いじめの最新情報

いじめ に関するニュース検索結果   2268件

「ゲス不倫だからママ死んじゃうの?」子どもの涙ながらの訴えに胸が痛む『ブラックリベンジ』

「ゲス不倫だからママ死んじゃうの?」子どもの涙ながらの訴えに胸が痛む『ブラックリベンジ』

木村多江主演の連続ドラマ『ブラックリベンジ』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週木曜23:59~)11月16日放送の第7話では、木村演じる今宮沙織の妹・綾子(中村映里子)が“不倫”で週刊誌に載ったことをきっかけに、周囲から非難の的となっ.. 続きを読む

いじめ主犯格への誤解が判明 『明日の約束』展開に「恐すぎる」の声

いじめ主犯格への誤解が判明 『明日の約束』展開に「恐すぎる」の声

(画像提供:(C)関西テレビ『明日の約束』)14日、井上真央主演の連続ドラマ『明日の約束』(関西テレビ・フジテレビ系)の第5話が放送された。いじめや自死報道を受けた過剰な「犯人探し」に警鐘を鳴らす社会派ミステリーはますます盛.. 続きを読む

教職員のわいせつ事件が多すぎる! 長野県の全教職員に、『コレ』で自覚を促す

教職員のわいせつ事件が多すぎる! 長野県の全教職員に、『コレ』で自覚を促す

※写真はイメージ教育環境を整えるため、柔軟な発想で改善を進める長野県教育委員会。2017年8月には、いじめや自殺などの相談をLINEで受け付ける『ひとりで悩まないで@長野』を試験的に運用し、目覚ましい成果を上げました。「LINEの活用.. 続きを読む

及川光博の「二面性のある役」に黒幕疑惑浮上

及川光博の「二面性のある役」に黒幕疑惑浮上

(C)まいじつ11月14日に連続ドラマ『明日の約束』(フジテレビ系)の第5話が放送され、及川光博の演じる「霧島直樹が黒幕ではないか」と話題を呼んでいる。第5話では、吉岡圭吾(遠藤健慎)が学校でのいじめが原因で亡くなったとマスコ.. 続きを読む

ついに明かされた毒親・尚子の洗脳テクニック!! 視聴率もわずかに上昇の『明日の約束』第4話

ついに明かされた毒親・尚子の洗脳テクニック!! 視聴率もわずかに上昇の『明日の約束』第4話

「小学生のころ、私の持ち物はすべてお母さんが選んでいた。中学生のときは、おしゃれ禁止だった。高校生になると、進学も就職も決められそうだった。みんな、私のことを嫌いなんだって、あの人が言うからそう思ってた。毎日オドオド、ビ.. 続きを読む

梅宮アンナが子供の壮絶な受験事情を激白 「しまむらはイジメられる」

梅宮アンナが子供の壮絶な受験事情を激白 「しまむらはイジメられる」

(画像はInstagramのスクリーンショット)「少しでも良い学校に入れたい」との思いから、幼い子供に名門校を受験させる家族は多いだろう。そこでは、子供だけでなく親も周りから審査の目で見られることがあるようだ。13日放送の『バラい.. 続きを読む

ガル・ガドット、ワンダーウーマン続編出演拒否も

ガル・ガドット、ワンダーウーマン続編出演拒否も

ガル・ガドットが、プロデューサーのブレット・ラトナーが参加した場合には、「ワンダーウーマン」続編への出演を拒否するつもりであると報じられている。ラトナーのセクハラ疑惑が浮上していることを受け、ガルはワーナー・ブラザース社.. 続きを読む

他人事じゃないから怖い! 同性同士で起きたSNSトラブル

他人事じゃないから怖い! 同性同士で起きたSNSトラブル

もはやSNSをやっていない人はいないんじゃないか!? ってくらい、みんなTwitterやInstagramを活用していますよね。でも人によって使う頻度や考え方が違うため、時には問題が発生してしまうことも……。そこで今回は「同性同士で起きたSNSト.. 続きを読む

小学校では8万件増加!「いじめられない子」に育てる4つのルール

小学校では8万件増加!「いじめられない子」に育てる4つのルール

source:https://www.shutterstock.com/将来、わが子がもし“いじめ”にあったらどうしよう……。親なら誰しも心配になりますね。先日、文部科学省の発表でいじめが過去最大の32万件超になったと発表がありました。(※1 P1)特に小学校では、.. 続きを読む

3月のライオン 第2シリーズ 第5話「Chapter.54 想い」「Chapter.55 告白」~林田先生、あかり、零の視点から━━【感想コラム】

3月のライオン 第2シリーズ 第5話「Chapter.54 想い」「Chapter.55 告白」~林田先生、あかり、零の視点から━━【感想コラム】

11月11日は、年間を通して唯一同じ数字が4つ横並びする日。別段めでたいことが起きたわけではなかったけれど、『3月のライオン』は無事に放送されたのでまぁ良し!今回の第2シリーズ第5話では引き続きひなたの境遇、とりわけ彼女の周囲の.. 続きを読む

マツコ・デラックスが「いじめられる側にも悪いところがある」論を批判! いじめる側の闇、弱者バッシングの構造も喝破

マツコ・デラックスが「いじめられる側にも悪いところがある」論を批判! いじめる側の闇、弱者バッシングの構造も喝破

マツコ・デラックスが入院しているとの報道がされた。三半規管に菌が入りめまいなどの症状があったが、脳検査などの結果には異常はなかったという。多忙のため疲労もたまっていることから、1週間は休養するとのことだ。とりあえず大事に.. 続きを読む

仕事と収入がマッチしない…さてどうする?ーー“世界の紛争の最前線”で戦う26歳・永井陽右氏の仕事論

仕事と収入がマッチしない…さてどうする?ーー“世界の紛争の最前線”で戦う26歳・永井陽右氏の仕事論

世界の紛争の最前線で戦う日本の若者がいる。永井陽右26歳。大学1年時からソマリアを救うための団体を立ち上げ、ソマリア人の若者ギャングの社会復帰プロジェクトを開始。卒業後はソマリア紛争の最前線に立ち、国連やアフリカ連合ととも.. 続きを読む

ベジタリアン少女は如何にして“食人”に目覚めたか? 話題作『RAW~少女のめざめ~』2018年2月に日本公開[ホラー通信]

ベジタリアン少女は如何にして“食人”に目覚めたか? 話題作『RAW~少女のめざめ~』2018年2月に日本公開[ホラー通信]

フランス映画祭2017で上映され、一日限りのチケットが即日完売した話題のフランス映画『RAW(英題)』が、邦題『RAW~少女のめざめ~』として劇場公開が決定。厳格な家庭でベジタリアンに育てられた少女が、入学した獣医学校の新入生いじ.. 続きを読む

櫻井翔の演技が絶妙 『先に生まれただけの僕』で“鳴海校長”の思いつきから高校生が奇跡を起こす

櫻井翔の演技が絶妙 『先に生まれただけの僕』で“鳴海校長”の思いつきから高校生が奇跡を起こす

櫻井翔の主演ドラマ『先に生まれただけの僕』(日本テレビ系)の展開が熱を帯びてきた。11月11日放送の第5話「ボクらの未来、ボクらが創る!変わり始めた学校!誇りと熱意、涙の結晶」では、追い詰められた鳴海涼介校長(櫻井)が考えた「.. 続きを読む

個性派教師と青春だけではない…新感覚「学園ドラマ」に視聴者も「考えさせられる」

個性派教師と青春だけではない…新感覚「学園ドラマ」に視聴者も「考えさせられる」

“学園ドラマ”といえば「3年B組金八先生」や「GTO」「ごくせん」などの個性的な教師が主人公であったり、「WATER BOYS」や「野ブタ。をプロデュース」など生徒たちの青春物語を描いた作品が定番だった。この秋のドラマは学校を舞台にしな.. 続きを読む

「『死にたい』という気持ちを否定するのはよくない」自殺防ぐキーワードは"共感" 座間9遺体事件で考える自殺対策

「『死にたい』という気持ちを否定するのはよくない」自殺防ぐキーワードは"共感" 座間9遺体事件で考える自殺対策

座間市で発生した事件でとりわけ注目を集めたのは、誰もが気軽に使用できるTwitter上でのやり取りが犯行の引き金になっていたことだった。 事件を受け、ついに国も動き出した。10日、政府は関係閣僚会議を開き、一丸となって今回のよう.. 続きを読む

毒母の呪い!支配する母親と逃げられない子供たち

毒母の呪い!支配する母親と逃げられない子供たち

毒親・毒母とは何か? 母親もまた人生に迷い問題を抱えている赤坂真理の小説『東京プリズン』の冒頭で、主人公マリはアメリカから日本の母親に電話をかけた15歳の自分へ、こう語りかける。「母親に相談してはいけない」。『母親に相談し.. 続きを読む

いぬやしき 第5話「獅子神優子」 ヒロと母の関係に鳥肌!【感想コラム】

いぬやしき 第5話「獅子神優子」 ヒロと母の関係に鳥肌!【感想コラム】

回を増すごとに面白くなるアニメ、『いぬやしき』。今回は一気に話が加速する、超重要な第5話です。Contents1 直行、悩む2 直行、ついに出会う3 直行、涙を流す4 自分の家族には愛情があるヒロ5 いぬやしき 第5話目で話が大きく動き始め.. 続きを読む

ストレスオフやダイエットにも役立つ「愛情ホルモン」オキシトシンについて知る3冊

ストレスオフやダイエットにも役立つ「愛情ホルモン」オキシトシンについて知る3冊

「愛情ホルモン」として注目を浴びているオキシトシン。なにが良いのか、どんな効果が期待できるのか? オキシトシンの働きについて知るための書籍をカフェグローブの記事からまとめました。オキシトシンとストレスオフな職場の関係・社.. 続きを読む

いじめの原因は親や家庭環境?いじめをしてしまう本質を考える

いじめの原因は親や家庭環境?いじめをしてしまう本質を考える

■「いじめ」が起こる原因は一つではないあるテレビ番組内の司会者の発言「子どものいじめの原因は親が悪い」というコメントが話題になっているようようです。私の見解では、「誰が悪い」ということではなく、「やっている行為」と「人」.. 続きを読む

前のページ
次のページ

掲載情報の著作権はニュース提供元企業等またはGMOアドマーケティング株式会社に帰属します。記事の無断転用を禁じます。