ねほりんぱほりんの最新情報

ねほりんぱほりん に関するニュース検索結果   33件

ねほりんぱほりんイズカムバック…特番で夏の終わりを告げる!

ねほりんぱほりんイズカムバック…特番で夏の終わりを告げる!

3月にNHK Eテレのレギュラー放送を終了した番組「ねほりんぱほりん」。顔出しNGのゲストはブタの人形に、MCの山里亮太とYOUはモグラの人形になり、さまざまな事情や心の闇を“ねほりはほり”聞き出す同番組が、特番として9月1日(金)の夜10.. 続きを読む

YOU、「平成のヒモ」おもしろい!『ねほりんぱほりん』特番放送決定

YOU、「平成のヒモ」おもしろい!『ねほりんぱほりん』特番放送決定

山里亮太(南海キャンディーズ)とYOUが、顔出しNGの訳ありゲストを好奇心の赴くままに掘り下げ話題になった番組『ねほりんぱほりん』の特番が、9月1日(金)22時からNHK総合にて、『夏の終わりの、ねほりんぱほりん』と題して放送される.. 続きを読む

清水ミチコが「顔マネ」で顔認証技術とガチ対決!?  “攻めるNHKバラエティ”がまたまた斬新企画! 

清水ミチコが「顔マネ」で顔認証技術とガチ対決!?  “攻めるNHKバラエティ”がまたまた斬新企画! 

昨今、バラエティ制作において民放以上に挑戦的な姿勢が目立つNHK。『バリバラ~障害者情報バラエティー~』や『ねほりんぱほりん』『着信御礼!ケータイ大喜利』あたりは、実験的な精神を放出しながら、世間から注目を集めることに成功.. 続きを読む

「実はウサギがいた」NHKディレクターが語る「ねほりんぱほりん」ができるまで

「実はウサギがいた」NHKディレクターが語る「ねほりんぱほりん」ができるまで

顔出しNGのゲストがブタに、MCの山里亮太とYOUがモグラに姿を変え、赤裸々な本音トークを繰り広げることで話題になった『ねほりんぱほりん』(Eテレ)。ゲスい話が出るにもかかわらず、人形はまるで子供番組のようにかわいい姿だった。し.. 続きを読む

「ねほりんぱほりん」痴漢冤罪経験者の回を改めて振り返る「ここじゃなんなんで、駅事務所行きましょう」

「ねほりんぱほりん」痴漢冤罪経験者の回を改めて振り返る「ここじゃなんなんで、駅事務所行きましょう」

5月15日、東急田園都市線青葉台駅で痴漢を疑われた30代男性が線路に飛び降り、列車に跳ねられて死亡する事故が起きた。今年3月、JR埼京線で痴漢行為を指摘された男性が線路に降りて逃走したのを皮切りに、都内で同様のニュースが相次いで.. 続きを読む

マスコミ関係者が“復活”を熱望する番組 第1位は…タブーに切り込む「ねほりんぱほりん」

マスコミ関係者が“復活”を熱望する番組 第1位は…タブーに切り込む「ねほりんぱほりん」

ことし9月に創刊35周年を迎える「週刊ザテレビジョン」が、35周年記念企画としてテレビ好き読者とマスコミ関係者(計1,005人)に好きなテレビ番組を大調査した“最新!好きなテレビランキング”TOP100('17年4月26日発売の週刊ザテレビジ.. 続きを読む

『あさイチ』大女優・浅丘ルリ子との恋愛トークで本音をポロリ、自分の出演VTRに号泣……有働アナが自由すぎ!

『あさイチ』大女優・浅丘ルリ子との恋愛トークで本音をポロリ、自分の出演VTRに号泣……有働アナが自由すぎ!

昨今のNHKやEテレが見せる“攻め”の姿勢には定評がある。『バリバラ』や『ねほりんぱほりん』の番組内容は、スポンサーの付く地上波では難しかったのでは? と思わせるチャレンジ精神がほとばしっているし。そんなNHKのアナーキーな一面.. 続きを読む

もっとも「時代に合ってるテレビ局」は? 王者日テレに続く2位が意外にも…

もっとも「時代に合ってるテレビ局」は? 王者日テレに続く2位が意外にも…

(TAGSTOCK1/iStock/Thinkstock)マスメディアと呼ばれるメディアの中でも、テレビが持つ影響力は別格。「時代を映す鏡」とも言われるが、一方でネットでは「マスゴミ」という言葉も広く流通しており、必ずしもテレビを中心とするマス.. 続きを読む

おかしくなっちゃった!? “NHKらしくない”トーク番組『ねほりんぱほりん』が証明した「人間のおもしろさ」

おかしくなっちゃった!? “NHKらしくない”トーク番組『ねほりんぱほりん』が証明した「人間のおもしろさ」

毎回、ワケあって顔出しNGのゲストが登場し、「パリピ」「偽造キラキラ女子」などの知られざる人々の生態を解明するトークバラエティ『ねほりんぱほりん』(NHK Eテレ)。MCの山里亮太(南海キャンディーズ)、YOUが自身にそっくりなモグ.. 続きを読む

ねほりんぱほりん最終回に、続編希望の声続々

ねほりんぱほりん最終回に、続編希望の声続々

3月22日、NHK・Eテレで放送されていたトーク番組『ねほりんぱほりん』が最終回を迎えた。NHKとは思えない挑戦的な内容で多くのファンを獲得していた番組だっただけに、今回の終了を残念に思う人が続出しているようだ。2016年10月から始ま.. 続きを読む

「君たちはどんなに頑張ってもリア充にはなれない」意識高い系は、なぜ面倒くさい? 文筆家・古谷経衡が暴く“承認欲求の怪物”の正体

「君たちはどんなに頑張ってもリア充にはなれない」意識高い系は、なぜ面倒くさい? 文筆家・古谷経衡が暴く“承認欲求の怪物”の正体

SNSに毎日投稿し、土日は仲間たちとバーベキュー、せっせと自己啓発セミナーに足繁く通う若者を「意識高い系」と呼ぶ。時に炎上する彼ら「意識高い系」は、どこからやってきたのか。若手文筆家・古谷経衡が、このたび『「意識高い系」の.. 続きを読む

「ねほりんぱほりん」最終回、復活希望が続々

「ねほりんぱほりん」最終回、復活希望が続々

NHKらしからぬテーマと、赤裸々なトークが人気だったトーク番組「ねほりんぱほりん」(NHK)が、3月22日に最終回を迎えた。最終回のテーマは「最終回!? その後を知りたい&新たに見たいリクエストSP」と題し、「パリピ」「本人に代わっ.. 続きを読む

「ナンパ教室に通う男」のその後にYOUの反応は?

「ナンパ教室に通う男」のその後にYOUの反応は?

3月22日の『ねほりんぱほりん』(Eテレ、毎週水曜23:00)は、「最終回!? その後を知りたい&新たに見たいリクエストSP」と題して放送。MCの山里亮太(南海キャンディーズ)とYOUも気になっていた、“ゲストたち”のその後を追う。これまで.. 続きを読む

美しさを求めて整形、ゴールはどこ?

美しさを求めて整形、ゴールはどこ?

3月1日の『ねほりんぱほりん』(Eテレ、毎週水曜23:00)は、「整形する女」と題して、ゲストに目・鼻・お腹の脂肪吸引など数百万円をかけて美容整形してきた20代女性が登場。MCの山里亮太(南海キャンディーズ)とYOUは、聞き手のもぐら.. 続きを読む

地下アイドルが語る「彼氏じゃなくセフレを作る理由」が色々スゴい

地下アイドルが語る「彼氏じゃなくセフレを作る理由」が色々スゴい

(WilliamJu/iStock/Thinkstock)顔出しできないゲストがブタの人形に扮して、赤裸々トークを繰り広げる番組『ねほりんぱほりん』(NHK)。8日の放送では、前回に引き続き地下アイドルの女性3人が出演。その中のひとりが独自の「セフレ.. 続きを読む

あえてブレーキをかけない! Eテレ『ねほりんぱほりん』

あえてブレーキをかけない! Eテレ『ねほりんぱほりん』

教育のためのテレビ局だと思いきや、実は攻めた番組が多いNHK Eテレ。『ねほりんぱほりん』(毎週水曜23時)もそのひとつだ。パッと見では、かわいいもぐらとブタによる人形劇。だが、その中身は、“プロ彼女”や“偽装キラキラ女子”など、.. 続きを読む

地下アイドルの恋愛情事から枕営業疑惑まで、赤裸々トーク

地下アイドルの恋愛情事から枕営業疑惑まで、赤裸々トーク

2月8日の『ねほりんぱほりん』(Eテレ、毎週水曜23:00)のゲストは先週に引き続き、地下アイドル。その後編を放送する。MCの山里亮太(南海キャンディーズ)とYOUは、聞き手のもぐら・ねほりん(山里)と、ぱほりん(YOU)に扮して、好奇.. 続きを読む

『ねほりんぱほりん』に地下アイドルが登場 NHKで「セフレ」の文字が

『ねほりんぱほりん』に地下アイドルが登場 NHKで「セフレ」の文字が

(画像はNHK公式サイトのスクリーンショット)公共放送とは思えないくらい「攻めた企画」で話題沸騰中のNHK『ねほりんぱほりん』。過去にも薬物中毒者や「ナンパ教室」に通う男など、かなりキワモノ系の素人が出演しているが、画面に映っ.. 続きを読む

アイドルの“手ブラチェキ”に騒然

アイドルの“手ブラチェキ”に騒然

2月1日のバラエティ番組「ねほりんぱほりん」(NHK)で、地下アイドルの実態に迫る内容が放送され、番組に出演した地下アイドルの一人から飛び出した“手ブラチェキ”なるワードがネットを騒然とさせている。昔に比べると定義がゆるくなり.. 続きを読む

地下アイドル、客を引き付けるテクを明かす

地下アイドル、客を引き付けるテクを明かす

2月1日の『ねほりんぱほりん』(Eテレ、毎週水曜23:00)のゲストは、地下アイドル。2週にわたって掘り下げていき、その前編を放送する。MCの山里亮太(南海キャンディーズ)とYOUは、聞き手のもぐら・ねほりん(山里)と、ぱほりん(YOU.. 続きを読む

前のページ
次のページ

注目ニュース

> もっと見る


掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。