オスプレイの最新情報

オスプレイ に関するニュース検索結果   102件

その理由は謎! 蚊に一番刺されやすい血液型は?

その理由は謎! 蚊に一番刺されやすい血液型は?

日本が世界に誇る各界の“知のフロントランナー”を講師に迎え、未来の日本人たちに向けてアカデミックな授業をお届けするTOKYO FMの番組「未来授業」。8月9日(水)の授業講師には、東京慈恵会医科大学教授の嘉糠洋陸さんが登場!嘉糠さん.. 続きを読む

高校生平和大使の核廃絶演説中止の背後に安倍腹心の軍縮大使...集団的自衛権にも暗躍した防衛官僚が軍縮会議の代表者に

高校生平和大使の核廃絶演説中止の背後に安倍腹心の軍縮大使...集団的自衛権にも暗躍した防衛官僚が軍縮会議の代表者に

スイスのジュネーブ軍縮会議で「高校生平和大使」による演説が見送られたことが波紋を広げている。高校生平和大使は、日本の高校生が国連に赴き、核兵器廃絶を訴える活動。1998年に始まり、近年では2014年から3年連続で核兵器廃絶の演説.. 続きを読む

"中立・公正な報道""沖縄メディアの現状"とは?八重山日報編集長「大手2紙は絶対の存在。洗脳されている部分があった」

"中立・公正な報道""沖縄メディアの現状"とは?八重山日報編集長「大手2紙は絶対の存在。洗脳されている部分があった」

今、隠れた沖縄県民の声を伝えようとする小さな新聞社「八重山日報」がネット上で脚光を浴びている。挑む相手は、基地反対を唱え、沖縄でのシェア95%を占める「琉球新報」と「沖縄タイムス」の大手2紙だ。4月に沖縄本島に進出したばかり.. 続きを読む

江崎大臣 日米地位協定“見直し”と異例の発言、識者「協定を担当するのは外務大臣」

江崎大臣 日米地位協定“見直し”と異例の発言、識者「協定を担当するのは外務大臣」

先週5日、「役所の原稿を朗読する」と国会軽視とも取れる発言をし、物議を醸した江崎鉄磨沖縄・北方担当大臣。8日、改めて発言について質問されると、「(発言を)撤回しません。実際、不用意なことを言っていました。覆水盆に戻らず、一.. 続きを読む

安倍政権の沖縄いじめの中『あさイチ』が基地に苦しむ沖縄の声を紹介! 井ノ原快彦は「沖縄の現実を想像しよう」

安倍政権の沖縄いじめの中『あさイチ』が基地に苦しむ沖縄の声を紹介! 井ノ原快彦は「沖縄の現実を想像しよう」

本日、沖縄の本土復帰から45年目の節目を迎えたが、安倍政権による「沖縄いじめ」は苛烈さを増している。国は新基地建設のためにキャンプ・シュワブ沿岸部を埋め立てる護岸工事を開始、波打ち際に石材を投下して重機でならすという作業が.. 続きを読む

日中韓と北朝鮮「本当の戦争力」徹底分析

日中韓と北朝鮮「本当の戦争力」徹底分析

金正恩の暴走により有事勃発の危機が噂される昨今。“甚大な影響”を受ける周辺国の「戦闘力」をマル秘レポートする!!「いつ有事となってもおかしくはない。冷戦期でも、ここまで事態が差し迫ったことはなかった。自衛隊では陸海空とも、水.. 続きを読む

空飛ぶタクシー「運用まであと8年」は、かなり現実的かも。

空飛ぶタクシー「運用まであと8年」は、かなり現実的かも。

「テレビ電話」と「空飛ぶ自動車」が、未来を予感させる象徴的なアイコンとして、映画やアニメの中に幾度となく登場したのも今は昔。すでにスマホサイズで遠く離れた相手の顔を見ながら会話ができる現在、ならばコチラも……と、やはり期待.. 続きを読む

自衛隊の米艦防護や共同訓練は明らかな憲法違反だ! 北朝鮮危機に乗じて安倍政権が進める憲法破壊

自衛隊の米艦防護や共同訓練は明らかな憲法違反だ! 北朝鮮危機に乗じて安倍政権が進める憲法破壊

憲法記念日を迎え、「2020年に新憲法を施行する」と大見得をきった安倍首相。しかし、安倍政権はそれだけでなく、たったいまも憲法空文化=事実上の改憲をどんどん進めている。この間の北朝鮮危機を利用して、大多数の学者から違憲とされ.. 続きを読む

大坂なおみは3回戦でロジャーズに敗退 [ボルボ・カーズ・オープン]

大坂なおみは3回戦でロジャーズに敗退 [ボルボ・カーズ・オープン]

「ボルボ・カーズ・オープン」(WTAプレミア/アメリカ・サウスカロライナ州チャールストン/4月3~9日/賞金総額77万6000ドル/クレーコート)のシングルス3回戦で、大坂なおみ(日清食品)はシェルビー・ロジャーズ(アメリカ)に4-6 2.. 続きを読む

AKB48の総選挙が沖縄で開催される「政治的」理由

AKB48の総選挙が沖縄で開催される「政治的」理由

(C)まいじつアイドルグループ『AKB48』の49枚目のシングル選抜メンバーを決める今年の『AKB選抜総選挙』が、6月17日に沖縄で開催されることが分かった。姉妹グループが展開されていない沖縄で開催する意味について、「中国人旅行客をAK.. 続きを読む

なぜ沖縄ヘイトデマが生み出されるのか? 『標的の島』監督が問う『ニュース女子』問題、「土人」発言

なぜ沖縄ヘイトデマが生み出されるのか? 『標的の島』監督が問う『ニュース女子』問題、「土人」発言

現在、安倍政権が進めている石垣島、宮古島、奄美大島、与那国島への大規模な自衛隊とミサイル基地の配備。政府は南西諸島の防衛強化を謳うが、実際は、米中の"新たな戦争"の「防波堤」にするのが目的だ──。この衝撃的な事実と、石垣島や.. 続きを読む

フェイクニュースが生まれる構造/『ニュース女子』沖縄問題に見る

フェイクニュースが生まれる構造/『ニュース女子』沖縄問題に見る

■同じ沖縄を映しながら、なぜ印象に差が生まれるのか?ドキュメンタリー映画『標的の島 風かたか』が3月25日(土)より東京でも公開される。琉球朝日放送時代から、『標的の村』、その後フリーとなり『戦場(いくさば)ぬ止(とぅどぅ)み』.. 続きを読む

宮古島、石垣島が米中戦争の捨て石にされる!『標的の島 風かたか』監督が語る南西諸島自衛隊配備の本質

宮古島、石垣島が米中戦争の捨て石にされる!『標的の島 風かたか』監督が語る南西諸島自衛隊配備の本質

「あまりにも悔しい。いまの状況が、悔しい」3月25日より東京で公開されるドキュメンタリー映画『標的の島 風(かじ)かたか』先行特別上映の舞台挨拶に立った三上智恵監督は、目に涙を溜めながら、切実な声でそう語った。無理もない。.. 続きを読む

被災者を苦しめる"アベ土建政治"    血税をドブに捨てる暴挙になぜ小池都知事は切り込まない!?

被災者を苦しめる"アベ土建政治" 血税をドブに捨てる暴挙になぜ小池都知事は切り込まない!?

「小池百合子都知事の"好意的記者"ランキング! トランプそっくり」と銘打った本連載がリテラに掲載された8日後の3月10日、小池都知事会見で筆者は半年ぶりに指名され、震災復興事業などについて質問をした。復興五輪をアピールして被災.. 続きを読む

安倍首相の対米「隷従」と韓国への「居丈高」を大前研一氏指摘

安倍首相の対米「隷従」と韓国への「居丈高」を大前研一氏指摘

安倍晋三首相は年明け早々、フィリピンやインドネシア、オーストラリアなどを歴訪し、世界での存在感のアピールに余念がない。しかし、大前研一氏は「国益を考えるならば、まず真の独立国家として生まれ変わることが必要だ」と力説する。.. 続きを読む

墜落したオスプレイ「極秘フライトマニュアル」が沖縄沿岸に漂着! 中には大惨事の可能性認める衝撃の記述が

墜落したオスプレイ「極秘フライトマニュアル」が沖縄沿岸に漂着! 中には大惨事の可能性認める衝撃の記述が

昨年12月、沖縄県名護市海上で墜落事故を起こした米軍輸送機・MV22オスプレイ。主翼が真っ二つに大破した機体の姿は、「未亡人製造機」とも呼ばれるオスプレイの危険性を最悪の形で証明したが、事故の全貌が明らかにされていないにもかか.. 続きを読む

「県外の活動家だらけ」沖縄基地反対運動へのデマを暴く力作ドキュメンタリーが放送! ヘイトデマ発信源にも直撃

「県外の活動家だらけ」沖縄基地反対運動へのデマを暴く力作ドキュメンタリーが放送! ヘイトデマ発信源にも直撃

「沖縄ヘイト」というべき悪質なデマがネット上にあふれている。「基地反対運動に地元住民はおらず、県外から動員された活動家ばかり」「過激派が扇動する暴力集団」「運動参加者には日当が出ている」......。こうした事実無根の誹謗中傷.. 続きを読む

右傾化するテレビで孤立、室井佑月が金子勝に弱音!「どんどん仲間がいなくなる」「右のやつらが羨ましい」

右傾化するテレビで孤立、室井佑月が金子勝に弱音!「どんどん仲間がいなくなる」「右のやつらが羨ましい」

室井佑月がさまざまな学者やジャーナリストに会って、安倍政権のどこが危険なのか、安倍政権をどうしたら倒せるのか、を本気で考える連載対談「アベを倒したい!」。経済学者の金子勝氏を招いた第一回、前編では、オリンピック前、経済が.. 続きを読む

ヘイトデマ垂れ流しで大問題のMX『ニュース女子』も...化粧品会社のDHCはなぜ極右ヘイト番組をつくるのか

ヘイトデマ垂れ流しで大問題のMX『ニュース女子』も...化粧品会社のDHCはなぜ極右ヘイト番組をつくるのか

沖縄・高江のヘリパッド建設工事反対運動をめぐって、新年早々、地上波でヘイトデマが放送されたことが大きな問題となっている。1月2日にTOKYO MXで放送された『ニュース女子』だ。同番組では、「マスコミが報道しない真実」と題し、軍事.. 続きを読む

安倍総理が「師・小泉純一郎」を超える日

安倍総理が「師・小泉純一郎」を超える日

まさしく無双と呼ぶべき勢いで、破竹の進撃を続ける“一強”宰相。“坊ちゃん”と揶揄されたかつての姿を捨て、今、師を超えてゆく!何かと騒がしい永田町。その大きなトピックの一つは、北方領土問題の解決に目処をつけるべく、安倍晋三首相.. 続きを読む

前のページ
次のページ

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。