オウンゴールの最新情報

オウンゴール に関するニュース検索結果   73件

NEWSが悔しさをバネに大躍進!!  4人が記者に漏らした決意「事務所スタッフの顔に『無理だろ』って書いてあって…」

NEWSが悔しさをバネに大躍進!!  4人が記者に漏らした決意「事務所スタッフの顔に『無理だろ』って書いてあって…」

皆さん、ごきげんよう。アツこと秘密のアツコちゃんです!12月6日から始まったサッカーのクラブ世界一決定戦『FIFAクラブワールドカップUAE2017』(日本テレビ系)。メインキャスターに就任したのは、待ってましたのNEWS手越祐也くん。大.. 続きを読む

【サッカーの日】悲しいはずなのに美しさを感じる「奇跡のオウンゴール」11連発

【サッカーの日】悲しいはずなのに美しさを感じる「奇跡のオウンゴール」11連発

11月11日といえば、ポッキー&プリッツの日であり、たくあんの日でもあり、チンアナゴの日でもあり……と実はめちゃくちゃ記念日が多い日だ。しかし、忘れてはいけないのが「サッカーの日」。由来はプレイヤーの人数を思い浮かべたらすぐ分.. 続きを読む

【マジかよ】中国での「烏龍(ウーロン)」の意味が予想外すぎる / 事情通「ニュースの見出しでよく見る」

【マジかよ】中国での「烏龍(ウーロン)」の意味が予想外すぎる / 事情通「ニュースの見出しでよく見る」

你好 (ニイハオ)。中国語がまったくわからない私(中澤)もこの言葉だけは知っている。挨拶は大事アルネ。日本人にとって、そんな挨拶の言葉と同じくらい有名な中国語が「烏龍(ウーロン)」だ。ところで、皆さんは「烏龍」がなんて意.. 続きを読む

こちらが「キックオフから14秒で自殺点」のプレー映像です

こちらが「キックオフから14秒で自殺点」のプレー映像です

なかなか得点が生まれないスポーツというイメージがあるサッカーだが、実を言うと決まる時はアッサリと決まるもの。10秒あれば得点が生まれるし、何ならキックオフからわずか数秒で決まるゴールだってあるくらいだ。しかし、いくら何でも.. 続きを読む

 【今週はこれを読め! エンタメ編】感動のシリーズ最終巻~須賀しのぶ『夏は終わらない』

【今週はこれを読め! エンタメ編】感動のシリーズ最終巻~須賀しのぶ『夏は終わらない』

サブタイトルは「夏は終わらない」。イヤよ、終わって! 暑いの苦手なの! ...いや、高校球児だって暑いのがきらいな子もいるよな。それでも彼らはできる限り長く、地区大会で、甲子園で、野球をやっていたいんだよな...。と、野球を愛.. 続きを読む

加計問題で"その場しのぎ"発言連発、山本幸三地方創生相がゴマカシ強弁するあまり逆に「加計ありき」ポロリ

加計問題で"その場しのぎ"発言連発、山本幸三地方創生相がゴマカシ強弁するあまり逆に「加計ありき」ポロリ

来週の閉会中審査を目前に控え、またも「加計ありき」の新証拠が出てきた。山本幸三地方創生相が、昨年11月17日に日本獣医師会の蔵内勇夫会長や北村直人・日本獣医師政治連盟委員長らと面会し、その席上で「獣医学部は四国に新設すること.. 続きを読む

安倍政権、共謀罪強行採決の「隠された目的」…選挙対策で公明党の強い意向

安倍政権、共謀罪強行採決の「隠された目的」…選挙対策で公明党の強い意向

15日朝、“ウルトラC”とも“奇襲”とのいわれる強行採決で、「共謀罪」の趣旨を盛り込んだ改正組織的犯罪処罰法が、参院本会議で自民党、公明党、日本維新の会などの賛成多数で可決された。自公は「特に緊急を要するものは、発議者又は提出.. 続きを読む

『朝生』初出演の百田尚樹があらゆるテーマで無知さらけ出し大恥! 改憲派学者からも「本当に右なのか」と

『朝生』初出演の百田尚樹があらゆるテーマで無知さらけ出し大恥! 改憲派学者からも「本当に右なのか」と

テレビ朝日『朝まで生テレビ!』といえば、今年で30年を迎えた田原総一朗司会の生討論番組。かつては大島渚や野坂昭如など骨太の文化人から、姜尚中や宮台真司らスター学者、政治家や運動家ときには麻原彰晃のような渦中の人物までが登場.. 続きを読む

狙ってもできない「芸術的オウンゴール」が海外サッカーで爆誕! DFがオーバーヘッドキックで豪快に失点して話題

狙ってもできない「芸術的オウンゴール」が海外サッカーで爆誕! DFがオーバーヘッドキックで豪快に失点して話題

サッカーの試合において、できるだけ見たくないシーンが自陣にゴールを決めてしまう「オウンゴール」である。別名・自殺点。その名の通り、自分で自分の首を締めるゴールだけに、見ている方まで辛くなってしまう光景だからだ。しかしなが.. 続きを読む

全日本フットサル準々決勝 前年覇者・町田が敗退

全日本フットサル準々決勝 前年覇者・町田が敗退

「第22回全日本フットサル選手権」の決勝ラウンドが18日、東京・国立代々木競技場第一体育館で開幕。この日は準々決勝4試合が行われ、府中アスレティックFC、フウガドールすみだ、デウソン神戸、シュライカー大阪が勝ち、19日に行われる.. 続きを読む

バスケの試合中“オウンゴール”しかけた少年を助けるためコーチが…

バスケの試合中“オウンゴール”しかけた少年を助けるためコーチが…

バスケの試合中、相手ゴールの目の前まで肉薄したにもかかわらず、なにを思ったのか“自分側”へと戻ってしまった男の子がいた。 他の子供たちも、仲間の突然の暴走に身動きがとれない。 大人たちも大声で「違う違う!」と叫ぶのだが、どう.. 続きを読む

キーパーナイスセーブと思ったら⇒悲しすぎる結末に

キーパーナイスセーブと思ったら⇒悲しすぎる結末に

オランダサッカーリーグ・フェイエノールトとPSVの試合が行われている。 フェイエノールトのコーナーキックから、ヘディングシュートが放たれた。 キーパーは、ギリギリの所でナイスセーブ! と思ったら・・・。     ボールを押さえた場.. 続きを読む

D・ベッカムのメール流出が拡大!税金逃れ、わがまま放題に再び炎上

D・ベッカムのメール流出が拡大!税金逃れ、わがまま放題に再び炎上

デビッド・ベッカムのメール流出が拡大し、さらなるスキャンダルが明るみに出ている。デビッドは2014年、自分にナイトの称号を授けなかった選出委員会を「バカの集まり」と罵倒していたが、実は彼が称号をもらえなかったのは、英国の国税.. 続きを読む

Twitter「もっと探す」タブをiOS版アプリに新設。ニュースは見やすくなったが、通知が見づらくなった

Twitter「もっと探す」タブをiOS版アプリに新設。ニュースは見やすくなったが、通知が見づらくなった

これはいいアップデートかな?Twitter(ツイッター)といえばそのアップデートにはさまざまな意見が飛び交いますが、今回はどうでしょうか? 同社はiOS版アプリにて「もっと探す」タブを画面下に追加しました。「もっと探す」では、話題.. 続きを読む

【衝撃サッカー動画】試合中にまさかのポロリ! 前代未聞の珍プレーがトルコで発生!!

【衝撃サッカー動画】試合中にまさかのポロリ! 前代未聞の珍プレーがトルコで発生!!

男たるもの、ここぞという時にポロリすることは絶対に許されない。もしそれがサッカーの試合中であれば言語道断。不名誉な上、瞬く間に大ピンチに陥ってしまうため、いつなんどきでもNOポロリが望ましいところだ。だが、不思議なもので起.. 続きを読む

2016年のサッカー界で本当にあった珍プレー5選

2016年のサッカー界で本当にあった珍プレー5選

もう間もなく2016年が終わろうとしている。思い返せば、今年のサッカー界もいろんなことがあった。現代サッカーの礎を築いた元オランダ代表のヨハン・クライフ氏が死去、アルバロ・レコバの引退、そしてクラブW杯では鹿島アントラーズが.. 続きを読む

    空振りでオウンゴールを招いた挙句、足を負傷・・・踏んだり蹴ったりのゴールキーパーが話題に

空振りでオウンゴールを招いた挙句、足を負傷・・・踏んだり蹴ったりのゴールキーパーが話題に

今週開催されたアルゼンチン1部リーグ、アルセナルFC対バンフィエルド戦で起きた、アルセナルのGK、フォエルナンド・ペジェグリーノに起きた悲劇が話題となっている。https://www.youtube.com/watch?v=vxg5tvHyekAこのプレーは、前半30分.. 続きを読む

ガンバ・藤春廣輝が五輪時よりも強烈なシュートを自陣へ! その後の行動がメンタル強すぎると話題に

ガンバ・藤春廣輝が五輪時よりも強烈なシュートを自陣へ! その後の行動がメンタル強すぎると話題に

リオデジャネイロ五輪コロンビア戦で、藤春廣輝(ガンバ大阪)が“どフリー”で自陣のゴールへボールを蹴り込んだ衝撃的なシーンは、サッカーファンのみならず全国民の記憶にも新しいところ。その後、攻撃陣の奮起で2点差を追いつくも、結.. 続きを読む

今週の人気記事ベスト10(8/6~8/12)

今週の人気記事ベスト10(8/6~8/12)

今週、ViRATESで人気のあった記事ベスト10をご紹介させていただきます!   1.アメリカ大統領のお仕事は超大変! 歴代大統領の老化を比べた画像が残酷…   ■バラク・オバマ(2008~2016年) 画像出典:BoredPanda   2.A型の人は見ては.. 続きを読む

【リオ五輪サッカー】柳沢敦「QBK」以来の大失態! コロンビア戦でオウンゴールを決めた藤春とは?

【リオ五輪サッカー】柳沢敦「QBK」以来の大失態! コロンビア戦でオウンゴールを決めた藤春とは?

日本サッカー史上、最大の悲劇として語られているのが、1994年のFIFAワールドカップアメリカ大会アジア最終予選での対イラク戦、いわゆる“ドーハの悲劇”だ。この試合、2-1でリードし、最後のコーナーキックを守り切れば初のワールドカッ.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。