMCを務めるテレビ東京のサッカー番組『FOOT×BRAIN』(毎週日曜11:00~)。10月15日の放送は、皆藤がJリーグのオフィスを訪れ、村井満チェアマンの案内の元、改革が進むJリーグを内側から紹介した。Jリーグのオフィス.. 続きを読む

皆藤愛子「DAZNのお金で豪華に?」Jリーグオフィス潜入で村井チェアマンにチクリ

皆藤愛子「DAZNのお金で豪華に?」Jリーグオフィス潜入で村井チェアマンにチクリ

勝村政信と皆藤愛子がMCを務めるテレビ東京のサッカー番組『FOOT×BRAIN』(毎週日曜11:00~)。10月15日の放送は、皆藤がJリーグのオフィスを訪れ、村井満チェアマンの案内で、改革が進むJリーグを内側から紹介する。あまりテレビなどで.. 続きを読む

身の危険を感じる「何かと物騒」な街ワースト5 ――もめ事、殺傷事件、奇声を上げながら徘徊する人も…

身の危険を感じる「何かと物騒」な街ワースト5 ――もめ事、殺傷事件、奇声を上げながら徘徊する人も…

タワマンが林立する再開発エリアに、メディアで話題の人気スポット……。憧れの街も実情は「ヤバかった」なんてことも。そこで、首都圏の「ヤバい街」を徹底調査。ジャンル別にランキング化して紹介していく!◆もめ事や殺傷事件、奇声を上.. 続きを読む

財布をカツアゲした不良 中身を見て『奇妙な出会い』を果たす!

財布をカツアゲした不良 中身を見て『奇妙な出会い』を果たす!

「チッ、これだけしか持ってねーのかよ」カツアゲし、財布を取り上げた不良。中に入っている金額の少なさに悪態をついていると、謎の小さなケースが入っていることに気付きます。中を開けると…やたらとイケメンな『花の精』が姿を現した.. 続きを読む

「やすらぎの郷」第20週。松岡茉優の悲劇の顛末は本当に必要だったのか

「やすらぎの郷」第20週。松岡茉優の悲劇の顛末は本当に必要だったのか

シニア層の間では、もうすっかり定着しているであろうお昼のドラマ『やすらぎの郷』(テレビ朝日・月~金曜12:30~)。ここに来て、こんなとんでもないエピソードをぶっ込んでくるとは……。まさかのセックス&バイオレンスな第20週。結局.. 続きを読む

相方に触発され……“ピン芸人”又吉直樹の新たなる挑戦! 文章とお笑いを融合させた「朗読会」とは?

相方に触発され……“ピン芸人”又吉直樹の新たなる挑戦! 文章とお笑いを融合させた「朗読会」とは?

物書きであれば誰もが憧れる「芥川賞作家」という肩書を手に入れてもなお、この人の「芸人」「コント」そして「ピース」への熱が冷めることはない。相方である綾部祐二が単身ニューヨークへ、その時期に又吉直樹もまた芸人としての原点と.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。